4488753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

川越最強学力向上爆裂松江塾

PR

Profile


ごうまじまじ

Archives

Favorite Blog

公立高校志願者数 New! masa/kさん

ちょっと浮上 New! sainomatiさん

なぜ成績が伸びない… New! MR闘魂さん

■ 暗記が弱いと思っ… New! デット君さん

3学期期末テスト … New! coffee07さん

Comments

なっふー@ 名古屋より 祝!! 名古屋大 合格 おめでとうございます!…
masa/k@ Re:3.約束された合格など・・・(03/07) 最後の6行 素敵です 同じ立場として…
masa/k@ お互い 眠れませんねー 6時間半になりました …
プレップ総長@ Re:2.地方か・・・(03/02) ウチの塾生に『まじま先生』の話をしたら …
Nです@ 返事・・・ NRです。メールしました。(小6)返事く…

全14003件 (14003件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2019.02.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブログを楽天からはてなブログに移行します。

2004年から15年間

ずーっと楽天ブログを使ってきたけど、なにかと不便なことも多かったので、

使い勝手の良さそうなはてなブログで

これからは書こうかな、と。

新しいブログはこちらをクリック!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
新!学力向上爆裂松江塾


では、楽天ブログ!さようなら!

そして今まで、ありがとうございました!






Last updated  2019.02.04 09:25:02
2019.02.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
公立入試まで、着々と歩みを進めている中3生。

ここに来て、模試の得点を

じわり

じわり

と上げてきている子がいる。

もちろん、まだもがいている子も多いけどね。

受験生なら、誰だって「余裕」で合格したい。

そりゃーそうだ。

浦和高校なら、いつも450点超えるとか

川越高校なら、いつも400点超えるとか、ね。

そういう子は、心の底から「まあ、受かるだろう」と思っている。

でもさ、そんな子は合格者の上位2割程度だこらね?

残りの8割は、何度も「大事故」を経験してきてる子達だから。

要は「絶対に僅差の勝負になる」ってことを

自分の中に「想定内」として持てるかどうか。

みんな「落ちるかも」しれないんだよ。

弱気になっちゃいけない。

「落ちるかも」を「落ちる」と思い込んじゃいけない。

「落ちるかも」は、「受かるかも」だってことを忘れちゃいけない。

「落ちるかも」の可能性を低くするためには?

「受かるかも」の可能性を高くするためには?

何をすればいい?

どうだ?

勉強だろうよ

勉強だろうね

勉強だよ

勉強だ

勉強だ!!

勉強!!!!

んー

燃えてきた

さ、今日も明日も10時から

問題解くよー

答えを頭から出してみようよ

出ないなら

その知識を入れようよ

それが合格に近づく唯一の方法










Last updated  2019.02.02 07:31:01
2019.01.31
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝、ご飯を食べながらテレビを見ていた娘が

「あー、断熱か」

と言い出した。

ん?

と思ってテレビを見ても、特に「断熱」に関するニュースではない。

奥様も気づき、

「何?断熱って」

と聞くと

「ほら、おじさんアイドルグループの」

あー

なるほど

「純烈」ね。

もう今更驚きはしない娘の言語感覚。

それにしても

その時テレビで流れていたのは

「箱根の道が雪で大変なことに」

だったのである。

一体何を勘違いすると

「箱根の山道の雪」を「純烈」と勘違いするのか。

JAFのお兄さんが純烈の人に見えたのか

もはや彼女に関しては

「何も分からない」

としか言いようがない。










Last updated  2019.02.01 08:17:59
カテゴリ:カテゴリ未分類
現時点での北辰予想偏差値

英語だけやってみたら

70を超えた子が6人

最高は「77.7」

凄い。










Last updated  2019.01.31 22:28:35
カテゴリ:カテゴリ未分類
少しずつ、志望校を下げる相談を受け始めている。

どういう決断をしようとも、僕は特に反対はしない。

ただ、下げるならしっかりと考えてね、とは伝える。

特に、

入試が終わり、開示点を見たとき

「あー、下げなくても受かったわー」

と残念に思うのなら、下げない方がいい。

「何の後悔もなかった」

と数年後の自分に胸を張って言えるのなら

「本当は◯◯高校にも受かる点は取ってた」

と言わない自信があるのなら、下げてもいいと思う。

志す

望む

高校

それが志望校なんだよね?

「仕方なく下げた高校」

に行っちゃダメだ。

下げるなら下げるで、

「本当に行きたい理由」

を自分の中に作って、心の底から納得して進学しなさい。








Last updated  2019.01.31 19:03:43
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、中1で不規則動詞最速タイムを出した子

毎日のようにストップウォッチ片手に練習していたそうだ。

先週末、なんとインフルエンザになったため、

昨日は念のため別の校舎で一人きりで受けてもらった。

「授業は出れないが、頑張って練習していたから何とかならないか」

という要望があったためだ。

約束の時間より10分早く来て着席。

もうね

顔がアスリートだったね。

中1に英語を教えている人なら分かると思うが

中学から英語を学び始めた子が、この時期に不規則動詞の変化を全て覚えるのは結構大変なんだよね。

そもそも過去分詞なんてまだまだ使わない段階だし。

書かなければならない単語は199個

塾内世界記録は、1単語書くのに「1.8秒」だ。

もう「覚えた」というレベルでは話にならない。

中1のその子は、その塾内世界記録をプリントに書き込んで練習したそうだ。

まだまだ1分くらい遅かったけど、しっかり全問正解だ。

こういう子は必ず伸びる。

キャラ的には川高よりは浦高かなー。

全部にガチで頑張る!

そういう子だね。










Last updated  2019.01.31 10:41:04
2019.01.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
不規則動詞の変化表、中1でもテストしてみた。

約2週間前に告知しておいたのだが

各自それに向けて頑張ってくれたようだ。

ちなみに、満点は3人

最速タイムは

6分45秒99

塾内世界記録は

5分54秒87

なので、記録にはまだまだ及ばないが

中1の段階で満点だけでも凄い!








Last updated  2019.01.30 22:03:33
2019.01.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
川越東

星野

大宮開成

城北埼玉

城西川越

淑徳与野

狭山ヶ丘

西武文理

山村学園

この近辺にある私立の人気進学校、その合格者数が過去最高になるかもしれない。

何度も書いているが、今年の3年にはカッ飛んだモンスターがいない。

いや、最初はいなかった。

学年1位経験者は5人ほどいるが、

偏差値75とか、埼玉二桁順位とか

ここ数年は毎年いるようなモンスターがいなかった。

最後の方は73を超える子もちらほら出たし、

塾の平均偏差値が60を超えたけど、

それでもいつもの年に比べると数字としては見劣りする。

それなのーに

なんだ、この併願私立の合格っぷりは。








Last updated  2019.01.29 17:44:35
カテゴリ:カテゴリ未分類
公立入試まで残り1ヶ月。

ここからの時期、受験生の脳みそには「何か」が降臨してくる。

その「何か」とは



覚えようとしなくても覚えられてしまう能力



のようなものだ。

目に焼きつく

意識にへばりつく

そう言ってもいいかもしれない。

今、意識の大半は勉強に向いているはず。

これが

「覚えようと思ってないのに頭に残っている」

という状況を引き起こす。


なんとなく理解できるとは思うけど

小学生、中1、中2の頃に

特にガリガリ勉強してないのに

やたらと授業内容を覚えている子っていたでしょ?

あの子たちと同じ状態。

彼らは幼少期から勉強することが日常だったから

勉強に使われる意識が他の子よりも多い。

それが

「特に何もやってないのに覚えている」

という状態をもたらすんだよ。


今、本気になって頑張っている受験生は

それと同じ状態になっているといっていい。

だから

これからの時期は

「とにかく大量に解き、答えや解説を読みまくる」

ことをやって欲しい。

それだけで、頭に残るから。










Last updated  2019.01.29 10:40:21
2019.01.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
僕が7時過ぎにゴミ出しをする時、

隣に住む小学生の子が

凄まじい速さで走っている姿を見ることがある。

詳しくは知らないが

近隣のちょっとした大会などを総ナメにしているような子だそうだ。

彼が幼稚園に入るか、入らないかの頃に隣に家が建ち、その頃からお母さんがストップウォッチを持って家の周りを走っていた。

時には泣きながら。

日曜日も祝日も関係なくほぼ毎日。

最近では少し離れたところでも走っている姿を見るようになってきている。お母さんが後ろを自転車で走りながら、ね。

他にも走っているおじさんなんかはいるけど、スピードが明らかに違う。

体系も長距離選手っぽくなってきてるしね。

どのレベルを目指しているのかは知らないが、おそらくこのまま陸上競技を柱に成長していくんだろう。

「何かに秀でる」

っていうのは、こういうことなんだと思う。

「幼少期からの異次元の努力」

それを強制力を持って支える家族。

スポーツだけじゃない

芸術も勉強も

「そう育てよう」

と心に決めた親が、子供が小さい頃から本気で行動してるんだよ

いるんだよ

そういう人達が。

そんなの、勝てるわけないじゃん。

この寒い中、朝の7時に汗だくで走って帰ってくる小学生。

本気で頑張っている子の努力の蓄積を

甘く見ちゃいけない。











Last updated  2019.01.29 07:32:38
このブログでよく読まれている記事

全14003件 (14003件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.