556224 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

LAUNDRY ROOM

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2021/12
2021/11
2021/10
2021/09
2021/08
2021/07

日記/記事の投稿

コメント新着

 alpen@ Re:JAZZベーシスト 伝法諭 さんのこと(07/29) オフィスDENの電話番号を見つけることが出…
2005/07/29
XML
カテゴリ:MUSIC
札幌から戻ってもうすでに5日間も過ぎたが、私の中での札幌充電はいまだ続いている。
ブログという形で残しながらだったので、いつもより中身の濃い充電になっている。ありがたいことだ。
予約してあって受け取りに行く間がないまま、帰り間際に郵送をお願いしてきたJAZZベーシスト伝法諭(SATOSHI DENPOU)さんのCDが届いた。
以前に書いた昔の友の他界後に作られたCDだ。
実際には昨日届いていたが、どうしても封を切れなくて、ジャケットを眺めていた。
が、パソコンの前にチョコンと置いてある様子はまるで遺影のようだと気づき、あわてて封を切って、まずはパソへ取り込んだ。
亡くなったのが2002年だから、録音はその3年前。山下泰司氏とのデュオで1999年の10月、 札幌のライブハウス「JERICHO」でのライブ版である。

いつもだと取り込む前に通しで聴くのだが、今回は、まず取り込む。
デンポーからのメッセージを受け取っている感覚なので、その間にコーヒーを淹れる。
(いつも、カタカナイメージで「デンポー」と呼んでいたので、ここでも以降デンポー)

少し涙目になってしまっていた私だが、とりあえず熱いコーヒー片手に、ポチッと再生。

050729_伝

いきなり8分余の「Brilliant Corners-Blue Monk」だ。うっ? つなぐのか・・・
ピアノの音に、大胆さとは違う雑味が少しある・・・(山下さん、はじめて聴いたのにごめんなさい。解説を読むと、悩みの中にいらした頃だったのですね。)
ブリリアント・コーナーズの最後部分ではデンポーお得意のベースでの主旋律。思わず顔がにやけてしまう。
あまりにも聴きなれたブルーモンクの主旋律が出てくるあたりでは、私も心持ち、"唄い"ながら聴いてしまっている。

ピアノ曲なのにピアノが添え物みたいな言い方になってたいへん申し訳ないが、この、残されたアルバム「伝 DEN It tells. vol.1」がデュオアルバムで、本当に良かった。
私のような耳でも、二人だけの演奏なら聴き分けてミックスできる。
2曲目の「God Bless the Child」と併せて、最初の2本は若い悩めるピアニストのためにデンポーが選曲したのではないかと思ってしまった。
(ビリー・ホリディーのこの曲(GOD Bless' The Child)のできた経緯と詩の内容は充分承知のデンポーなので。)
ピアノを見守るようなベースの響きがとても気持ち良い。

3曲目から、Eleanor Rigby、Norwegian Wood、In My Life、You've Got to Hide Your Love Away、と、ビートルズの曲が続く。
ここではピアノの音が、随分のびのびとして、粒だって来ている。

昔(今でもそうなのかも知れないが)、JAZZをやる若い演奏家は、クラシックやロックに対して少し斜に構えたような態度で臨んでいた。
だが、ビートルズはやはりちょっと別格。それでも、おおっぴらに「ビートルズ、いいよね!」という人は私の周りにはあまりいなくて、
私も、少なくともJAZZを「語る」人達の前では積極的に「ビートルズ、大好き」とは言えないでいた。
(考えてみると、あの頃、JAZZは、聴くだけでなく「語る」ものでもあったわけで。。。)

でも、いつかデンポーと二人で飲んでいた時、

「実は俺サ、ビートルズ、最高!って思うわけ。すごいよね、アイツ等さぁ。」

とサラリと言ってのけた。
そのあと、すっかり勢いづいてカミングアウト(笑)した私に対して、もうひとつの「実は、俺・・・」を聞かせた。

「・・・モーツァルト、好きなんだよねっ! あ~ぁ、言っちゃったよ、とうとう。アイネクライネナハトムジークさぁ、あの出だしがどこかで耳に入ると、一緒に歌っちゃってるよ、こっそり。」

と指揮棒を振る真似さえしはじめておどけた。

明るくて優しくてひたむきな演奏をする人、伝法諭は、無口なベーシストではなく、周りを包み込んでゆく暖かな豊かさがあって、演奏はその人柄のままだ。
主旋律をベースで弾くのも大好きだった。
このアルバムは、若いピアニストとのデュオということもあって、そんな「伝法諭」があますことなく出ていると感じた。

そして、感激的なことに、最後の収録曲は、「Change the World」。
ベーシストが作曲した曲で、ベーステクニックを披露できるということもあっての選曲なのだろうが、これこそデンポーのメッセージだ。

グラミー賞数部門を受賞している、クラプトンのこの曲の詩は、

「人の心や愛が変りゆく常を承知の上で、それでももし僕に世界を変える力があるなら、他人にバカだと思われようとも君のために・・・・・」

と、「 男 > 女 」 の愛の力関係のなかでの、夢みがちな切ない男の気持を唄ったものだが、それはそのまま、伝法諭から、JAZZや、周りの自分が愛している家族・友人へ向けた、切ないまでの優しさをこめたメッセージだ、と
そう思って聴くと、切ないだけでは決して話をしめくくらないデンポーの、優しさと明るさが改めて思い出される。

ライブハウスでの録音なので、途中で電話のコール音やグラスの触れ合う音・小さな咳払いなども聞こえて来て、他にも録音として残念な部分もあるが、それはそれでご愛嬌。
むしろ、狭いライブハウス(「JERICHO」へ行ったことがないので実際には狭くないかも・・・)で聴いている感じがリアルに伝わって、私には嬉しかった。
今年中にはこのライブの後半を 「 伝 DEN vol.2 (仮称)」として出したいとのことも聞いている。たいへん楽しみ。
さらに、アルバム解説者の 関井久夫氏によると、「残された多くのプレイを世に出すチャンスを待っている」とのことなので、今後とも「office DEN」から目を離せない。

050729_デンポー私の、こんな辺境ブログであるが、このCDに興味をもった方がいらしたら、ぜひ、私の私書箱(TOPページ右欄下方の[メール]「メッセージを送る」)へ問い合わせいただきたい。
往年のJAZZファンはもとより、最近若い人の間でもJAZZは流行っているとのことなので、そんな、JAZZ聞き始めの若い方にもオススメしたいアルバムだ。

最後に、アルバムから、ベーシスト「伝法諭」のプロフィールを引き写させてもらう。

伝法 諭 [ DEN It tells. vol.1/ Bass ]

1950年 生まれ。札幌出身。
19歳で札響の林氏に師事し、コントラバスの基礎を学び、
大学在学中はジャズ研に所属。
75年 福居良トリオの「シーナリー」でプロデビュー
83年 自らのトリオ(P.故岡崎隆哉、Dr.佐々木慶一)結成
94年 この年から『DAY BY DAY』を中心に演奏活動を続ける
97年 トリオ(P.南山雅樹、Dr.舘山健二)を経て
99年 デュオ(P.山下泰司)を結成し、札幌市内ライブハウスで活動
ジャンルを超えて数多くのミュージシャンと共演。
02年 5月他界。享年52歳。







最終更新日  2005/07/31 05:53:00 PM
コメント(14) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 こんにちは。   しまかよas さん
私のページに書き込みをしてくださり、ありがとうございます。
日記を読んでみたのですが、どなた様か何人か候補があるのですが、はっきりわかりません・・・。
すみません。
でも、伝法さんのことをこんなに詳しく書かれるとは、んー。
もしよかったらまた私のサイトにも遊びに来てください。
そして、できれば正体を教えてください(笑) (2005/08/01 08:30:55 AM)

 Re:JAZZベーシスト 伝法諭 さんのこと(07/29)   エヒメックス さん
お邪魔します~JERICHOもたまに行ってました。懐かしい・・伝法さん亡くなっていたのですね・・ショックです・・福井良さんとはたまにススキノでお会いして、飲んでました。。。札幌お詳しいですね♪逆に学ばせてもらいましょう・・・(札幌在住 ehimex) (2005/08/01 01:17:02 PM)

 Re:JAZZベーシスト 伝法諭 さんのこと(07/29)   jasmim さん
とても素敵な方だったのですね。ジャズは「語るもの」だったのというのは、何となく日本人の気質も手伝ってわかるような気がしますが、他のジャンルに対してそんなに斜めに構えていたとは、以外な感じもしました。

大学の時、ちょっとジャズを聴いてみてたことがあります。でもさすがにそのセロニアス・モンク(でしたっけ?)なんかは難しくてとっつきにくかったけど。今でもジャズは大好きです。

そのデンポーさんのアルバム、ぜひ聴いてみたいです。個人的に意味がある作品(友人だったり、思い出があるものだったり)て、とても特別なものになりますよね。日本に帰ったときに、探してみます。 (2005/08/01 06:13:50 PM)

 notoshunです。コメントありがとうございました   notoshun さん
またコメントを頂きありがとうございました。イヤー、最近はトラブルに遭うと、ラッキーネタが増えた、と感じてしまいます。

ところで、伝法論さん、素敵な方ですね。ジャズをやってる方は深い方が多いなあ、と前前から思っていたのですが、伝法さんも深いですねえ。 (2005/08/01 09:59:33 PM)

 しまかよasさん へ   maman.m さん
しまかよasさんのBBSへ書いてきました♪

親世代ですね。
シカゴで活躍中のギターの笹島氏とかの時代・・・
遠い昔です(笑) (2005/08/01 10:24:27 PM)

 エヒメックスさんへ   maman.m さん
私が、今のエヒメックスさんより少し若かった頃(爆)、
バイト先の「モンク」で、福居良さんも演奏したことがあったと記憶しています。

福居さんとは違う活動領域かと思いますが、サックスの野口さんという方、ご存知ですか?
あの頃でも結構なオヤジさんだったので、ご健在でも現役ではないと思いますが
埋もれるには惜しいような方だったので、今でも思い出しますヨ。 (2005/08/01 10:30:27 PM)

 jasmimさん へ   maman.m さん
>他のジャンルに対してそんなに斜めに構えていたとは、以外な感じもしました。

それはもう! ロックあがりの人は、とてもいい演奏をするのに、
なんだかコンプレクスを克服するのにたいへんだっだり、
クラシックあがりの方は、「型」を壊すのにもがいたり・・・
私は聴くだけなので、オキラクでしたが。

>でもさすがにそのセロニアス・モンクなんかは難しくてとっつきにくかったけど。

よくそう言われますが、聞き出すとクセになりますヨ!

>そのデンポーさんのアルバム、ぜひ聴いてみたいです。

CDショップには置いてないんです。
で、「office DEN」 は、個人の電話番号なので、ここには載せませんでした。
注文先、いつでもお問い合わせくださいね。
(2005/08/01 10:41:12 PM)

 notoshunさん へ   maman.m さん
>またコメントを頂きありがとうございました。

大ファンですから、私(笑)

>イヤー、最近はトラブルに遭うと、ラッキーネタが増えた、と感じてしまいます。

・・・にしても、ご無事だったから言えること。ご自愛ください。(爆)

>ところで、伝法論さん、素敵な方ですね。

はい、本当に。

「生きていさえすればいつでも会える」という当たり前のことを、
今は、臍を噛む思いで考えて、
疎遠にしていた友に、急に連絡を取ったり、つい、してしまうこのごろです。 (2005/08/01 10:49:53 PM)

 いい言葉ですね   ひら さん
>「人の心や愛が変りゆく常を承知の上で、それでももし僕に世界を変える力があるなら、他人にバカだと思われようとも君のために・・・・・」

純粋な感じがします。自分もこうありたいと切に思います。なかなか言える言葉じゃあありませんよね・・・・。 (2005/08/01 11:20:14 PM)

 ひらさん へ   maman.m さん
私の変な翻訳になると申し訳ないので、うにゃうにゃと詩の大意をまとめてしまい、
ファンの人には怒られちゃうかも。。。です(笑)

で、今 気づいたのですが、「 」の付け位置、

「 人の心や愛が変りゆく常を承知の上で、『それでももし僕に世界を変える力があるなら、他人にバカだと思われようとも君のために・・・・・』 」

の方が、良かったなぁと。

>純粋な感じがします。自分もこうありたいと切に思います。なかなか言える言葉じゃあありませんよね・・・・。

ひらさん、充分 純粋な方 と思って、いつも見せていただいていますよ。
時には、純粋=子ども と見られるのも、これまた残念な現実です(笑)
なんかね、
若い人には、思い切り自分の思う道を進んで欲しいし、
みんな、ちゃんと長生きして、じいさん・ばあさんになって欲しいと、つくづく思います。 (2005/08/02 02:00:17 AM)

 Re:JAZZベーシスト 伝法諭 さんのこと(07/29)   suminy さん
最初、名前だとは思わずに、デンホーロン??と読んでしまいました。ゴメンナサイ。

JAZZは本当に本当に最近、聴いてみました。その前から興味あったんですが、なかなか腰を上げなくて。。
デンポーさん、とても若くしてお亡くなりになっているんですね。maman.mさんの日記での二人の会話を読んでいるだけでも、デンポーさんの人柄を感じます。
ライブ収録って、ライブでの雰囲気も同時に楽しめて、嫌いじゃないです。 (2005/08/03 02:28:56 AM)

 suminyさんの私書箱へ直行します   maman.m さん
>ライブ収録って、ライブでの雰囲気も同時に楽しめて、嫌いじゃないです。

最近、若い方にもJAZZが見直されているようで、
聴き始めたばかりの我が家の子達にもこのアルバムは気に入られたみたいなので
オススメです。 (2005/08/03 10:27:23 AM)

 Re:JAZZベーシスト 伝法諭 さんのこと(07/29)   alpen さん
最近、LPをCDにしていて「福居良Scenery」もCDにしました。そんなことで、亡くなった伝法のことを思い出しネットを探してみて、このブログを見つけました。伝法のアルバムを聞いてみたいので、オフィスDENの電話番号を教えてください。お願いします。伝法とは学生の頃、jazz喫茶常連同士でした。
教えていただけるなら、メールアドレスをここに送ります。 (2017/08/30 10:55:27 PM)

 Re:JAZZベーシスト 伝法諭 さんのこと(07/29)   alpen さん
オフィスDENの電話番号を見つけることが出来ましたが、今は使われていませんでした。録音をしたJに問い合わせましたが、わからなかったようで連絡なし。しかし昨日、旧友BOSSA高橋氏に尋ねると「ちょっと待ってれ。」と未開封Vol1・2を販売してくれました。今、伝法を思い出しながら聞いています。
・・・mamanさん・・・どうもありがとうございました。 (2017/10/01 10:50:38 PM)


© Rakuten Group, Inc.