1144872 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

牧内直哉≧仁楽斎の「フリートークは人生の切り売り」

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

2013年06月07日
XML
カテゴリ:映画
『箱入り息子の恋』
(6/8~:TOHOシネマズファボーレ富山)
公式サイト:http://www.hakoiri-movie.com/

市役所に勤める天雫(あまのしずく)健太郎は彼女いない歴35年(=年齢)の独身男。
内気で愛想もなく、ろくに金も使わず、自宅と職場を行き来するだけで、
楽しみはゲームとペットのカエルの世話ぐらいの毎日を過ごしている。

見かねた健太郎の両親は、親同士が婚活する「代理見合い」に参加し、
そこで知り合った今井家のひとり娘・奈穂子とお見合いするチャンスを掴んでくるが、
実はそれ以前に、ひょんなことから、健太郎は彼女に出会っていて・・・。

***********************************************************************

実は奈穂子は目が不自由でした。
いきなりのシーンで、それをハッキリさせる脚本と演出が素晴らしいと思いました。

市井昌秀監督の作品は『無防備』でも『あの女はやめとけ』でもそうでしたが、
まず脚本の上手さを感じるんです。そして、演出も細かいところまで行き届いています。
今回も流して観てしまいそうなキャラクター設定が忘れた頃に生きてきたりしていました。
初のメジャー作品でも変わらず勝負なさっておられるな・・・という印象です。

奈穂子を演じるのは夏帆さん。もう25歳の女性の役をするようになったんだぁ。
でも、ピュアな雰囲気はいつまでも変わりません。
一方、健太郎を演じるのは星野源さん。ご病気から復帰後も大活躍ですね。
この星野さん演じる健太郎もピュアなんです。35歳だけどピュアなんです。

いやいや、ピュアに年齢は関係ないですよね。彼の気持ちもよく分かります。
でも、そんな僕が観ていても、二人の恋のやり取りは「どんだけピュアやねん!」って感じ。
市井監督のお話では「コメディーにしたつもりはなかった」そうですが、
微笑ましいやら可笑しいやらで、僕は素直に笑いました。他にも笑いどころが結構あります。

健太郎も奈穂子も恋によって、それぞれに成長していきます。
恋は人を成長させます。言い換えれば、人として成長する恋こそ本物なのかもしれません。
あのファーストキスのシーンは日本映画史に残るのでは。いや、残したい!

一方、天雫家と今井家の両親も重要なキャラクターです。特に天雫家。
考えてみれば、タイトルは『箱入り息子の恋』ですものね。
ある意味、健太郎の両親はもう一組の主役でもあるわけです。
健太郎の父を演じるのは平泉成さん。いろんな意味で「さすが!」でした。

あと、健太郎の上司役の古舘寛治さん。
私、あの方が登場すると、なぜか無条件にツボにきちゃうんです!
それと、健太郎の同僚の“ヤ◎◎ン”と噂されている女性。
噂の真偽はともかく、彼女は彼女で魅力的だよなぁと思ったりもするわけで・・・。

さぁいよいよ、明日(6/8)公開となりました。
市井昌秀監督が富山県出身だからとか、そういうことではなく、
この映画は本当に面白いので、たくさんの方にご覧頂きたいです。
で、映画館からの帰りには牛丼・・・。

TOHOシネマズファボーレ富山では、
6月16日(日)の12:50~の回の上映後に市井監督の舞台挨拶が予定されています。
私も進行役で参加させていただく予定です。








最終更新日  2013年06月07日 03時21分11秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.