3017037 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ルーマニアックス

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ハンニバルQ

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

黒ギャルになったか… New! 武来神さん

UFOキャッチャー フ… ミスランディルさん
Junky Junction 二木らうださん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

2020年05月04日
XML
カテゴリ:風景・旅行など
 STAY HOME ウチで過ごそうゴールデンウイーク その1
嵐ゆかりの神社を紹介。光の道 宮地嶽神社、櫻井神社 等
光の道 宮地嶽神社
奇しくも1650回目になります、今年のゴールデンウイークはいつもと違いコロナの影響で家過されている方も多いかと思います、そこで今まで訪れた神社等を紹介したいと思います。今回はテーマを設けて1回目は嵐ゆかりの神社、CMで有名になった光の道の宮地嶽神社や、嵐メンバーの名前が付いた神社等を紹介いたします。ただ、各地点在しているので終息しもし訪れる際はレンタカー等ご利用ください。
2016年のJALの嵐CMで夕陽の光が、神社の参道と海を一直線につなぐ事から一気に知名度上げた宮地嶽神社、光の道が現れるの1年のうちたったの2回。毎年2月と10月、数多くの人が訪れるようになりました、ただ、見れるか見れないかは運次第ですが。
パワースポットひとり旅でもご紹介されいます、是非ご視聴してみてください。
祭神:息長足比売命(おきながたらしひめのみこと) 別名 神功皇后(じんぐうこうごう) 、勝村大神(かつむらのおおかみ)、 勝頼大神(かつよりのおおかみ)
特に桜が咲いた時期を紹介しております、
奥之宮八社です、八社お参りすれば大願が叶うとされています、是非訪れてみて下さい。

宗像大社
嵐には関連がないのですが、宮地嶽神社から直ぐに行けるという事で紹介します。
祭神:田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)
宗像大社は、日本神話『日本書紀』『古事記』に登場する日本最古の神社の一つ、御祭神は、天照大神と素戔嗚尊の間に生まれた三女神であり、沖津宮(沖ノ島)、中津宮(大島)、辺津宮(本土)にそれぞれ祀られいます。ちなみに、中津宮にはフェリーで15分程で行けます、次は是非行ってみたいです。
第二宮と第三宮はタゴリヒメとタギツヒメの分霊お祀りしております、
高宮祭場に行く途中の道です、
神が降臨した地とも、
高宮祭場
古代祭祀遺構、祈りの原形を今に伝える全国でも数少ない古代祭場です。
ここは一番パワーを感じる場所、ひとり旅でもご紹介されているのでこちらも是非ご覧ください。
森のカフェ燦燦-san san-
せっかく訪れたなら近くのレストランでも食事してみてはいががでしょうか、
こちらは宮地嶽神社から直側にあります。
更に”道の駅むなかた”がございますので食事やお土産買われる際にぜひご立ち寄り下さい。

櫻井神社
嵐のメンバー櫻井翔さんの名の付いた神社、糸島には他にも2名の名前の付いた神社があります、嵐神社は全国で有名ですが、3名の名前が一カ所に揃った神社は他にはありません、是非糸島の方にも足をのばされて下さい。
ご祭神:神直日神(かむなおひのかみ)、大直日神(おおなおひのかみ)、八十枉津日神(やそまがつひのかみ)
八十枉津日神は災厄の神とされています、だからこそコロナ払いに良いのかも、一説には瀬織津姫とも、瀬織津姫は天照大御神の別魂です。
八神殿 須賀神社 国家守護・悪疫を退ける神
それこそ桜の季節に行くことがベストですね。
犬ではなくウサギさんを散歩にさせてに来ていました、何気にこのウサギさんが櫻井翔さんに似ている気がします。
奥には櫻井大神宮、この鳥居は第62回遷宮の2013年 外宮から来たものです、
櫻井大神宮
ご祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)豊受大御神(とようけのおおみかみ)
伊勢神宮の内宮・外宮の両宮のご分霊をお祀りしております。かつては20年ごとに式年遷宮を執り行っておりましたが、第13回目にして止まり、現在の社殿は慶応二年(1866)のもので、150年近く経っております。
筑前二見ヶ浦は櫻井神社からほど近く。夫婦岩は、櫻井神社の宇良宮。日本神話に登場する夫婦神 伊弉諾命と伊弉冉命をお祀りしております。
後、近くがどうか分りませんが、ゾンビランドサガで有名になったドライブイン鳥の糸島店があります。
車で糸島に来られた際は是非寄ってみて下さい。

潤神社
松本潤さんの名前が付いた潤神社(うるうじんじゃ)
主祭神:五十猛命(いたけるのみこと)
五十猛命は正真正銘の木の神様です、または気の神とも、最も好きな神様の一人です。
五十猛命、なかなか勇ましい名前ですね、筑紫国の王ただったとも、
元は白木神社、そう、五十猛命が新羅から木の根を持ち帰ったともいわれえています、九州は朝鮮半島から近いからそのような逸話が生まれたのかもしれません。
彼のお祀りされている熱海の来宮神社は有名で女性が多く訪れるパワースポットです。

雪ノ下
二宮神社近くの雪ノ下というお店ですが、現在やってない様です、行ったのも一回きりですし、わかりづらい場所でした、しかし、ここから見える景色は良いですね。
二宮神社
最後にご紹介するのは二宮神社、二宮和也さん名前の付いた神社です。
ご祭神:埴安真(はにやすしん)
稲の生産豊穣・疫病厄除け・福徳開運の御利益のある神様です、
二宮神社と言えば千葉県船橋が有名かもしれませんね、こちらは都内から行ける場所にあります。
二宮神社の後方は、コロナが終息した後、是非訪れてみてください、
ただ、潤神社と二宮神社、周辺は道が狭く駐車場がありません、近くのコンビニかドラックストアがありますので是非そこへ停めてから行かれてください。
STAY HOME ウチで過ごそうゴールデンウイーク その1 嵐ゆかりの神社を紹介。光の道 宮地嶽神社、櫻井神社 等でした。






最終更新日  2020年08月16日 18時13分42秒
コメント(0) | コメントを書く
[風景・旅行など] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.