000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

2代目魔人島

2015.04.11
XML
カテゴリ:ポケモン関連
昨日、stoicさん主催のジム城の小規模大会、ナッツ杯に参加して来ました~。

結果などはこちら

パーティ固定のスイスドロー方式。僕の知る限りではジム城史上初ですね。
5年前ぐらいにスイスドローやったときはパーティ非固定だったので。

僕は4戦中2勝2敗という何とも中途半端な戦績、
一応対戦した相手・勝った相手の成績が良かったため、ポイント制により2勝2敗の中では最上位となる、
13人中5位という成績に最終的にはなりました。
まあ悪い結果ではないんだけど、勝ち⇒勝ち⇒負け⇒負けという順だったので、何だか後味は良くなかった((((

でも、内容としてはとても面白い大会でした。主催のstoicさん、サポートのアウオオさんありがとうございました、
そして優勝のめっめさんおめでとうございます!!


ではまず自分が使ったパーティの解説でも。

55ライチュウ 雷 アンコール 堪える 起死回生@黒帯 FFFF
55ケンタロス 影分身(PP15) 身代わり(PP16) 鈍い(PP10) 眠る(PP10)@食べ残し FFFF
55ゲンガー 10万ボルト 冷凍パンチ 炎のパンチ 爆裂パンチ@奇跡の実 FFFF
50カビゴン のしかかり 地震 鈍い 自爆@薄荷の実 FFFF
50ナッシー サイコキネシス 眠り粉 宿木のタネ 大爆発@黄金の実 FFFF
50マルマイン 10万ボルト リフレクター 光の壁 大爆発@麻痺治しの実 FFFF

まずこの型のライチュウとこの型のケンタロスを使いたいというところから組み始めたパーティ。
ライチュウはこの型なら雷が命中し、相手の捨て身や地震が急所に当たらない限り55カビゴンにタイマンで読みの要素無く確実に勝てます。
初手雷⇒殴って来たら次のターンに堪えて起死回生で倒せる。鈍い積んで来たらアンコで終了
黒帯が無いとダメージが微妙に足りないので、本当は奇跡持ちたかったけど仕方なく持たせました。
もちろんバンギにも割かし強いので、カビパ・バンギパ対策として入れてみました。ついでに対サンダーも悪くないと思うし。
あとついて程度に、今のジム城環境でライチュウ使うと変な型ばかり想像されると思うので、
初戦では初見殺しも結構成功するかなという期待もアリ。
今回パーティ変更無しだけど、言うてせいぜい4戦程度だろうと思ったので、エースの数が多ければ初見殺しは全然アリだと思いました。

ケンタロスもほぼ初見殺しです。
これはライコウさんがこの前全く同じ型をガルーラでやっていて、悪足掻きで3タテしていたのに僕が物凄く感銘を受けたため、
キャラはケンタロスに変えましたが型を丸パクリさせて頂きました。僕がこんなことをするのは数えるほどしか無い(
それほどこの型に感銘を受けたということです。
悪足掻きを攻撃技として扱っているので、ある意味で技を5個持っているようなものなんです。
「技5個使えたらな~」とぼやくことはよくあると思いますが、その夢のような話をある意味で実現させているのが凄いことだと思いました。
他のキャラや、他の技でも出来ないかと考えたのですが、何だかんだでガルーラかケンタロスでこの型に落ち着いちゃう気がします。
悪足掻きモードに入ってから戦い続けるために影分身と鈍いは必須だし、
宿木入ると死ぬのでナッシー・フシギバナの上を取れる身代わりも要ると思います。
眠るの枠は再生回復でも良いかも知れません。でもミルタンクは身代わり無いし、ハピナスは遅いし火力無いし、
フシギバナに先制されるのを妥協するならばポリ2はもしかするとアリかも知れませんね。
悪足掻きの火力さえ足りれば、スターミーでやるのもアリかも知れません。別に必ずしもノーマルである必要は無い。
これをターン制限のある大会でやるのは正直不向きだと思いましたが、
ポイントアップを使わずにPPを減らせば20ターンぐらいは悪足掻き連射モードが出来ることが分かったため、
今回は連打が必要になる可能性のある身代わりだけPPを増やしておいて、あとは全部ポイントアップ0で使用しました。

やりたかったのはほとんどここまで。残りは普段慣れてる感じの奴らで埋めました。
ゲンガーは、環境的にフーディンほとんど来ないと思ったしヘラやネールがホイホイ出て来ると予想して、シャドボを抜いて炎のパンチを持たせました。
カビナシは定番。ただしカビに残飯回らなかったので、眠る薄荷にしようかと思いましたが、
1-1交換性能が欲しかったので鈍いを持たせ、眠り粉対策という意味合いで薄荷だけ持たせました。
思ったんですが、残飯余らなかった場合の自爆カビってこの型も全然アリだと思いました。(奇跡でなく薄荷なのが重要)
眠らない薄荷ネールとかと同じ話ですわな。
最後の枠はパルと迷いましたが、壁爆破から健太が身代わり残し出来るためにマインにしました。
ヘラ受け、リキー受け、炎受けあたりも兼ねてます。


1戦目 対れれれさん
エレブーは来ない。まあほぼポリ2だろう。ということでゲンガー決定。爆破爆破ゲンガー狙いのコース。
爆破をネールに受けられるのが怖かったのでナッシーは数ターン様子を見て、相手のナッシーが居座って来るっぽかったので爆破。
最後のタイマンは結構運良くて早めに決着着いたと思います、体感的にこちら6割ぐらい有利かなと思ってましたが。

2戦目 対しゃわさん
ライチュウがかなり刺さりそう。だけどこのライチュウは奇跡の実を持ってないので、
スターミーとかサンダーが結構厄介になって来る。
で、色々シミュレートしていたところ、カビでなくバンギが来ると思った。
そうするとケンタロスが刺さりそう。この型カビには勝てないけど、その他全員には勝てる。
滅びとかが居ないので枚数差を付けられても問題無いということで、マイン+健太コース。
しかし読みを外した。カビが来た瞬間終ったと思ったけど、相手がまさかの自爆で自滅してくれてラッキー。
あとは時間をかけながらもパルとのタイマンをキッチリ勝ってくれました。
このケンタロス使えて嬉しいwww(((

3戦目 対あすなろさん
カビが寝言だと判明していたので、ゲンガー刺さり気味。でもカイリキー(めざ霊持ち)が怖かった。サポメン受からないし。
で、カビにはライチュウでも勝てるので、もしかして全体的に爆破爆破ライチュウでイケるのでは?と踏んでそれで決定。
しかし実際はカイリキーに勝ち目が無かった。雷高確率2耐えされる上にクロチョ高確率2発で落ちる。
アンコール絡められたけど、クロチョの急所と外し率を考えるとこらきし決めること自体も不安定だし、
仮にアンコ無くても結構対カイリキー危ないなと思った。
カイリキーを恐れてゲンガーやめたのに結局カイリキーに負けてたら意味が無いwwwww
やっぱりゲンガーが正解だったっぽいです。

4戦目 対117さん
それまでの全ての試合を見て技構成をチェックしていたので大半は分かっていたのですが、
分かった上で脳内シミュレートしても勝ち目が無かった。脳内ですら全然勝てない。
というのも、身代わり太鼓カビに激弱過ぎなんですよねこのパーティ・・・。
何かカビ+ムウマ確定、残りエアかナッシー、まで決めてかかっても無理。
一番可能性あるのが、サポメン全般に強めでカビとも一応戦えるライチュウかなと思い、
カビにガン起点にされるマルマインは使えないのでカビナッシーライチュウ。
しかし出て来たのはまさかのバンギ。これはかなりチャンスあるのでは!?と思ったが、
起死回生読みのムウマ出されたところで一気に形勢逆転。まんまと電磁砲麻痺を喰らって終了。
こうなるからこういうエースは奇跡の実が必須なんだよなあ・・・、カビ倒すために黒帯は仕方ないんだけど・・・。
まあ、電磁砲分かっていながらムウマに突っ込んだのが一番良くなかったのかな。一応ナッシー出せば流すことは出来たわけだし、
バンギ合わせられてでもとりあえず引いとくべきだったか。
カビの薄荷の実が機能した点に関しては良かったです。


・・・というわけで、2連勝後の2連敗。
大会中は、終始他の人の技構成をメモるのに必死だったので観戦とかはほとんど出来てないw
ただ、印象的だったのは、ピクシーが活躍していたなぁと。あとポリ2も多かった。
KP見てみて納得。ライチュウ3クソワロタwwwwwwwwwwwwww
一番面白いと思ったのは、少し前まではパルシェンがカビゴンに次いでKP半分ぐらいを占めていたと思うんだけど、
それが完全にナッシーに取って代わったという点。
あと、それに追随するのがバンギラスとポリゴン2というのが新し過ぎた。どちらもここまでの上位に来たのは初めてなんじゃないかと。
もちろん13人の大会だから信頼度は知れてるんだけど、
ナッシー、バンギ、ポリ2、と見ると、やっぱりstoicさんのポニョから始まったカビナシ中心TA編成の影響がかなり出て来てるのかなと。
あと、個人的には117さんのカビバンギパが凄く強いと思って、
今までなかなか定着しなかった身代わり太鼓カビパだったり、カビバンギWAだったりのひとつの完成形になったのかなと、
個人的に勝手にだけど思った。
そういう意味(ポニョの影響と身代わりカビ)で今回の大会、意外とひとつの区切りとして機能していたように思います。
あとKP0だから書かれていなかったポケモンとして驚くべきは、ヘラクロス。
1~2年前ならまだしも、今の環境強いと思うし、普通に野試合でも少し前よりだいぶ増えて来てるのに、大会では誰も使わなかった。
他にはガルーラ、ハピナス、ブラッキーあたりも0。この辺はまぁ納得という感じ。
ガルーラも確かに、野試合では居るけど、大会になると居ないっていうのは割といつものことだと思うので。
胸張って大会に出せるガルーラ入りのパーティが出て来たら胸厚ですけどね。

そんな感じで個人的にはなかなか意味のあった、良い大会だと思いました!
2010年?以来久々にスイスドロー方式が出来たのも良かったです。このシステムはやっぱりイイですね。トーナメントと総当たりの中間っぽいところが。
あと、参加人数が、告知の規模の小ささの割には意外と増えたのも良かった!
改めてstoicさんありがとうございました!(結果のUPもかなり仕事早かったです!)


GWに何か開こうと思ってたけどどうしようか考え中。何かするかも知れません。
(ハッキリとは言えません、ごめんなさい)






最終更新日  2015.04.12 00:21:01
コメント(0) | コメントを書く
[ポケモン関連] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.