000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マコの回想録

PR

X

全101件 (101件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

社会

2020年05月12日
XML
カテゴリ:社会
連日、コロナ情報、コロナ対策が論じられる中、 今大阪の吉村府知事が連日TVに出演していて、その手腕がクローズアップされている。「大阪モデル」と言われる対策など。毎日、コロナの被害の数値の発表や、対応する病院などの現状を発表し、府民にも具体的に大阪府としてのお願いを語り掛けている。
 そのアクティブな指導力、計画性の吉村大阪府知事の姿、声が全国ネットの番組で連日報道され、注目されているようだ。
 知事本人も言われているように、政治家は結果責任も問われる。その号令が功を奏している事もあるのか、今の時点でも、大阪はどんどんコロナの被害者を減らし続けている。

 前代未聞で未知数の新型コロナウイルスは、するべき予防を緩める事なく、一致団結して闘わなければならない。かかった場合にも完治出来る治癒薬や、予防の薬が一時も早く開発されることを真に願いながら。






最終更新日  2020年05月12日 16時13分00秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年04月16日
カテゴリ:社会
前回の書き込みのタイトルに、3月の末に
 人類史上、最大、最悪の 危機?! 
....とわたしは書き込みを入れた。4月半ばになった今でもそれは変わることはない。
 世界人類は、そのコロナウイルスと言う悪魔から既に多くの命を奪われ、何よりも生命の危機 、そして生きる為の経済をも脅かされていて、何とかその相手と闘い挑める武器、方法を模索して最大の危機を乗り越えようとしている、まさに戦争状態なのだ。
 しかし前回も記したように、人類は希望を失わず、世界中の優秀な化学者、研究者、医師たち、によって対特効薬が生み出され、開発されて最強、最悪のコロナウイルス被害という危機を乗り越え、打破出来得ると、わたしは固く信じている! 

 今はわたしたちはそれを信じて、自ら出来る衛生面での努力、心掛け、場合によっては我慢、しかし自らを気分的に落ち込ませない気分転換をする努力などが必要だ。                  
                     
                 






最終更新日  2020年04月16日 16時16分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月31日
カテゴリ:社会
ここまで世界中で拡大感染したウイルスがあるだろうか?
人類史上、最大最悪に生命、健康、経済...etc 影響を及ぼしている新型コロナウイルス。
 しかし、人類は負けない、屈する事なく、月日、年数は掛かるには違いないが、必ずや世界中の優秀な科学、医学研究者たちによって対抗、対応できる薬を開発、製造することを達成出来ると信じている。

 この時期なので、スポーツジムも1ヶ月休業であったが、4月からもいろいろ制限があって開業される。
しかし、それに合わせるのもいろいろ大変なので、もう少し行くことは様子を見ようと考えている。
 昨今、当然ながら、TVもコロナ問題一色で、気分も滅入りかねない。運動不足になるので、積極的に雨天以外で、用事の無い限りウォーキングを実施している。その為に、ウォークマンも🎧♪も購入した(^^)v

 さてジムの友達3人でファミレスにてランチ🍴行って来よう(^v^)






最終更新日  2020年03月31日 10時15分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月06日
カテゴリ:社会
話題になっている、愛知の『あいちトリエンナーレ』の美術展。

公的な税金投入して公の場で公開するのは論外だろう。
憲法の中にもある日本国の象徴である天皇陛下を侮辱した絵画や、左翼的思想の象徴である、慰安婦とされる少女の像・・等の展示。

 『表現の不自由展』って自由をはき違えているのではないかとさえ思う。百歩譲って、そういう展示会を私的に開いたとしても、公的な税金を投入することは絶対間違っている。
 愛知県、名古屋市は、それぞれの県民や市民がそれに対して判断して意見を述べれば良いと思う。
国の税金投与は国民として、絶対反対だ。






最終更新日  2019年10月06日 15時45分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月17日
カテゴリ:社会
昨日早朝、大阪府吹田市の交番で1人の警察官が包丁で多数カ所刺され、拳銃が奪われた事件。その後の通報や、捜査により大阪府警総動員で容疑者は逮捕された。しかし、容疑者は精神疾患があるらしく、今後罪が問われない可能性も大だ。現在、被害にあった26歳の前途ある警察官は意識不明の重体であると言う。
  これまで、ブログの書き込みはこういった事件についてはコメントを書くことは殆ど無かったと思う。
しかし今回の事件は、余りにも身近で、残忍な事件で悔しくて黙って居られなかった。
 今後、市民、府民を守る警察官の交番などの安全確保を徹底的に対策を講じて欲しいと思う。そもそも、犯罪者に対してであっても、警察官の拳銃使用は日本の場合、かなりの制限が設けられている。これも一つには憲法九条の足枷も影響している気もする。
  今は何より被害にあった重体の警察官のご回復を心から祈るばかりだ。






最終更新日  2019年06月17日 18時17分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月02日
カテゴリ:社会
今日は早朝、スーパー銭湯へ。エアロビでの若干の筋肉痛や関節の痛みなどを緩和したいのもあって、久々に出掛けたそのスーパー銭湯は、残念ながら漢方のサウナは工事中で入れなかったが。露天風呂や炭酸風呂は快適ヾ(*´∀`*)ノ♪心地ヨカッタァ

                
                             
                                 (写真はイメージ映像です)
 例年だと、2月はまだまだ寒さ、寒波がある季節なのだが、今年は暖かくなるのが早いのだという。
2月4日はもう立春だし。

 ネットニュースで、日本海で操業していた島根県のカニ漁船がロシアの警備艇に連行されたのだとか。
何故日本海での操業が違法に当たるのか?
 この間の韓国軍による日本の航空自衛隊機へのレーダー照射とか、アジアの周辺の国は憲法九条で縛られている日本を舐めているとしか思えない。いったい日本人っていつ独立国としての自尊心に目覚めるのだろうか。広報は大事だが、いくら自民党などが憲法九条改正を謳っても、多くの国民の意識が変わらない事にはどうにもならない。戦後でたらめな教育をしてきた軌跡がまだまだ国民の中で残っているのだろう。






最終更新日  2019年02月02日 13時21分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月17日
カテゴリ:社会
絶対忘れることはないあの日のこと。
大阪でも、あの時の地震はとてつもなく大きく、何度も揺れた。
子供達も幼かった子もいたし、あの時のショックは生涯忘れることなど出来ない。あの時、食卓の下に眠っていた子供たちを集めて地震が収まるのを待った。落ち着いてからTVをつけると・・・あの神戸の街が・・!燃えていた。金縛りにあったように画面にくぎ付けになった。その様子を見ている内に涙が出て止まらなくなっていた。
 大阪でもあの時それほどのショックだったのだから、震災の被害を受けた方々の気持ちは如何ほどだろうかと思う。
 日本全国、何処でも何時でも大きな地震は起こり得るのだ。去年大阪であった地震の時も、あの神戸の地震が頭をよぎった。
 神戸の街は、常日頃、ドライブで阪神高速を通るの時に見る。山と海に囲まれた美しいロケーションの中に沢山の高層ビルがそびえる美しい街である。兵庫、神戸の人々の復興のパワーは素晴らしい!


 
      






最終更新日  2019年01月17日 17時26分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月19日
カテゴリ:社会
19日大阪地裁で、大阪府寝屋川学1年の男女2人を2015年に殺害したと、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の判決があり、裁判長は求刑通り死刑を言い渡したというニュースが入った。
 
 当然の判決だと思う。裁判員の中にもきっと同年代の子供さんがいる人もあるだろう。なんの落ち度も無い中学生の2人が、48歳にもなった見知らずの男に短絡的に殺害された何と非道で残虐な事であろうか。尊い若い2人の命は帰っては来ないが、せめて許せない殺害を行った重罪は、自らの命を持って償う以外ない。しかし、加害者の罪を軽くすることだけに掛けている弁護団は控訴するらしい。彼らは我が子がそういう被害にあっても同じ行動をするのだろうか・・・。






最終更新日  2018年12月19日 17時48分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月06日
カテゴリ:社会
TVで豪雨警報の中継を見ていたら、速報で元オーム真理教、麻原こと松本智津夫死刑囚や他元信者の死刑囚の死刑が執行されたとの報道があった。東京地下鉄サリン事件を始め、坂本弁護士一家殺人事件、その他諸々の事件で多くの人々の命を奪った国内史上、最も凶悪な事件である。もうとっくに裁判の死刑判決が下っていたにも拘らず、何故、今までの法務大臣は執行の許可を下さなかったのか、ずっと疑問に思っていた。今回決断した、上川法務大臣に深く敬意を表する。長期に渡った裁判の判決の後、徒に年数を積み重なていれば、例えば、如何わしい何処かの宗教団体とか、グループがテロ的行為を為して麻原奪還とかをやり兼ねないのではとわたしは懸念していた。
 法治国家である以上、裁判の判決に粛々と執行するべきだと思うのだ。

 今日は昨日に続く豪雨が早朝からずっと続いていたが、この1~2時間小康状態なので、よほどスポーツジムのエアロビに出向こうかと迷っていたが、帰途中に又豪雨に見舞われても困るので、今日は取り敢えず行くのを取りやめた。(+_+)残念・・。






最終更新日  2018年07月06日 10時17分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年12月21日
カテゴリ:社会
以前から何度も指摘していたことだが、つくづく毎日のTVや新聞報道には辟易する。
報道するキャスターとかMCとか記者とか何も感じないのだろうか。連日長きに渡って報道し続けている、貴ノ岩力士や日馬富士力士の暴力問題の一連の報道。いったいいつまで毎日報道し続けるのだろうか。幾ら国技だろうと、国民のどれだけの人が相撲ファンであろうか。いや、相撲ファンの人も、幾ら何でも呆れているのではないだろうか。

 それより、これまで連日のように北朝鮮からの沢山の木造船や遺体が日本海や海岸に流れ着いたりしている深刻な現実があるというのに、その報道は上記に報道に比べて大変小さく扱っている。
 いったい日本のマスコミの危機感ってどうなっているのか、それに対してさすがに多くの国民も違和感を感じているとは思う。






最終更新日  2017年12月21日 18時29分31秒
コメント(0) | コメントを書く

全101件 (101件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


© Rakuten Group, Inc.