172701 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ほっと。。。

PR

X

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

カレンダー

2009年09月27日
XML
カテゴリ:お芝居と映画の話

今日は、『ネジと紙幣(女殺油地獄)』を観てきました。
天王洲なんてマダム・メルヴィル以来で滅多に行かないので渋谷より遠く感じましたほえー

森山さんは先日の瑛太と年も近いのだろうけど演技は格段に上ですね。
五右衛門ロックでのダンスも素晴らしく、注目していました。
今回は初めてのストレートプレイでしたが、全く問題なかったです。
ともさかりえや根岸季衣、田口さんなど芸達者な俳優さん達で安心して観ることができました。
内容は決して明るくは無く、ラストは救いようが無いのですが。。。泣き笑い
なぜ男は女を殺さねばならなかったのか?というところが、最後まで分からなかった私って雫
(まさか、靴に泥が付いただけで殺したわけじゃないだろうし、お金だけが目当てだったのかとも思えないし・・・ナゾ)

 あらすじ・・・(by 演劇ライフ) 家業である部品工場を手伝わず遊んでばかりいる行人。家族は愛想を尽かしているが、行人の幼馴染で姉のような存在の桃子だけは、面倒をおこす行人を見捨てることなく、その都度叱ったりなだめたり。そんな桃子も、傍目には仲むつまじく見える夫と子供との関係に悩み、なにか満たされない気持ちを抱えていた。

花火大会の夜。行人は入れあげているキャバ嬢が、自分以外の男・赤地と花火を見に来ると知るや激怒し、男を蹴散らしてやろうと襲撃の計画をたてる。軽い威嚇のつもりが、悶着の末、誤って半殺しにしてしまう。
奇跡的に怪我から回復した赤地。暴力沙汰の一件をきれいさっぱり忘れてしまったように、行人に儲け話を持ちかけてくる。不穏な空気を感じつつも、これまでとは次元の違う悪事に引き寄せられていく行人・・・。

なぜ行人は、桃子を殺さなくてはならなかったのか?


今日は千秋楽でカーテンコールに脚本&演出の倉持さんも出てくださいましたちょき






最終更新日  2009年09月27日 20時47分52秒
コメント(0) | コメントを書く
[お芝居と映画の話] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

2000年以降の「東大… 銀次郎エイトさん

本日も 気分は上々! south2003さん
なんの変哲もない雑記 丸山九音さん
~わたしの日記~ mikanorange24さん
おそらく音楽・映画… HONEYPIEさん

コメント新着

 sorako.@ Re:またまた放置してしまった。。。(04/15) お久しぶりです。 また楽天で日記を書こ…
 ストリーマー1969@ Re:またまた放置してしまった。。。(04/15) ご無沙汰しております!元気だすか!^^ …
 ★luna姫★@ Re:またまた放置してしまった。。。(04/15) マコさん、お久しぶり~ そっちは地震続…

© Rakuten Group, Inc.