1144907 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

牧内直哉≧仁楽斎の「フリートークは人生の切り売り」

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

2013年04月03日
XML
カテゴリ:日記・その他
外出先から帰ってきて、何となくPCを開いたら・・・。

おぉ~、ダルビッシュ投手が7回までパーフェクトじゃないですか。

どこかで中継はやってないかと探したら、Jスポーツで放送中。

出かけようと思ったけど、そりゃ観るでしょ。

で・・・、あと1人のところでセンター前ヒット。あらら・・・。

何だか、僕が観ちゃったからなんじゃないかと、自分を責めたい気分です。

実は日本のプロ野球のパーフェクトピッチングは球場で観たことがあります。

いや、正確にはパーフェクトじゃないんですけど・・・。

2005年8月27日の西武ドーム、西武対楽天戦。

西武の西口投手が9回を1人も走者を出さずに終わらせたのですが、

西武打線も点が取れずに延長に入って、10回表にヒットを打たれたという・・・。

結局、10回表の西口投手は無失点で、その裏に西武がサヨナラ勝ちを収めました。

この場合はパーフェクトにはなりません。ただの(といっても凄いけど)完封勝利です。

貴重な試合を生観戦できたのは確かですが、パーフェクト観たかったなぁ・・・。

西武ファンの義妹(弟の嫁さん)なんか、「西口かわいそう・・・」って大号泣。

ちなみに、10回表に西口投手からヒットを打ったのは元阪神の沖原選手でした。

いや、沖原さんには悪いけど、いくら僕が阪神ファンでも、あれは嬉しくなかったですね。

そんなことを思い出した、今日のダルビッシュ投手のピッチングでした。

にしても、あと一人で完封勝利なのに、1本ヒットを打たれた瞬間に交代とは、

100球超えていたのは確かですが、これがメジャーリーグなんですね。






最終更新日  2013年04月03日 12時54分16秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.