000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

mamaじかん ~NEW

PR

X

全135件 (135件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

つれづれ

2012.12.13
XML
カテゴリ:つれづれ
長らくお休みしていたブログを再開することにしました。

れんれんは小学校の6年生になりました。
すっと一般級で過ごしてきましたが、5年生の夏休み明けに、
個別級へ移籍しました。

いつもいつも、彼のそばにすてきなご縁があることに感謝を
しています。

私自身にもいろんな変化がありました。

毎日綴っていたら気が付かなかった成長が家族みんなにありました。

そのこともゆっくりと振り返りつつ、今の私たちのことも書いていきますね。


★それに伴いブログをお引越しいたします。
http://ameblo.jp/aozora1971






Last updated  2012.12.18 13:00:17
コメント(1) | コメントを書く


2009.05.26
カテゴリ:つれづれ

 

entotu-1.gif

 

 

月曜日から水曜日、9時から14時。

これが私のお仕事タイム。

通訳・翻訳会社の事務所仕事。

…といっても、普段の事務所は通訳で出かけている社長がお留守のため、

電話が私のところに転送されてくる。

従って出勤はなく、自宅で。

世の中すっごく便利になったんだなあ~としみじみ。

クライアントからの電話はそんな風に事務所がなくたって受けれるし、

だいたいの仕事はパソコンがあれば出来てしまう。

仕事の依頼も、スケジュール管理も、みんなで共通のものをチェックできる仕組み。

今さら驚くことではないけれど、実際に自分がその中に入ると、

超便利じゃん!!ってしみじみ。

いいのか悪いのかわかんないけど、

人に会う時間って極端に少なくって仕事ってできるんだなあ~と思う。


私も打ち合わせがたま~にあるけれど、初回ちゃんとしていれば、

あとは大体メールですんでしまう。

効率的といえば効率的。


でも、ちょっとした無駄話とかないんだな…と思う。


事務所勤務していたり、コーディネーターで仕事をしていた頃は、

毎日いろんな人に会う中で、やっぱりいろんなことがあった。

いいことも、あんまり心地良くないこともいろいろ。

それもやっぱり多少は必要なことかなあなんて思う私はアナログ?


パソコンは今や欠かせないもの。

だからこそ、それによって失われがちなものにもちゃんと心を留めておきたい…

そんな風に感じる。


だからかな…社長はよく通訳さんとコミュニケーションを取ってる様子がわかる。

そうだね、やっぱり必要なことなんだね。

さすが!!

今日の発見。

 

l7.gif






 







Last updated  2009.05.26 11:49:56
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.28
テーマ:セルフケア(465)
カテゴリ:つれづれ

 

 

鳥と木.gif
 

 

ヨガ、すっごく私にあっていると思う。

とっても好き。


ヨガは自分の限界に挑戦じゃなくて、そのときの自分に合わせてやっていける。


…ということに昨日気がついた。(笑)


それは、ヨガが終わるとお友達が「体が痛い~」とか、

次の日は「筋肉痛だ~」ってよく言っているけれど、私は不思議とぜんぜんない。



「ご自身の呼吸に合わせて~。がんばりすぎないで~」と先生は途中に何度もおっしゃる。

その言葉がすとんすとんと入っていっているんだな~って自分で思う。


前にぐぐっ~っと倒れる、ポーズのときも、

「もっと前に行きたい気持ちをちょっと抑えて、そこで体を感じてください」

って声かけをしてくださるし、


上に1本足でう~んと伸びるポーズのときは、

「ご自身のタイミングで伸びてください」って必ず言ってくださっている。


エアロビだと、

みんなと同じようにやらなくっちゃって思うし、ずれずれだと恥ずかしかった。


バレエストレッチだと、

「まだまだまだ・・・もう少しがんばって~」っていう言葉のままやってしまって、筋肉痛。



そうだよ。頑張り過ぎなくっていいんだよ~。

って思ったので、お友達にメールを返した。


「先生の言葉をよ~く聞いて、次はやってみて~。呼吸にあわせてゆっくりだよ」って。


ついつい頑張っちゃう人にヨガはぴったりだなあと思う。


「今、使ったご自身の体の筋肉や、伸びたところを感じてください」

そんな風に何度も聞いて、自分の身体の静かな変化を感じ取る。


先週はここでぐらぐらしなかったな~とか、

今週はきれいにのびるなあ~とか。


「今日、この時間は自分だけのものです。」

最初に聞くこのフレーズが一番好き。


よい先生との出会いに心から感謝!!










Last updated  2009.04.28 08:54:25
コメント(4) | コメントを書く
2009.03.30
カテゴリ:つれづれ
実家でのんびりしています。
今日はお花見です。
これから電車に乗ります。
のどかな田舎の風景です。






Last updated  2009.04.02 17:18:12
コメント(4) | コメントを書く
2009.03.24
カテゴリ:つれづれ
明日で2年生はおしまい。

れんれんはすっごくすっごく春休みになるのを心待ちにしている。

それは、私の実家の山口に行けるから。

去年の夏の終わり、母が乳がんの手術をしたり、その後抗がん剤の治療があったりで、

冬の帰省は母にゆっくり療養してもらうために控えた。

「明日、学校が終わったら飛行機に乗るんだよね。急いで帰ってくるよ」とはりきっている。


…というわけで、明日は担任の先生にご挨拶ができないので、今日ちょこっと行ってきた。

いろいろとお話をするうちにやはり特別支援学級のことへと…。

職員室でもどんな風に継続していけるか度々話題になるようす。


専任の先生をお願いしたほうがよいけれど、「予算が…」だし、

週2回くらいはやはりクラスを作ったほうがいいようだけれど、「予算が…」だし、

そこに同じくたくさん登場してくるセリフは、「人事のこともわからなくて…」。


予算と人事はめちゃめちゃ要のところなんだから、

もうちょっと早めに決定できないのかよ~と思う。


現場の先生たちは制限あるなかで、ほんとに頑張っているなあ~と逆に思う。


いきなり決まって、いきなりやらされて…


子どもを教育するってもっと丁寧にすることじゃないのかなあ。

だからちゃんと予算や計画を早めに、けれどじっくり時間をかけて決めたらいいのに。


…と、とてもシンプルなギモン。


なんでこう、複雑なのかなあ~学校って。


子どもたちにもっともっと合わせていきませんか????








Last updated  2009.03.25 00:21:29
コメント(4) | コメントを書く
2009.02.28
カテゴリ:つれづれ
自然と親しむ会のみんなで雪合宿に来ています。

低学年と幼稚園児は今日は雪遊びです。
大人も一緒にそり滑りをめちゃくちゃ楽しみました。

二人乗りをして、ひっくり返って、雪まみれになって大笑いしました。

ほんと心から楽しみました。


夏合宿に続き、れんれんはママとは別部屋。

もちろん、手助けに部屋をちょくちょくはのぞきますが、

すっごい不安もある中であえてそこに留まる強さを感じています。


そして、不安や心配と戦いながら(?)私もまた成長できたらいいな…です。






Last updated  2009.03.02 22:41:23
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.29
カテゴリ:つれづれ

 

 

tu752.gif

 

いろんな価値観がある。

情報もたくさんな中、「自分はこれで行く」ってブレない価値観を持っている人を

とてもかっこいいと思う。

ある意味、れんれんはその価値観があると思う。

その側で私がブレているので、私のほうがかなりかっこ悪い。

誰がどう思おうとちゃんと貫きたいなあ~といろいろな場面で思う今日この頃。







Last updated  2008.11.29 22:50:14
コメント(4) | コメントを書く
2008.11.27
カテゴリ:つれづれ
去年からギクシャクしていたお友達に、

今日「ごめんなさい」が言えた。


れんれんが1年生になって、去年の私はいっぱいっぱいだった。

優しい気持ちがすごく限られた人にしか向けられなかった。

緊張しながら、肩にガチガチに力が入って、
自分だけが一生懸命頑張っていると感じていた。

そんな中で、素直に周りに助けを求めているお友達のことがうらやましかった…と今はわかる。

自己嫌悪に陥りながら、徐々にギクシャクしていく関係を修復していく術がなかった。

無理に取り繕うのは嘘をついているみたいで、出来なかった。

私は正しいと思っていた。


けど、しばらくしたある日、なぜか彼女に対するモヤモヤがすーっと晴れた。

そしたら、とても素直に一緒に時間を過ごすことが出来るようになった。

でも一方で、彼女をさんざん非難していたこと、
そしてたぶんそれを知って傷つけてしまったことが、

チクチクと胸を突いた。

いつかちゃんと話さなくてはと思っていた。


それが今日来た。


自分に余裕がなくて嫉妬して、傷つけてしまったことを話せた。

ごめんなさいと言えた。


分かり合いたいとも、

歩み寄りたいとも思っていなかったから、

関係を完全に放棄していたつもりだったけど…

違ったんだなって思った。

自分が悪いなんて思ってもみなかったけど…それも違った。

時間がかかったけれど、あやまれた…。
二人で泣いた。








Last updated  2008.12.10 22:23:06
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.24
カテゴリ:つれづれ
今、IKEA。

休日のIKEAはめちゃ混み。

路上待機が出来ないから駐車場が満車になったらもう入れない。

なので、開店時間に合わせて家をでた。
ちょっとすると、じゃんじゃん人が…

それにしても…
確かに安いけど…

こんなにたくさんの人、人、人…

ニトリとどっちが儲かってるかなあなんて考える私。








Last updated  2008.12.10 22:23:37
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.03
カテゴリ:つれづれ
「カンブリアン宮殿」が好きでよく観ている。
(東京TVチャンネルで月曜日の10時から)

村上龍がナビゲーターなので、
お世辞みたいのも、お愛想もなくって
何か好き。

(村上龍が好きなわけじゃないんだけど…)

今日の社長さんは、日本理化学工業の社長さん

社員の7割が知的障害者という。

「生産性が落ちて企業としてはどうなのか」という問いに、

「彼らに合わせた生産の仕組みにすることで、
もちろん多少は生産性は下がるのかもしれないが、
企業として困るほどではない。」

と、お話されていた。

ほかにも、

彼らはとても真面目で…ということや、
思いやりがあり…ということを語ってらした。

印象に残ったやりとりのひとつに、

村上龍が、

こういったことはヒューマニズムになりがちだが、
弱者を支援していく社会ということは、
それが社会全体の安定につながるのではないか。

人というのは本来、誰かを助けたり支えたりしていくといったもので幸せを感じられる生き物だ。

つまり弱者支援によってブーメランのようにまた返ってくるものがあると思う。

…というようなことを投げかけたら、

そのことに深く同意された後で、

「このような素晴らしい人生に感謝している」と感謝の言葉を口にされた。

長い間、彼らと働く中でたくさんのことを学ばせてもらったと、
本心から思っている人の言葉だと感じた。


ヒューマニズムやきれいごとなんかにしない強さを持った社長さんに、
勇気をもらった。






Last updated  2008.11.10 13:05:06
コメント(8) | コメントを書く

全135件 (135件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.