227002 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マコの回想録

PR

X

全531件 (531件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 54 >

政治

2017年09月06日
XML
カテゴリ:政治
そもそも、自民党に打って変って政権取ったあの時代の民主党の様々な失敗の反省が、野党に戻った時点で民進党は反省が為されていなかった。自民党の政策を正攻法で攻めず、スキャンダルや揚げ足ばかりに審議が集中して、成長していない民進党を印象付けてしまった格好。
 前原代表に変わっても、人事で早速ゴタゴタと・・・。山尾氏の不倫如何など、政局にとってはどうでもいい話。
 北朝鮮が今やミサイル発射だの、水爆実験だのと盛んに過激に実践している現状で、与党も野党も一丸となって、当暴走国にも、近隣諸国はもちろん、国際社会に、どう対処するか、どう発信していくべきか知恵を絞って出来得る対策を行使していくべきだ。
 平素より原発がどうのこうのと大騒ぎしている人達は、この期に及んでもっと北朝鮮に対しては声を大にして訴えないのか不思議。






最終更新日  2017年09月06日 18時18分18秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年08月06日
カテゴリ:政治
こんな政治家が一人でも居て安倍政権の応援、ひいては日本国、国民のバックアップになってくれると頼もしい(* ̄0 ̄)/  わたしは政治家一太さんを陰ながら応援しますv( ̄Д ̄)v

     https://ameblo.jp/ichita-y/

 一太さんの『気分はいつも直滑降』の7月28日の書き込みにはわたしはある種の感動を覚えた。
と同時に最近予算委員会の委員長まで務める一太さんであっても、考え方は以前と全然ぶれない人、自然体でありつつも信念を持った一太さんらしいなぁ~と嬉しかった。






最終更新日  2017年08月06日 11時28分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月03日
カテゴリ:政治
特にわたしが注目したいのは、外務大臣・河野太郎氏、文部科学大臣・林 芳正氏、防衛大臣・小野寺五典氏。今度の内閣は、全体的に実務者的な大臣による内閣になりそう。

 TV各局バラエティー番組の中の報道で評論家やコメンテーターなどの新内閣メンバーの感想を聞いていると、中にはまだ、新内閣による仕事ぶりはこれからなのに、既にあれこれとレッテル張りしているのが多い。先ずは仕事ぶりを見てからにしてほしいと思う。

 今日は大阪は、朝からお昼頃までは、久々に真っ青な空を見ることが出来た!これこそ夏空!晴れ 来週初めには、迷走している台風の影響を受けてお天気は崩れるのだろうか。新政権にはどんな嵐が来ようと、先ずしっかりとした基軸を維持し、安定しつつ、景気の快復、バランスが取れた外交、より強固な安全保障の確立を目指して実現していってほしいと思う。






最終更新日  2017年08月03日 16時11分33秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年07月13日
カテゴリ:政治
日中の熱気晴れは半端騎じゃないなぁ~(@_@;)

 今日も何かと生活に於いての連絡事項が多くて・・・。さりとて通常やっておかなければいけないことを、なおざりにしておくと後で困ることが多々ある場合が多いので仕方がない。

 此処のところ、喉の調子が悪くて熱は無いものの、取り敢えず病院で検査もして特に異常は無かった。でも夏風邪には違いないだろうから、大事をとって今週はスポーツジムを休んでいる。
去年の冬も一度も風邪らしきものも引かなかったのになぁ・・。しょんぼり

 ところで安倍内閣、最大のピンチだと言われ報道でも毎日のように支持率下降の報道がなされている。そもそもマスコミは事あるごとに、池に落ちた犬に石を投じる如く大騒ぎの報道だけど。

 何はともあれ、言うまでもなく、組織の人事って重要。
再びの内閣改造の際は徹底的に、人物調査、確認作業を徹底して選出して欲しい。






最終更新日  2017年07月13日 18時10分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月16日
カテゴリ:政治
憲法改正、主に憲法九条の改正は、自民党の存立からの党是であったはず。
わたしは、現在の安倍総理大臣である間に、結党以来の党是の憲法九条の改正を実現して貰わなければならいないと思っているし、安倍総理の安全保障の考え方や米国を始めとして、世界各国を網羅する勢いのトップセールス的外交の手腕を素晴らしいと思っている。
 ところが、その安倍総理大臣に最近、若干不安を感じている。
憲法改正は、元々の自民党の憲法九条改正案通りに提案すればいいのではないだろうか。安倍総理大臣が言わんとする(総理大臣としてであろうと、自民党総裁としてであろうと)提案は、まさに公明党が主張している、加憲論なのか。だとしたら、そもそもの自民党改正案を変更してまで、公明党を気遣わなくていけないのだろうか。
 安倍総理には肝心要なところは、絶対ぶれて欲しくない。
 やはり石破茂議員のブログには、

 『「仮に自民党内がまとまっても、それだけでは衆・参両院それぞれにおいて総議員の3分の2の賛成は得られない。政治は現実であり、結果を得ることこそが大事なのだから、最も多数の賛成が得られる案として、現行憲法第9条第1項と第2項をそのまま残し、自衛隊の存在のみを3項に加えてはどうか」という考え方であるとせば、第3項として「日本国の独立を守り、地域ならびに国際社会の平和の維持に寄与するため、陸・海・空自衛隊を保持する」と規定するのが最も現実的な案のようにも思われますが、そうであったとしても第1項、第2項との論理的整合性をどう確保するかに解を出さなくてはなりません。』
         http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/
        (石破茂 オフィシャルブログ)

 ・・・というコメントがあった。正論だと思う。
それとも、安倍総理大臣には、改憲実現に向けてのテクニックなのか、プロセスなのか、わたしには理解できない。岸田外務大臣に至っては、「9条改正考えぬ」とコメントしていて論外だ。自民党閣僚としてもあり得ない。それが本心だとしたら、わたしは見損なった。






最終更新日  2017年05月16日 18時43分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月09日
カテゴリ:政治
民進党の長島昭久、元防衛副大臣が共産党との共闘方針に反発し離党の意向を固めたらしい。
わたし的にはむしろ、遅いくらい。民進党内は、ベースとなる考え方がバラバラで、何故こんな保守的な考え方の政治家が、このようなリベラルな党に所属しているかがずっと不思議だった。
 長島氏に限らず、他にも居そう。

 一旦あの党を出てみたら、より客観的視点に立てて、今まで何故、こんな党に居たのかと感じるようになるのでは?
 そもそも、例の何でもかんでも偽りで固めたような籠池氏を証人に招いて、肝心要な国会での質疑を茶番にしてしまうような党軍団なのだから。呆れてものも言えない。






最終更新日  2017年04月09日 14時16分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月08日
カテゴリ:政治
うちの家の庭の梅🌼がもう7分咲きくらいに咲いている。
明日は超寒いらしく、冷たい雪か雨になるという。┐(´д`)┌美容室を予約しているのに~💦

 つい最近、たまたま国会中継を見た時、日本維新の会の質問で、やはり民進党イジリをやっていて、麻生財務大臣が爆笑していた。野党第一党なる民進党は、もっと現実的で建設的な意見を言うべきであることには違いない。

 今日の夕飯メニューは鶏のもものブロック肉をスパイシーに焼く。ヘルシーなのはむね肉だと分かってはいても、ちっともジューシーではないので、せっかく料理をしてももう一つ美味しくないので、あえてもも肉に。 ジムでエアロビと、筋トレ、腹筋も100回したので、わたしの食べる量は少なめに。(・・;)






最終更新日  2017年02月08日 17時47分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月29日
カテゴリ:政治
安倍首相の犠牲者を慰霊し、二度と戦争を繰り返さない決意を表明した真珠湾訪問は素晴らしかったと思う。安倍首相のスピーチも、先だって広島を訪れたオバマ大統領のスピーチにも決して引けは取らない内容だった。
 第二次世界大戦後から70年を超える現代。謝罪、謝罪、と捲くし立てる、とある国々と違って、さすがアメリカの国も殆どの国民も、そしてメディアも、今回の安倍首相の訪問とスピーチを評価してくれている。それは未来志向に立った前向きな考え方である。

 どうせ、民進党や野党の一部は、あれこれと難癖をつけて国会で批判してくるし、一部偏ったマスコミも、ケチをつけてくることは間違いない。
 しかし、戦時中被害にあった住民、米軍人からの批判などのリスクも伴う、大変デリケートな訪問を安倍首相は成し遂げた。広島を訪れた、オバマ大統領と共に真珠湾を訪問してスピーチをしたという事にも大いに意義がある。安倍首相の他に誰が成し遂げられただろうか。

 靖国参拝した稲田防衛相。左に偏った国々やマスコミや国民の批判に恐れることはない!(* ̄0 ̄)/






最終更新日  2016年12月29日 16時13分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月09日
カテゴリ:政治
TVをつけっ放しにしていたところ、米国の大統領選、速報でトランプ氏勝利の速報が流された。
選挙戦で、トランプ氏は日本との関係においても言及していた。外交、安全保障に於いて、日本と米国のスタンスは、言うまでもなく我が国の周辺諸国の平和と安定に大きく影響する。
 選挙戦で、過激な言動があったトランプ氏と言えども、正式に米国の大統領となれば当然、周囲にもアドバイスをするブレーンもいることだろうし、極端に日米同盟や我が国の安全保障にマイナス要因となることもないだろ・・・と希望的観測を持っているのだが…。
 民進党よ、農水大臣の罷免を求めるとか、そんな事を呑気に言ってる場合ではない!ムカッ
安倍総理の対応は、素早いなぁ、安倍首相の命を受け、週開けにも河合補佐官が米国政府に面会を求めるようだ。






最終更新日  2016年11月09日 17時40分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年07月11日
カテゴリ:政治
 難を言えばもう少し票が伸びて欲しかった。

 今日の安倍総理の記者会見を見聞きしても、某党の某党首とはオーラも違う、説得力も違う、政治家としての信念も実行力も、リーダーシップも違う。

 民進党が票を相当数減らしたのは成るべくして成った事。
与党は、当然ながら、結果にホッとする間もなく、使命を着実に果たして行って貰いたい!






最終更新日  2016年07月11日 17時21分57秒
コメント(0) | コメントを書く

全531件 (531件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 54 >


© Rakuten Group, Inc.