022628 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ニューススクラップ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Freepage List

Comments

mamamia3867@ Re:納税者が主権者(07/07) バイロンさん  ほんと、その通りです。…
バイロン@ 納税者が主権者 ご指摘の通りで素晴らしい判決でした。自…
mamamia3867@ Re[1]:解雇が最良の選択だったのだろうか(07/04) バイロンさん 赤まむしの話、面白いです…
バイロン@ Re:解雇が最良の選択だったのだろうか(07/04) 上記コメントは、バイロンが書きました。 …
バイロン@ 赤まむし 又、トカゲの尻尾。ホントに悪いのは暴力…
2010.07.12
XML
カテゴリ:スポーツ
 朝5時半に目覚めテレビをつけると、メーンのニュースは当然、参院選の開票結果。民主は44議席で、自民を大きく下回った。みんなが獲得した10議席は、おそらく、民主の浮動票が流れたのだろう。予測どおりだ。

 W杯決勝戦の結果が知りたいのに、どのチャンネルでも言わない。結果が出ていた当然の時間なのに・・・と思い、チャンネルを変え続けると、教育テレビでまだ中継が続いていた。延長戦前半だった。

 PK戦になってしまうのかと・・・思い始めた延長戦後半。スペインらしいパスが決まり、1点が入る。それが決勝点になった。
 
 ゴールを決めたイニエスタは、ウエアを脱ぎ、アンダーシャツ姿に。喜びの余りの行動かと思ったが、アンダーシャツに書いている文字が見せたかったと、後で知った。ゲーム中にウエアを脱ぎイエローカードを取られたが、イニエスタにとっては1枚目のイエローカードに過ぎず、計算の上での行動だったらしい。

 アンダーシャツには、亡くなった友にささげる言葉が書いてあった。
 
 以下はMSN産経ニュースからの引用。

 「互いに何度もゴールを襲い合う死闘だった。延長後半11分、セスクのパスを受けたイニエスタは右足を振り抜いた。シュートは遠かったオランダのゴールに 突き刺さり、イニエスタはそのままスタンドに駆け出しながらジャージーを脱いだ。規定から、イエローカードは覚悟のうえだった。アンダーシャツには「ダニ・ハルケ 俺たちはいつも一緒だ」と書かれていた。警告を受けても、どうしてもこれを見せたかったのだ。彼に。

 ダニエル・ハルケはバルセロナ出身。エスパニョールの主将や、21歳以下のスペイン代表としても活躍した。だが、昨年8月、遠征先のイタリア・フィレンツェのホテルで急死した。急性の心臓疾患、26歳の若さだった。同じバルセロナを本拠地にするエスパニョールの中心選手として、イニエスタやシャビ、プジョルには、おなじみの仲間だった。

 決勝ゴールとなる延長後半の得点を決めると、イニエスタは躊躇なくジャージを脱いだ。主審は当然のように、笛を吹き、イエローカードをかざした。イニエスタには覚悟の警告だったのだろう。カードが飛び交った激しい決勝戦で、イニエスタは1枚も警告を受けていなかった。これが2枚目で退場となったなら、イニエスタもジャージーを脱ぐことはなかったろう。

 いや、激しいゲームの中で、このアンダーシャツをみせるために、彼はファールを自重していたのかもしれない。それぐらい、冷静なプレーと、熱いハートを平気で共存させることができる選手だ。

 (後略)」

 選挙戦はたいてい、予測された結果になるが、スポーツは予測できないドラマがあり、感動がある。だから面白い。

 それにしても、W杯の勝敗結果を的中させてきたあのタコはすごい。今回も、オランダ VS スペインでは、スペインの勝利を当てた。タコ占いは、今後、はやるかもしれない。






Last updated  2010.07.12 09:11:36
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.