000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

坂を転がる豚に真珠湾攻撃@雅没徒総本家

2001年~2004年の日記

2001 07/06 12:48 編集

 

ここ1年くらいでネット環境はすごく悪くなったようだ

単なる荒らしや厨房なら 無視するなり 削除するなり 何とでもなる

やたらチクりまくってサイトが消えるのを喜ぶ愉快犯が増えた

もちろんサーバーの管理者が賢ければ全然問題ないのだが

ユーザーやサーバーの急激な増加に伴ってサーバー管理者の質が落ちに落ちた

ちょっとチクりがあると ろくろく調べもせずにアカウントごと削除しやがる

著作権なんて99%以上のサイトがひっかかってるはず

現に同じ画像を使ってたサイトが少なくとも30以上はある

中にはウチから持っていった奴もいるかも

ネット上には同じ画像がゴマンところがっている

モトをたどれば ショップで売ってる写真や雑誌のグラビア 公式サイトの画像 

それにTVからキャプ画像やパパラッチの盗撮ものまで

あらゆるものが出回っている

 

これらが合法か違法かなんて簡単には判断できない(厳密に言えばすべて違法)

長いこと 著作者の権利を侵害しない という範囲で使用されてきた

こういうものに権利者がクレームをつけてくることは少なく

多くは アンチや愉快犯の嫌がらせや恨み・妬みなどであるが

慣れていないユーザーやアホなサーバーはすぐ真に受けてオタオタする

 

せっかく発展しつつあるネット文化が 1部のアホな連中のせいで衰退してしまうよ

 

 

 

at 2002 10/19 03:13 編集

 

最近はネットの敷居が低くなったせいか、随分失礼な奴らが多くなった

リンクフリーと書いておいてリンクすると怒る奴

掲示板で宣伝しといて行くと来るなとか言う奴

激しく殺意を覚えるねえ  一部の仲間だけで盛り上がりたいならWEB上に公開するんじゃねえ!

学問的な間違いを指摘すると逆ギレする奴 

ほとんどのものが理解できないような話題をエンエンと続ける奴

誰にものを言ってるんだ ってくらい失礼極まりない奴

そんな連中でもHP作ったりできるようになったってのはいいことなんだろうか

 

 

 

at 2002 10/15 17:25 編集

 

財界は北朝鮮を相手に戦争でもしたいんだろうか?

このところの拉致問題に関する報道はどう考えても異常だ

連日のように北朝鮮の異常さを強調して

憲法破棄 徴兵制復活 戦争 というシナリオを書いている奴がいる

わかりきったことだが 北朝鮮は外国である

文化も違うし価値観も違うし国家の体制がまるっきり違う

そういう国でおこったことに対して

日本のモノサシをあてて非難するのは

アメリカがイラクやアフガンに対してやってきたことと

なんら変わりないではないか

 

 

 

at 2002 11/24 04:47 編集

 

どんなことにも複数の作用がある 

病気で薬を使うとき その病気を治すための”主作用”のほかに さまざまな”副作用”があるはず

 

草を枯らすために除草剤を使えば いなくては困る生物まで死に絶えてしまうこともある

 

とかく目的しか見えていない奴らって多いし

ものごとを一面からしか見ない奴が 相変わらずヒステリックにわめいてることが多すぎる

 

 

 

 

at 2002 11/18 21:25 編集

 

クジラが増えすぎて 魚やイカが食べられて減っているらしい

どっかのアホが捕鯨を禁止したんで 生態系のバランスが崩れたんだろう

当たり前の結果だろうが

 

自然保護団体がヒステリックにわめくことで逆に自然が破壊される

シャレにもなんねえし そのうちに取り返しのつかんことになる

 

グリンピースってのは よっぽどバカがそろってんだ

地球環境を守るには あんたらがいなくなるのが1番いいよ

 

 

 

 

at 2002 11/15 17:27 編集

 

中教審が教育基本法に手を出そうとしてるらしい

 

北朝鮮が洗脳教育をやってるから日本も洗脳教育をやろうというのかな

 

なんかアブない方向に向かってるね

経済の行き詰まりは戦争によってしか解決できないということらしい

 

 

 

 

at 2002 11/13 21:37 編集

 

なんかの週刊誌にのってたけど 北朝鮮の算数の教科書には

 

日本人が10人いました。5人殺したら残りは何人でしょう

 

ってな問題がのってるそうだ

 

諸外国はやたら日本の教科書に文句をつけるけど こういうのは野放しなんだろうか

 

じゃこんな問題はどうだ

 

朝鮮人50万人を定員500人のガス室に収容し

6分で皆殺しにできるとして 全員殺すのに何時間かかるでしょう

 

 

 

 

at 2002 11/13 21:17 編集

 

日本における表現の自由ってのは

放送 出版 芸術 などの分野ではかなりの範囲で認められているようで

すごい番組 過激な本 エグい音楽 なんでもありみたいなんだけど

ことHPに関する限りやたら規制がうるさい

 

やれ著作権だの肖像権だの

政治活動はいかんとか 宗教活動はいかんとか

売買 広告 宣伝 はNGだとか

 

大新聞の1面の広告に詐欺まがいの内容が載る時代なのに

ネット社会は頭の悪い奴が増えすぎ

 

情報は受け取る側が判断するもんだろ

 

 

 

at 2002 12/03 00:45 編集

 

買ってはいけない2 が出ていた

前作よりはマシになったが相変わらず不安感をあおるばかりで説得力に乏しい記述に終始している

前作の発売以後改善したメーカーがほとんどない ということは

いかにこの本が社会的に無意味だったかということを証明している

 

結局メーカーにとっては相手にするだけバカらしく

消費者にとっては不安なだけで何の対策もとれない

そもそも商品というのは需要があるから存在してるわけだから

 

まあ一般論として

☆特定の食品を食べ続けるのは危険

 (多くのものをバランスよく摂取することが必要)

☆加工食品や冷凍食品およびファストフードは危険

(手間をかけて調理すべし)

といういい古された結論になるんだろうが

そういったライフスタイルや価値観の改善なしい

”買うな”というのは話題づくりの売名行為としか思えない

 

 

 

at 2003 01/03 20:59 編集

 

これだけわざとらしい北朝鮮バッシングが続くと

ちょっとチエのまわる人なら裏に何かあるな と気づきそうなもんだが

単純に洗脳?されてる奴が多いんでびっくりする

 

報道されていることは事実だろうがそんなに驚くようなことではない

なのに驚くべきことのように報道し北朝鮮の脅威?をことさらに強調する。

 

目的は戦争? いや戦争までいかなくても

脅威論を煽って軍備拡大の世論を引っ張れば

軍需産業で一儲け をたくらむ奴の目的は達成される

 

となれば財界とタカ派政治家がつるんで

今回の報道の糸をひいている可能性はある

 

情報は受け取る側こそ賢くなくちゃいけない

 

 

 

at 2003 02/19 15:31 編集

 

韓国の地下鉄火災は電車が地下を走るということの危険を見せつけたが

数年前の地下鉄サリン事件が随分アホらしく思える

地下鉄でテロをするなら大げさなプロジェクトでサリンなど作る必要はなかったのだ

古典的な火炎瓶のようなものでもこれだけの災害をおこすことができる

化学兵器などなくとも誰でも簡単に・・・

 

日本坂トンネルやオーストリアの登山電車の事故を見てもわかるように

トンネルの中での火災はすぐに大惨事になる

火災だけではない 地震や洪水に対しても地下鉄は大変危険なのだ

 

 

 

 

at 2003 02/16 12:15 編集

 

火星移住計画などというバカげたことを本気で考えている奴がいるらしい。

それだけの技術力と経済力があれば地球をもっと住みやすくするほうが

はるかに簡単だということは小学生でもわかりそうだ。

(現実はそれすら難しいのだが)

たぶん本当の狙いは別のところにあるだろうが・・・・

 

2004 06/17

まず放射能というものの正しい認識が・・
原発や放射能のことが話題になるたびに感じるのは
正しい知識を持っている人があまりにも少ない ということ
感情論に流れるのでなく
理化学的な意味で正しい知識を啓蒙することが必要でしょう

原発については軍事的な面からはもちろん危険な存在で
軍隊が警備して近づく飛行機は撃ち落すくらいじゃないと守れません
推進派にも反対派にも変な団体がくっついているので
問題が社会科学的な方向にそれた議論が多いような気がします

放射能 というのは 放射線を出す能力 ということだろうし
放射線とは・・・・
そのへんの用語の使い方も正しく使っている人が少ないかも



済美高校2ちゃん告訴
at 2004 06/03 13:10 編集

>済美高校は野球部長の辞任に関連し、「2ちゃんねる」を名誉棄損容疑での告訴
 掲示板には女性暴行があったかのような書き込みがあり、数人の選手の実名が含まれていた。

例によって 事実だという証拠もないかわりに 事実出ないという証拠もない
内部告発のような匂いもあるし 急激に強くなったところは 
かなりエゲつないこともやってるだろうし
恨みも買うのでこのようなことがおこるのだろう


© Rakuten Group, Inc.