226296 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マコの回想録

PR

X

プロフィール


mako8511

日記/記事の投稿

コメント新着

mako8511@ Re:紫陽花が似合うお寺(06/19) 行かれた事ありますか。 別名 紫陽花寺と…
クボタ@ Re:紫陽花が似合うお寺(06/19) そんな風に言われてるんですか!
mako8511@ Re[1]:平常心で!(01/14) コメントありがとうございました。 此処最…
yama-G@ Re:平常心で!(01/14) 明けましておめでとうございます🎍 いつもm…
2009年09月02日
XML
カテゴリ:政治
 今回の選挙で、鳥取県で石破大臣は無事当選した。石破さんが当選しなければ、もう自民党には未来がない・・ぐらいに私は思ってたし、当選で当然だとも。でも当確の報道にホッとしたのも束の間。予想はしていたものの、ここまでの自民党、公明党の惨敗に唖然とするものがあった。わたしの立場でそうなのだから、与党だった自民党、公明党の人達のショックはいかばかりだろうかと想像に耐えない。
 たとえ敗因の責任はあるとは言っても、国民のために一生懸命身を呈して頑張って来た与党の優秀な方々が落選された事にはホントにお気の毒だと思う。
 敗因は民主党が素晴らしい党であるからなどと言う事では決してなく、自民党の当時の何人もの大臣のゴタゴタや総理大臣の不甲斐なさなど、かなり前から蓄積してきたものに違いない。
 小泉元総理の「郵政民営化」テーマで目先、目線を交わし小泉旋風で上手く民意を得た時代があっても、ブームが過ぎるとその負の部分が、より一層クローズアップされて選挙の逆風となってしまったような気がする。
 しかし、わたしたち有権者は国家の存亡、国家の大事を考えた時、果たして目先の利害、損得だけで判断していいのかと深い疑問さえ感じるのだ。
 自民党が全て良かった等とは思ってはいない。後期高齢者医療制度制定とか、いつまでも消費税アップに財源を求めないこととか、憲法改正に優柔不断だとか、不満も多々あることは確か。が、国の安全亡くしては経済も生活も成り立たない。これまでのように米国との良好な安全保障を保てこそ我が国は平和で居られる第一条件ではないだろうか。
 ところが、あの米国の新聞にすっぱ抜かれた鳩山代表の論文は、その米国のプライドをズタズタにし、日本との安保さえ揺るいでしまうか、一つ間違えると破棄され兼ねないのでは・・という懸念さえ抱いてしまう。米国に米軍との地位協定について再検討を申し入れるなどと、(社民党の連立により、いっそう)日本が国として果たすべき国際協力(有効な貨物検査も出来ない、インド洋の給油活動も出来ない)もお座なりになりそうなそんな状態で、軍備増強し続けている中国や、いつ暴発するとも知れない北朝鮮からの脅威に民主党はどう対処するつもりなのだろうか。わたしはとてつもなく不安を覚える。
 ましてや社民党は、4年間は憲法調査会までも凍結させるとんでもない要望を民主党に出す始末。
 今回の自民、公明惨敗で国会議員の3分の2以上の与党、民主党だけでとんでもない法案でも通ってしまう可能性だって否定出来ない。(かつて3分の2を占めていた与党であった自民党は今まで国民を不幸の奈落へ落としてしまうような法案を提出するようなことは無かった筈だから。)
 しかし、これも日本の大多数の有権者が選んだ道なのだから、何があっても有権者の自己責任と言う他ないだろう・・。
 マスコミ他の「政権交代」の大合唱や暗示に安易に乗らなかった有権者はおそらくわたしと同じ思いではないか・・。民主党議員の中にも、決定的に安全保障の考え方の違う社民党と安寧に連立を組んで安直に迎合することに、危惧を抱き危機感を持っている人も何人も居るには違いない。自民党は、そういう人達と政界再編成をすることも視野に入れて、何卒気を取り直して、取り返しがつかなくなる前に、何とか自民党を立て直して復活させて欲しい。






最終更新日  2009年09月02日 23時49分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[政治] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


ニューストピックス

カレンダー

バックナンバー

・2021年04月
・2021年03月
2021年02月
2021年01月
・2020年12月
・2020年11月
・2020年10月
・2020年09月
・2020年08月
・2020年07月

お気に入りブログ

耳をすませば e-ととろさん
東京湾岸地帯は水の… ヤンポップさん
さつきのぼやき日記 さつき618さん

© Rakuten Group, Inc.