516444 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

2代目魔人島

全2880件 (2880件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020.11.15
XML
カテゴリ:ポケモン関連
プチドラサマ杯11/14の部​優勝しましたーー!!
10人体制での優勝は何気に初めてだから嬉しい!
優勝回数ドラサマに追い付いて、影さんと1回差になったからワンチャン出て来たぞ!!

今回はパーティ固定で、このパーティそう長く使い続けるつもりも無かったので、
ここで久しぶりに構築記事書いてみます。

55ケンタロス 捨て身タックル/地震/身代わり/破壊光線@破壊の遺伝子 FFFF
50ハピナス 冷凍ビーム/プレゼント/癒しの鈴/タマゴ産み@先制の爪 1FFF
50ムウマ 黒い眼差し/滅びの歌/怪しい光/守る@食べ残し 1FFF
50カビゴン のしかかり/地震/眠る/自爆@薄荷の実 FFFF
50パルシェン 波乗り/撒き菱/鈍い/大爆発@黄金の実 FFFF
55メガニウム 目覚めるパワー格闘/宿木の種/鈍い/光合成@奇跡の実 CCFF

元々は先週の​プチドラサマ杯11/7の部​の時に思い付きで組んだパーティで、
パーティ変更アリだったので細部微妙に変えながら使ってました。

メインコンセプトは「遺伝子ケンタ in 受けパ」で、これを使おうと思った動機を挙げると

・かつてトキワなどで爆破速攻ガラパが煮詰まって来た頃、
 「爆破速攻には限界があるので、受け志向のガラパを組むと良いのではないか」
 というような話は、文鳥などから出ていたことがある(例:​ファイヤーガラガラWA​ by文鳥)
・実際、ここ最近(2020年後期)、爆破速攻でない55ガラをよく使っているが、手応えはとても良好
 (例:​ロケット団の暗躍​ ​カビガラ2020​ ​ソード&シールド​)
・ガラと同じように、爆破速攻止まりで研究が止まっているものとして、遺伝子ケンタがある。
・遺伝子ケンタも、どちらかと言うと「爆破速攻パごと対策された」感があって、単体では普通に強いなと思うことがまだまだある

→ということは、ガラと同じ発想から、「爆破速攻でなく、受け志向の遺伝子ケンタパはどうか?」と考えた。

というような思考ルートです。

また、これとは独立して
「50プレゼント癒しの鈴ハピナス+50残飯守る怪しい光ムウマ」の組み合わせに最近注目していました。
元々はマシュマロンさんが​こちらのパーティ「プレゼント」​で使っていたのを見たのがきっかけなのですが、
プレゼントハピは特殊全体に満遍なく強くなる代わりに、カビに非常に弱くなってしまうのがネック。
そこで、55ハガネールのような、カビに無限に近い勢いで出しまくれるポケモンに匿ってもらうというのは、
非常に合理的だなと思いました。
しかも、残飯依存のハガネールにとって、のしかかり等の状態異常は痛いものですが、
そこに癒しの鈴がシナジー効いててとても良いなーと。
この前Twitterにも少し書きましたが、ハピナスの癒しの鈴自体、
元々「リフレクター電磁波などの初代マシン技が両立出来なくなるのが不便」というようなポジションでしたが、
プレゼントを持ってることにより、初めっからそれは無理なので、これはデメリットたりえないなと。
つまり「プレゼント持ちハピナスに癒しの鈴を突っ込むこと」は、
「ハピナスに癒しの鈴を持たせるデメリット」を減らせるわけで、効率的な選択肢と言えます。

で、55ハガネールがイケるなら、同じように残飯依存で、カビに極めて強い怪しい光ムウマとの組み合わせもアリなのでは?
という発想に至りました。
ハピ+ムウマの組み合わせとなると、地面や岩系が共通弱点となりますが、
ガラガラみたいな相手は元々パルシェンやらを利用した別ルートで対処することがほとんどだし、
ハピが冷凍でダメージリレーに参加、ムウマが無理矢理滅び守るなど、個々での抵抗も全然可能。
バンギに関してはハピがプレゼントで半分ぐらい削れて、ムウマも上から滅びを狙えるので、実は釘付け出来てたりします。

そんなわけで、このハピ+ムウマの組み合わせから始めて、
後からそこを補完出来るエースを考えるというような組み方を考えていたのですが、
じゃあここに遺伝子ケンタ入れてみても面白そうかなと考えました。
ムウマが、わざと滅びまで持って行かず、中途半端に怪しい光だけかけながら果てて、
ケンタを降臨させることにより遺伝子の負担を減らす、みたいな動きも出来るのでは?と考えました。
ガン受け系が弱点とする昆布系の相手には、ケンタが上から無理矢理壊滅させる、といったような狙いもあります。
ケンタでも素早さ的に及ばない55ライコウやフーディンに関しては、ハピのプレゼントが刺さる仕組みです。

で、パーティの基盤としてしっかり考えたのはぶっちゃけここまで。残りはまだまだ適当です。
だってカビ+パル+WAだもん。どう見ても適当でしょこれ(((
特にWAは全然余裕で模索中です。11/7の回でも相手に合わせてスイクンWAにしたりもしてたし、
何でメガニウムかと言うと、別に「カビとかタンクとかライコウあたりに強いから」ぐらいでしかないです。
パルシェンは初めリフレクターだったのですが、ムウマを選出しない場合に、
カビに目の前で鈍いを積まれると結構まずいなと思ったので、鈍いにしました。カビも鈍い持ってないので。
波乗りなのは、単にパルシェン単体の崩しよりも、爆破の通りを重視しているからです。
このパにおいてパルシェン選出するということは、とりあえず1-1交換性能に期待するシチュエーションが多いはずなので。
というわけで、一応爆破+爆破+ケンタも形としては可能ですが、壁も補助技も何も残せません()
多分、途中でケンタで有利対面作って均衡を崩してから、爆破で場を整えて、
通常のケンタを再度出すみたいな流れが強いんじゃないかなーとは漠然と思ってます。

ケンタが大文字を持っていませんが、これは単に鈍いエアームドをガン無視してるだけです。
実際今回、鈍いエア使いが居たので、かなり危なかったですね((
身代わりは対面のブラキ、フォレ、エアとかなら起点に出来ます。
鈍いの無いエアなら、1枚残しで吹き飛ばされない状態なら、身代わりを盾にして捨て身で殴れる感じです。
どちらかと言うと、枚数差が付いた時の爆破対策の意味合いのほうが強いです。
遺伝子キャラに身代わりを持たせるという発想は、元々は​エイパムガチャ​や​華の65期生Bクラス​でやっていました。
もっともこれらは遺伝子バトンではありますが(もしかしたら遺伝子バトンだからこそなのかも知れない)、
結構役に立つこともあって、悪くないなという感じだったので、今回も持たせてみました。
が、実際先週のプチドラと今回のプチドラ合わせても、一度も使わなかったので、ここは変えても良いかも。
ちゃんとエアームド対策するなら炎技だろうし、
鈍いエアを無視しながら何か他のことをするなら・・・やっぱり勝率UPの威張るとか、遺伝子解除後用の鈍いとかかな。
特に、受けゲーの中でサイクルで使う想定なら、遺伝子解除後のことをやや重めに考えた方が良いかも。
「遺伝子解除後のこと」と言いましたが、具体的には「鈍いカビゴンをどう突破するか」が9割です。
カビをムウマで起点にして崩せそうなら気にしなくて良いかも。
そう考えると、やっぱり相手のエアがムウマに対して出て来て、
吹き飛ばしで対策して来た際に起点に出来る、炎技を持っておくのが何だかんだで良いのかも知れない!

あと、ハピナスの癒しの鈴は、ムウマとのサイクルにおいては相性良いと思うのですが、
ケンタとの相性は最悪でしたね。このケンタ回してて状態異常もらって困るみたいな流れはほぼ無いです。
それよりも、サイクルの中でケンタの起点の作りやすさを考えた方が良いと思うので、歌うとかが良いのかも知れません。
数ヶ月前に残飯ムウマが随分と対策されて、どくどくで対策されることが増えたからこその癒しの鈴だったのですが、
もしかしたらちょっと徹底しすぎなのかも。
ハピ+ムウマベースに組んで、別のエース立てた場合は役に立つこともあると思いますが。

構築内容的にはこんな感じ。では試合内容を軽く振り返ります。

0戦目(ポッポルール) リズさん ○

ケンタで崩すのキツそう、かつメガニウムの通りが悪くなさそう。
ファイヤーが無理だけどハピで止めて受けゲーから打開を狙う。
残りはカビ受けが必要で、ムウマかパルだけど、ムウマだと流石にドンファン重いのでパル。
カビ来たら序盤にカビにパル当てて、どっかのタイミングで爆破して、終盤はカビにメガニウム当てる構想。
いきなりカビが凍ってラッキー。ただ「ハピでファイヤー受け」が実はちょっと怪しくて、
ファイヤーも眠るでハピを受けられるのでPP戦になり、このハピはPP戦弱いので完全タイマンだとマズいことに気付く。
ということで、後半はパルシェンとかも使いながら崩して行く方針。カビが凍ってくれたからこそ出来たことです。
1戦目でしたが、相手のパーティは以前と同じ感じだったので、ドンファンが鈍い吠え捨て身なのは分かってました。

1戦目 ドラゴンサマーさん ○

典型的なあやみがスターミー+めざ飛ガラ。タンクは恐らくまるころ。
ケンタで上から最終的に殴って行くのが良さそう。破壊光線をタンクに高確率で耐えられるので、ビシ踏ますためにパル選出。
パルシェンの役割は「撒き菱を撒くこと」。俺がよくやるやつ
ビシ踏ませば、ついでに53めざ飛ガラも遺伝子捨て身で高確率一撃になるというオマケつき。
あとはなるべくケンタの勝率を上げるために、起点を作るためにムウマ。
初手スターミーvsパルはそのままパル捨てるつもりだったけど、
2ターン目身代わり貼って来るのが読めたので、無償で出せるんだったらということでムウマチェンジ。
その後のパルチェンジはネールチェンジ読みが成功した形。
即爆破したのは、スターミーチェンジに対応するためと、吠えられてケンタ引きずり出されたら嫌という2つの理由から。
あとはムウマでネールに負荷かけてケンタを動きやすくする作戦。
しかし結局すぐ正気に戻ってしまい、単にケンタがクッソ運良い試合となった。()

2戦目 影坊主さん ×

ハピムウマメガニウムで受けゲーに決定。サンダー+カビには、ハピ+ムウマで十分回せる。かつバンギは釘付け。
エアームドが厳しい選出とは思いつつも、カビを起点にしてムウマ出して、
エアに対して怪しい光ゲーを何度も積み重ねれば、そのうち滅びで突破出来るだろうという期待。
しかしことごとく失敗。7回も試行回数稼げて、黒い眼差しのPPがあと1というところまで行ったので、
まあここまでやって無理なら仕方ないか、という感じ。運はケンタで使いまくってるからね・・
これ以外の崩し筋は元々考えてないので、これが失敗した時点で終了だと思ったのだけど、
最後ハピがカビを凍らせてれば微妙にワンチャンあったのかも知れない。

3戦目 まかさん ○

シンプルにハピ+ムウマで回しやすそう。プレゼントの通りが良い。ケンタの障壁も居ないのでテンプレ選出(?)で。
ウインディのめざ格のダメージを計算しつつ、ハピ中乱数2発で死ぬな、と思いながらプレゼント打ったけど、
相手のログをよく見たら、ウインディがめざパ設定ミスしてることが既に前の試合から判別出来ていた。
これにこっちも気付いてなかった。まあ結果オーライ
ケンタは遺伝子解除したほうが逆に安定しそうだなと思ったので、ウインディ滅び際に出した。
ただ、その後出てきたのがムウマだったので、そのまま刺し違えれば滅びで詰ませられるから、そのまま道連れさせた。
ラストの破壊光線は、5ターン目なので必ず正気に戻るターン。相手がチェンジしたら誰が出て来ても一撃。

4戦目 とみかさん ○

絶対ファイヤー来るからケンタ一択。実は遺伝子解除ケンタの方が行けるのでは?と考えた。
鈍いカビ以外に対しては総じて遺伝子無しで行けそう。ファイヤーはめざ格なので捨て身+光線で中乱数ぐらいで落とせる。
それでも中乱数ぐらいなんだけど、そこはまぁ運を信じることにした(
というのと、相手は多分コース的にケンタ残しを想定してるだろうから、
逆にいきなりケンタ出して解除する動きをすると錯乱出来るかな、というざっくりとした考えも実際はあった。
遺伝子解除するからには1-1交換してしっかりタイマンに持ち込みたいので、1-1交換用のムウマ+カビ。
しかしヘラにムウマ後出しは無理があったかも。2連守る決めないと倒されてたし、
どくどくじゃなくてメガホ連打されてたとしても多分同じく2連守るゲーだった・・・
最後ファイヤーはリフレクターを警戒しながら。
多分眠るも奇跡も持ってないっぽかったので、のしかかりで麻痺狙ったらほんとに行けた。
相手のカビの型がこの時点でまだ分かってなかったけど、鈍い+眠るだと後から判明したので、
ファイヤーとこちらのカビが1-1交換してたらケンタでは相手のカビに勝てなかった。
なので結局対ファイヤーの運にも救われた形。

決勝戦 なるさん ○

一番頭抱えた相手。鈍い毒エアームドが居る。文字の無いケンタでは逆立ちしても勝てない相手。
ブロック戦のなるさんvsリズさんで、リズさんが勝っていれば決勝は僕vsリズさんとなり、
このカードは0戦目に既にやっているので、自動的に僕が優勝となるはず(?)と思い、
リズさんを全力で応援していたが及ばなかった()()()
何がキツいかって、このパーティ、「エアームド受けが居ない」(((((((((((
こういう時はもう、相手の選出から流れまで全てをガン読みして想定する。
幸いにも、前の試合のブロック戦のなるさんvsリズさんは結構時間がかかっていたので、
その間に色々脳内シミュレートする時間はたっぷり取れた。15分ぐらいずっと考えてたかな?
まずエアは100%来る。エースはもしかして不在も考えたけど、でも55鈍いカビって何だかんだでケンタにも強いし、
こちらが大文字無いことを相手はまだ知らないので、エアだけじゃケンタ対策出来ないと見てカビも来るかなと。
ということでカビ+エアまでは確定という想定。
で、相手のエアは吹き飛ばしを持ってないことが既に判明しており、それは相手も承知の上なので、
このままではムウマに滅ぼされる、と相手は考えるはず。するとムウマ対策でヘルガーかネールのどちらかが来る。
このどっちが来るかが読めなかったけど、まずはよりキツそうなヘルガーを考える。
カビにムウマ出して、ヘルガー後出しに対しては、2連守るを決めれば滅せるけど、吠えるを持ってたら厳しい。
相手は前の試合でファイヤーに対して追い打ちを打っていたので噛み砕くは持ってない。
大文字・追い打ち・眠る@薄荷まで判明していて、砕くが無いとなると、残り吠えるは十分考えられる。晴れかもだけど。
なので、ムウマから崩すのは難しいかも知れない。
ここで、カビ+ケンタで相手のエアームドに役割集中させて突破する筋を考えた。
カビの自爆+遺伝子ケンタの破壊光線でエアは倒せる。
つまりカビがエアに自爆を当てた時点で、ケンタvsエアになれば、ほぼ5割で勝てることになる。
相手の選出おさらい。カビ+エア+ヘルガーorネール。
カビの自爆をエアに当てるには、カビ受けカビをされてはいけない。それを回避する方法は?パルシェンを選出だ。
相手はエアもヘルガーもネールもパルを受からない。波乗りなので。
ということは、パルシェンの爆発は相手のカビに当てることが出来る。
すると、残りはエア+ヘルガーorネール、こちらはカビ+ケンタ。
ヘルガーだった場合、カビの自爆はエアに当てることが出来て、そこからケンタで5割ゲーを狙う。
もしネールだったら?ネールにカビを爆破されてケンタvsエアになると詰みだけど、
相手は文字持ってないことを知らないので、ケンタvsエアの完全タイマンには持ち込まないはず。
ネール選出して、こちらにムウマ不在が分かった時点で、相手はネールの役割を「ケンタ対策」に設定するはずだ。
すると相手はこちらのカビにエアを当てて来ることになる。そこに爆破を狙える!
ということで、最終的にカビ自爆+ケンタ光線で5割ゲーをゴリ押しする狙いで、カビ+パル+ケンタに決定!
で、今の流れはあくまで最悪想定で、実際は選出が違うかも知れないし、
この選出だったとしても、まずそもそも最初にカビ+パルでサイクルを少しだけ回せるはず。
ここで例えば相手のエアに負荷がかかって、もしかするとカビが自爆で1-1交換出来るかも知れないし。
そういう「最悪の事態に持っていく前段階での足掻き」も意識します。

試合開始。ネールがいきなり見えたので、カビ+エア+ネールを想定。
しかし、意外にもこちらのカビに対して相手がカビをぶつけて来る予想外の展開。エアームドは居ないのか・・?
そのまま居座って来そうなので、爆パンには怯えながらも自爆。成功!!
カビでカビを爆破することに成功するという予想外の展開。
予定と違うけど、これはむしろ予定よりも好都合。何故ならば、これで相手はパルシェン受けが居なくなった可能性が濃厚だからだ。
そしてやはりエア不在、残りはヘルガーだったので波乗りが一貫!
ヘルガーにケンタを後出ししてサイクルで崩そうとも思ったけど、
ケンタが一度も動かなかったら結局ヘルガーにそのまま潰されるだけなのでやめて、普通に波連打。
後から伺ったら、やはりケンタ対策にネールだったとのこと。
吹き飛ばし持ってないエアームドはやっぱり向こうからしたら文字持ってる想定のケンタを任せるのは無理だったみたいですね。
というわけで、「想定していた最悪」ではなかったため、予定より綺麗に行くことが出来ました。

以上!改めまして皆さん、対戦&運営ありがとうございました〜〜!!

このパーティに今後の可能性があるかは分かんないですが、
なんか良さげな部分あったらパクってってください!!!!!!


国産牛切り落とし1kg(500g×2個)焼肉 すき焼き しゃぶしゃぶ かどや牧場






最終更新日  2020.11.15 10:37:10
コメント(0) | コメントを書く


2020.11.11
連休がありまして、10/30〜11/3の4泊5日、関東遠征で大いに遊んで来ました。
もうやりたいこと詰めまくっためちゃくちゃ楽しい遠征でした!
ざっくり流れ書くと

30日
バスで昼に到着、学生時代の旧友と会合して夜はオタク友達の家に泊めてもらう

31日
あーりんが主宰するグループ「浪江女子発組合」のライヴ参戦。今回の遠征のメインイベント。
1月以来行けてなかったライヴにようやく行けて、9ヶ月ぶりに推しを生で拝むことが出来ました!
中身もめちゃくちゃ個人的に好きなやつで、ほんとに良かった・・・
その合間に、ちょうど良い時間に月蝕會議の配信ライヴがあったのでそちらもリアタイで観れました。
夜は再度月蝕會議の配信ライヴを観つつ、別のオタク友達の家に泊めてもらう

1日
SIRENT SILENの配信ライヴを観ながら移動して、昼過ぎからポケモン勢との会合!
実機を貸してもらって、対戦も少し出来ました〜、ありがとうございました!
夕方からは月蝕會議で繋がった仲間との会合、飲み会からのカラオケという鉄板コースで、これがめちゃくちゃ楽しかった!
この遠征の中で一番楽しかったイベントこれかも(
夜はオタク友(ry

2日
この日はその人の家でゆっくりゲームとかする感じの日。
夕方1〜2時間だけ、お互いそれぞれのPCで個人の仕事する時間があってワロタ
ただの同棲生活やんけ(なお男(それはそう
夜には一人増えて、3人でカードゲームとかゲームとか色々やってたんだけど
なんか予想以上に盛り上がってクッソ楽しかった()()

3日
3人でベッドを組み立てて解散(????)
この日は夕方からバイトがあったため、朝の高速バスで帰ろうかな〜と思ってたけど、
結局めんどくさくなって昼間までゆとってて新幹線で帰りました(((((
でも昼を食ってなかったので、駅弁を買って新幹線で車窓から外を見ながら優雅に食べたりなんかして、
たまにはこういうのも良いなって思いました。

てなわけで、色んなことが出来てマジでめちゃくちゃ楽しかった!個人的に2020年一番の思い出になりそうかなー?
・久しぶりにライヴ参戦を再開できた
・関東のオタク友達に会えた
・オタク友達の家に泊めてもらってゆっくり遊ぶ話を前々からしていたけどそれを実行できた
・ポケモン勢と会えて対戦もできた
・月蝕會議勢と会えてカラオケもできた
・しばらく行けてなくてずっと行きたかった関東の店で食べたいもの一通り食べれた
・合間合間にめちゃくちゃ良いタイミングで配信ライヴがあって、移動時間など効率良く過ごせた
・睡眠を結構確保できて体調はずっと良かった(((
・天気もほぼ良くて色々と不自由しなかった
・リュックを置き忘れたりしなかった()()()()()

最後にカラオケセトリ。月蝕會議勢との二次会のやつ。

グロリアス/GLAY …まずは接待セトリとして僕の中で定番のものをいくつか。
ギリギリchop/B’z
終わりなき旅/Mr.Children
ロードショー/ももいろクローバーZ …月蝕會議が作った曲なので。
新次元航路/イヤホンズ …上に同じ。1人では歌えない曲だけど、歌える人が居たのでデュエット。楽しい!
夜空ノムコウ/SMAP …他の人が入れて、何故か一緒に歌うことにw
踊れ!きゅーきょく哲学/上坂すみれ …これも月蝕會議の曲。盛り上がった!

以上。2時間だけど5人だから思ったより歌えた。
飲み会の後だし、テンション的に5人で2時間って何だかちょうど良い塩梅だな〜とか思いました。
全員初対面だったしお互いの歌を聴くのも初めてだったから楽しかったな〜〜

さて、遠征の話は以上。
別で、先日地元で友人と3人でカラオケに行ったので、そちらも載せときます。
ちょっと先に説明すると、喉の調子に関して、もしかしたらと思っていたことがあって。
↑の二次会カラオケで歌ったギリギリchopもそうだったんだけど、
飲み会の二次会とかでカラオケ行った時って、大抵B'zとかの高音がすこぶる調子が良いのよ。
これ、何でかな〜?って考えたんだけど、恐らく
・序盤で歌うから、まだ疲れていない
・一次会で体的には温まってる
という2点が要因かな〜と。
これを普段のカラオケでも再現することが出来れば、調子が良くなるのでは??と考えました。

で、この日は自分がバイト終わって一旦帰宅してゆっくり晩飯も食べてから、
23時頃に開始という、体的にはとても温まっているコンディションで、
なおかつ睡眠もしっかり取れていたので変な疲れも無い。
つまり、条件2つのうち後半は満たせているのではと思ったため、
じゃああとは、カラオケ開始して最初からいきなりB'zで飛ばせば上手く行くのではないかと考えた。
いつもだったら最初はサザンとか桑田ソロの曲で喉を慣らしていき、
B'zは終盤に入れるというコースが自分の中で定番なのだけど、これがもしかすると良くなかったのかも知れない。
敢えて最初に、体力が残っているうちからB'zをガシガシ入れていった方が良いのではないかと。
途中で体力が尽きて高音が出なくなるかも知れないけど、そうなったらそれからサザンとかを歌えば良いわけで。
また、向かう時の行きの車内で、シャッフルでB'zのRaging Riverが流れてブチ上がり、
まずいきなりこの曲を歌いたくなったというノリ的要素もある。()

以上のような経緯で、開始後まずいきなりB'zから始めて、
そのまま限界が来るまでB'zで突っ走ってみよう!というところから始まりました。
Raging River/B’z …やっぱり、最初は高音がいつもより出る!この曲いつもほど苦戦しなかった!
ALL-OUT ATTACK/B’z …というわけでノリで行けちゃいそうな曲をいくつか。
Sanctuary/B’z …久しぶり。好きだけどちょっと高くて普段敬遠しちゃう曲だけど、まだイケる。
WILD LIFE/B’z …同上。この作戦成功っぽいぞ!というわけで、次からは普段歌わない超メジャー曲に挑戦だ!
ultra soul 2011/B’z …初。メジャーだから敢えて歌わないとかではなく、単に高くてキツいのよね。
愛のバクダン/B’z …初。B'zって何故かマイナーな曲よりもこういう有名な曲の方が高くてキツいのが多いw
イチブトゼンブ/B’z …なので普段歌わないというより歌えない。けど今回はどれもイケてる!!
OCEAN/B’z …こんなメジャー曲ガシガシ入れたこと無いから逆に新鮮で楽しいw
SLAVE TO THE NIGHT/B’z …ちょっとだけ疲れたので休憩。メジャー行き過ぎたのでしばらく闇へ潜る((
闇の雨/B’z …実家のような安心感(((((((
破れぬ夢をひきずって/B’z …初。闇の中でも高そうで敬遠してた曲。これも行けた!!
もうかりまっか/B’z …7th Bluesシリーズ終了。
愛しい人よGood Night…/B’z …だいぶ前に1回歌って、全体的に高くてキツかったけど今回は大丈夫。
あなたならかまわない/B’z …初。もう分かった。今日はどこまででもイケそう!!
YOU & I/B’z …ということで、普段歌えない、高くて敬遠してる曲をこれでもかというほど連発するぞ!!
KARA・KARA/B’z …めちゃくちゃ久しぶり。
FUSHIDARA100%/B’z …この辺でもう、今回は最後までB'zで行こうと決めた!
眩しいサイン/B’z …初。しかも、初めての曲を中心に攻める!!
信じるくらいいいだろう/B’z …初。ELEVENの曲は歌ったこと無いのが多いので新鮮!
扉/B’z …初。これ意外と簡単だったw
juice/B’z …たぶん初。楽しい。
Fever/B’z …たぶん久しぶり。歌っててリズム感が楽しいな〜
パーフェクトライフ/B’z …初。ここからACTIONシリーズ。
満月よ照らせ/B’z …初。これキツすぎワロタwwww今回だから行けたけどw
BUDDY/B’z …初。出、出〜〜〜www最後転調で高くなり奴wwww
SUPER LOVE SONG/B’z …初。キツすぎクソワロタwwwwww行けたけd(
ひとしずくのアナタ/B’z …初。そろそろラストスパート!
衝動/B’z …たぶん初。いやこれが更に高ぇwwB'zの中でもトップレベルにキツいのでは??でも行けた!!
ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜/B’z …最初間違えてショート版入れちゃったから2回歌った()
Brotherhood/B’z …久々。やっぱこの曲キッツいけど、最後に振り絞って何とか行けた!!

以上、7時間でちょうど30曲、最後までB'zのみで完走しきることに成功しました!!!
しかも、途中枯れたりせず、結局最初から最後まで高音を維持することが出来た!!!!
こんなの初めてで、今までの人生史上一番調子良かったカラオケまである。
仮説が実証されたかも知れない。
それに加えて、今回3人でローテーションしていたので、その待ち時間もちょうど良かった説がある。
これがもし2人だったら、休憩時間が短くて、最後まで持たなかったかも知れない。
今後はこの辺も含めて、仮説の精度を高めて行きたい。
とにかく、面白いように高音が常に出て、めちゃくちゃ楽しいカラオケだったwww


THE 7th BLUES [ B'z ]






最終更新日  2020.11.11 08:07:34
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.17
カラオケ行ってきました。何だかんだでまた2ヶ月以上空いてしまったよ。。。
友人と2人で6時間ちょい。好き勝手に。
Soul Bomber(21世紀の精神爆破魔)/サザンオールスターズ …最近桑田ソロスタート多かった気がするのでサザンから。
OH, GIRL 〜悲しい胸のスクリーン〜/サザンオールスターズ
からっぽのブルース/サザンオールスターズ
Missing Persons/サザンオールスターズ
限りなき永遠の愛/サザンオールスターズ
聞かせてwow wowを/SILENT SIREN …初。サイサイコーナー開始。新曲。慣れてなくて早口追いつかないところあった
Star Drops/SILENT SIREN …前回歌いやすかった記憶があったので2回目。
Delay/SILENT SIREN …こちらは前回うろ覚えだったのでリベンジ。最近個人的にキテる曲。
「Are you ready?」/SILENT SIREN …初。例によってキー変えてるけどサビ転調で迷子になってしまった、、
I×U/SILENT SIREN …初。歌いやすいバラードだった。
ぐるぐるワンダーランド/SILENT SIREN …初。こちらは歌っててめっちゃ楽しかったwww
milk boy/SILENT SIREN …初。この曲もサビ転調だけど迷わなかった。
Limited/SILENT SIREN …初。うろ覚えと思いきや意外と普通に歌えた
八月の夜/SILENT SIREN …初。本人映像(MV)があったので。
チェリボム/SILENT SIREN …初。ライヴ映像があったので。
ODOREmotion/SILENT SIREN …前回ブチ上がって楽しかったので2回目
OVER DRIVE/SILENT SIREN …初。新アルバムから。例によってDAMなので全曲網羅してないので、一部だけ。。
Answer/SILENT SIREN …初。新アルバムから。途中エモ過ぎて歌いながら泣きそうになった(
終わりなき旅/Mr.Children …軽くミスチルコーナー。
Pink 〜奇妙な夢/Mr.Children …もしかしたらちょっと調子良いかも知れない?
天頂バス/Mr.Children …ということでちょっとキツめのに挑戦。結構イケた!調子良いかも!
ランニングハイ/Mr.Children …これも勢いで何とか!
HOWEVER/GLAY …調子良さそうということで、調子乗ってみたら流石にキツかったwww
STREET LIFE/GLAY …なのに懲りずにまた調子こいたけどやっぱりキツかった()()()
INNOCENCE/GLAY …というわけで休憩曲(((((
卒業/高橋優 …大体今回のイケるラインが分かって来たので、ギリギリを攻める選曲で行く。
だからその手を離して -Mixture style-/B’z …B'zコーナー開始。
NEVER LET YOU GO -Mixture style-/B’z …やはりこの辺が歌いやすい。
孤独のRunaway/B’z …ライヴ映像があった!アツい!
MY LONELY TOWN/B’z …流石に2人で回してるからちょっとキツくなってきた。
Purple Pink Orange/B’z …初。アルバム「DINOSAUR」まだ聴き込めてないけど、その中で唯一覚えたお気に入りの曲。
EPIC DAY/B’z …だいぶキツくなってきたのでこの辺でやめときます()
辛夷の花/こぶしファクトリー
オレンジ/SMAP
縁/小暮伝衛門 …かなり久々。最近小暮伝衛門のアルバムを時々聴いてるので。DAMにこれしか入ってなかったけど!
タマシイレボリューション/Superfly …初。あーりんとれにちゃんがソロコンでカバーして、気付いたら歌えてたわ。
SECRET LOVE STORY/氣志團 …似た感じの曲を相手が歌ってたので、こちらも。そのまま最後になった。

以上、計37曲。
調子は中の上〜上の下ぐらいという感じで、普段敬遠してる曲もいくつか歌えたし、
今回もサイサイを始めとして初の曲も結構増やせたので満足。
一緒に行った相手も今回喉が絶好調だったようで、たいへん楽しそうだったので良かった。


さーーーて、最近ポケモンに関する記事と、カラオケセトリしかほとんど日記書いてなかったけど

ここ最近、世間が少しずつモソモソと動き出してる感じで。
ようやく久しぶりにライヴへ行けそうだし、オフ会なども出来そう。
配信ライヴの予定もちょくちょくあったけど、
今月末あたりから年末にかけて、家を出て足を運ぶイベントの予定でだんだん埋まりつつある。
これ、スケジュール帳に予定を埋めてくだけでこんなにワクワクするのかと!
ここまで何も無かったらそうなるよね。いやーーーもう今めちゃくちゃ楽しみがいっぱいです。

とりあえず直近では、10月末から11月初にかけて、まとまった連休が取れるのでそこで関東へ遊びに行きます。
3〜4日間ほど滞在する予定ですがもうほぼ予定埋まっててクッソ楽しみ。
まぁ変なの持って帰らないよう出来る対策はちゃんとしときます。


mix10th [ SILENT SIREN ]






最終更新日  2020.10.17 08:49:04
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.17
カテゴリ:ポケモン関連
・55寝言カビゴン
ゴースト、サニーゴ、マグカルゴ、ウソッキー?

・55大文字カビゴン
サニーゴ、マグカルゴ、カブトプス

・漠然と55カビゴン
サワムラー、エビワラー、カポエラー、リングマ、グランブル、オドシシ?、プクリン

・パルシェン全般
アズマオウ、シードラ、オクタン?、キングラー、ジュゴン、ハリーセン、ランターン、サワムラー、エビワラー、カポエラー、ソーナンス、ノコッチ?、サニーゴ

・波乗りパルシェン
キマワリ、キレイハナ、モンジャラ、パラセクト、ヨルノズク、レディアン?、ネイティオ?、ハクリュー

・冷凍ビームパルシェン
マグカルゴ、レアコイル、ウソッキー、ブースター、ギャロップ、キュウコン

・ハガネール全般
オクタン、キングラー、マリルリ、モンジャラ?、キレイハナ?、マンタイン?

・岩雪崩やのしかかりの無いハガネール
バタフリー、ヤンヤンマ、トゲチック、ヨルノズク、デリバード、ヤミカラス?、ネイティオ?、カポエラー、エビワラー

・ナッシー
ヤミカラス、ニューラ、ネイティオ、ブースター、レアコイル?、アンノーン?、サナギラス?、ラフレシア?、スリーパー、バタフリー?、サンドパン?、オニドリル?

・フシギバナ
ヤンヤンマ、レディアン、モルフォン、ギャロップ、キュウコン、ネイティオ、サワムラー?、ハリーセン?、ストライク、スピアー、バタフリー、キリンリキ、ピジョット、オニドリル

・ムウマ
アリアドス、メタモン、ダグトリオ?、オドシシ?、カイロス?、ゴースト、サワムラー?

・55ミルタンク
グランブル、モンジャラ?、アーボック?、ノコッチ、サニーゴ?、マグカルゴ?、ゴースト?

・55サンダー
ニューラ、ギャロップ、シードラ?、キュウコン?、マグカルゴ?、ジュゴン

・55ライコウ
サンドパン?、カメックス?、ブースター?、オオタチ?

・バンギラス
サワムラー、エビワラー、カポエラー、エイパム、ブースター?、キングラー、マリルリ、カブトプス?、カイロス?、サンドパン

・サイコキネシススターミー
キマワリ、キレイハナ、サニーゴ?

・スイクン全般
キングラー、ハリーセン、カブトプス、スピアー、モルフォン、カイロス、アーボック?、オオタチ?

・冷凍ビームスイクン
エイパム、レディアン、キマワリ?、キレイハナ?、グランブル?、オドシシ?、ジュゴン、サニーゴ

・どくどくスイクン
ラフレシア、ハクリュー、パラセクト?、モンジャラ

・カイリキー
ネイティオ、モルフォン、カイロス、ストライク?、レディアン、アリアドス?、スピアー?、スリーパー、ソーナンス、カモネギ?、ヤンヤンマ?、バタフリー?、サンドパン、ハリーセン、ピジョット、オニドリル

・ヘラクロス
モルフォン、アリアドス、スピアー、アーボック?、ピジョット、オニドリル、レディアン、ヤンヤンマ、バタフリー?、ハリーセン?

・フーディン
ニューラ、キリンリキ、ヤミカラス?、ブースター、グランブル?、ヨルノズク?、パラセクト?、オクタン?

・エアームド
マグカルゴ、ブースター、オクタン、キングラー?、マリルリ?、ハクリュー、サナギラス?、キリンリキ?、ノコッチ、トゲチック、オドシシ?

・マルマイン
サナギラス、サンドパン、モンジャラ?、キレイハナ?、パラセクト?、メタモン、ソーナンス

・ガラガラ
マリルリ、モンジャラ、キレイハナ?、デリバード?、ヤンヤンマ?、ピジョット?、パラセクト?、オクタン、キングラー、サンドパン?、モルフォン?、ヨルノズク

・フォレトス
デリバード、サワムラー、エビワラー、カポエラー、ピジョット、オニドリル、カモネギ?、バタフリー、ストライク?、ヤンヤンマ、トゲチック、ヨルノズク、レディアン?、マグカルゴ、ブースター、ギャロップ、キュウコン、アズマオウ、キングラー、マリルリ、ハリーセン?、エイパム?、サニーゴ?、ハクリュー、プクリン?、カブトプス、サナギラス

・破壊の遺伝子ケンタロス
ソーナンス、カポエラー、グランブル?、プクリン?、ウソッキー?、サニーゴ?


ざーーっと思いつくままに洗い出しただけのメモなのでテキトーに追記するかもー






最終更新日  2020.09.17 05:11:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.07
カテゴリ:ポケモン関連
メイン技をホネブーメランにしたガラガラは

ホネブーメラン/いわなだれ/つるぎのまい

ここまでで命中率100%の技がありません。
なので、確実に仕留めたい時のために残りの技は命中率100%の技を採用したい。
…と言っても大抵はめざ蟲かめざ飛の2択で、これがどちらも命中率100%だから良いようなものですが
めざ蟲のほうが良い理由が2つあります。

1つめ
ブーメランで狙いたい相手がめざ蟲に弱いことが多い
スターミーとフーディンのことなんですけどね。
ブーメラン割れてたら相手もわざわざ身代わり貼ってこないので、そこでめざ蟲打ったほうが有効な場面が出て来ます。
ブーメランは威力100、一致で150
めざ蟲は威力70、抜群で140
割と大差ないダメージがフーディンやスターミーに入ります。

2つめ
単純にめざ蟲の一貫性が高い
スターミーフーディンのほか、ナッシーブラッキーバンギラスあたり。
これらに(ナッシー除く)めざ蟲よりもブーメラン打ったほうが強いですが、
剣1回舞えばめざ蟲でも十分倒せることも多いです。
なので剣1回積んだあと「とりあえずめざ蟲打っときゃ間違いない」というシーンは意外とあったりします。

〜参考ログ〜

ブーメラン打って外したけどよく考えたらめざ蟲打ったほうが良かったログ
ブーメラン当てて勝ったけどよく考えたらめざ蟲打ったほうが良かったログ
相手が身代わり使って来ない読みでめざ蟲打って倒せたログ
↑この3つ特に大事

・命中率100%技の一貫性
ログ1
ログ2

・確実にトドメを刺す使い方
ログ1
ログ2
ログ3
ログ4
ログ5
ログ6
ログ7
ログ8
(こんなにあった)

※8/13、「大地の蠢き」からのログを追加






最終更新日  2020.08.13 04:30:00
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.30
カテゴリ:ポケモン関連
ちょっと身内で話題になったのでまとめときます

55 リザードン 大文字/地震/破壊光線/腹太鼓@何か

をそれなりに使って来た身として、撒き菱が活きる場面は結構多いので、
それについてちょっとまとめてみます。

撒き菱を1回踏ませることで

大文字で
50パルシェン1発 17.95% → 94.87%(クソデカ)
50フシギバナ1発 64.1% → 100%(眠り粉喰らいたくないので大事)
55ミルタンク2発 30.64% → 100%(同速で打ち合いがあるので意外と大事)
55カイリキー2発 0% → 76.07%(雪崩持ちとのタイマン優劣がひっくり返る!)
50黄金カイリキー2発 12.29% → 87.18%(同上)
55黄金ドンファン2発 17.03% → 98.42%(数字上はデカいけどあまり影響は無いかも)
50ドーブル1発 0% → 79.49%(デカそうだけどリザを出す中盤以降にドーブル残ってるシチュエーションはあんま無い)
55ルージュラ1発 25.64% → 100%(ついで。キッスワンチャンへの勝率確保)
55ヘラクロス1発 0% → 51.28%(ついで。めざ岩への勝率確保)

太鼓+地震で
50めざ虫ガラガラ1発 64.1% → 100%(クソデカ)
50カイリキー1発 82.05% → 100%(元々高確率だけどまあ大事)
50ポリゴン2 1発 43.59% → 100%(電磁波食らいたくないので大事)
50キングドラ1発 61.54% → 100%(たまにいるので)
50カビゴン1発 0% → 35.9%(頼りたくはないが破壊光線どうしても打てない場合に)
55ハガネール1発 33.33% → 100%(文字で余裕の一撃だけど勝率確保したい場合)
(※ただしビシ踏んだ瞬間残飯回復を考慮すると69.23%、これだと文字打った方がマシ)

太鼓+破壊光線で
55スイクン1発 33.33% → 100%(光の壁か晴れ状態ならタイマンで勝てる!!)
(※ただしビシ踏んだ瞬間残飯回復を考慮すると71.79%、でも十分だね)
55ドンファン 38.46% → 100%(ついで)

〜参考ログ〜
(対◯◯は実際に撒き菱が役に立った相手。カッコ内は実際は役立たなかったけど選出時点で想定出来た相手)

対55ミルタンク(50ガラガラ)
(対50パルシェン)
対55ハガネール(50パルシェン&55スイクン)
対50キングドラ(55ハガネール&50ヘラクロス)

あと、ログには残ってないけど、少なくとも僕自身の記憶で
・対50カイリキー
・対50ポリゴン2
・対50フシギバナ
この辺も役に立った、もしくは撒き菱が無いせいで困った、という経験があります。
(情けない負けログは基本放棄しちゃってるので、「無いせいで困った」ケースを示せないのは残念)

で、じゃあ実際撒き菱を組み込めるかどうかですが、
これは容易に可能です。

魔人島にある、撒き菱入り55リザードンパは、城杯ファントムおよびナマステひつまぶしがありますが、
どちらも50パルシェン+55リザードンを頻繁に同時選出することが出来ました。
フォレトスだとやった記憶が無いのでよく分かりませんが、少なくともパルシェンは容易に組み込めます。

TA最強時代にあったケンタロスセットでも、
パルシェンの撒き菱によって破壊の遺伝子ケンタロスの攻撃で様々なポケモンを一撃圏内にする研究がされていましたが、
それと似たようなもので、爆破による短期決戦に持ち込めば、撒き菱ダメージは回復されずダイレクトに活きて来ます。
撒き菱というのはサイクルを繰り返して試合を長引かせた方がトータルダメージは大きくなりますが、
短期戦は逆に「相手に回復する隙を与えない」という点で、撒き菱ダメージをダイレクトに活かしやすいです。
なので、↑にまとめた計算結果は、エアプでも何でもなく、実際にバリバリ活かせます。
なんだ、長期戦でも短期戦でも撒き菱は強いんじゃないか。その通りです。最強です。

パルシェンを選出する理由が「撒き菱を撒くため」だけでもぶっちゃけ全然いいです。
大抵は爆破で0.9匹分ぐらいは連れて行けるし、
相手によってはビシ撒くだけで爆破すらしなくても良いぐらいの時もあります。
枚数差つけられてもリザードンは結構2タテ以上出来ます。
爆破キャラを上から一撃で倒せるので。

僕の体感的にはですが、55リザードンパで撒き菱が役に立つ試合は、
「選出画面で撒き菱の有り難みを感じる」のが2試合に1回ぐらいの割合(相手にパルシェン居る時点で役に立つので…)
「実際に撒き菱が役に立つ」のが、そのうち更に3試合に1回ぐらいの割合(つまりトータルで見ると6試合に1回ぐらい)
という感じです。

(※当然常にリザードンを使ってるわけではないので、その時の環境に大きく依存はします)

逆に相手にパルシェン居たら毎回撒き菱要るかと言ったらそういうわけでもなく。
爆破爆破からリザードン残しが出来るなら、リザードンはタイマンさえ出来れば良いので。
あと、マルマインの壁爆破からリザードンに繋ぐような場合は、
爆破が(弱いので)1-1交換にならないため、
「HP満タンのパルシェンとリザードンが対面する」なんてシチュエーションほぼ無いです。
パルシェンは大抵、既にHPが減っているか、太鼓決めたあとに後ろから出て来るかぐらい。

例えば後ろに控えているパターンだと、太鼓のターンを読まれてパルシェン出されると、
撒き菱が無ければ破壊光線でしか一撃で倒せないことになります。(※岩雪崩型ならばその限りではない)
この破壊光線の反動が複数対決に支障を来たしそうな場合、撒き菱が役に立つことになります。

他には、55サンダーパに対してです。
サンダーに対しては壁爆破からリザードンに繋いでもタイマンするのはかなり苦しいです。
その代わり、サンダーパに炎受けが居ないことが多いので、
カビゴンとかマルマインでサンダーを流しつつサイクルが出来れば、
リザードンは相手の50を起点にして大文字をサンダーに押し付けて負荷をかけることが出来ます。
55サンダーは大文字3発なので、2発分与えた時点で、同速に勝てばそのまま倒せることになります。
いわゆる対面構築的な動きですね。
この際に、撒き菱が無いと「相手のパルシェンを起点に出来ない(耐えられて爆破される)」ということになるので、
こういう時にも撒き菱が効いて来ます。
リザードンの持ち物が奇跡の実なら、フシギバナには1回「後出し」が出来るようになります。
(撒き菱が無いと大文字を乱数で耐えられて眠り粉を2回受けてしまう危険性がある)

というわけで、対パルシェンやフシギバナは主にサイクルで、
対50ガラガラやカイリキーや水ポケモンなどは、主に爆破からのタイマンもしくは太鼓全抜きで、
それぞれ撒き菱が役に立つ感じです。






最終更新日  2020.06.30 04:56:33
コメント(0) | コメントを書く
カラオケ2回分

1回目は結構前でもうあんま覚えてない(
友人と2人で4〜5時間ぐらいだったはず

君にサヨナラを/桑田佳祐
飛べないモスキート/桑田佳祐
BLUE ~こんな夜には踊れない/桑田佳祐
愛のささくれ ~Nobody loves me/桑田佳祐
月/桑田佳祐
Let's try again ~kuwata keisuke ver.~/桑田佳祐
世界はそれでも変わりはしない/上木彩矢
はじまりのとき/絢香
ロンリー/阿部真央
One more time, One more chance/山崎まさよし
AMBITIOUS JAPAN!/TOKIO
お前やないと あかんねん/桜庭裕一郎 …なんかめちゃくちゃ久しぶりに聴いて、歌いたいなと思ったので。
HANABI/Mr.Children …ちょっと久しぶりにミスチルコーナー
しるし/Mr.Children
I'll be〈Album ver.〉/Mr.Children
旅立ちの唄/Mr.Children
タガタメ/Mr.Children
My Best Of My Life/Superfly …確か相手がSuperfly歌ったから俺もだったはず
Mugen/ポルノグラフィティ
Free and Freedom/ポルノグラフィティ …うわ何年ぶりだこれ
タネウマライダー/ポルノグラフィティ
MATACTANA/米米CLUB
以上、22曲。


2回目はついこの前。自粛前から行こうとしてたけどなかなか予定合わなくて、ようやく行けた3人で、8時間。

現代人諸君!!/桑田佳祐
MUSIC TIGER /桑田佳祐 …初。Apple Music解禁してから落として最近覚えた曲。楽しいw
夏の日の少年/桑田佳祐
HIT THE WORLD CHART!/GLAY …最近久々にGLAY聴いててモチベ上がってたので今回GLAY多め。
SHUTTER SPEEDSのテーマ/GLAY …GLAYは元々ちょくちょく歌うけど、今回は特に久しぶりのやつを多めに!
COME ON!! /GLAY …BELOVEDの頃から徐々に新しくなってく流れ。この曲はやっぱ楽しい
FRIEDCHICKEN & BEER /GLAY …これもちょっと久しぶりだけど、好きなんだよなーーー
3年後/GLAY …ここまで、アルバムpure soulから曲順まんまの3連続でした。
FATSOUNDS /GLAY …喉が疲れてきた()
HEAVY GAUGE /GLAY …ちょっとキツくなってきたのでGLAY一旦休憩()
スローモーニング/Silent Siren …ここからしばらくサイサイ。これは特に好きな曲。
アンチノミー/Silent Siren …初。ここからは初めての曲を連発します。
Delay /Silent Siren …初。前曲と共に好きな曲だけど、まだ聴き込みが足りず、一部覚えてなかったorz
Star drops /Silent Siren …初。かなり好きな曲!!これはめっちゃ聴いたから歌えた。
女子校戦争/Silent Siren …初。ところで、今回全てキー#4のオク下(=♭8)なんだけど、これちょうど良い。
レイラ/Silent Siren …初。
alarm /Silent Siren …初。
nukumor /Silent Siren …初。意外とバラードの方が歌いやすかったりして。
C.A.F.E. /Silent Siren …これは初ではないけど好きなので。
さよなら日比谷/SILENT SIREN …初。やっぱサイサイのバラード、なんか歌いやすいな・・
ODOREmotion /SILENT SIREN …初。これは楽しかった!!てかライヴで聴きたい((
Attack /SILENT SIREN …初。やっぱBPM速い曲も楽しいわ(
Go Way! /SILENT SIREN …初。ところでGirls Power以降の曲、DAMには半分ぐらいしか入ってなくてショック。
乾かない涙/SILENT SIREN …初。この辺の新しい曲の方が覚えてるんだけど、限られた曲しか入ってない・・
フジヤマディスコ/SILENT SIREN …初。この辺でサイサイコーナー終了。再びGLAYへ!
ゆるぎない者達/GLAY …GLAY後半戦。これは何年ぶりレベルだけど、案外歌いやすかったから今後も歌うかも!
Friend of mine /GLAY …多分初。この前たまたま動画で見て、そういや好きだなーって。
夢遊病/GLAY …久しぶり!!キツい印象あったけど意外とそうでもなかった!
VIVA VIVA VIVA /GLAY …初か2回目ぐらいか忘れたけどそんなぐらい!!最後キツすぎクソワロタ
WET DREAM /GLAY …これはよく歌うけどやっぱキツくて死んだ()これにてGLAY終了!
まっすぐ/私立恵比寿中学 …初。Apple Musicで落として覚えたもの。これも#4オク下でちょうど良かった!
辛夷の花/こぶしファクトリー
終わりなき旅/Mr.Children …初。Apple(ry)。エモくて好きなのでもうちょっと歌い込みたい。
ねがい/B’z …最後に1個だけB'zで〆。声は出ないので逆に吹っ切れてキツいやつ選んだ()

以上、計34曲。
GLAY熱が再燃してたので、GLAYメインに行こうと思ったけど、
カラオケ自体が久しぶりだったのと、多分寝不足によるスタミナ切れで、声があんまり出なくて残念。
このコンディションでGLAYを連発するのはちょっと無理があったので、
中盤はサイサイの曲を低めに歌うことでカバーしてました。
言うてサイサイも、最近覚えて歌いたい曲はたくさんあったので良かった。
改めて見返すと、34曲中27曲がGLAYかサイサイってひどいな((
ビジュアルが良い4人組男性バンドとビジュアルが良い4人組女性バンドだからつよい(???)
あと、他ではApple Musicを始めたことによって聴けるようになって最近覚えた曲なんかもあったので、
今後もレパートリー増やして行きたいなーと思います。

しばらく行けなかった分ちょっとカラオケの頻度は増やしていきたい。






最終更新日  2020.06.30 03:41:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.18
カテゴリ:ポケモン関連
今までより詳しくないかもしれないー

<2000>
第1世代でかなりの強キャラだったのでその延長上で使われたりしていた。
ただし、大幅な特防ダウン、エスパーの弱体化、炎の強化などで、明らかに弱体化しただろ的な雰囲気があった。
多分爆発型が主だったと思う。
リフレクター貼って爆破、眠り粉撒いて爆破、とかが出来るので、
爆破速攻みたいなパーティで爆破役としての使い方は既にされていたはず。

<2001〜2005頃>
詳しい年代や順番は知らんけど光合成型が発掘され一躍メジャーに。
特に、宿木+サイキネが純粋に止まりづらくて強いので、
爆破に頼らなくても単体で十分決定力が出せるのと、
受け全盛期なのでとりあえず光合成で回復しておくみたいな感じだと思う。
サイキネ宿木光合成までテンプレで、残りの枠はリフとか眠り粉とか痺れ粉とか色々あったはず。
これがカビゴンにも強いことが分かって来たのもあって、第1世代と負けず劣らずどころか、
使用率で言えばカビゴンと同等もしくはそれを超える大会すらあったというほどで、
ナッシー全盛期だったのではないかと思われる。知らんけど。
エースのやどみがめざ虫型も、この頃には既に開発されていたはず。

<2006〜2009頃>
この辺から筆者が知ってるので詳しくなります(爆何
まずそれまでのナッシー人気というのは、そもそもパルシェンがまだ開拓されきっていなかったというのがあった。
この頃からパルシェンが本格的に増え始めて、
役割的に似ているナッシーはどちらかというとパルシェンに立場を譲ることが増えた。
(両方採用していたパーティも決して少なくはなかったが。)
速攻パーティは氷河期で、鋼ポケモンも多かったのもあって、爆破型はガチで使われるようなことはまず無かった。
「自主退場から起点を作る」みたいな考え方もほとんど無かった。
55カビゴンが強いせいで、エアームドやブラッキーが増えていたのも向かい風。
割とナッシー氷河期かも知れない。

<2010〜2011>
あやみがスターミーが登場したりして、草ポケモンの分際でスターミーのド起点にされたりと更に立場が危うくなりかけたが、
泥棒やめざ草を持つことで対策する型も出始めた。
(これらは特に、あやみがスターミーと併用されるガラガラにも同時に強いため、一貫性があるところが利点だった。)
あやみががかなり猛威をふるっていたため、むしろサイキネ1本の型が減っていった。
パルシェンに比べればスターミーに対抗出来るため、地位はやや向上。
ただし依然として鋼やブラッキーは結構いたので、
爆破型で使う場合サイキネだけでは止められてしまうため、仕方なくサブ技にめざ炎を持たせたりと四苦八苦していた。
当時まだ、鋼やブラッキーのようなぬるいポケモンを起点にする戦術は開拓されきっていなかったので、
それらのポケモンに単体で止められてしまうと純粋に困るというのがあった。

<2012〜2013>
フシギバナの開拓と共に「草技の一貫性」が見直されたこともあって、めざ草持ちが少し増えた。
特にバンギラスが増え始め、鋼が減り始めたため、めざ草+爆破の攻撃範囲は有用性があった。
時代は速攻へ向かって行ったため光合成型はほとんど居なくなり、
パルシェンが再び息を吹き返したのでそれとすれ違うようにナッシーも息を潜めかけていた。
また、長らく地震雪崩めざ飛剣という型が圧倒的テンプレだったガラガラが、
めざ飛を手放しめざ虫を持たせるのがメジャー化した影響で、
ナッシーのガラ受けとしての信頼度は大幅に下がり、その面でもパルシェンに立場を譲った。
それと同時に、フシギバナの開拓も進んだため、
ナッシーがパルシェン+フシギバナに分裂し、使用率がフシギバナを下回ることさえ一瞬あったりした。
キャラランクでフシギバナをナッシーよりも上に置く者すら現れた。(筆者のことだが他にも居た)
一方でその爆破速攻内でナッシーが使われることもあり、
パルシェンと違って粉を振りまきながらの爆破や、
めざ草で乱数でパルシェンを出落ちさせるといった利点が活かされることもあった。

<2014〜2015>
爆破速攻バブルが崩壊し、パルシェンが少し大人しくなったと同時に、
ポニョ等のパーティで50サイキネ宿木眠り粉爆破というシンプルな型の強さが見直されて一躍メジャーに。
逆にこれ以外の型はほとんど居なくなった。
特に50残飯自爆カビゴンとこのナッシーを組み合わせたサポメンのコンビはかなり強く、
55ゲンガー、55バンギラスなど様々なエースの下で使われていた。
55カビゴンを始めとしたやや低速なパーティが増え始めたというのが追い風だった。
鋼がすっかり少なくなっていたため単純にサイキネ+爆破という攻撃範囲がストレートに通りやすいのもあるが、
止められたところで眠り粉を入れたり宿木を植えたりすることで、
むしろその相手をエースで起点にしに行くというような戦い方が発掘されていった。
そのため、わざわざめざ炎などの役割破壊を持たせるようなことはこれ以降滅多に無くなり、
ほとんどはサイキネ一本、たまにめざ草が居るという程度になった。
爆破速攻から起点構築メインへと移り変わった時期で、起点を作りやすいナッシーが株を上げた時代と言える。
パルシェンやフシギバナの人気も根強く、三銃士という括りがこの頃に爆誕した。

<2016〜2018>
時代は50カビゴンと三銃士に支配され、これらのポケモンがあまりにも多すぎるため、
いかにミラーマッチを制するかというところに重きを置かれるようになり、梨割理論なども書かれた。
従来ならばフシギバナはカッター宿木眠り粉光合成、パルシェンは冷凍撒き菱リフor鈍い爆破、
ナッシーはサイキネ宿木眠り粉爆破、がテンプレでそれぞれほぼ固定の勢いだったが、
お互いを対策するために、パルシェンがナッシーと対面で勝つために奇跡の実を持たせたり、
フシギバナもナッシーに勝つためメイン技をカッターでなくめざ虫にするようなカオスな時代になって行った。
ナッシー側も、ミラー対策にめざ虫を持たせたり、
爆破を抜いて技枠を増やしたりと、テンプレから脱却する動きも見られた。
ガラガラは減ったが相変わらずめざ虫がテンプレだし、
この他にもカイリキーやドンファンにまでめざ虫を持たせるのがメジャー化して、
いつどこで誰から狙われているか分からないような危機に晒されるようになったが、
それでもなお決して衰えることなく使われているというぐらいには、やはりサイキネ爆破型は強かった。

<2019〜>
電気エースと組ませる影響でパルシェンがやや増加し、相変わらずそうなるとナッシーの数は減る。
エースや構築の傾向の流行は移り変わるが、
ナッシーやパルシェン単体として新たに開拓されたことは取り立てて無いため、
今後も流行に応じてパルシェンとナッシーの比率が交互に入れ替わっていくのではないかと予想される。


【数量限定】【訳アリ】20世紀 梨 4.5kg箱 9〜20玉入 ちょっと傷アリ 不揃い 規格外 ご家庭向け 2020年予約【発送時期:9月後半頃〜10月上旬頃まで予定】






最終更新日  2020.06.18 06:32:40
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.15
カテゴリ:ポケモン関連
55デンリュウ 10万ボルト/炎のパンチ/爆裂パンチ/電磁波@奇跡の実

今や金銀デンリュウのテンプレとなった感がある型。
元々僕が俺の電磁波を喰らえというパーティで、半ば趣味的に使っていたのですが
デンリュウが大好きなおかしょーさんという方に目をつけていただいて、
更にパーティごとブラッシュアップされていきました。

主に55デンリュウの性能や型について、おかしょーさんがこちらの記事でかなり詳細に、分かりやすく書いてくれています。
司令塔エース型デンリュウについて

今回、「なぜデンリュウに電磁波を持たせたのか?」という点にスポットを当てて、
少し掘り下げて行こうと思います。

まずデンリュウを使う動機としては、おかしょーさんの記事にあるように
ズバリ「数値と攻撃範囲の両立」です。
これを活かせる10万ボルトと炎のパンチは即採用、
広範囲で崩すとなると必ず壁となるのが、レベル問わず対カビゴン。
カビゴンというのはどのような大会や対戦会であっても、基本的に使用率9割ほどを維持しており、
それぐらい対戦界には「常に」「必ず」居るポケモンです。
(デンリュウのような特殊ポケモンの場合、加えてハピナスも基本的に壁になります。)
そこに爆裂パンチを持たせるのも、広範囲型ポケモンの常ですね。
バクフーンでもオーダイルでもゲンガーでも持たせます。
たとえ物理ポケモンであっても、剣の舞や腹太鼓などで火力を伸ばしづらいポケモンであれば、
バンギラスやカイリューやベトベトンやニドキングなど、
フルアタやセミフルのポケモンには、やはりカビゴン対策として爆裂パンチを持たせるのが基本です。
参考記事:フルアタ・セミフルまとめ 〜後篇〜 byあやみがなどほろべばいい

というわけで、「デンリュウの数値と攻撃範囲を活かして、エースで使おう!」となると、
「10万ボルト/炎のパンチ/爆裂パンチ」まではセオリー通り考えればすんなり決まるわけです。
攻撃範囲としては、もう1個持たせたところで目覚ましく変わるものは特に無い
(強いて言えば、めざ水を持たせれば、地面岩系に強くなるぐらいか)
というわけで、セミフル型とし、残り1個なにかしらの補助技を入れることになります。

こうした考えで型が成り立っている「広範囲型エース」の例を見てみましょう。

55バクフーン 大文字/雷パンチ/爆裂パンチ/日本晴れ@奇跡の実

デンリュウととても似ています。メイン技が電気技か炎技かが違うだけ。
バクフーンの場合は日本晴れを持たせています。
炎ポケモンにおける日本晴れは、自身の大文字の火力は上がるわ、相手の水技は半減出来るわ、
更に雷持ちの電気ポケモンと戦う際にも有利になるわで良いことづくめ。
この日本晴れ+大文字の火力で、爆裂パンチに頼らずしてカビゴンを倒せる場合もあります。
広範囲型ポケモンとして見たときに、「器用貧乏にならず、メイン技の火力を増幅出来る」という点が特筆すべき点ですね。
ステータスとしては、素早さも特殊火力もかなりあるため、
いわゆる「上から火力を押し付ける」系の戦い方が出来ます。
日本晴れがそれに磨きをかけているというイメージです。

55オーダイル ハイドロポンプ/地震or恩返し/爆裂パンチ/嫌な音@食べ残し

こちらは嫌な音を持たせています。
これはメイン技ではなく、他の技の火力を増幅させることが出来ますね。
特に爆裂パンチの火力アップは大きく、カビゴンを一撃で倒せるようになってしまうことも。
また、爆裂パンチに頼らずとも嫌な音+地震or恩返しだけで十分追い込むことも出来ます。
バクフーンの日本晴れ+大文字ほどのめざましい決定力は無く、
嫌な音の外れも考慮すると、カビゴンの前で数ターンかかってしまうことにはなりますが、
オーダイルには逆に耐久力があるので、少々時間をかけてでもじっくり決定力を出すのに向いています。

いま挙げた2つの例に共通して言えることは、
「爆裂パンチのみに頼らず、カビゴンを崩しやすくなる補助技を持たせている」という点です。
デンリュウに、そのような技はあるでしょうか?

オーダイルと同じ嫌な音を覚えます。
が、オーダイルほど物理攻撃力があるわけでもなければ、サブ技も特殊技です。
嫌な音を持たせたところで、「爆裂パンチを当てなければ意味が無い」ということになってしまいます。
メイン技が10万ボルトでなく雷ならば、バクフーンの日本晴れのように、雨乞いで強化することは可能です。
が、命中率が高くなるだけで、雷の火力が上がるわけではないので、突破力としてはイマイチ。
むしろデンリュウは、素の10万ボルトでもそれなりの火力があります。
無理しなくても、10万ボルト+爆裂パンチだけでカビゴンを倒せる芽がそれなりにあるのです。

では、第4の技は一体どういうことが出来る技を持たせれば良いのか。
ここで、いま挙げたバクフーンやオーダイルには出来て、デンリュウには出来ないことを考えます。

数値を見ると圧倒的に足りていないのが、素早さです。
オーダイルはバクフーンまでは行かずとも、激選区のひとつである85族(スイクン、ヘラクロス、ムウマなどが居る)
をレベル差で抜くことができ、上から爆裂パンチを押し付けることが出来ます。

この「上から爆裂パンチを押し付けることが出来る」というのが実は物凄く重要なことです。
広範囲型のポケモンというのは、なぜ広範囲で使うのか。
「種族値は全体的に丸く、圧倒的に高い火力は持っていないが、代わりに多彩な攻撃技を覚えるから」でしょう。
圧倒的に高い火力を持っていないということは、どういうことか。
「爆裂パンチの火力自体はそこまで大したこと無い」ということです。
攻撃力が高めのオーダイルすら、素の爆裂パンチでは中レベルのカビゴンを半分削るのがやっとです。
そこに大きく期待しているのはむしろ「混乱の追加効果」です。
不利な状態で最終的にワンチャン残す、といった要素はもちろんありますが、
これを先制で打てるということは、常にこちらが先にガチャを引き、
相手にそれを付き合わせることが出来るということになります。
特に、「メイン技で1発殴っておき、相手が回復技を使いたいタイミングで爆裂パンチを打つ」という動きが強いです。
これを外しても相手は回復が成功するだけで、一旦相手を流せるポケモンにチェンジして仕切り直すことで、
ローリスクハイリターンな爆裂パンチを打つことが出来ます。

これが後攻になってしまうと、相手に先に動かれてしまうだけでなく、
システム上でも混乱というのはチェンジで解除されてしまうので、
後攻で爆裂パンチを命中させ混乱させても、即チェンジされてしまっては、
「相手が混乱しているターンが一瞬たりとも無い」ということになってしまいます。
遅いポケモンに爆裂パンチを持たせることがあまり無い理由の一端が、こういうことです。

また、補助技に関しても素早さが関係していて、日本晴れも嫌な音も、「先制でこそ生きる技」です。
嫌な音は爆裂パンチと同じく、交代で解除されるため後手で打ってもとにかく決定力が出るのが遅い。
日本晴れも、攻撃面では変わりませんが、防御面で考えると後手だと1ターン損になります。
いま挙げた例がバクフーンとオーダイルだったので、日本晴れと嫌な音について書きましたが、
この他でも補助技は、通常の攻撃技と比べると「後手で効果が発揮しづらい」というケースがとても多いです。
壁技、アンコール、眠り粉、などなど。

さて、このような「爆裂パンチ持ちの広範囲型エース」という括りで見たときに、
デンリュウは残念ながら致命的に遅いです。
カビゴンに圧倒的に強いクロスチョップを打てるカイリキーや超火力のガラガラは例外とすると、
これ以下の素早さのポケモンは、エースで広範囲型として使うことはまず無いでしょう。
理由は「上から押し付ける戦い方が出来ないから」です。
例にとったバクフーンやオーダイルも、「自分よりも素早いポケモン」は何よりの天敵です。
(特にライコウ、フーディン、スターミー、サンダー、ミルタンク、ケンタロスなどはこういったポケモンの壁になりやすい)
これに加え、ヘラクロスもフシギバナもバンギラスも、先制して来るわけです。
これを回避するために、「先制出来る相手を増やす」という理由から電磁波を採用するという発想が見えてきます。

さて、ここからは視点を変えて、逆に「電磁波を打つポケモン」という括りを考えてみます。
電磁波を打つポケモンというのは、スターミー、ハピナス、ポリゴン2、サンダー、マルマインあたりが代表格ですね。
ズバリどれも、「基本的には低レベルのサポートで使われる」というのが特徴的です。
電磁波に限らず、状態異常をかける技は他にもどくどく、眠り粉、痺れ粉などがありますが、
どれも高レベルのエースではなく低レベルのサポートのポケモンが使うのがほとんどです。
理由は明確で、高レベルよりも低レベルの方が数値が低いため、
数値に依存しない補助技を低レベルに使わせ、数値を活かせる攻撃技を高レベルに使わせた方が効率が良いからです。
当然と言えば当然ですね。

では、電磁波という技がどういう使われ方をするか。
2006〜2010年ぐらいの時代、当時はまだ腹太鼓カビゴン禁止のルールで考察されていた影響もあり、
超火力の速攻型構築よりは、カビゴンの鈍いでじっくり決定力を出していくような戦いが主でした。
その際にサポートで電磁波を撒いて、エースのカビゴンで勝負をかけることになるわけですが、
当時はカビゴン同士のミラーマッチが激化していて、
「カビゴンに麻痺を入れることが出来れば、カビゴンミラーで有利になる」という理念がありました。
したがって、サポート同士のヒエラルキーで強いポケモンに電磁波を持たせることによって、
相手のカビゴンに麻痺を与えやすくなる=強い、という考えのもとで研究が重ねられていました。

それが、2011〜2014年あたりにかけて、状況が変わって行きました。
カビゴンミラーバブルが崩壊し、バトルが高速化した影響で従来のような鈍いカビゴンは使いづらくなり、
代わりに低レベルで自爆するカビゴンがメインとなって行きました。
エースのカビゴンはしばらくして息を吹き返しましたが、それは眠る+寝言型というもの。
以降、この環境はずっと続いて行くことになります。

これによって変化したことは、「カビゴンが状態異常に強くなった」ということです。
低レベルの自爆カビゴンは状態異常を物ともしない性能を持っているし、
エースは眠る+寝言で戦えるので状態異常を簡単に回復しながら戦うことが出来ます。
つまり「カビゴンが喜んで状態異常を受けに行く」という環境に変わったことになります。
これが何を意味するかと言うと、
「カビゴンに強いポケモンが麻痺を撒かないと、結局カビゴンに全て状態異常を吸い込まれてしまう」ということです。

先ほど挙げた、電磁波を使う主なポケモンを改めて見てみると、
ほとんどがカビゴンに弱いポケモンばかり。
もちろん、それでも十分強いので今でも遜色なく使われてはいますが、弱点ということには違いありません。

では、カビゴンに強いポケモンで麻痺を撒けば良いじゃないか。
となるのですが、そのようなポケモンは残念ながら、そうそう居ません。
せいぜい「カビゴンに対してそれなりの決定力を持つポケモン」で麻痺を撒くことが出来るという程度です。
例えば鈍い+ノーマル技で決定力を出せるポリゴン2に電磁波を持たせたり、
剣の舞+ヘドロ爆弾で決定力を出せるウツボットに痺れ粉を持たせたり、という程度です。
(因みにこの考えのもと、高レベルの電磁波ポリゴン2を採用したのが藝術道場です。)

さて、その観点でデンリュウを見てみると、
とても「カビゴンに強いポケモン」とは言い切れませんが、
高レベルの10万ボルト+爆裂パンチなら、それなりにカビゴンに抵抗出来るポケモンと言えます。
少なくとも低レベルでサポートに専念したスターミーやサンダーやハピナス等よりはよっぽどです。
ということは、それだけ「カビゴン以外のポケモンに麻痺を撒ける」という可能性を持っていることになります。

これはもちろん、他の広範囲型のポケモンに関しても言えることで、
メイン技+爆裂パンチで十分にカビゴンに対抗出来るのならば、麻痺を撒きやすいと言えます。
ただし、広範囲の攻撃技を持てるポケモンで、麻痺技を打てるポケモンというのはそう多くありません。
電磁波で言うと、他にライチュウやエレブー、カイリュー、ヤドラン、スリーパー等が居ますが、
デンリュウは「属性一致メイン技の火力」「種族値の安定性」と言った点で秀でています。
(エレブーの電磁波はクロスチョップと両立不可なので注意。結局デンリュウと似たような型になります)

つまり、電磁波型の視点から見ても、ある程度カビゴンを崩せる広範囲型のエースがこれを持つというのは、
理にかなっていると言えるのではないでしょうか。
いま例に挙げたようなポケモンも、司令塔型としてもしかすると未来があるかも知れません。
(特に個人的にはカイリューがちょっと気になるところ。電解というパーティで使いましたがパーティ自体が微妙だった感)

というわけで、
・デンリュウから見た電磁波の必要性
・電磁波から見たデンリュウの必然性
という2つの観点から、「デンリュウ×電磁波」の組み合わせの有効性について考察してみました。


3畳 (電磁波カットホットカーペットカバー付) 723190






最終更新日  2020.06.15 03:05:50
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.19
カテゴリ:ポケモン関連
後々3代目魔人島のどこかに転載予定
とりあえず試しに。

カッ
ター
宿





ヘド
地面
耐性
格闘
耐性

等倍
バンギ
抜き
ガラ
抜き
ナッシー××××××
フシギバナ×××
メガニウム××××××
ワタッコ×××××
ウツボット×××
ラフレシア×××××
パラセクト×××××
モンジャラ××××××
キレイハナ××××××
キマワリ××××××××××



防草シート ザバーン 【ザバーン防草シート128 1×3.3m】






最終更新日  2020.05.19 06:50:12
コメント(0) | コメントを書く

全2880件 (2880件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.