152169 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Betrayal

当サイトは、李 花柳が個人で運営する573音ゲー中心サイトです。
各会社様等の方々とは一切関係ありません。
尚、同人要素有りですので、苦手という御方は入室を御遠慮下さい。






本日をもって、当サイトは
閉鎖しました。


6年と半月という長い間、お世話になりました。
ここまで運営してこられたのも、
これまで当サイトに足を運んで下さった多くの方々のおかげです。
皆様から送られるコメントや拍手は、私の心の支えでした。
この場所には私にとって、かげがえのない素敵な思い出がたくさん詰まっています。

閉鎖の理由ですが、日記でも何度か言っていたように、
多忙によりサイトの運営が困難であると判断したためです。
絵を描く時間が減ったがために、絵を描く気力も極端に減ってしまいました。
私自身、サイトを閉じることには抵抗があったため、せめて日記だけでも…と、
考えてはいたのですが、日常の生活があまりにも単調で、
日記に書き起こすほどでもないような日々を送り続ける毎日です。
その中で感じる不安や憤りを吐き出すためだけに日記に顔を出すのも都合の良過ぎる話で、
せっかく足を運んで下さる方々にも不快な思いをさせることになってしまうので、
苦渋の選択ではありますが、閉鎖という形をとらせていただくことになりました。

サイトを閉じるからといって、絵を描くことを辞めるという訳ではありませんし、
二次元萌え的なオタク精神を忘れることもないと思います。
機会があれば、せめて簡易ブログでも立ち上げて、
自分の絵を誰かの目に留められるような場所を作りたいとも考えております。

それでは、今まで本当にありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう!


2011年8月14日 Betrayal管理人:李 花柳





2011.08.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
貧血気味です花柳です、どうも。
貧血というか、起きてから水分摂取してないが故の水分不足だろうか…水飲めよって話。
さすがにヤ○ルト一本とゼリーじゃ駄目か。

本日、8月14日をもちまして、このBetrayalというサイトは閉鎖することになりました。
理由やその他諸々は上記した通りです。六年間、長いようで短い間でしたが、ありがとう御座いました!
いや、でもやっぱ六年は長いなぁ…放置した期間とか除いても五年はしっかり運営しただろ、うん。
思い返せば、中学二年の夏休みに唐突にサイト設立しようって決めたんだっけなぁ…確か。
あの頃は14歳ですって。笑えますね。中二病真っ只中って感じで、サイトの中身も中二全開でした。
そんな私も今年の先月に20歳を迎えまして、もう時の流れって本当に何?って具合に…ね。
六年かぁ…小学校卒業できちゃいますね!小学校六年間って、すっごく長いイメージがあります。
でも、同じ六年でも中学高校合わせた六年間は短いイメージがあります。若さ失ってる証拠ですね。
20歳成り立ての女が若さ失ってるとか言っちゃアレなのでしょうが、心は立派なアラ還ですわよ!
みたいな感じに、中二病は未だ患ったままですが、そして童心も忘れてはいませんが、確実に大人になっている訳です。
サイト開設当初の日記とか読み返したくねーもん…ただのイタイ子だよ本当に。あ、読まないで下さいね(笑
あの頃は何発言してもイイんだぜ的なノリを持っていた気がする…若いっつーか純粋っつーか。
純粋にオタクを楽しんでいた気がします。過去の自分を客観的に見てるから、そう言えるだけでしょうけども。
ただきっと、自分なりに楽しんでいたんだ。今はどうかって、今もまあそれなりに、自分なりにね。
楽しみを見つけようっていうか、楽しみを作ろうって気持ちが大きい気がします。
無理矢理だったとしても、楽しみを作ってそれを糧にして生きようっていう気持ちが強いです。
別に普通のことかもしれないけど、それって純粋な楽しみなのか?っていう疑問も少なからずあるけれど。
まあでも、今の自分を今の自分が客観的に見たら、まあそれでも良いんじゃない?って思える。
とりあえずガムシャラに、自分がやれると思ったことをやってみなさいよって。そんで失敗したらエェ。
失敗したら、それを経験とか体験ってことにして、将来の失敗を活かせるようになれば良いじゃない。
今も昔も、そしてこれからも、そんな単純ポジティブに考えられるはずはないけども。根がネガティブなので。
でも本当に、とりあえず…全部とりあえず。最近はもう『とりあえず』が口癖です。あんま良くない言葉か…?
しかし思い返しても過去は過去で、もう覆せない事実なので、とりあえず今を生きようじゃないか。
でも、たまには過去も振り返ってみないと、同じことを繰り返しちゃう可能性も出てくる訳で。
そんな時のために、このサイトの過去の日記とかが、役に立ってくれるかもしれませんね。
何せ六年間分の自分の記録がここに保管されている訳ですから、と、ポジティブに考えてみる。
とは言っても、どれもグダグダしたような腐女的内容が綴られているだけですが…まあそれでも構わんて。
結局、サイト閉鎖するだけだっつってんのに人生規模でまたモヤモヤ呟いてますけども。
今、こういう気持ちで生きてます。大変で辛いけど、そういう困難とかが無いと人生は浅くなっちゃうよね。
あっさーい日々を過ごしておりますけども、それでも多忙で疲れますけど、もうそれでも良い。
今、過去の自分を思い返しているように、未来の自分が今の自分を思い返す日が、いつか来るのでしょうね。
話がアッチコッチ飛んで申し訳無いです。最後までこんな感じですが悪く思わないで下さい。
このサイトを運営している間は、それこそ色んな絵を描いてきたと思います。
昔の絵とかあまりにもヘタクソで、見返すと最早笑えるレベルです。よくこんなんでサイト建てたなオイ!
そんな領域ですが、少しは絵も成長したんですかねぇ…絵っていうか、画力っていうか。
高校卒業してからめっきり絵を描かなくなったので、正直言うと高校の頃から絵は変わってません。
雰囲気とかは勿論昔のままだけど、技術的な面に関しては高三で止まってます。上げる努力もしてないし。
私はあくまで、趣味の一環として絵を描いていたので、絵の勉強とかはしてこなかった訳ですが。
確かに上手くはなりたいけど、なれないならそれでも良いし、所詮は自己満足ってことにしてました。
友人や他人より下手でも、悔しいかもしれないけど、それが自分の絵なんだってことで、良いと思ってました。
過去形で話してるけど、そう思っていることに関しては、今でも変わっていません。今も同じ気持ちです。
でも今は、昔以上にもっとドライに、描きたい時に描いて、見せたい時に誰かに見せられれば良い。
時間がある時は、自分が持ってる精一杯を出して、これが今の俺の本気だぜ!って絵を描ければ良い。
他人を意識して向上心を高めるって大事なんだろうけど、本当にあくまで、趣味止まりだから。
これもある意味、何かの意地かもしれないし、単純に捻くれてるだけなのかもしれないけど。
でも、今の自分がそれで良いって思ってるから、じゃあそれで良いんだって、今の自分に素直に従ってみる。
絵を描くのは趣味止まりだけど、趣味以上を求めないからと言って絵を描くことに執着持ってない訳でもない。
好きだし楽しいから、深くは足突っ込まなくても、特技の一つとして持っていられれば良いかと。
で、いつかふとした時に、役立てられる場面があるとしたら、その時に使えれば良いかなー…と。
何かまた全然関係無い話になっちゃったけど、そんな気持ちで今まで絵描いてサイト運営してきました。
だから、色んな人の目に留まる場でヘタクソな絵を披露しようが、まあそれでも良いのではないかと。
確かに下手で恥ずかしい絵だけど、不特定多数の中の誰か一人にでも見てもらえればなって精神でした。
だから、そりゃ拘りもあるけど、平々凡々に自分が楽しめれば、それで良かったんです。
結果、このサイトを通して色々な方達と交流も持てたし、喜んだり嬉しがったりもしたので、良かったのではないでしょうか。
もうだんだん文章が下手になってきた…頭回らなくなってきました、すみません。
とにかくそんな感じでした。まとめ方がこんなんで良いのか…?

長々綴ってきましたが、そろそろ終わりにしようと思います。
そうそう、今年のサイト六周年の日に閉鎖しますと前回の日記で言いましたが、大幅に予定狂いました。
閉鎖します絵とかも用意してなかったし、結局バイトとかまた忙しくて無理でした…すみません。
用意した絵ですが、大学の部活でやる展示会に出展する絵でして、たまたま描く機会が出来たので使い回しました。
久々に真面目に描いて着色もしたので、サイトの閉鎖に似つかわしくない寂しい絵になってしまいましたが。
ちなみに桃さんじゃない…です…最後の最後まで説得力皆無ですが…も、桃さんじゃないです!(はいはい
胸があるから女の人です。いや私の中では桃さんにも胸があったり無かったりゴニョゴニョ…うん。
髪の毛をもっとパッツンっぽく描きたかったのですが、ふわふわ意識したらパッツン飛んでいった。
下にカラー絵載せておきます。カラーだと髪の毛ピンクじゃないので桃さんとは呼べまい!
金髪碧眼にしたら、ただの外人っぽいお姉さんになった気がせんでもないですがね。
すっごい昔に考えた構図を、今更使ってみましたって感じの絵でした。
最初、ハサミだとベタなのでカッターにしようとしたのですが、鬱感増したのでヤメた。
切るなら切るで、ギチギチねちっこく切るのではなく、パツンとあっさり切って欲しいと思ったので。
そんな運命の赤い糸。あれ、小指で良いんだよね…左手の薬指じゃないよね?(←今更
せっかく繋がっているものを、相手が人為的に切ろうとする悲恋な雰囲気を出したかった。
いや、きっと、もともと繋がってなんていなかったのでしょうね。

では、また話に収拾がつかなくなる前に帰ります。
これまでサイトに足を運んで下さった皆様、今まで本当にありがとう御座いました!
一応、生存確認としてこちらだけはリンク繋いでおきます。
機会がありましたら、また何処かでお会いできることを、心より望んでおります!
六年とちょっとの間、お世話になりました!
花柳でした。





Red string of fate.
Did not exist from the beginning.

Send my love to you.
Send your words to me.
Why do you cruel?

You said.
"You want to kiss with me?"
This is my first kiss.

I said.
"I love you."
This is my first ...

May be impossible love.
I still wanted to be beside you.

Please do not go anywhere.
Please do not leave from me.
I want your smile ...








Last updated  2011.08.14 19:00:28



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.