000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

mamaじかん ~NEW

PR

X

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

暮らしのこと(ホメオパシー、アロマなど)

2006.12.17
XML

初めてホメオパシーのセッションにいって、出されたレメディーは
   イグナシア

深い悲しみとの別離・・・みたいなレメディ。

そのときは「ああ・・・そうなのか」と何となく分かったような気がしていた。
3年くらい前のこと。

その後、処方されるレメディーは一枚一枚私の外側の殻をはがすためのような感じで
核心には今もまだ至っていないような気がする。
確かにずっとずっとおかしかった生理のリズムはだいぶ整ってきているし、
頭痛も前ほどは深刻ではない。

うまくいえないが、全体的には心身ともにバランスがよくなってきているとはっきりわかる。
何より、ホメオパシーと肩の力をぬいてつきあえる。
これはとても心強いところ。

で、話は戻るが・・・

分かっていたつもりのイグナシアのこと・・・


先日、頭痛が治まった夜、眠る前に、突然にそうだったのか・・・と思った。


私は子供たちに対して・・・特にれんれんに対して・・・とても衝動的に怒ることがある。
ホメオパシーを始めて、いろいろな出会いもあって、
かなりそういった私は少なくなってきたと思う。
自分で気がついて、はっとすることもある。
でもなくなったわけではない。

病気なのかなと思ったこともある。

それがとても自分では嫌でたまらない。

優しいお母さんを見ると罪悪感がこみ上げてくることもある。
どうしてゆったりと、ありのままを受け入れることができないのだろう。

出来ないことへの苛立ち、不安、焦り・・・

発達に心配なことがある息子だから仕方がないのだと思っていた。
心配なあまり、大切なあまり・・・そうなのかと思っていた。


でも、違うのだということがわかった。


私の中で解決できていないことがあるからだった。


子供の頃、勉強をみてくれていた父はそんな私とかぶる。
優しくゆっくりと教えてくれたりはしなかった。
父はとても頭の切れる人だったので、
出来ない人の気持ちなどこれっぽちもわからないようなところがあった。
算数がわからなくておろおろしている私は、
次第に「何でわからないのか」とイラつく父におろおろしていた。


出来なくっても優しくしてほしかった。
小さい私は単純にそう思ったに違いない。
怒っている父に嫌われたと思ったに違いない。
他には何を思っただろう。
積み重なるにつれ、父といることへの安心感はなくなった。
よく衝動的に怒っていた。そんなところが大っ嫌いだった。

何かが出来ずにおろおろしているれんれんはあのときの私だと思う。
れんれんはあの時私が父に感じていたことをそのまま感じているのだろうか?


私には双子の弟がいる。
弟のひとりは、運動も勉強もあまりできるほうでなく、
いろんな面で母はとても彼を心配していた。

私はある時期、母を心配させるその弟を疎ましく思っていた。
弟はもちろん父にいつもびくびくしていたような気がする。
私の中であの頃、出来る奴、出来ない奴ははっきりしていた。
出来ない奴になると、父にあんなふうに扱われて、母にはいつも心配をかける。
そうなっちゃいけない・・・・。

私は母のように子供のことで辛い思いをしたくない。
だから結婚もしないし、子供もいらないと思った。


私の中にあったのはこれだった。

その晩、小さい頃の私に言ってみた。

「ほんとはお父さん怖かったんだよね。
 いつもお姉ちゃんで頑張っていたのにね。
 優しくしてもらいたかったね。
 よく頑張ったね。
 気にしなくっていいんだよ。
 算数が出来ないのなんてなんてことないんだよ。
 頑張ったね。」

そして今の私にも言ってみた。

「お母さんとあなたの人生は違うものだよ。
 あなたの弟に素敵なところ、たくさんあるよね。
 あなたの子供にも素敵なところ、たくさんあるよね。
 心配しなくて大丈夫だよ。」


こんなこと言ったところで、どうなるのかはわからない。

過ぎたことに固執するつもりはない。
だからこそ今からを見なくてはと思う。



子供はちゃんとありのまま愛されたい。優しくされたい。

ただそれだけ。









Last updated  2006.12.17 22:27:04
コメント(8) | コメントを書く


2006.12.12
朝、起きたらものすごい頭痛。

今日は幼稚園で地区親睦のクリスマス会。

ピアノで「あわてんぼうのサンタクロース」の伴奏もすることになっている。

朝のお支度はとても出来ない。

午後からのクリスマス会には行くからと幼稚園は休んでもらった。

レメディを取ってしばらく横になる。

11時に起きて、おにぎりを作って、プレゼント交換の用意をして…

11時が近づいても復活しない。

ギリギリ何時までなら大丈夫かな。

そんなことを考えながら時間を過ごす。
でもタイムアウト…

結局、クリスマス会にも連れて行けなかった…

下に降りてったら、朝から何にも食べてないふたりがくっついて遊んでいた。

クリスマス会に行けないことを伝えると、

「ママが具合悪いから?」と諦めたようす。

その後、れんれんがスープをこぼしてしまい、ずっとグズグズ言っていた。

メソメソしたり、
まーちゃんにめずらしく意地悪したりしている。
何だか、溜まってる。

「嫌なことあるの?」と聞くと、

「あしたはどこ行くの?」

やっぱりな。
幼稚園もクリスマス会も行きたかったんだな。
家にずっといてつまんないんだな。

足を骨折して、あんまり自由に動けないこと、小さいながらもわかっている。

ただでさえ子どもたちの楽しい時間を削ってしまっていると言うのに…


しばらく機嫌の悪いれんれん。

ひとりで本を読むまーちゃん。

二人に悪くってなんだかちょっと泣けた。

へこんだ。







Last updated  2007.01.11 17:56:51
コメント(8) | コメントを書く
2006.10.25

前回のホメオのセッションは9月。

その前のセッションとの間には、いろんな反応がすごい出た

れんれんも私も。

こんなに反応でたら、さぞかしレベルアップして美しく生まれ変わるだろうと錯覚するくらい。

ひと落ち着きした反応の後はまあ…それなりに。


けど、なんだろ今回のこの静けさ。

あるといえばいつもの頭痛くらい。

しかも治る力がとても強い。


静かに静かにレメディーが体の中を駆け巡っているだけなのか、

いずれまたどかんと大きな反応がやってくるのか。


ホメオパシーのある生活を始めて3年。

いつも心も身体もさまざまな揺さぶりを受けてきた。

それは、れんれんも私も。


ちょっとずつ穏やかになっている日々。

それはホメオパシーのおかげだと思う。

最初は頭痛と生理不順が何とかなればいいと思っていた。

れんれんが「普通の子」になればいいと思っていた。

今はちょっと違う。


目に見えているのは何かのサイン。

「何かに気づいてね」というサイン。

気づけないし、気づけてもうまく立ち回れない。


だから、本当にレメディーがそこに届くまでまだ時間がかかるのかな。

かかるんだろうな・・・。









Last updated  2006.10.25 22:48:46
コメント(6) | コメントを書く
2006.09.19

すごーい頭が痛い。
頭痛がすると、必ず吐き気とセット。

原因は「れんれんの小学校のこと。お決まりのパターン。

         れんれんのことで考えすぎる

               ↓

           不安や心配がやってくる


               ↓

    日常の些細なことで不安や心配が的中したような気持ちになる
          
               ↓

         その「些細な出来事」でれんれんを責める、怒る

               ↓
  
               頭痛



ストレスが頭痛に直行。

このパターンを崩すべく、自分と向き合い、ホメオパシーをしているのでは
ないのか…

ほんとうに、どこまで染み入った悪循環なんだろう。


頭だけでは知っている。

心配や不安は、思い描いている負のパターンは、現実にそれを呼びおこしてしまうもと。


久しぶりに、祖母の形見のちいさな本を開いてみた。
開いた場所にあったのは…


「幸福になるほんとうの秘けつ
  それは 現在に生きること
   いつまでも 過去のことを悔やんだり
    未来を思い煩ったりしないで
        今 この瞬間から 最大限度の喜びをさがすこと」



やっぱり、わかったつもりでわかってないことだらけ…

レメディー飲んで寝よ…。






Last updated  2006.09.19 22:02:00
コメント(4) | コメントを書く
2006.09.07
昨日はホメオパシーのセッション。
前回は2月だったから7ヶ月ぶり。

いや~、ほんとに良くも悪くもいろいろ

             「でた」
まず、れんれん…

いきなり数字だのひらがなだの書き始めた
驚くべきはその集中力。
「別人か…」と思うほど。
なんでこんなに頑張り屋さんなんだ。
すぐに「出来ない~」って泣くじゃんよ…。

あっ待てよ…この集中している様子、そういえばおなじみ。
お絵かきしている時とミニカーで遊んでる時と、おやつ食べてる時と…好きなことしてる時か…

・・・・・・うそ~、数字好きなの?ひらがな好きなの? まさかねえ。


体に出たのもすごかった。
新学期が始まって熱がだらだらと続いた。だいたいいつもは1~2日でさくっと回復。
でも、体はがっさがさで痒そう。

      何が変って、顔。

表情が悪い。ちびまるこちゃんみたいに「どよーん」の立てスジ入ってる風だし、
なんかぶつぶつも出てきた。
あんた誰よ。

そして足、右足の指の後ろがざっくりと切れている。
で、周りはこれまた痒そう。水虫疑惑もでてきた。
と、思いきや今度は皮がぴりぴりと剥けてきた。
気がつくと、左足も、両手も。
最初はぴりぴりと少なめだったのに、
ちょうど手の平にマメができて、それがつぶれて、ビローンと剥がれる感じ。

          脱皮わけ?

おまけに、感情のUP・DOWN の激しいこと

もう行くところまで行っとくれという感じだった。
事態収拾に1ヶ月くらいはかかったと思う。


私はと言えば…

生理がかなり定期的にやってくるようになった。

が、頭痛が相変わらずひどい。
ホルモンバランスの関係か生理に関わる時期の頭痛、
精神的に落ちたときの頭痛、疲れたときの頭痛。
ホルモンのバランスだけじゃなく、複雑に複雑にいろんなものと
絡み合っているらしい。  
過去世? インナーチャイルド? 思考回路?
そういえば、寝る前の過食がすごかった。
感情もれんれん同様に荒れてたし…
 
            どろどろだなあ…。

でも、反応でてるからおめでとうって言っとくか…。


ホメオパスは相変わらず淡々とこの「劇的7ヶ月」を聞いている。
時々、メモを取りながら、微笑されながら…。


そして聞かれたことは、
「ご主人とはどうですか?」

「はあ…大きな喧嘩しました。
 話していてかみ合わなくてイライラして爆発しました。
 今は、仲良く…(ちょっとトーン下がり気味)してます。(曖昧に笑う)」

そして、
「れんれん君はお勉強一生懸命やりますよ。
 小学校のことは「何か問題があってから」考えてください。
 なぜかというと、起こるかどうかわからない事に予防策をするのは、
 返ってその「起こってほしくない出来事」を引き起こしがちになるからです。

 最良の対処時期は「問題がちゃんと起きたとき」です。

 でも、彼は大丈夫です」

2年前はじめてセッションで会った時から、彼のれんれんに対する思いは少しも揺るがない。
きっと、れんれんも何か揺るがないものを持って産まれてきた。
ちゃんと彼の言うように自分の歩みを重ねている。

私はどうだろう。
時々こう思う。
れんれんは何かを私に気づかせるために産まれてきた。
スピリチュアルな考えが好きだけど、
何か特別なものを感じたり見たりという世界にいない私は、
やはり自分が体験して感じたことが一番になる。
そんな私でもそう思う。
頭痛は根深い。
それは私の中でずっと積み重なってきた何かだ。
でも、ただ知ったところで頭痛は治らない…そんな気がする。

「ご自身もどんどん表情がよくなって行かれますね。
 初めてお会いしたときは、ちょっとしたことにとても過敏で、
 たくさん気を揉んでいらっしゃいましたね。
 とても、よい過程を踏んでいらっしゃいますよ」

ちょっとニンマリである。

でも、セッションはまだ終わりそうもない。


どこまで行けるのか。私たち。

また反応やいかに。
  

  私にでたレメディーはChina 初めてでた植物のレメディ、ずっと鉱物だったなあ。















Last updated  2006.09.08 01:11:05
コメント(4) | コメントを書く
2006.08.25
テーマ:子供の病気(2110)
「歯が痛い~涙ぽろり

と昨日の夕食時にれんれんが騒ぎ出した。

奥歯に穴が開いているのは知っていた。
ホメオパスに相談した時に、

「歯医者での治療は…。」

と、ちょっと渋い顔。

聞けば、むやみに削ったり、麻酔を使って神経を抜いたりというだけでは
対症療法になってしまい、根本的な解決にはならないという。
また、治療にあたっては歯科材料(詰め物やかぶせの金属など)にも
ちゃんとした配慮がされるべき…なのだそう。

「虫歯一つとっても奥が深いな~」

と思いつつも、強く痛がる様子もないので、

それからは、

「その時が来たらホリスティックな治療をしている歯医者さんに連れてこう」

と思い、歯磨きの度に穴をチェックしながら、
痛いと言えばレメディをあげて、何ヶ月かを過ごした。

  
  そして、今日が「その時」

歯科医の先生は、とっても穏やかで、全くれんれんに警戒心を抱かせない。

歯科助手のおばちゃんがまた同じくらいいい感じなのだ。
こちらも全く「病院関係者」らしからぬ風貌。

威圧感や「ジタバタしたら抑えるぞ」の気迫はみじんもない。

れんれんは、ずっとず~っと前に耳鼻科での耳掻きの際に、
私の膝に座り、看護婦さんに抑えられた時のことがよほど怖かったらしく、
今でも「耳鼻科」と聞くだけで身の毛もよだつ。

私も押さえつけには加担したので、同類であり、
医療機関においての信頼度がゼロでも仕方ない。

それもあって、
即、歯医者へGO!という具合には行かなかった。

今朝もさんざん、
「痛くないから。怖くないから。ホメオパシーの先生のお友達だから」
と言って言って言いまくって来たのだ。

   「これならいけるかもピンクハート

かくして治療(?)は始まった。         つづく






Last updated  2006.08.29 00:17:45
コメント(8) | コメントを書く
2006.08.14
前回のセッションは2月だった。

れんれんも年長さんになって、大きな成長も見えた。
レメディの反応も落ち着いたようす。

私はといえば生理のサイクルはほぼ整ってきたもののその頃の頭痛がどうもひどい。
レメディの相談をしたい。


セッションを受け始めた頃、次のセッションは2~3ケ月後に…と決めていた。
なので1ケ月前くらいにはホメオパスの予約が取りやすいうちにと連絡をしていた。

セッションに行くといつもざわざわした気持ちがすうっと穏やかになる。

そして胸を張って歩きだせる。


何かが治るからと言うよりも、れんれんのことを愛おしむように見守ってくれる眼差しと、

「この子は大丈夫なんだ」

と思わせてくれる暖かな言葉に会いに行くという感じ。

なので、セッションを受ける時は不安や心配がたくさんになってきたら…
というようなところもあった。

けど、いつの頃からか、そんな気持ちでセッションの予約をすることは少なくなってきた。

レメディを取ってからの反応が落ち着いたり、
新たに対処しきれない症状が心身に出てきてから、
「そろそろね」と連絡を取る。

ちょっとは成長したのか、「待つ」ことを「待つ」と思わずに時間を過せるようにもなってきた。

  「必要なタイミングってあるからね」
                              みたいに。

けど、そのタイミングも合っているのか正直なところよくわからない。

「今だ」って時はわかるようにチリンと鈴がなるといいのにな。

まだまだだねえ…






Last updated  2006.08.21 02:12:57
コメント(0) | コメントを書く
2006.07.27
「とうとうHelp!」続き

私が繰り返し襲ってくる頭痛と戦っている日々のれんれんの日々はこう。


とにかく、私へのまとわりがすごい。


   ストーカーだ。 
 

幼稚園の門で「ママ~」と、この世の別れのように絶叫は当たり前、

ちょっとでも家の中で姿が見えなくなると、「ママどこ」と血相変えて探し回る

夜中に起きて「ママ、ママ」と呼ぶ。

男の人にこんなに必要とされたことなんてないわ…である。

しかし

「うふふふピンクハート

と喜んでばかりもいられない。

正直、イライラしてくるもんである。

「ここにいるでしょ!!!」と一喝。

すると、
「おこられた~」とめそめそ。

怒る前に「おこってる?」と捨てられた子犬(?)のような上目づかい。

一体なんなんだ~。 



が、うれしい成長もあったりする

とてもしっかりした言葉が出るようになった。

驚くのは「幼稚園であった出来事をお話できる」こと。

これは夢だった。

「今日、幼稚園でね…」と始まるフレーズ。

それから、コミュニケーションが積極的になった。

「~してもいい?」「貸して」とか、「遊ぼう」みたいなお誘いの言葉。

「今日はどこに行くの?」「何食べるの?」とこれからのことを聞いたり。

認知の幅も広がったように思える。

出来ることも増えた。

以前は大っ嫌いだったお絵かきに興味が出てきて、○なんぞ書いている。

なぜか積み木にはまっていて、寝ても覚めても、並べたり重ねたりしている。


「あれっ今までと違うなあ~」と思う。


   
   レメディーのせいなのか・・・
           まあ、いいか
  







Last updated  2006.08.21 01:44:12
コメント(0) | コメントを書く
2006.07.26
セッションを受けて2週間後

        すごい頭痛がきた

まるでハンマーで殴られたか、太い釘をうちつけられているような感じ。

どちらも経験したことはないがきっとこう。

おまけに、すごい吐き気。

何か意味のある痛みだろうと思いつつも、さすがに耐え難い。

おまけに、何も出来ず横になっているばかりで、子どもたちもかわいそうになってきた。

ホメオパスにとうとうHelp!!

「このあいだのレメディを飲んでみてください」


よっしゃーーーー!!!!!

痛みはぴたりと消えた。

しかし、いつまでこんなことが続くのか。


はあ~(深~いため息)

そして、れんれんにもいろいろと変化が…  つづく







Last updated  2006.08.21 02:08:30
コメント(0) | コメントを書く
2006.07.25
前回のセッションから2ヶ月後、2回目のセッションを受けた。


近頃の気持ちのことを話した。

れんれんが幼稚園の離れ際にすごくすごく泣いて、それがとても悲しいこと。

お友達の間にうまく入っていけないのでそのことで何か違和感を感じているのでは
ないかということ。

なのに、幼稚園にやっていいものか…。


それから体のこと、生理はきたけれど、頭痛がどんどんやってくるということ。

レメディを選びたいのだけれど、よくわからない。

症状を抑えてはいけないと思うと、痛みをやりすごすしかないのかな…とも思う。


ホメオパスは相変わらず、うん、うんと穏やかに頷き私の話を聞いていた。

頭痛は次第に必ずなくなっていくものだと言われた。

れんれんについてはやはりとても考えすぎなのだそう。

「前回に会ったときより驚くほどに言葉がでていますね。

 今まで出ていなかったことがいろいろと出ているときなので、
 
 手がかかると思うでしょうが、よい方向へのプロセスです。

 マイナスだと思わずにむしろプラスに捉えていただきたい」



もっとプロセスをゆっくりと見ていくことが、れんれんだけでなく私にとって

大切なことだと…。


  わたし ニトリカムアシッド
  れんれん  バライタカーブ



 






Last updated  2006.08.21 02:14:24
コメント(0) | コメントを書く

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.