2701701 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

2009.01.13
XML
カテゴリ:仕事

小さい商品のプログラム開発から大規模なシステムのプログラム開発までといろいろなパターンがあります。共通する仕事の手順は、まず「顧客との打ち合わせ」から始まります。今までにない物を作るわけですから、「プログラムの仕様決定」が必要になるわけです。
 この「顧客との打ち合わせ」、「プログラムの仕様決定」がいわゆるSEと呼ばれる人の腕の見せ所になります。顧客のニーズを満足できる仕様書を作成しなければならないわけですから。
 さらにSEは、決定した仕様からプログラム設計書を作成します。これを元にプログラマーはターゲットプログラムのソースコードを作成します。出来上がったプログ ラムは、何回もデバッグされ完成するわけです。完成したプログラムは、顧客の検収テストに合格すると納品となり、一連の仕事は完了します。

 

これは、ネットより探した物ですよ。

私は、このSEレベルと言われてました。まぁ、人によって判断は大きく違いますが・・・。

さらにSEは・・・、って文章から下が、作業時間が掛かるですよ。

当然、仕様決定までの作業も時間は掛かりますよ。

しかも、自分が作成した仕様書を元に数々の人が作ってくれる訳ですから、そういう人達よりも先に帰る事は出来ませんなぁ。

SEでは無く、SEレベルですよ。間違え無いように。

人に指示を出したり、送れをカバーしたり、間違えを探したりですよー。

 

星デバッグとは

コンピュータプログラムの誤り(「バグ」と呼ばれる)を探し、取り除くこと。プログラムは人間が作成するため、どうしても誤りが混入してしまう。このため、デバッグはプログラム開発過程において非常に重要な意味を持つ。バグを発見したり修正する作業を支援するソフトウェアのことをデバッガという。商用のソフトウェアなどでは、バグを発見するために発売前の開発途上のバージョンを「ベータ版」として公開し、ユーザから報告を募る方法も取られている。

 







Last updated  2009.01.13 22:54:51
コメント(0) | コメントを書く
[仕事] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.