6429814 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

2014.02.13
XML
テーマ:業界(742)
カテゴリ:業界

・人生の最後を迎える人に対するターミナルケア

 

人生の最後を施設で迎える人が増えるにつれて、終末期に立ち会う介護スタッフは増えており、「ターミナルケア」に取組む事業者も増えています。

ガン、脳卒中、心臓病、難病、老衰などにより、施設で終末期を迎える場合、事業者には、痛みや苦痛となる症状の緩和、生命の尊重や死の確認、無理な延命や意図的な死の否定、最後までその人らしく生きることの支援、そして家族のサポートなどが求められます。

従来は「ホスピス病院」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」などで提供されていたターミナルケアですが、最近は、難病や末期のガン患者に対して提供される「療養通所介護」などを利用して、介護老人福祉施設や自宅(在宅ホスピスケア)でのサービス提供が求められるケースも増えています。

いずれの場合も、医療機関と連携した、24時間、365日対応のケアが必要になります。

 







Last updated  2014.02.13 22:43:43
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.