553858 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

LAUNDRY ROOM

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2021/10
2021/09
2021/08
2021/07
2021/06
2021/05

日記/記事の投稿

コメント新着

 alpen@ Re:JAZZベーシスト 伝法諭 さんのこと(07/29) オフィスDENの電話番号を見つけることが出…
2006/07/24
XML
カテゴリ:BATON & OPINION
全国での被害、いつまでも晴れぬ天気・・・どうなっているのでしょう。
滅多にテレビをつけない我が家でもここ2~3日は九州・四国に住む友を案じて被害情報などをチェックしているのですが、被害の拡大に言葉もありません。
お見舞いを申し上げたくても、一番大変な状況の方々はネットどころではないですよねぇ・・
むーっ・・・


いつも物事を違った側面から見ることを教えられる友(mなしおばんさん)に、昨日もまた、我が家の酷い映りのTV(笑)から、リアルタイムな被害情報とデジタル放送TVへと話題が転じられてハッとさせられました。


友:
「ここんちのTVもそうやけど、これで全面デジタルになったらどないすんねん・・・」

私:
「ダイジョーブよ~。まだ2011年まで5年もあるしぃ♪」

友:
「お気楽やなぁwww・・・ちゃうねんや。被害情報やら避難勧告やらをTVでリアルタイムに流しますっちゅうけどな、高齢者世帯や何やら、TVの買い替えなんてそうそう出来ないモンは置き去りやんか!っちゅう話やろ!?」



普段から、『テレビなぞなくたって、むしろテレビのように受動的に与えられるものではなく、自分から求める形でネットで情報を得る方が有益だ』と思っていましたが、それは私がパソコンを使える立場にあるからで、そのことも指摘されて、もう、私は、『ハイ、スンマセン』と小さくなってしまいました。

ちょうど前日、自閉症児を持つブログ友から、同じ障害を持っていた子を不幸な事故で亡くした
レインボーおやじさんのブログ

「おさんぽいってもいいよぉ。(^-^)」


を紹介されて、読んでいました。

子の居場所を親が把握するために使い始めた携帯電話も、結局は大勢の「普通の」使い方をする人の為のもので、それを応用して一部機能を使うことしかできないことへのジレンマについて、(2005年)10月後半から11月中旬にかけて淡々とした口調で書かれていたのですが・・・
その携帯電話が、より特化した使い方ができていれば、その子は事故を免れたかも知れません。
(このブログに関連したサイト、今後TOPでリンクを貼らせていただきますので、ご縁があればぜひ、皆様の手で広めてくださいますように)

その同じブログの中の記事、昨年11月20日の「世界に一つだけの国」から印象的だった2行---事後承諾の又引きになってしまいますが、ちょっと引用させていただきます。原文は町田市内にある通所授産施設「赤い屋根」の施設長・小野浩さんが施設の会報に掲載した記事とのことです。


自立支援法案が可決されたときニッポンは、「世界に一つだけの国」になりました。なぜならば、障害のある人たちに応益負担を課す国は、世界のどこにもないからです。




この「自立支援」という、とんでもないまやかし語、国民を欺くために使われる様々な美辞麗句の中で、私が近年最も強い怒りを感じた「詐欺用語」と言えます。
介護保険法の内容がとんでもない「やらずぼったくり法」だと分かって尚、先の選挙では小泉自民党が圧勝しました。
結果、嘘まやかしでマインドコントロールする宗教団体が後押しする党と、恥ずかしげもなく「連立」政権を打ち立てることを許し、ゆくゆくは自分たちの首を絞める「自立支援法」を成立させたのは、国民の多くが極端なマゾヒスト揃いだからなのでしょうか・・・
それなら、確かに、「世界に一つだけの国」にもなり得ます。


そして、今度は某国を拠点にした霊感商法で悪名高い宗教団体の壷の中に身を隠していた人間がこの国の総理大臣になろうとしています。
よほど「宗教」で人を操るのは旨味があるのでしょう。
そういえば、詐欺商法って、いつもセミナーやらなにやらが付き物で、どこかしら宗教がかっていますよね。

正直、日本人をやめたい・・・とさえ思いますが、ならばどこへ?です。


久しぶりで思いを吐き出したら、なんだか吹っ切れました。
いつも吐き出していると?
いえいえ、いつもは随分と抑えています(爆)



実は、私は今、インターネットを使った

「お茶の間パソコン教室」の開設

に向けて、自分を鍛えなおしている最中です。

4~5年前から考えてはいたのですが、当時のシステムだと、まだまだ受け手(生徒さん)に十分な満足を得てもらう自信がなくて、様子を見ていました。
でも、あれから随分と仕組みも熟成し、同時にこのブログ時代になって、「市場」の需要も醸成されてきているようなので、ひとりでも多くの方に快適なパソコンライフを実現していただくために、

「e-gakko」maman.mのパソコン教室、まもなく始めます。

まずインターネットに繋がっていなければ・・・と、根本では本末転倒な部分はあるものの、特に情報障害者になりやすい方々にひたすら分かりやすいパソコン教室を実現したいのです。


通り一遍なワード・エクセル・アクセス・フォトショップの使い方だけではなく(もちろんこれ等も重要な、カリキュラムの屋台骨ですが)
もっともっと真にパーソナルになるように、その方だけの「今やりたいけれど分からない」ことを、「ご自身のパソコン」で、「都合の良い時間」に、「家にいながら」にして・・・
しかも、通うよりはるかに安くお教えする。

いいでしょう?


この教室開設に向けて、パソコンにビデオカメラをつけたのですが、画面の端に映る自分がやたらと気になってどうやらナルシーなmaman に成り下がっています(爆笑!

多分、8月中旬迄には、もう少し詳しくお話できる機会が持てるものと・・・。
ご期待ください。




[生活・趣味]ランキングに登録しています
mamanからのクリックお願いバナーここをクリックで1票です





最近しつこくうるさくアクセスが続く、
さくら「こんな私でも月に10万以上稼げてます賞金 ブログはここを見てねどきどきハート」系の、
あのショットの目線にすると、「こんなmamanでも」 もしかしたらちょっとくらい可愛らしく見えるかと・・・
色々調節・・・・・していたら・・・

「このカメラ、値段の割には随分映りがいいけど、嘘つきカメラだな・・・」

と、後ろからボソボソとなにやら声が聞こえてきます。









最終更新日  2006/07/24 06:09:35 PM
コメント(18) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.