434423 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

2代目魔人島

2015.06.27
XML
「その1」の続き。2日目です。

~5/3(日)~

予定通り12時ぐらいまでゆっくり寝て、環境も良かったし割と気持ち良く起床!
一応寝袋を持って来ていたのだけど、翌日もココを使えれば、無しでイケそうだ。

さて、この日は18時からの舞台があるだけなのですが、それまでに少しだけ用もありまして。
というのは、以前知り合ってお世話になってるモノノフさんがちょうど偶然、この日の13時の部の方に観に来ていて、
それが終ってから、鑑賞用のオペラグラスを貸して頂けるということに!
というわけで、13時の部が終ったあとの、15時半頃に、会場であるZeppブルーシアターに到着し、合流。
ここまで昼を喰っておらず、腹が減ったので(元々この辺で食べる予定だったのだが)、
18時の部まではまだ1時間ぐらい余裕があったので、近くのファミレス「ジョナサン」で2人で昼飯。
ジョナサンってウチの地域では見たこと無いけど、こっちの方ではよくあるファミレスらしい。へー
ファミレスっぽく、確かトマトソースか何かのスパゲティを食べ、フライドポテトを2人でつつきながら、暫し歓談。
こっちはまだ観る前だから、舞台の話は出来なかったけどもw

そしてオペラグラスを借り、解散!本当にありがとうございます!
さーて、ブルーシアターはすぐそこだ!坂が急でキツ過ぎワロタwwww山かよwwwww

IMG_0110.JPG

この舞台、本編が始まる前に、客入れの段階から既に舞台上ではちょっとした芝居(いわゆる『0場』)が始まっているので、
なるべく早めに劇場に入った方が良い、というのは前情報として入手していたので、早めに。
幸い、開場待ち列のそこそこ前の方は確保出来た。しかし、甘かった。
宿を取っていない僕は、ずっと片手にトランクを持っていたのだけど、
この劇場にロッカーがあったのは良いんだけど、そのロッカーを利用するためには、一度列を出てもう一度並び直さないといけないだと・・・!?
完全にやらかした。急いでロッカーにデカいトランクをブチ込み、ダッシュで列の最後尾へ・・・orzorzorz 何たる情弱っぷり・・・
ただ、列の流れは割とスムーズだったので、恐れていたほど大きなタイムロスは無く、会場入り出来た。
急いでいたのでパンフレットは翌日購入することに。とりあえず、2日間確保出来て良かった。

席は、やはり真ん中よりやや後ろ、そして何と・・・まさかの一番右端wwww
ただ、後ろの方だったので逆に、角度はそこまで急ではなかった。
そして、前の人の頭を避けるため、かなり右に傾いて鑑賞出来る(後ろの人の邪魔にもならない)のは、端の特権と言えるだろう。これをフル活用した。
そして重要だったのは・・・オペラグラス!!案の定、この距離だと肉眼で表情まで見るのは難しい。
オペラグラスを通せば、もうハッキリ見える見える。そして、舞台上の細かいセットね!
張り紙に書いてある字とかも読めたし、0場の間に舞台上の細かい部分を色々を見渡せたのが良かった!!
まあ元々無かったらこっちでオペラグラスは自分で買う予定ではあったんですが、
ホント助かりました、ありがとうございました。

えーと舞台の中身についてですが、色々語るボキャブラリーも考察力も無いため、箇条書きで行きます!
というか翌日も合わせて2回ほぼ同じものを観たので、2回分まとめた感想を書きます^^;

・さおりの表情
役柄的に、さおりの表情が終始かなり険しくて、これは映画より更に大変な役になってしまったなと思った。
しかし、とても良い表情をしてたと思いました。険しいから良い表情ではないんだけど、
役に合った表情という意味ね。そしてイケメンだった。
というかさおりに限らずなんだけど、みんな結構表情の演技がちゃんとしてて、
コレはホント、オペラグラスのお陰で10倍ぐらいの価値になったと思う。

・玉井詩織の演技力
今回の舞台で一番印象に残ったのはコレかも知れない。
というのは、ユッコって、映画でもそうなんだけど、劇中劇のジョバンニとしての芝居の方が圧倒的に多いわけですよ。
だから、「玉井詩織が演じる橋爪裕子の素」ってあまり無いんですよね。だから、全然印象に残らなかった。
玉井詩織から、橋爪裕子を飛び越えてジョバンニへ行っちゃう感じ。
でもその原因が今回の舞台でようやく分かった。玉井詩織の演技が巧いんだよ。
ジョバンニは間違いなく橋爪裕子が演じているのだけど、橋爪裕子は玉井詩織が演じていることを感じさせない。とてもナチュラルだったんです。
ナチュラル過ぎて、印象に残らなかったんですよ。1回目の観劇が終ってからハッとそのことに気付き、
2回目では玉井を特に注視していて、それが間違いないということが分かりました。
映画でも良かったとは思うんだけど、舞台で遂に覚醒したんじゃないか!?・・・と。
これは今後、こっち方面での活躍が楽しみにならざるを得ないですね!

・がるるの活躍
映画に比べて、がるるがかなり終始活躍していたように思えた。
まあ、縦横無尽に動き回るキャラなので、舞台映えするのは自然なのかも知れないね。
ネタシーンも良かったけど、寧ろカラオケのシーンが特に印象的でした。

・中西さんの話
今回、ここまで中西さんにスポットライトが当てられる話だとは思っていなかったので、ちょっとビックリ。
個人的には映画でも、さおりと吉岡先生の次ぐらいに主要となるキャラクターだと思っていたので、
それが舞台では更に、もはや準主役ぐらいの位置付けになっていて、ある意味ここまで推されるとは思っていませんでした。
中西さん好きの僕としては大満足。演技も有安は安定感あるしね。

・明美ちゃんの人間性
がるると同じく明美ちゃんも、映画に比べてかなり色々収穫ありましたね!
特になかなか映画では見せてくれなかった、1・2年との絡みがとても多かったので、
「さおりの前ではこんなん」になってる明美ちゃんの裏側も垣間見ることが出来たのはニヤニヤしちゃうよね^ω^

・アドリブ
やっぱり2回分観てみるもので、ちゃんと違いはあるワケですよ。
「がるる動き過ぎ!」のシーンで1回目はさおりがノートでがるるの頭をポンと叩いたけど、2回目はそれが無かった。
そして面白かったのが、2回目の後半の稽古のシーンで、がるると高田がジャンプ対決する前に、
がるるがジャージの上に履いてるスカートを降ろして脱ぐときにうまく脱げなくて足に引っかかっちゃって、
明美ちゃんがすかさずアドリブで「絡まってるしw」とツッコみ(コレが割と素の佐々木彩夏に近かったけどw)、
それを受けてがるると高田がジャンプ対決しながら「アチャー」みたいな感じで頭ポンポン叩いてて、
その後登場するさおりが一瞬噴き出してしまったのがクソワロタwwwww
ああいうの観るとホント舞台イイなぁ~とか思ってしまいましたwwwww
他の回でも、観劇した人の話を聞いてると色々ハプニングやそこからのアドリブがあったようで、面白いですよね~

・高田の活躍
ももクロメンバー以外のぶっちぎりの主役wwwwwwwwwwwwww
映画でも比較的目立っていて、モノノフたちにも好評だったけど、
恐らくそれを受けてなんだろうけど、今回ビックリするぐらい推されまくっててワロタwwwwwwwww
あのキャラほんと好きwwwwwてか、高田役の伊藤沙莉ちゃんが、舞台に限らずもはやももクロとの親和性が物凄くて、
極端な話「この子ももクロでもいいんじゃね」とすら思えてしまいましたwwww

・舞台ってイイなあ、演劇って、イイなあ!
・ももクロって、イイなあ!!
僕はこういうちゃんとした舞台をまともに観るのは初めてだけど、
一応ローカルな劇団員やってたこともあって(あとよしもと新喜劇ならテレビで頻繁に観ていたので)、
「舞台って大体こういうもの」ってのはまあ何となくは分かってたので、
ビックリするところとかはあまり無かったのですが、やっぱり生モノはたまらんなぁと思いました。ライヴとかも好きだしねー
舞台の、同じなんだけど毎回変わる所とか、ほんと好きです。
で、一歩引いてみればこんなことをやってたのは実はあのももクロちゃん達だったわけで、
そう考えると「ももクロって、イイなあ!」にも辿り着くわけですよね((

そんな感じで。1回目は最後、「ああなるほど、こうやって終るのか」みたいに思ったけど、
2回目はそれを受けた上で観ていたら、最後ちょっとだけ泣けました。
因みにこの数週間後にライヴビューイングで観た千秋楽ではボロボロ号泣することになるんですが、
それはまた後日書きます(

さて、では。
予定通り20時過ぎに終り、3人と合流する上野駅へ!


~第1回ラッパーマグロオフ~


21時ほぼちょうどぐらいに到着、待ち合わせ場所が分かりやすかったのですぐ行けました。
stoic(以下おにいちゃん)の斜め後ろ姿を発見!僕の知らない誰かと話している。1192氏でした!初めまして!
おにいちゃんは1192氏とも、過去にGBA勢でのオフで面識があるため、今回の仲介的存在です。
1192氏は割と、予想通りな感じでした(ォ

そして・・少ししたら、すぐにyasu氏(以下やっさん)も合流。
イメージと大幅に違いました(((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((88888
やっさんは僕ら3人と初対面どころか、オフ自体初参加ということでしたが、
分かりやすかったのか、イメージ通りだったのか、すぐに僕ら3人を見つけて来ました(
てか、にしても、マジでそんな状態でよく前日から急遽参戦出来たなwwww
かなりノリが良い人だということは分かりました!!これは今後、オフで重要な人材になるかも知れません!!(誰目線

まあこのメンツ、僕と1192氏自体そもそもそこまで深い絡みはあったわけではなく、
両者と絡みのあるおにいちゃんが居てくれたからこそ出来たことなのですが、
更にそこに俺がやっさんをブチ込んだことによって相当異色な4人組になり、個人的には勝手にかなり面白い組み合わせだとか思ってました(((

まあ、この「相当異色な」「かなり面白い組み合わせ」は、
後述の愛知での脳筋オフで再び発生することになるんですがねwww

とりあえず4人揃い、俺はおにいちゃんと初手あーりんロボの話などをしながら、目的のタイ料理屋へ案内してもらう。
すぐに怪しげなお店を発見。4人掛けの席を確保。

1192氏のオフレポより抜粋

>・とりあえずビール→「すみません、グラスください」→店員氏「あ?瓶からそのまま飲めやコラ」一同真顔
>・stoic「脳筋かな?」

この通りでだいたいあってる

俺は何だっけ、バナナカクテル?みたいなやつが面白そうだったのでそれにしました。
とりあえず辛そうなメニューが色々ある中、マグロ良さそうだなとかいうノリで「ラッパーマグロ」なるメニューを注文、
これが後に一同にどれだけのトラウマを植え付けたかは、オフ名からお察し下さい
ラッパーマグロにすっかりビビってしまった一同、後半は無難そうなメニューばかり注文((((((((((((((よーえ
個人的にはバンバンジーっぽいやつとか、ユーリンチ―っぽいやつとかは食べやすくて普通に旨かったと思います。
後半は、白い米が進みました((((((((((((((((((8


ちょっと歯切れ悪いけど字数来たので「その3」へ続きます。






最終更新日  2015.06.28 06:16:29
コメント(0) | コメントを書く
[友人との集まり、ライヴ、イベント等] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.