000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マコの回想録

PR

X

全531件 (531件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 54 >

政治

2016年07月09日
XML
カテゴリ:政治
 明日はいよいよ参議院選挙。日本の国民に民進党を始めとする野合の野党の言うことをまともに信じて投票する人が、そう多くないことを信じたい。

 各党の討論番組を視聴していても、民進党の議員の話は「ハ~?アンタとこの党がそう言う?」と呆れてしまう。
繰り言になるが、かつて民主党政権での失政の学習も反省もマッタク見られない。そんな党に再び票を入れる人がわたしは信じられない。安倍政権は、今までの自民党、公明党連立政権下に於いてでも、かつてないような幅広く、密度の濃い外交、経済努力を展開している。ただし景気がまだ回復途上なのは、今はグローバル経済的にも難しい状況下ゆえ、アベノミクスでなくても、他党でも難しいことは必定。
 更なる安倍政権の努力をわたしは期待したい。

 しかし・・それにしても、東京都知事選。政治経験の全くないたまにコメンテーターで出ていても、誰にでも言えるようなレベルの低いコメントをしているようなタレントが例え立候補したとしても、さすがに多くの東京都民は票を入れないと思う!






最終更新日  2016年07月10日 17時40分00秒
コメント(0) | コメントを書く


2016年06月30日
カテゴリ:政治
 今日朝からもっぱらTVで話題の自民党小池百合子氏の東京都知事選、立候補の表明。

 自民党に於いて仮にも2回大臣をやってる経験もありながら、党内において然るべき手順を踏まず、サプライズでの立候補表明。長年組織に居ながら組織人としての紛れもない掟破り、ルール違反であり、しかもその行動は確信的。

 都知事選で新たに自民党が別候補を立てれば当然ながら保守層の票は割れ、民進党を始めとする野党候補が有利になることは必至。それを分かっての上の立候補ゆえ、やり口が卑怯千万。どこまで自己を過大評価しているのか、傲慢なのかと言いたい。あっちこっちの党を渡り歩き、組織を裏切ることには何の抵抗もないのかもしれない。

 こうなったら、民進党も自民、公明と相乗りできる可能性のある長島氏を候補に立ててくれるといいのだけど・・・。






最終更新日  2016年06月30日 17時24分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年05月22日
カテゴリ:政治
 TVの報道を見る度、余りにも見苦しい事極まりない!
政治家の行っていることが全てそんな奇麗なものではないとは思う。外交的なこと、駆け引き・・・いろいろあるだろう。しかし舛添東京都知事の一連の経済観念、行状は余りにも度が過ぎているし、許されない。それに対しての釈明会見も、往生際が悪いことこの上無い。

 もう早い段階での辞任の道しかない。客観的な検察特捜などの組織による調べなら分かるけれど、第三者委員会って・・舛添氏側の委託による組織なら話にならないし、このままでは収集もつかないし、東京都の恥、日本のイメージにも繋がる。






最終更新日  2016年05月22日 17時29分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月12日
カテゴリ:政治
 G7(先進7か国)会合で広島を訪れている中で、11日、原爆記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花した、ケリー国務長官をはじめイギリス、ドイツ、カナダ、の各外務大臣のことをわたしは先日ブログに書いた。

 後で知ったのだが、ケリー国務長官に、原爆記念公園を訪問して貰うことを、事前に岸田外務大臣が、キャロライン・ケネディ大使に根回しをしていて実現したらしい。岸田外務大臣の功績で、米政府関係者の訪問としても最高位となる米国務長官の同公園訪問が実現したのだ。さらにケリー長官は、「すべての人が広島を訪れるべきだ」と述べ、オバマ大統領にも原爆記念公園の訪問を進言するとも言われている。

 ずっと以前から、米国の先の第二次世界大戦時の原爆投下について、謝罪しない云々が取沙汰されている。
日本人としては、民間人に、ましてや当時、史上最大の被害である原爆投下を許される行為だとは断じて思わない。

 しかし、米国の立場、或いは戦勝国の立場にとって現代に至るまで、自国の実益を念頭に置いた外交上は謝罪をすることはないのだろう。だとすれば、せめて被害者の慰霊碑の前に哀悼の意を表すことは、原爆被害の恐ろしさを、日本人として受け入れても良いのだと思うし、他のより多くの国のトップや人々に広めて欲しいとさえ思う。

 日本は日米安保の立場から現在はアメリカの傘に居る。能力的には核を持つ力はあるが、世界で唯一の被爆国でもあるし、敗戦国でもある日本の立場から、そういうスタンスを取っているのだと思う。今の時点ではわたしは日本は防衛上であっても、核を保有しなくていいと思っている。
 しかし、世界から核が無くなることはそんなに容易ではない筈。かの北朝鮮や、IS のような世界の国の中で自国、他国の平和を乱し、暴発するような組織がある以上、それに対する抑止力は無くてはならない存在である。その抑止力的な役割を持っている大きな一つが核の存在ではないか。その核をならずもの国家が持ったり、拡散してしまう可能性があると、なお更米国などの核の保有はより必要不可欠になってくるのだろ。

 話は飛躍してしまった💦

 今日は、スポーツジムの帰り、久々に⛆小雨にあってしまった。
 『春雨じゃ、濡れて行こう』などと風流に言ってられない((+_+))蒸し暑さも増して、スッキリしない空気だ。






最終更新日  2016年04月13日 14時44分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月07日
カテゴリ:政治

 民進党の山尾志桜里氏、支部長を務める愛知県内の政党支部の平成24年分収支報告書で約230万円分のガソリン代を計上した問題。

  『元秘書が関与している蓋然性が高い』

・・・と6日の定例記者会見で、釈明していて、政調会長は辞めるつもりはないという。

 工エエェェ(´д`)ェェエエ工甘利大臣の秘書の問題で、鬼の首を取った如く追及し、「秘書だけの問題ではない」と言い放ち、(甘利大臣は大臣を辞任したにもかかわらず)安倍総理にも任命責任を追及したりしていた人が?! 秘書が、秘書が、と連呼し、責任を逃れようとしている。言ってることとやってることの整合性も倫理感もまるで無い。法律家出身とは思えないムカッ

 しかも、あろうことか、某毎日新聞夕刊には、今回のタイミングで追及する記事ならまだしも、山尾氏に期待する、評価する記事を書いている。これが、保守系の政党、自民党なら同じことがあっても対応がまるで正反対なのだろう。







最終更新日  2016年04月07日 12時27分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年03月28日
カテゴリ:政治
民進党・・って看板を掛け替えて、数合わせで寄り合い所帯になって、やはり考え方はバラバラ・・と、民主党の時代でさえもそうだったのに、一層そのリスクは高まりそうだ。

 学歴が東大卒であろうと、元検察官であろうと、政治家たる仕事の実力は、全く別の次元であることは、民主党の面々を見ているとよくわかる。

 なんか今日も変な天気だなぁ。昨日は、夕立が降って焦って洗濯物を取り込んだので、今日も油断ならない💦
週末に、お花見に行くことになっているので、晴天☀ならベスト👆だけれど、最低でも曇り☁であって欲しい
( ̄ー ̄)






最終更新日  2016年03月28日 16時23分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月21日
カテゴリ:政治
 先日のわたしの書き込みで、一部訂正、修正したい部分がある。

 それは、一昨日の金曜に行われた国会について、相変わらず次元の低い国会をやっている・・と感想を述べたが、実は民主党等の一部の質疑を見ただけでの感想だった。ところが、その後民主党の元首相だった野田氏との質疑応答を見て、違う感想を持った!

 さすが、野田氏は弁論が旨い!論議の中で、言葉巧みに相手に警戒感を解き、持論を展開していく。いちいち筋が通っている。安倍首相が自民党の先送り案を前倒しし、定数削減への道筋をつけると表明し、先手を打ったことに対しても、

「前倒しできるなら、最初からやれという気持ち。(首相の作戦は)見え透いている」「後ろ向きだった自民党が各党並みになっただけだ。サプライズでも何でもない。ドヤ顔で言うな、と思う」

 と切り込んだ。

「国民にうそをついたことに痛みも反省もない。満身の怒りで抗議する」

と、厳しい論を展開したが、首相の前倒し表明については「一定の前進」と、認めた。すなわち、是々非々の思考が、野田氏はハッキリしている。終始一貫、議論の展開が分かり易い。民主党の他の二人のイミフメイの元首相とは違って、信念を感じる。

 しかし、国会、政治の議論は定数削減問題だけではない。他にも重要な案件がある。外交問題、防衛問題・・経済問題等々。何故品格も政治家としての能力もお持ちの野田氏が、今もなお次元の低い所詮あの訳の分からない民主党に在籍しているのだろうか、とさえ思ってしまう。






最終更新日  2016年02月21日 12時13分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月19日
カテゴリ:政治
 暫く、リアルタイムの会話タイピングから遠ざかっていると、正確、速度の点でタイピングが衰えている(-_-;)
とあるタイピング練習のサイトで久々に試してみてショックショック雫

 時々、タイピング練習しなければ・・!そして模擬テストして挑戦してスキルアップに心掛けよう( ̄ー ̄)
指の細かい動きは、ボケ防止にもなる。特級めざして( `ー´)ノィェィ

 ところで・・今日も相変わらず次元の低い国会を展開していた。でも先週に至ってはもっと酷かった。
民主党の某山〇氏。耳障りな甲高い声で、鬼の首取ったように、しかも上から目線で自民党議員の揚げ足取り。
よくよく聞いていると、高市総務大臣が読み上げる文書に対しての解読能力さえない。┐(´д`)┌ヤレヤレ

 いつまで週刊誌ネタの質疑をするつもりだろう。自民党丸山議員のちょっと配慮の無い発言が、日米関係に悪影響及ぼすというなら、自分たち民主党政権は、どれだけ酷かったことか・・。そんな言葉の表現云々のレベルではなかった。

 民主党政権時代、鳩山由紀夫元首相が辺野古以外の移転先の見通しが全くたたないままに「最低でも県外」などと発言し、事態をこじらせたばかりか、ひいては日米安保に大きく関わる基地問題でもある。
 
 さはさりながら、自民党も国会議員としての自覚をしっかり持って、くだらない突っ込みをされ、大事な審議の時間が費やされることのないようにして貰いたいとは思う。

 逆に最近、全く考え方が相容れない共産党の議員の質疑の方が礼節を守っているようにさえ思えるから不思議(苦笑)

 今日も昨日も野暮用で🚃🚃電車で出掛けた。今日はスポーツジムの後、直行したものだから、ドッと疲れた💦
昨日も疲れること、多々あって・・・明日はゆっくり静養しよう~っと!






最終更新日  2016年02月19日 20時15分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月10日
カテゴリ:政治
 今日の衆議院予算委員会。スポーツジムから帰宅後、国会中継を見ながらお昼を食べてた。
いつもの雰囲気と、ちょっと違っていて何回となく一人で思わず爆笑してしまった。(^◇^)
 おおさか維新の会の質疑、なかなか興味深かった。ギスギスした国会質疑になりがちだが、どことなく余裕が感じられる空気が。与野党共に笑みが漏れていたような・・。それはけっしてふざけているわけではなく、論議の中にはそういう場面も必要だということ。おおさか維新の会だって、政府与党に擦り寄るのではなく、是は是、非は非・・というスタンスであるようだ。
  
 朝のトップバッターの自民党議員の質疑が、なかなか民主党に対して釘を刺した感じで痛快だった。
政治と金の問題は、きっちり考えないといけない問題でもあるが、いつまでも週刊誌ネタよろしく、国会の予算委員会の時間の中で、繰り返しのネタで貴重な時間を費やしてはいけない、もっと重要な案件を話し合うべきだという、尤もな提案だった。

 明日は祝日で、ちょっとホッと出来る朝の時間。家族のお弁当作りもしなくていいし、朝食も平日より少しユックリできる。(´▽`) ホッ






最終更新日  2016年02月10日 18時38分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月29日
カテゴリ:政治
 待ち構えるようにTVの前に昨日の5時。約1時間くらいの甘利氏の金品授受関連報道についての説明記者会見

 元検察特捜部に居たと言われる某弁護士による甘利氏の事務所を調査依頼したことによる、途中経過報告ということだった。専門家による調査の内容だけに、その説明の内容はかなり詳細で、驚いた。客観性を保つ上で、甘利氏はその弁護士の名前も聞いていないという。

 結局、どういう形であれ、金銭の授受はあったということだが、甘利氏の適正に処置するようにという支持で、事務所の帳簿には記載されていて、領収書も発行して授受の相手に渡しているという。ところが、事務所の某秘書が記載されていない授受の3百万円分のお金を事務所の諸費用や、私用に遣ってしまっているという。結果、当人の秘書や関連の秘書合わせて2人辞任したという。甘利氏は、監督責任もあるので、その責任を取って、安倍内閣の足を引っ張ってはいけないということで辞任すると、説明会見中に、発表した。

 それにはわたしは(*_*;ビックリ!甘利氏の説明の語る雰囲気では、取り敢えず、国民の前で調査で判明した内容を説明した後は、TPP調印までは職務を続ける意思であろうと思っていたから・・。

 甘利氏自身が、政治資金規正法違反でもないとしたら、(秘書が仮に横領的な行為をしたとしても)法律的に問われることはないらしいが、やはり秘書の監督責任として身綺麗にしたいのだろう。

 確かに、TPP交渉であれこれ頑張っている途中に舌癌の手術した後も耐えながら、言葉通り命を掛けて職務に邁進してこられた甘利氏が出した日本の経済の成果を考えると、わたしとしてはちょっとショックでもある。

 昨日の、BSプライムニュースを見ていると、民主党の某女性議員が、まさに鬼の首を取った如く、高圧的な批判を滔々と繰り返し、全く気分が悪かった!政治家全てが、秘書を抱えている以上、党派を超えて明日は我が身か・・と襟を正そうとしても普通なのに、いったいアンタ何様のつもり?とTVにつっこみたくなった!
 国益よりも何よりも、与党の弱みにつけこむことだけを狙う民主党などの野党を思うと、来週からの国会予算委員会が思いやられそう。(-_-メ)






最終更新日  2016年01月29日 18時17分58秒
コメント(0) | コメントを書く

全531件 (531件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 54 >


© Rakuten Group, Inc.