1171003 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

クラシックどっぷり日記 ~音楽回想~

2021.08.26
XML
カテゴリ:お気に入り番組
言わずと知れた名作、特撮映画の金字塔とも言って良い

 ウルトラセブン

が現在NHKBSで日曜の朝に放送されています。
直接見ているわけではありませんが、録画して毎週楽しく見ています。
我々の世代だと、再放送で夏休みとか夕方に何気なく放送をしていたことが多い特撮。
特に
円谷プロだとウルトラマン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンAを見た記憶があるのですが、セブンはやっていた記憶がなく、結構名作が多いというのに面識があまりないというのが私のイメージだったんですね~。
かといってDVD借りようという感じにもならずに、そのままだったわけです。
数年前に我が家にもBSを引くようになってから、いろいろとBSの放送をちょこちょこと見ており、たまたま新聞とかをみていたら、4Kリマスターで放送するということで・・。
でも4Kだろ?映るのか?という不安もありましたが、問題なく普通に録画ができれおり、映像はやっぱり少し綺麗でしたね~。(我が家はまだ4K対応ではございません。)

第1話からずっと見ております。
当時の視聴率は良いものでは40%超えということで、少年の心を奪っていったんですね~。
大人になってみると、凄い雑感は感じられるところは多々あるのですが、今では当たり前のような撮影方法が当時としては斬新な取り方とか、ウルトラホークとかの出発のピアノ線とかね、時代が物語る感じが凄いして懐かしさをものすごい感じていいんですよね~。当時の怪獣や星人もいろんな試行錯誤を考えたうえでのキャラクターで現在特撮の原型というのが凄い分かる気がします。リアルに気持ち悪いものもいれば、突拍子もないものだったり。

子供のころは、過去の特撮をまともに見たことないんですけど特撮の本(ウルトラマンとか仮面ライダー、戦隊もの等)を見ては怪獣や怪人を覚えました。まだ専門本はあっても全ての怪獣が載っているものはいなかったと思うので、今見てこんなのいたんだ~とか知らなかったな~とか、いっぱいありますよね。
セブンというと、最終回のパンドンが有名で名を出すかもしれませんが、エレキングやエレキ・ジョー、ナース、ペトロン星人とかいくらでも出てくるんですよね。

意外なまま知識。
・いまだに放映されない第12話(怪獣や星人が原爆の関連でかなり非難を受けたためお蔵入りに。放映、DVD化もされず。)が凄い気になっています。
・アマギ隊員として出演していた古谷敏さんは、初代ウルトラマンのスーツアクターだったというのも正直驚きました。

ワイドショットにアイスラッガー、エメリウム光線とか、ウルトラマンとはまったく別物、カラタイマーを胸ではなくオデコに持つセブン。今の時代だからいろいろ見れるのかな。最後まで見たいと思います。





冬木透 CONDUCTS ウルトラセブン [DVD]新品 マルチレンズクリーナー付き

【送料無料】 ウルトラマン / ウルトラセブン放送開始50年 特別企画 ウルトラセブン サウンドライブラリー 【CD】

冬木透(音楽) / ウルトラセブン 50TH ANNIVERSARY ALBUM(初回生産限定盤) [レコード]

冬木透CONDUCTSウルトラセブン [ 冬木透 ]




キャラクター大全 ウルトラセブン [ 講談社 ]



ウルトラセブン・クラシック [ (クラシック) ]


楽譜 交響詩ウルトラセブン / 東京ハッスルコピー


ウルトラセブン・スコア・リーディング 冬木透の自筆楽譜で読み解くウルトラセブン最終回 [ 冬木 透 ]






Last updated  2021.08.26 23:07:46
コメント(0) | コメントを書く
[お気に入り番組] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.