261298 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マキのつぶやき

PR

Category

Favorite Blog

天使のぴよたん、お… ぴよ母Akiさん

kyaro リニュ作業中 kyaro0208さん
楽天ホームページ プリン(^△^)さん
スナック どん底 もなか14さん
ベビちゃんがいんこ… ☆まおまお☆さん

Freepage List

2007年09月29日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は友達の小虎ちゃんに誘われて、ラグビーの試合を見に船橋まで行って来ましたよっ。
船橋は遠かったけど、そして今日はとっても寒かったけど、でも楽しかったです♪
スポーツ観戦、わりと楽しめんなぁ~~。
想像してたよりも全然 人、来てなかったですけど雫

photo 003.jpg
チームのマスコット、スッピーくん(だったかな?)
ユニコーンだ~。わりと可愛いじゃないか。

photo 004.jpg
マスコットも売ってた。ちょっと欲しいかも(笑)

photo 008.jpg
目の前でタックルとかしてると「どごっ」と身体がぶつかる音がしてました。
痛そう・・・。


ラグビーの試合を見た後は、横浜まで戻ってきてタイ料理屋(また!!)に行って
カラオケにも行ってきちゃいました。
カラオケ、ちょー久々。すっかり何歌えばいいかわからなくなってる・・・。

でも楽しかった。
小虎ちゃんと遊ぶのは楽しいです。おいら小虎ちゃんだいすき。

小虎ちゃんは私とはタイプも好みも違うけど、パワフルで、
常に新しいものを取り込んでるような人で一緒に居るととても刺激を受けるのです。
なんだか新鮮な風が吹くような気がするのです。

それに、私が例えばどんなバカな状況にはまっていても決して否定しないでいてくれる。
間違ってる事をしているのを見て、それは間違ってると言えるのも友達だと思う。
それはそれで、きっとものすごく心配してくれているのだろうとも思う。
でも、間違ってるのはわかってるけどどうにも出来ない事だってあって、
そんなのは人に言われなくても自分が1番わかってて、
1番どうにかしたいと思ってるのだってやっぱり自分で、
そして結局のところ誰に何を言われようとも、どうにかするのは自分でしかないのだと思う。
小虎ちゃんはそれをわかってくれていて、
私のやってる事をただ聞いて知っていてくれるのでとても有難い人です。

今日飲みながらそんな話をしてみたら「だってマキや私は、ちゃんとわかってるし、
バカだけど、そんなにはバカじゃないから」というような事を言っていた(ような気がする)
そうなの。バカだけど、バカなりに必死で考えてるし、一生懸命生きてんのよ。空回りしてたとしても。
で、お互いに「信用してんだよね」という結論に達しました。

そうだ、小虎ちゃんは年齢的には1個上なんだけど、
決して上から目線にならない所が好きなのかもしれない。
20代までずっと甘ったれキャラだった私は
30代に入ってから少しづつキャラが変わっていて、
今までそばに居て居心地の良かったはずの上から目線の友達が
なんとなく窮屈になってきてしまったのかも。・・・かもだけど・・・。
なんか親離れする子供みたいだなー。
親みたいな存在で居てくれる友達も大切だとは思うんだけどね。
ちょっと反抗期なのかもしれません(笑)
反抗期の子供はきっと自分なりに必死で模索して、自分で答えを見つけたいのだと思います。
この歳で反抗期もなにもあったもんじゃないけど(笑)








Last updated  2007年09月30日 00時13分51秒
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.