471062 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

浜田マキ子(林原チャンネル)のブログ「再見」

PR

サイド自由欄

★林原LSIのサプリメント 楽天市場店オープンしました!

楽天会員の方は↑をクリック!

★林原LSIサプリ 公式オンラインショップ
http://shop.hayashibara-lsi.jp/
※公式ショップではお得で便利な定期購入やセット販売をご用意しております。

★林原LSI公式サイト(林原健さんのことなど記載あり)
http://www.hayashibara-lsi.jp/

★林原チャンネルの番組はこちらから
https://www.youtube.com/c/hayashibara-ch
http://www.hayashibara-ch.jp/

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

浜田マキ子@ Re[1]:ネット時代は情報の選択こそメディアの仕事(06/11) 還暦+2さんへ 禄をはまないために、だか…
浜田マキ子@ Re[1]:ネット時代は情報の選択こそメディアの仕事(06/11) 還暦+2さんへ 禄をはまずにだからこそネ…
還暦+2@ Re:ネット時代は情報の選択こそメディアの仕事(06/11) 失礼ながら、禄を食むでは?
芋田治虫@ 昭和天皇よりムッソリーニのが偉大な指導者だった <small> <a href="https://youtu.be/6QMT…
今のDHCテレビに危惧@ Re:DHCテレビジョン社長職退任いたしました。(10/30) 虎八開設当時から 勉強させていただいてお…

フリーページ

カレンダー

全961件 (961件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >

2019.08.21
XML

原田節子さんの誕生日祝い、春に手術その後が心配なので高崎まで私たちが押しかけて場所は彼女に指定していただきました。ところが何の心配もありませんでした。美味しいフレンチを完食!食べられれば心配ないのです。

ゴブラン織の日本の第一人者といえる蓮井幹子がこのクッションをプレゼントに持ってきました。上の方にある絵はまさに私! ワー私にも欲しいと言えば、これサンプルで一点しかないの、売り物じゃないのとつれない返事。これはピカソの絵をゴブランにしたものなのよ、で私は嬉しくなりました。厚かましいのですが。

節子さんの母上が今年の2月2日に亡くなりました。家族葬とのことでお花もお届けできませんでしたので、今日はやっとお参りできました。この屏風は金泥で書かれたものです。ガトーハラダの会社で展覧会をされた高名な書家の観音像と般若心経です。お母様がとても気に入って購入されたそうですが会社は広い会場なのでそんなに大きいものと思わなかったそうですが、家に持ってきたらお座敷の壁面いっぱいになってしまったそうです。でもまさにぴったり。母上は喜んで毎日眺めていらっしゃるはず。生前に1度しかお目にかかった事はありませんが、なぜかその時一瞬に心が通じる思いがいたしました。私も毎日必ず腕振り体操をするときに般若心経を3回唱えることにしていますがその心が通じ合ったのでしょうか。とてもとてもやさしーいお母様という印象しか私にはありませんでしたが、会社の管理をしっかりされて人の倍は働いた方だったそうです。

この写真ももう一度私が見たかった節子さんの家に飾られているものです。上の坊ちゃん、といっても31歳の立派な青年のもの。今では趣味が仕事に昇華しているようです。 時代の流れが読めるD NAなのだとあらためて思いました。群馬の給食のパンを一手に引き受ける会社をご両親が経営されていたそうですが、節子さんがガトーハラダに進化させた!今や全国ネットです。本当においしい。私が今はまってるのは夏バージョン.ハーブガトーです。






最終更新日  2019.08.21 23:57:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.20

ここが今レトロ贔屓の根津の有名な通りです。とにかくここに行けば昔あった懐かしいものが何でもあります。この通りに面した古い印刷所がありました。活字を一つ一つ拾って印刷する昔ながらの印刷屋さんです。それが山口総枝の家。今はお姉さんが車椅子になって彼女が100%介護をしていました。先週の朝その総枝ちゃんが突然心筋梗塞で亡くなったのです。私は山の家にいたので告別式に間に合わない。場所を聞いてせめてとお花の手配を頼みましたが、遺族からどんなお花も絶対に受けないでと頼まれているとのこと。江戸っ子気質そのものです。
東京に戻ってから電話をかけてもどなたも出ない。お姉さんもきっと1人では住めないからケアハウスに移るでしょう。まだ今日ならいらっしゃるかなと思って突然に御焼香に伺いました。

毎年桜のころは千鳥ヶ淵を二人で必ず歩いたものです。いつも心配して側にいてくれた古い友達が突然いなくなるなんて、亡くなってから改めて凄く寂しい。寂寥。こんな言葉がわかる人でした。

間に合った。一人部屋の介護施設がが見つかったから23日に家を閉めます、と車椅子のお姉さんがほっとしたご様子でした。総枝ちゃんもほっとしてるでしょう。よくそんないいところが早く見つかった、もしかしたらあの世から彼女がうまく手引きをしたのかもしれません。総枝ちゃんとは先週お昼を一緒にしたばかりなので写真もその姿のままです。
私の父は団子坂で育ち、母の家は今の赤札堂のある角。総枝ちゃんのおかげで父や母から聞いていた根津の店やお寺や昔のままのところを本当によく教えてもらいました。縁は不思議。

今日は友引ですが、私も彼女にあやかってああいう天国への行き方をしたいと思い、思い立ったら吉日とも思ってあえてこの日に伺いました。私も彼女にならっていつ自分が死んでもいいようにいつも正月に後の指示と希望を書き直しています。






最終更新日  2019.08.20 22:48:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.19
私は顔にシワがない。このごろ私の生年月日から推測されるようで、何でシワやシミがないの、何をしていらしゃるの? とよく聞かれます。まじまじと見つめられてうんざりのこともあります。いちいち説明が面倒ですから、ここに一度だけ書いておきます。フォトフェイシャルです。2か月に1回ぐらい通っています。しかも一時間でいい。その日のうちに顎などがしっかり引き締まっていることを実感します。10年は通っています。私の特技はやりだしたら根気が良い事かもしれません。

林原チャンネルで(日本の危機管理の実情と今後のあり方)を語っていただいている志方俊之将軍の甥にあたる寺島洋一先生の皮膚科クリニックです。実は志方先生の甥御さんでなかったらば私は通ってはいないでしょう。誠実で勤勉、ご自分の肌でいつも実験されているようです。志方先生の父上は金沢の方、軍人としてシベリアに抑留されそのまま亡くなった方です。戦後御一族はそれぞれの専門をしっかりと学んで立ち上がり生きていらっしゃっている。寺島先生は警察病院の先生でもあります。信用は1日ではできない、長い年月に家族全体が作り上げてくるものだとつくづく思っています。シミ等は保険で何でもなく取ってくださいます。今日は夏の日焼けの跡始末、秋を迎えるために行ってきました。

ついでながら基本はあくまでも医食同源です。サプリでいくらとってもダメ、まずバランスよくしかもカロリーを考えてしっかり食べています。宣伝になるみたいですが、それをしっかり体で活かすかのは私には林原LSIのK MN一粒だけ。それと睡眠サプリ1粒。以上、林原 健さんより伝授のことです。人にとってはよく血が身体を巡り、しっかり眠ることが一番。私の自慢は寝たら6時間は目が覚めないと言うことです。






最終更新日  2019.08.19 20:44:43
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.18
夏休みが終わって今日は久しぶりに東京のご馳走、1年に1回だけ開いて下さるシャトー飯店のバイキング。馬さんのお料理を見ると民族の伝統は本当にそれぞれ大事にしたいと思います。

六本木一丁目の地下鉄を降りて坂上まで延々とエスカレーターが続いてくれる。これは東京の凄い街の新風景、森ビルの大開発を一瞬に見る。

坂道をダラダラと降りていくと嬉しくなる入口にたどり着く。懐かしいシャトー飯店はシャトー三田の立て直しと同時にこちらの森ビルに引っ越しました。あのなんともいえなくたゆたう雰囲気はなくなりましたがインテリアはさすが馬さんの好みに見とれます。

水色の透けた紗のカーテン、それだけでも涼しげです。


ずっと並んだ細くて繊細な丸い七宝画の柱を渡した壁、私たちの国とは違った文化を見せてくださいます。馬さんは清朝八旗と結婚した初めての漢民族富豪の娘。ご主人と戦前日本に亡命して戦後全てを失い、若いころ親しんでいた食事、すなわち愛新覚羅家の家庭料理を再現して振る舞い大人気になって世界中で紹介されることになりました。普通の中国料理とは違い優しくてきめが細かく、中国の上流家庭のご馳走を垣間見る思いがします。シャトー三田の頃は毎週日曜日はこの贅沢な(座ったままバイキング)でしたが、この頃はビジネス優先森ビル管理下に入って1年一回しかこの楽しいバイキングはない。つまり私たちはこの日に合わせて山から降りてきたのです。

まず前菜8品は思い思いにとってきます。春巻き、青菜のサラダ、シュウマイ、豆腐のピータンソース、中国風高野豆腐、揚げなすの酢漬け、などなど。

カニの爪の揚げ物はワンタンの皮に包んであげてありますから食べやすい。あっという間にいただいて写真は残った爪だけ。

イカも小さく切れ目を入れてありますから柔らかい。シソと筍との炒め合わせでグー。

ふわふわの玉子にえびのチリ寄せ。奥の皿は青椒肉糸。

アボガドのスープ、これは私の大好物。奥はキャベツと豚の炒め物、豚が少しも油っぽくない。


ジャスミンティーが本当においしい。


馬さんのお嬢さんのヘレンさんが鳥居ユキさんとお顔を出してくださいました。その後坦々麺をいただいてデザートにたどり着きました。何しろ前菜は8種類の中から自分で選び、ご馳走は30種類の中から選びます。

ごま団子がどうしてこんなにまろやかなのだろうと思うほどゴマが柔らかい。何か秘伝があるのでしょうか? 楊枝持って帰っていいですか、もちろんと言うことでサラにお土産。







最終更新日  2019.08.19 00:50:55
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.17

95歳、背骨を押して下さるだけ。納得。
先生、中野学校ではありませんか?
長いこと仕事しているけれどそう聞いたのは貴女で三人目だよ、私はただ言葉が出ただけ。 あまり話したくないけれどね、とこれから折角のお話が佳境になる前に卓二郎さんに催促されて帰る。もっと話を伺いたかった。

とにかくルンルン身体が軽くなってお腹がすいて沢山ご馳走つくって二人ともペロリ。蓮井さん伝授のサクサク醤油は優れもの。春菊を買ってなかったけれど、レタスにかけても最高。早速1ダース、アマゾンで買いました。
石井先生、加瀬先生のお陰でとにかく不思議な方に巡り会いました。加瀬先生がそもそも不思議な仙人。私の駆け込み寺!






最終更新日  2019.08.20 14:16:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.16

炭火焼、山木綿。5時からと言ったら5時、早く来ても中にもいれてくれない、予約もダメ、予約ノートに書かせると言う気も使う気なし。私は蚊に超弱い。真正面に車をつけて見ていればいいと言うのに、またもう一人マルマル真面目人間の鹿児島男は30分前から座って待っている。

可愛そうに幹子夫婦も付き合っている!
だけど開店して店に入ればみんな爽やかに気持ちよく働き、見ても清々しい。(影の声あり...別荘族ずれした軽井沢は長野県人でも異質だ、と。都会人は人を堕落させるのか)

とにかく蓼科の炭も肉もとてもいい。

ところで私たち誰も看板の文字が読めなくて、山 木 綿。岡谷 の市長さんだった林さんに去年聞きました、山もめん、でしょう。今日思い切って働いている人に聞いたら(はまゆう)です、そういえばそう。でもまだ
それは当て字だといいはる我が鹿児島男。

昨日ご馳走になった中村夫妻、お礼にはなりませんが、付き合っていただきました。色々いただくためには二人じゃつまらない。

私の中学 高校の5年間の担任の先生が長野 辰野の方、毎回ここに来ると思い出します。
ホームルームで、いも一つ、と始まるお説教が長かった。いまは懐かしい。
近いはずだから一度お訪ねしなくてはいけないと思いながらもう10数年経ってしまった。でも私には長野は一人で運転するには気が重い山道なのだ。
今年の年賀はがきに(生きてるのかね)と言う返事をいただいてしまった!









最終更新日  2019.08.17 02:02:55
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.15

わが山の家の近くに私たちの犠牲者あり。彼らもここに山の家を持っています。ここの家にはせせらぎが流れていて、その傍を通って楽しい夕餉が待ち受けているワクワク感。

カーテンの色遣いもサイケデリック、それだけでおいしいものが続きそう。

山の家のいい住まい方のお手本。

第1、旦那様がサービスを手伝ってくださるから私たちも甘えられます。タコのトマト煮込み、固くない、なぜ?

と言うより2人とも料理の天才、2週間に1回でいいからレストランをオープンしてくれたらいいのにといつも言い募っています。

じゅん菜と生雲丹を合わせて鰹節とワサビ醤油、オクラは種を取って細かく切る、これ私のレセピにいたたき!でもこれ一つ作るのだって大変。

しかも二人とも飲兵衛。

山の長ネギのマリネ、これいいアイディア!

じゅがいもとカリカリ肉

春菊を洗って食べる醤油を和えただけていう、キッコーマンで売り出してるそうですがどこにも売ってない。アマゾンで買える!



鳥肉のフォンドボー煮込み。これは偶然はじめて一昨日私が牛肉で作って悦に行っていたもの。美味しい、けれど、手間がかかる、また食べられるとは!
最高のバーニャカウダはあまりおいしくって食べ終わって写真撮るの忘れました。作り方を聞いてとてもできないと感心してただ黙々と食べていました。他にもなんだかたくさんいただいたのですが食べ過ぎて忘れました。桃とアイスクリーム、コーヒー、食後のブランデーとダビドフの葉巻ですごく閉まりました。
そうそう、枝豆のアラビアータ、つまりニンニクとオリーブオイル、塩胡椒でいためたのは始めて。またハマる!
話題は世界を駆け巡り。

にゃん子は東京でお留守居だという。こうしてみると人間とネコの違いは姿形だけ。思想も哲学もある顔つき、迷い猫、ある日、庭に座っていたのだという。勿論警察に届けたけれど引き取り人現れず、居着いてくれた!






最終更新日  2019.08.16 00:55:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.14
今はいい。テレビがちっとも面白くないけれどもYouTubeさえ見れば果てしなく情報が溢れている。それが正しいかどうかは自分の勉強にかかっている。今日は何もないから、YouTubeでまず林原チャンネルの点検、そしていろいろな(秘密情報)に触れるチャンス。但し甲板を(こうはん)などと読まれると、権威ある声で読んでいたことが、すべて何らかの目的を持ったイカサマとわかってしまう。

たまには古い西部劇も良い。男の男らしさを素直に見せてくれる。でも西部劇、日本人には考えられない世界、それは大地が違うから。アメリカ大陸も中国大陸もアフリカも私たちの物差しからは考えられないほど大きく荒涼としている。

オーストラリアの島から送られてきた海

日本ではもうあちらこちらで花火、いい国だ

サイカチの樹、この樹は豆科だという!

こういう時最大のリクリエーションは料理を作ること、軽井沢のオゴッソからいただいた土鍋で真似して鶏鍋を作った。

最高においしかった。せっかく北海道の天然の塩じゃけを焼いたのに卓二郎さんはもうお腹いっぱいとお手上げ。だけどお料理は喜んで食べてくれる人があってこそ、感謝。
さぁ夜は銀河チャンネルで秘密の扉に始まって、少林問答、オスマントルコ外伝とたっぷり楽しみが待っています。アジア大陸を東から西に渡る思い。

ぼんやりと何となく少林問答を見ていてハタと納得。中国の武道は少林寺に始まったといわれますが、その真髄は一言で言える、それは(機縁)、まさにタイミング イズ エブリシングといわれるタイミングはどうして測ったらいいか、機と縁がピタリとあうことだ!

こういう箴言はボーっと無心の時にふっと心に落ちてくる。闘いの真髄は洋の東西を問わない。動物の世界も同じ。雌伏はメスライオンが獲物を狙って機縁を待つ姿、一瞬待つ時が早すぎても遅すぎてもダメ、ただし構えてはダメ、心も身体も空にする。
もっとも振り返っみると私には自分で機縁をわかったことはないようです、何かに背中をポンと押される、その時は仕方なくあわてて動かざるを得ず動くだけでしたが、今思えばあれが機縁というものだったんだと思います。

私が小学校4年生の時に、先生が緊張型の秀才男子にゴリラのようにダラっと構えずどんな球もとる男子をさしてよく見ろ、(待つとは、構えないこと。全身の力を抜ききることなんだ)と諭していらした時、側で聞いていた私が突然それを悟ったのです。
非力な私は球を投げる事はダメ、だけどそれ以来どんな球も受けられるようになりました。だけどドッチボールでは最後に相手方の最強の敵と弱っちい私と二人が残るのです。そしてひたすら相手の球をよけているとある瞬間スポンと私の手にボールがハマる時がある、その機に相手の足元に弱い球を返すと相手はだいたい取り損なってくれて私が最後に
勝ち残るのです。これは前に書いたことがありますが、フサエちゃんが突然天に召されてハタと思い立ち私がサラに言い残したい事です。






最終更新日  2019.08.15 15:18:39
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.13

久しぶりのゴルフで体中の力が抜けたようになって家に辿り着きました。フサエちゃんから留守電が入っている。蓼科にでも遊びに見えるつもりかなぁと思って電話をかけました。ちょっと違う声、どうしたの?と尋ねたら私は姉です、フサエはもう電話に出れません。山口総枝さん、私とはとにかく縁が深くて前世の因縁ねといつも言っていました。お姉さんが曰く、朝お姉さんがトイレに行こうと思ったらフサエがトイレで倒れていた、心筋梗塞だったそうです、と。
彼女、この車いすのお姉さんの介護に今は専念すると言っていました。夜中も1時間おきにお姉さんがトイレのためにベルを鳴らすと彼女は二階から起きて行くと言っていました。明後日8月15日がお誕生日です。お誕生日には私が蓼科だからと先日2人でイタリアンを食べました。とにかくシャキッと元気、来月はちゃんとフサエちゃんが行きたがっていた銀座うち山に案内すると早々に予約したのです。お姉さんの介護で大変だから私はせめて一ケ月に1回ご馳走すると約束したのです。私と同じ年。

フサエちゃんはゼンセン同盟に勤めて婦人部長、会長秘書。名だたる労働組合の委員長さん達も彼女にとったら小僧。私とは本来は接点が全く縁がないはずなのですが、そこは神のみぞ知る、ある時彼女に声をかけられて気がついたら私の本籍は彼女のお隣でした。

お姉さんの面倒よく見るわねと感心していたら、うん、若い時散々世話になったからね、そのうちあなたの面倒もちゃんと見てあげるわよと言われていました。
本当は私は彼女が羨ましい、姉妹や姪たち全員健在のうちに最初に逝く。一人で全部背負って元気に生きて突然の死。きっとお盆のお迎えにもちゃんと行ったと思います。そういえば先週お昼に会ったとき、歳を取るっていやねーと、らしくもないこと言っていた。今は天を飛んでいるでしょう。

不思議なことってあるものです。この大きな備前の蓋物、備前の釜で私が作って忘れてしまっていました。中に粗塩をたくさん入れて松葉を敷いて焼き魚などを盛るつもりでした。どうまわりまわったのかホテルニューオータニの中にあった輪島塗のお店にあった、店のオーナーが引退すると言うので知り合いのフサエちゃんにくれたそうです。
これ良いものらしいけど重くて大きくて置くとこがないからマキ子さん、山で植木鉢にでもしたら、と言ってフサエちゃんが私にくれたのです。
これ植木鉢じゃないわよと言いながらアレッと何となく思い出したのです、合わせたらちゃんと上下ぴったり合う。たしかめたら紛れもなく私の釜印がちゃんとあった!どこをどう飛んできたのかこの蓋物はフサエちゃんを介して私のところに帰ってきたのです。蓋の上に手を乗せるとほんのり暖かく私の両手がしんなりとはまるのです!石に魂を感じました。今では大事に床の間に。






最終更新日  2019.08.13 21:06:56
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.12
タイミング イズ エブリシングと教えてくれたのは元アメリカ海軍の提督。ベトナムの戦いに大学時代に徴兵されて入隊したという。

私にとって今は待つ時、じっとこらえる。材料は揃いつつあるけれど、まだ足りない。暑い夏を冷房の要らない山の中ですごせることを感謝して、読書。故 岡田英弘先生が編纂された清朝とは何かを読む、清朝とは立派な国だった。私が男で政治家だったら学ぶところ多い。岡田先生に1つだけ質問あり、中国では王朝ごとに連続性が完全に失われるとおっしゃるが、民草は生きているのではないか?現在の中国との連続性はどうなっているのか?去年北京で清朝八旗でしたと言うお医者様に会いましたが、人々はそうやってしっかりと生き続けている。ウィークデイは嬉しい。私の好きなテレビ シリーズ三時間あり。

夜中の12時から1時まではオスマント トルコ外伝 3が始まったから。映像を見ながらユーラシア大陸の歴史を思う時。

子供は巣立った。後は自分のミッション。
夜は何を作ろうかと考えるのも頭と身体の体操。イタリアンのスイッチバックに7時半予約が取れてホッ。ヒラメのカルパッチョ、シーザーサラダ、卵のフリッタータトマト入り、ミネストローネ、四つのチーズのピッツァ、牛すじ肉の煮込み 肉がとても柔らかく野菜がたくさん、チーズケーキとコーヒー。
明日はゴルフ、と言ってもランチをたべがてら午後のハーフ。明日こそオゴッソの土鍋ですき焼きつくろう。美味しい北海道の塩ジャケと。






最終更新日  2019.08.12 21:14:38
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全961件 (961件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.