未来の国

「two fase」第二話

第2話 運命の出会い?

「イテテ・・・」
アスカはぼうぜんとぶつかった少年を見る。
少年は言った。
「ごめんなさい・・いそいでいたもので」
その少年は背が高く少し細身のある顔だった。
アスカは思った。
「この人は・・・夢に出てきた人?誰・・うちの制服だし。」
思い切って言おうとしたし瞬間に少年は言った。
「君・・もしかしてアスカ?僕の夢に出てきたんだ。そしてアスカって言った瞬間目覚めた。」
アスカはえ?!とおもいつつコクリとうなずいた。
「僕は海(かい)!転入してきた所だ。僕道がわからなくて・・教えてくれないかな?」
アスカの制服を見てわかったのか、一緒の高校とわかったようだ。
「うん!OKよ!」
その二人は彼氏彼女のように学校へと向かっていたのである。
海は職員室へ入っていった。
アスカは自分の教室へと入っていった。

ガラ!「せきにつけ!!」と先生。
ザワザワざわめく教室の中に一人の少年が入ってきた。
女子はキャーキャーと叫び、男子はざわめく。
「静かに!」この一声で一気にシンとなった

第三話へ!


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.