228049 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マコの回想録

PR

X

全531件 (531件中 81-90件目)

< 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 54 >

政治

2014年11月19日
XML
カテゴリ:政治
 今朝のある番組で、昨日の夜の安倍総理の解散総選挙会見の内容について評論家などのゲストがあれこれトークしていた。そのゲストの一人、漫才師のロザンの宇治原氏が、
 選挙をすることにあれこれ異を唱える人がいるが、そんなことに異を唱えるより、選挙にて国民は政治家たちの公約や話を聴くことによって判断して選ぶという前向きな考え方をするべきだ、総理が解散して選挙を行うと言うことがオカシイと言うのは筋が違う
・・ と言うような内容の意見を言った。Wao♪~芸能人の中にも(後ろ向きな考え方の野党みたいなのではなく)しっかりした考え方の人もいるんだなぁと嬉しい思いがした。その場に居た、評論家の伊藤敦夫氏は、それに対し異論がある表情をしていたが・・。

 そして、今夜のBSフジのプライムニュースでは、久し振りに民主党元総理だった野田氏が出演していた。民主党の中では、少しまともかなぁ・・と思ったりしたが、所詮そこは、民主党議員としての域を出ない。昨日の安倍総理の解散総選挙記者会見の内容について、訳が分からないと批判していた。わたしは、昨日の記者会見は、正論で、確りと筋が通っていると思った。全くメモを見ることもなく、全て総理の信念を持って行動に臨んでいるので、官僚などが作ったものではなく、率直に自らの言葉として語られたのだと思う。

 なぜここで選挙なのか?安倍政権で、しっかり国益に直結する、アベノミクスを行使する中で、着実に成功させていく手段として、よりベストな環境、タイミングを計ろうとした為だと思う。政治は一筋縄で行くものではないということは、元総理だった野田氏もおそらく承知している事とは思うが、悲しいかな、民主党の中に居れば志も歪曲されたものになってしまいそう。






最終更新日  2014年11月19日 22時33分05秒
コメント(0) | コメントを書く


2014年10月23日
カテゴリ:政治
小渕元経産大臣、松島元法相、大臣を辞任した後でも、あれこれとマスコミは、粗探しを止めない。安倍政権の他の大臣に対しても、目をさらのように粗探しを行っていることだろう。勿論、不正は正さないといけない。しかし、全ての政治家が事務所や秘書、支持団体を含め、何もかも一点の曇りもなく、清廉潔白たりえるだろうか。

 野党の政治家であれ、どれだけ清廉潔白な政治家が存在するのかも疑問。ただ、時の政権の大臣でないというだけに、敢えてマスコミの粗探しの対象になっていないというだけのこと。仮に百歩譲って清廉潔白であったとしても、無能な政治家であれば国民にとって、全く意味が無い。

 しかし、このところの一部マスコミの粗探し状況は、まるでパパラッチが如くひど過ぎ。粗探しをされても、非が無ければいい、と言うのが理想ではあるだろうが・・・。
 何十人、ともすると何百人の関係者がいることもあるだろうし、日々、政治活動をしていく中で、完璧に目が行き届かせる事か可能だろうか。繰り返すが、不正を認めるべきだというつもりは全くない。事務所の主たる政治家はその管理責任を負うべきだし、常日頃、違反が無いように配下の者に指導していく立場であることには違いない。大事の前の小事、安倍政権各大臣は心して身の回りも管理して欲しいと思う。

 わたしが問題だと思うのは、いつまでも一部のマスコミの粗探しに乗っかって、辞めた大臣の追及、糾弾をし続け、早く審議しないと国民の生活、安全に係るような(例えば土砂災害についての法案など)法案の審議を拒否している野党の姿勢だ。
 一部のマスコミは、大臣らの粗探しをして、芸能界のスキャンダルよろしくスクープを得て、ほくそ笑んでいるに違いない。一方それらに乗っかっている野党の連中も、鬼の首を取ったかのように、政争の具にし、やれ任命責任だと騒ぎ立てる。
 彼らはとても本当のイミで国民の事を真剣に考えているとは思えない。

 かつて自民党から政権を奪った民主党前政権は、政治主導と称して官僚を敵対視し、次官を廃止して、レベルの低いパフォーマンスを繰り広げた。各省庁は(政権は決して主導権を持てず)上手く機能せず、縦割りの弊害のまま、東日本大震災時でも、民主党政権は数々のお粗末な政治的采配により、対策がより遅れ、結果的に人災を引き起こすことになったのだ。
 
 今や政権を取り戻した安倍政権は、民主党政権で日米安保でも関係を悪化させたり、ことごとく失った国際的信用も、安倍総理の精力的な多元的外交で確りと足元を固め、成果を収めようとしている。
 アベノミクスにしても、現在進行形だが、ここまで着実に前進していく政権が(自民党政権も含め)かつてあっただろうか。
 客観的に見ても今、野党で(連立を組んだとしても)政権を任せられるような党が存在するとはとっても思えない。
そう考えると、今、安倍政権を後退させることは国民にとってもマイナスになっても、プラスにはならない。
一部マスコミや、政争の具に何かと持ち込もうとしている野党に国民は惑わされてはならないと思う。
 






最終更新日  2014年10月23日 17時10分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月21日
カテゴリ:政治
昨日の、橋下大阪市長と、在特会代表桜井氏の面談。ひど過ぎ!わたしもニュースとか新聞とかで、噂では聞いていたものの、普通の面談からの始まりからでも、あんなふうな感情剥き出しのやり取りになるなんて・・。あれをTVのニュースなどで視聴した人はきっと殆どが呆れてしまったのではないだろうか。

 わたしは日本国民として、中国や韓国自体の自己中心的過ぎる国策について、如何なものかと疑問は大いに感じるけれど、中国人、韓国人の人について(朴大統領とか一部を除いては)、決して悪い人とは思わない。ましてや長く、何世代もの在日韓国人、中国人、その他の在日の人々に対して一括りにして罵詈雑言を浴びせることを言うなんて有り得ない事だと思うし、橋下市長が言うように人種差別だと思う。同じ日本国民の中にだって、悪人はたくさん存在し、逆に在日の人だっていい人、優れた人はたくさん存在するのだ。ヘイトスピーチは、日本人として恥ずかしい行為だ。
 
 韓国や中国の個々の不埒なやり方に対して毅然と物を言うためにも、あの団体のように、一定の人種を誹謗中傷することは、逆に国際社会からも非難を受け、支持されないし、文化人としても適切ではないし、建設的ではない。
 昨日の橋下市長は、あれでも・・日頃よりもかなり感情を抑えて居たと思う。






最終更新日  2014年10月21日 13時47分40秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年10月20日
カテゴリ:政治
 小渕大臣の辞任はもう仕方がなかっただろう。松島法相にしても、国会の答弁を聞いていても、ツメが甘い気がした。審議があれこれ目白押しの状態を前にして、歯がゆくて仕方がない。民主党を始め野党は今回の安倍政権のつまづきに、小躍りでもしているのだろうか。

 安倍政権の各大臣、気を引き締めて心して臨んで欲しいものだ。






最終更新日  2014年10月20日 22時56分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月03日
カテゴリ:政治

 先の政権、民主党政権と比較(するまでもないけど・・)しても、高レベルなメンバーであることは確か。しかし、野党ってケチをつけることでしか存在感を示すことが出来ないのか。今の野党、どこも、あなた方が政権取ったら間違いなく日本は潰れます。社民党、共産党、民主党は論外、日本維新の会もみんなの党も、次世代の党も、ゆいの党も、み~んな中途半端。日本の政治を任せられる党は今の与党以外、何処にもない。

 それにしても、組閣後の安倍総理の記者会見は、殆どメモも見ないで、とっても分かり易く、しかもしっかりとした基本政策を実現していこうという意志が感じ取れるコメントであった。

 







最終更新日  2014年09月03日 23時08分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年08月26日
カテゴリ:政治

 安倍総理は、石破さんを別ポストで処遇って?? もし、そうだとしたら・・外務大臣くらいのポストでないと・・。じゃあ幹事長と外務大臣が入れ替わるとか・・?早く結果を知りたいなぁ。

  ところで・・ ^^;「again」 のスペルを「agein」としてしまってた・・。((ノェ`*)っ))ハズカシ・・。

 今日はお風呂場もピカピカに磨いたし、超気持ちイイ~♪ イイ仕事しましたヽ(^o^)丿

 それにしても、今朝の大阪は夜中に地震があったり、早朝に大きな雷が何度もあったり・・で我が家の猫猫たちも超(@_@)ビックリの様子だった。







最終更新日  2014年08月26日 22時24分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年08月25日
カテゴリ:政治
 安倍総理からの安全保障法制の担当大臣への就任の要請を石破幹事長が、先だってより保留にしていて、固辞する意向だと、一連の報道では伝えられている。

 自民党にそのポジションに値する人材が他に居ないとは思わないが、かといって、安全保障のスペシャリストとして石破幹事長の右に出る人もいないだろうし、石破幹事長ほど、国会の答弁で説得力にたけた人も居ないと思う。
 石破幹事長も、従来より政治家魂を打ち込んできた案件でもあり、関連の本も出版しているからこそ安全保障への拘りがあるようだ。石破幹事長の、「『国家安全保障基本法』を制定すべき」というのは、正攻法には違いないだろうけれど・・・。しかし、集団的自衛権行使を現実的なものにしようという目的は、石破幹事長も安倍首相も変わりはないのに・・。

 わたしとしては、石破幹事長には安倍首相の安全保障法制の担当大臣の要請を受けて貰いたい。目的が同じなのだから、手段については、知恵を出し合って、落としどころを創意工夫するという事は出来ないものだろうかと、素人のわたしは考えてしまう。ここで、幹事長をやっている石破さんが、固辞して無役になってしまって、党で存在感を示せない事の方が先々の政治家としてマイナスになってしまう気がするのだ。


 話は全く違うが、昨日新大阪のある場所で、生橋下大阪市長、生松井大阪府知事を見て生の声を聞いた!
まぁ、殆どTVで見た雰囲気と変わらなかった。とにかく橋下市長は話が上手い。そして会場の視聴者に満遍なく目線を投げ掛けようと気を配る。
 ただ、気になったのは、2人を始めとする大阪維新の会は、彼らの大阪都構想の考えや行動を阻もうとする党、一部マスコミに対して、言葉の攻撃をする一方で、何とか解って貰おうとする気持ちが垣間見えない。確かに、あれだけ大阪市長選の前に叩かれたのだから、気持ちは分からないでもないけれど・・。もう少し協調性、柔軟性が感じられてもいいかなぁ?とは思った。党員の減少が見られる、維新の会単独で実現することは困難であると思うから。
 同じことが、大阪の自民党議員にも言えるのかもしれない。大阪の自民党は、安倍首相を始めとする自民党国会議員と、異種的な感じも受ける。

 要するに、保守同士がいがみ合っていて、いい政治が出来るとは思えないのだ。






最終更新日  2014年08月25日 19時06分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年07月30日
カテゴリ:政治
 新設する安全保障法制担当相の職を石破幹事長に安倍総理が打診?答えは保留中だとか・・。
来年の党の総裁選、総理大臣の座を狙われてるとか狙ってるとか、新聞でもっぱら取沙汰されてるけれど、安倍総理が、その理由で石破さんを幹事長職から外そうと思っているとは思えないなぁ。

 集団的自衛権の行使容認の持って行きかた、プロセスに関しては、石破幹事長は安倍総理と違う見解を持っているとしても、目的自体は同じだし、自分たちが選んだ党の代表、総裁、総理の安倍さんの決断したことには従うと、石破幹事長は何度も公言している。

 ただ、政治家という職種にはいろんな思惑が存在していることには違いないだろうけど。
わたし的には、石破幹事長には安全保障法制担当相を引き受けて欲しいとは思うけれど、安倍総理も出来れば、石破さんに、兼外務大臣とかもつけて欲しいなぁ・・。稲田行革担当相は、政調会長になるんだろうか。あれこれ報道されているけど、全く予想とは違う人事になるような予感が・・・。


 それにしても昨日の3年連続二桁勝利を挙げた、ダルビッシュ投手かっこよかったぁグッド長男は、勝ってもポーカーフェイスの(今日9勝目を挙げた)岩隈投手のスタンスの方が好きらしいけど・・。






最終更新日  2014年07月30日 21時17分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年07月15日
カテゴリ:政治
 これが、大事な国会で審議するべき質問なのだろうか。自分の論議に酔っているのでは?パフォーマンス民主党から脱していないようだ。本質論を議論しようとしていない、言葉のあれこれに終始していて、意味が無い議論を投げかけている。ワケの分からないことを言って言い掛かりをつけ、集団的自衛権の話を恣意的に分からなくしている野党の一つに過ぎない。それは不毛の論議にしかなっていない。






最終更新日  2014年07月15日 13時46分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年07月07日
カテゴリ:政治

 安倍首相は、集団的自衛権の行使容認を踏まえて、法整備を整える為、近いうちの内閣改造で、安全保障法制を担当する閣僚を新設する方針を明言したとのこと。

 その担当大臣に石破幹事長の名前が挙がっているとか。まさに適材適所ではないだろうか。特に安全保障についてはエキスパートと言ってもいいと思う。幹事長の後任には、菅官房長官を充てるという噂も・・。高村副総裁も安全保障関係でも、大臣として経験者だし。自民党は民主党と違って、人材が豊富で、逆に安倍首相も悩むかもしれないなぁ。

 いずれにせよ、国家国民にとっての基本中の基本的な法整備に於いて、ぶれないで綿密で確実な法整備を期待したい。国会審議において、野党が足を引っ張らないことを願う。

 

 たなばた







最終更新日  2014年07月07日 19時28分37秒
コメント(2) | コメントを書く

全531件 (531件中 81-90件目)

< 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 54 >


© Rakuten Group, Inc.