000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

LAUNDRY ROOM

PR

X

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

HERB & FOOD

2008/01/18
XML
カテゴリ:HERB & FOOD
久し振りに、皮目が真っ黒の活きの良さそうなスルメイカがとても安かったので、イカ刺しにするつもりで買いました。

そんな日に限って、夕飯時に急に用事ができて、その日のイカ刺しは断念
次の日になると、見事に皮の色は薄くなってしまっていて、前日の面影はありませんでした。

仕方がないので大根と一緒にでも煮ようかな・・・と思った時に、あの、イカを煮た時の独特の匂いが思い出されて、その匂いからの連想で、突然、

「どうしてもイカ飯が食べたい!」

と思ってしまいました。

でも、もち米がないので、それを買いに行っていては時間が遅くなるし、もち米はどうしても吸水時間が長く欲しいし、で、いったんはあきらめかけたのですが、食べたいとなったらどうしても食べたい!という食いしん坊根性はおさまらず、ふと思い出したのが少しばかり残っていた古代米

古代米は基本的にはうるち米だけれど、独特の噛み心地だからと、それで作ることにしました。
オマケに、早く仕上げてしかもイカを柔らかく煮るのに最適な圧力鍋を使ってと。
それならいっそ、さいの目大根も入れて・・・などと考えて、ネットで探したのですが大根を入れたものはなく、変わりに見つけたのが、「人参とホウレン草入りのイカ飯」でした。

・・・大根入りは、イカ飯が大好きでどっさり食べたいけれど、餅米でおなかがきつくなりすぎるのを避けたいという、私の父の工夫だったのかもしれません。

どちらにしても、大根を入れると微妙に味が薄くなるため、途中の味見ができない圧力鍋でイカ飯を作る時には調味料の割合はキッチリ分っていなければですし、イカは2杯しかないし、なので、「人参とホウレン草」に合いそうなシイタケも入れてそのレシピの調味料の割合で作ったのがコレ。

2008_0116_イカ飯

どうしても今食べたい!と思って作ったせいか、もち米は入っていないのに、今までで最高の美味しさに感じました。

私の「料理番組」(笑)を楽しみにしていてくれる一部の「函館人」と「余市人」のために、一応の材料と簡単な作り方を書いておきますね♪



<圧力鍋で作る野菜入りイカ飯>
  分量は、大きめのスルメイカ2杯で作るイカ飯の量



【煮汁】

酒:80cc、味醂:50cc、醤油:50cc、
砂糖:大匙1、水:300cc
生姜:2~3cmくらいのを1片、
   生姜は好みで、あとから上に散らしたい時には千切り。
   私はそれはしないのであとから取り出しやすいように小さめの乱切り。



【イカの詰め物とイカの下ごしらえ】

イカ:大振りのスルメイカ2杯は、足を引っ張りながらワタごと抜いて、
   軟骨を取り除いて、水道水で中をすっかり綺麗にしておく。
   (私は足は詰めません。特に厚めのスルメイカを使う時には、
   ゲソを詰めるとイカと中身のバランスが悪くなるのです。)

お米:半カップ強を研いで15分以上吸水させてから
   ザルで水を切っておく。
ニンジン:5~7mm角でイカの胴の長さの7分くらいの長さで、
ホウレン草:適当に(笑)
(人参もホウレン草も、イカ1杯につき4~5本が適当かな?)
しいたけ:乾燥椎茸ではなく生シイタケで、薄切りに


【作り方】

1.イカを横置きにして、野菜類を、折れに気をつけて先の方まで入れる

2.米は長めのスプーンなどを使って先から入り口まで均一になるように入れる
    人参と米はイカの入口側のあまり近くまで入れないように、
     2cmくらいは入口から奥に入っていてその容量の7分目くらいがちょうどよい分量
     イカの大きさで中身の分量は変わるので、気をつけること
     お米は膨らむので、詰めすぎは禁物です
     特に圧力鍋を使わない時には、詰め過ぎるとコメが生煮え状態になります

3.イカの入口は爪楊枝で留める。

4.圧力鍋に(必ず煮汁を煮たててから)、3.のイカを並べて、
  シュルシュルタイム15分のあと、火を止めて蒸らし時間5分以上。
  圧力鍋を使わない時には、水の量をイカがヒタヒタになる程度にして
  落とし蓋をして弱火で35分、火を止めて10分以上置く。
  (普通の鍋の時は、途中、煮汁を確認して焦がさないように気をつけて!)
 ※どちらも、自然放置で冷ますと、味がしっかり染み込みます。

5.すぐに食べる時には、煮汁をカップ1くらい小鍋に取って煮たて、
  水溶きカタクリでとろみをつけたものを、切り分けた上にかけるか
  お皿にその汁をはって上に切り分けたものを並べる。



ランキング投票はこちらランク クリック よろしくお願いします。






最終更新日  2008/01/19 03:39:37 AM
コメント(10) | コメントを書く


2007/12/23
カテゴリ:HERB & FOOD
久し振りで、マンゴーチャツネ(<以前の記事へ) と、

りんごジャムをどっさり作りました。
2007_1221_林檎ジャム煮詰め
 ※チャツネは、もちろんハインツのモルトビネガーで。
  アレ以来、近所の大○p-コックで定番にしてくれています。感謝!


どちらも、鍋への「仕込み」さえ終われば、仕上げの時以外はごく弱い火でクツクツと煮るだけなので、自宅でパソコンに向かう仕事の私向きなのですが、その「鍋仕込み」の時間がなかなか作れずに、もう半年くらい、「常備」が切れたままでした。
やっと仕事の段取りができてその仕込みの時間が取れ、リンゴもおいしい季節になったしで、この時期を逃すとまた先延ばしになってしまうので、エイヤッでどっさり。

作ってから気が付きました・・・手頃な小さな空きびんがないことに。
ずっとジャムを手作りにしていて、たまに買う時には大きな瓶のものを買ってしまい、時々出る小さな瓶は人に差し上げる時に使うので(差し上げるときには小さな瓶!-笑-)
小さな瓶は特別に好きな形のものがいくつかあるだけなのです。

で、本末転倒ですが、ダ○ソーで、容器をいくつか購入してきました。
普通のジャム用小瓶が100円なのはわかるのですが、とても可愛い白い陶器の保存容器があって、これも100円なのには驚きました。
2007_1223ダイソで100円の小さな保存容器
恐るべし、ダ○ソー!

瓶詰にしてもこのような密閉容器を使うにしても、まず容器を煮沸消毒して、中身を詰めてからも蒸し器で10分ほど蒸気殺菌して、アツアツのうちに蓋を閉めます。
こうすると1年は平気とのことです。(私はたいてい数カ月以内に消費してしまうので、1年の実績はありませんが・・・)
冷めている途中で、たくさんの小瓶の蓋が、ポコッ、ペコン、と音を立てて、中が真空に近い状態になったことを告げてくれます。
蓋を空ける時には、蓋の真ん中が凹んでいるのが安心のしるしです。
私が人に差し上げる時には気を使いすぎて蓋を「オニ閉める」ので、開けるのが大変なようです(爆

さてさて、そしてゆうべ、帰宅がちょっと遅めだったにも関わらず-----
ここのところスープカレー三昧なブログ友にすっかりあてられていたので、作ったばかりのチャツネを隠し味に使ったスープカレーがどうしても食べたくなり、夜8時30分を過ぎてから、圧力鍋を味方に、はい、作りました。
スープカレーを作るのも久しぶりです。
2007_1222_スープカレーのナスと紫芋
今日の揚げ野菜は「紫」2種。
ムラサキイモナスビですが、ナスの色が綺麗に出なくて、おまけに緑がないので色がちょっと・・・ですね。

「マッシュルームだけの料理がないものか?」と言うほど、異様にマッシュルームが好きな息子のために、これもどっさりです。
こちらの写真の方が、白がきちんと出ていますが、ニンジンがやけに赤みが強くなっています。
2007_1222_スープカレーは色も大事
食べ物写真は、本当に難しいですねぇ。


と、久し振りのものをいくつか立て続けに作ったせいではないと思うのですが・・・

久し振りで、調理中に火傷をしてしまいました。涙ぽろりグスン。
手首上の内側をヤケド
10円玉より小さな大きさだし、圧力鍋の蓋抑えの金具部分にペトッっと触っただけなので深い火傷ではないし、痛さはどうということはないのですが、でも火傷って、とても腹の立つものですよね。。。

こんな火傷までして作ったスープカレーが、隠し味のチャツネのよく効いた、とても美味しい仕上がりだったから、食べ終わった時にはもう私の機嫌もすっかり良くなっていたのですが、巷に「ジングルベル」響くこの時期、
どうせするなら、もう少し違う「ヤケド」をしたいものです!大笑い

ご賛同の方(何にご賛同するのかはおいといて)
ランキング投票はこちらランク クリック よろしくお願いします。






最終更新日  2007/12/23 12:29:03 PM
コメント(9) | コメントを書く
2007/09/18
カテゴリ:HERB & FOOD
-追記ありますー

重なる時には重なるものです。

あの人がこう・・とか、この人はどう・・・とか、どれもこれもそれぞれの善意が折り綴られている筈なのに、噛み合わぬ話があれやこれや。

一つの事象だけではなく、しかも自分の周りのことだけではなく、あちらでもこちらでも全くステージが違うのによく似た話を聞かされたり、また、自分の周りで起こったり。

全部が出切ってしまうことが要求される時期、そんな巡り合わせの「時」なのかもしれません。

ひとつひとつにため息をついて、訳のわかないことをぼかして書くよりも、美味しいものの写真を眺めているほうが体にも心にも良さそうです。

春のアスパラ、有名どころ「てつや」のラーメンなどを皮切りに、北海道の知人から今年の夏もたくさんのご当地ものをいただいてしまいました。

お礼をそのうちブログに載せたいなぁと思いながら写真だけは撮り貯めていましたが、その都度、別の話題があったりして、これもタイミングを逃すと、ちょっとはしたないかななど思ったり、そうこうしているうちに貯まりすぎてしまいました。

で、いっそ北海道自慢ということで、北海道の観光産業に協力してみます。
郷土自慢の数々、どうぞ、ごらんください。

まずは、北海道の夏のはじめの「富良野メロン」からです。
富良野メロン
そう、メロンは夕張だけではありません。
今年送っていただいたコレは赤肉でしたが、富良野メロンは青肉も後味爽やかで美味しいのです。富良野を強調してか、ラベンダーが添えられていました。

そして、「余市のサクランボ」
余市のサクランボ
「余市」は、「よ」という「市」ではなく、「よいち」と読む、小樽の隣町です。ウィスキーのニッカで知名度は全国区の余市ですが、ここは果物の産地としても有名なのです。
余市のブドウとサクランボは最高です。

サクランボの箱に乗せて、この春訪れた小樽のスープカレーのお店「クレイジースパイス」が掲載された本を一緒に送っていただいて、感謝感激!
おかげでこの夏は、普通のカレーよりスープカレーのほうを多く作りました。
スープカレーの本
「地球総なめ」のどなたかの7月のように、ほぼ連続89食カレーなどという具合にはゆきませんでしたが、8月は、週に一度はスープカレーを作ったような気がします。)
・・・にしても、このサクランボの粒の大きさ、わかっていただけますか?
サクランボでおなかいっぱいになる幸せ---これはね、ムフフの幸せでした。

そして、お土産で現地から
「函館のカボチャプリン」
函館のカボチャプリン
と、「チーズケーキタルト」
チーズケーキタルト
北海道は、みなさん御存じのように、このようなスィーツも大変大変美味しゅうございます。
何がどこが違うのか、軽くて繊細な抑えた甘さに、素材を大切に扱っている優しさがありますよね。(身びいきではないはず)

そして言わずもがなの「純連のラーメン」
純連のラーメン
私は、このような具材を用意してから茹でます。
ラーメンあり合わせ具材
時間のある時にはチャーシューを作りますが、このように生姜焼用の豚肉を強めの塩胡椒で色良く焼いたものでも十分。
もなかなか合いますし、ゆで卵があるならそれでもOK。野菜は白菜・玉ねぎ・もやしなどを炒めたものでもいいし、ターツアイの緑も、色・味とも相性が良くて、私は好きです。
あるもので、あるいはほとんど具などなくても美味しいラーメンはオイシイ。。。のですが、海苔は、私には必須です。
どんな具材であれ、真夏に汗をかきながらフーフー熱々の縮れ卵麺のラーメンを食べると、おなかの底から
「北海道~!」という気分になれます。

そして、北海道の夏の終わり頃、何と言っても
「十勝のトウキビ(とうもろこし)」
十勝のトウキビ
今年はこの「ゴールドラッシュ」という種類のものを送っていただきました。

そして懐かしい、十勝の祖母風味
「麦麹味噌」で「味噌オニギリ」
十勝の味噌で味噌オニギリ
味噌オニギリは、どうやら、東北と北海道限定のオニギリ(?)のようです。
焼く時もあれば、焼かずにそのままだったり、焼かずに手が汚れるのを厭う場面では、これに小さな海苔を巻いたりも、します。
私の子どもの頃には、立派なオヤツでした。

次も十勝の・・・
というか、トウキビからは十勝シリーズですね(笑)
[塩茹バター添え]が一番の味わいの
「ジャガイモとカボチャ♪」
十勝のジャガイモとカボチャ
右奥は、最近はやりの赤い皮のジャガイモ「レッドムーン」で、溶けにくいメークインをホッコホコ男爵に近づけたような絶妙な味わい。
皮をむいたらこのような色白美人です。

黄色い肌のほうのジャガイモは、昨今有名な
「インカのめざめ」
十勝のジャガイモ(インカのめざめ)
私は初めていただきましたが、メークインのようなキメの細かさを持ち、しかもホクホウ感もあり、甘味もやや強い、たいへん美味しいものでした。
さすがに騒がれるだけあります。

大好きな大好きな十勝のカボチャ(九重栗)
十勝のカボチャ
見てください、このポクポクでありながら滑らかな絹肌。
昔のマサカリカボチャを扱いやすくしたような、クリ系のカボチャで「九重栗」という種類でした。
溶けたバターがよく合うそのあまりのおいしさに、つい胸やけがするほど食べてしまいました。
実に美味しい!しかし!!デス。
これら十勝のトウキビ・ジャガイモ・カボチャを食べてしまっては、当分、近所のお店で買う気になれないのが難点です。
違う食べ物、と諦めるのに、ちょっと時間がかかります。


そして今日のしんがりは、北海道独特の
「ホースラディッシュ=山ワサビ」です。
十勝のホースラディッシュ
牛肉にもたいへんよく合う山ワサビ、イギリスではローストビーフに欠かせぬものと聞いています。そういえば私は、魚の他に、牛の叩きにも合わせます。
牛肉にホースラディッシュ(山わさび)
最近はわかりませんが、以前、缶に入った粉ワサビの原材料の多くは、水辺のワサビではなく、このホースラデッシュだと聞いた覚えがあります。
辛いのですがあとを引かぬ辛さで、すりおろしたものに削りガツオをプラスして醤油で和えたものは、これだけでご飯をお代わりしてしまう美味しさ。
北海道には山ワサビファンがたいへん多いはずです。

美味しいモノって、いいですね。
少々嫌なことが続いても、こうして「美味しい北海道」をつらつらと眺めているだけで、すっかり幸せな気持ちになってしまっています。


ランキング投票はこちらランク クリック よろしくお願いします。

お茶の間パソコン教室

こちら↑ 私のパソコン教室「ネットDe☆PC」
無料体験、ぜひお試し下さい。
ついでにちょっと判らないこと、
訊いちゃいましょう!


初回UP 2007/09/19 3:30:42 AM






最終更新日  2007/09/19 05:10:20 PM
コメント(12) | コメントを書く
2007/08/22
カテゴリ:HERB & FOOD

ゆうべ、このところの習慣の夜の散歩(犬のホクトの)で、やっと「おや?秋はちゃんと来ていてくれる?」という風が吹いているのを感じました。

狂ったような暑さの日々、皆さんはどんなものを召し上がっていましたか?
家族の皆が食欲の無い中で、食べる方はともかく作る方は大変ですよねぇ。
それでなくともこの時期は夏休みだとか帰省客を迎えてとかで、自分は全く食べたくなくても三度三度。
「おさんどん」役もグッタリです。(うぅっ!簡単な方の漢字さえ出ない!死語?)

ついついこんなものが多くなってしまいます。
20070823素麺でもね、麺が大好きで、丁寧に出汁をとってイチから自分で麺ツユを作りたい人間にとって、火を使う手間は他の料理とそうそう変わりませんし、こういうサッパリした麺メニューでおかずを別に作るとなると、仕事が増えるだけ。

なので、中途半端に残った麺つゆがある時などは、こんな手抜き一品料理も目先が変わっていいですよ。
20070823変わりあんかけソバとはいえ実はこれ、一口目はあまり美味しくなかった(笑)
茶ソバを使ったのが敗因だったのか、色もね・・・紅しょうががちょっと苦手という息子に配慮して赤ピーマンの千切りを使ったら余計に酷い色で。
蕎麦に合うようにと思って鶏ひき肉とシイタケを使い、冷やした時にちょうど良くなるように緩めのあんかけにして、飛騨高山の山椒入り唐辛子でピシッと引き締めて・・と、
味自体は悪くないのにイマイチの汁気不足がどうもいけないのかと一口食べて思い当たり、柚子風味の強い「土佐の柚子ポン」をかけてみたら、味が一変!
不満なく美味しい『あんかけ冷しソバ』になりました。
柚子と、ウナギの時にお世話になる山椒は、日本の食の最高の薬味だと思い知りました。


暑い時の冷麺(冷やしラーメン)は定番ですが、その定番料理の定番材料のうちで、夏の我が家の冷蔵庫にいつもあるわけではないのがハム。
でも、肉冷しゃぶが好きな息子のために豚の極薄切りはだいたい冷凍庫常備なので、我が家ではハムより評判の良い冷しゃぶ肉での冷やしラーメンが多くなります。
ハムがなくても冷麺
飛騨高山のお土産でいただいた芽生姜の青唐味噌漬けがアクセントとして絶妙だった時の写真です。


暑い暑いと言って冷やし麺をと言っても、作る側が「茹でる」暑さから逃れられるわけではないので、スパゲティファンの作り手としては、安易に冷製パスタに走ることはしたくないなぁと思っていた時に、「気の狂いそうな深夜の、正しい食事」というフレーズのパスタ料理を見つけました。

いつも洒脱で時には熱く、JAZZの生演奏を聴いている様に酔うが如く読める「thanks, Mrs.Hill」さんの文章の、大ファンの私です。
面白いことに同じ地にもうお一人、このthanks,Mrs.Hillさんと同じ軸を感じさせてくれる私が大ファンである方がいらして、多分年齢も近いのじゃないかと想像できるのですが、このお二方は使用しているブログの背景柄も同じ。
何百万というブログの中、偶然に引き当てたこのご両者の類似性や、お二人が今も生活する場にかつて居た私が、お二人の「奏でる」文章に強く惹かれる理由を、考えるとも無く考えながらも、とにかくやたらと美味しそうなこのパスタ、作らないわけにはゆきません(笑)

でも・・・
20070823ゴーヤとトマトの夏パスタ
ご覧のように、やはり私は軟弱者です。
食べ盛りの息子の栄養バランスがあるから鶏肉も・・・とか、バジルもあるからついでに・・・とか、結局ごちゃごちゃと具やトッピングを増やし、塩・胡椒・オレガノなどで、味付けもしてしまいました。
癖になる美味しさに仕上がったものの、潔さからは程遠くなって、ゴーヤだからというシャレではなく苦い後悔
いつか暑い夏の盛りにもう一度、次回は心して潔さに徹して、自分ひとりのために作りたいものです。

で、そのゴーヤ
私が北海道に居た頃は北海道ではまだまだなじみの薄い食材で、関西に来てから食べるようになりました。
私が初めてゴーヤチャンプルーを作ったのは数年前なのですが、ゴーヤがどの程度苦いものかも下処理も分からず、一度だけ目にしたレシピを思い出しながらいつものように『感覚的に』作って大失敗をしました。
子も含めて、辛さ・苦さでは訓練された舌を持っていると自負していた我が家ですが、
「何!?この苦さは!!」で、ペッペッもん(爆笑
息子に言わせると、「漫画に出て来そうな、いわゆる失敗料理」だそうで、いまだに話題に上り、私もそう思います。
そのあと関西の友に教えを乞い、今では、ワタをすっかり取り去って塩をかけてという下処理怠り無く、しかもある友が教えてくれた『酒・味噌・ほんの少しの砂糖、最後の鰹節』という併せ調理料技を使って、ゴーヤを美味しく食べることが出来ています。

で、夏の安い時期、ゴーヤは2本で売っていたりするのでつい買ってしまいますが、二人で2本を消費しようとするとちょっとゴーヤ続きになる為、チャンプルー以外にも調理枠を拡げる必要があるので、このパスタ使いを覚えたのは嬉しいです。

さらに拡げて・・・最近始まった料理漫画でもチラリと話題になっていましたが、ゴーヤ炒飯のmaman.mオリジナルバージョン
20070823ゴーヤ炒飯
これがまた美味しい!

1、胡麻油で炒めたゴーヤ・豚肉・舞茸に軽く塩コショウをして卵を回しいれて煎り卵風になったところへ、ここでも友からの秘伝技である『酒・味噌・ほんの少しの砂糖』の併せ調味料を使って具を仕上げて取り出しておきます。
2、熱した油にみじん切りのニンニクを入れて香りが出たところへご飯を入れて、フライパンに軽く押し付けて軽く香ばしいオコゲ状態になったところで手早くほぐしてから1の具を入れて、最後の塩味を整えるのは、フライパンのヘリから回し入れる少しの醤油だけでどうぞ。


忙しい上に暑い、と呆けて放置しているブログですが、定期的に訪問してくださっている皆さんに感謝しています。
今日は、私が無い知恵を絞りながらでも毎日せざるを得ない食事作りの中で、簡単に作れて力の付くようなものをと撮り貯めていた、そのいくつかをご紹介しました。
どなたか、お役に立てて下されば嬉しいです。

ランキング投票はこちらランク クリック よろしくお願いします。

お茶の間パソコン教室

こちら↑ 私のパソコン教室「ネットDe☆PC」
夏休みに無料体験など、いかがですか?








最終更新日  2007/08/23 08:58:19 PM
コメント(9) | コメントを書く
2007/06/12
カテゴリ:HERB & FOOD
私はラーメンが大好きです。でも、カレーも大好きです。
この二品、「好きな人は毎日でも飽きない」代表選手なのだそうです。
食堂側が早く提供できる一品料理と言う意味でも、どちらも代表的なもの。それに、薀蓄を言い出せばキリがないほど奥深い食べ物という意味でも似ています。
北海道の町で、ラーメン屋さんが一丁ごとにあるような場所では、ラーメン&カレーという取り合わせの専門食堂も、ごく当たり前にあります。

と、北海道では私のような人間はごくフツーであるということをアピールしてから、書き始めます(笑)
もうすっかり全国区になったと思われる北海道のスープカレー(スープカ)についてです。

私がはじめてスープカレーを食べたのは十数年前。
なぜかアイルランド民謡つながりでスープカレーの店を訪れて、その美味しさを知りました。
でもその頃はブームにはなっていなかったため、スープカレーのお店も私はそこしか知らなくて、おまけに遠くてなかなか行けませんでした。
が、今や、札幌札幌近郊スープカレーの「有名店」が目白押しで、より取り見取り、好みの店を探して楽しむことができます。

それなのに、ああ、それなのにです!

関西に住む私が札幌で何度も口にしているスープカレーを、年老いた母は一度も口にしたことがないと言います。
そこで、この4月に帰札した際、弟と二人で母親孝行と称して小樽へドライブし、私が前から行きたかった小樽のスープカレー専門店「クレイジースパイス」で---

母に、スープカ初体験をしてもらいました!!

北海道余市(よいち)に住むブログ友が、幾度も幾度も、そこのお店がいかに美味しいかを語っていて、何度も何度も色々なタイプのスープカレーを写真で知らしめてくれていた、小樽のお店で、です。
なんのことはない、そこは私がここ数ヶ月(1年くらい?)どうしても一度行ってみたいお店だったわけでウィンク、もし母が気に入らなかったら、運転手役の弟に「母をダシにした」と言われても返す言葉はなく、母が気に入ってくれるかどうかドキドキでした。

いやいや、もう、最高でしたヨ~!
小樽のクレイジースパイス!!


まず、メニューが豊富。豊富なメニュー、全部がスープカ(笑)
(あっ、飲み物や迷うほど豊富なトッピング類もちゃんとあります。)
選べる辛さが、0~40までのこまかなレベル分け。
でもって、深く美味しい~!

母ですか?もちろん、たいへんな気に入りようで、私も胸をなでおろしてまずはめでたしめでたし、ちゃんちゃん!



ただですねぇ、こうして一度そこのお店の味を知ってしまえば余計に、「クレイジースパイス」を紹介してくれたブログ友の日記に「新作」や「今月のランチ」情報が乗る度に、心穏やかではいられず、再び食べたくなって、でも小樽は遠く・・・
それで、悩んでいるより(←悩んだのか!-笑-)、なんとなく雰囲気を掴んだものを作ってしまえ!と、はい、作っちゃいました。

折も折、友、遠方より---「辛味」ばかりの土産を持って訪れ、また、別の北海道の友からは季節の特産野菜である「アスパラ」が送り届けられ。
そのあたりをアレコレ合体したmaman.m特製のスープカの製作過程を以下に。


1.小口から半月切りした玉ねぎを、生姜・ニンニクのみじん切りとともにバターでゆっくりと、焦がし気味のあめ色に炒めたところへ、下味付き鶏肉(手羽元)を投入
  (鶏肉の下味は、手羽元をチューリップ風に半分ほど骨から離して塩・ガラムマサラ・粗挽き胡椒・カレー粉でかなり強めに、内も外もしっかり下味をすり込んでおきました)
スープカ1

2.鶏肉表面にこげ色がついたところでワインを振りかける
スープカ2

3.大切りして面取りした人参と水を入れて強火、煮立ったら中火にして、丁寧にアクを取る
スープカ3

4.(この時は圧力鍋なので)アク取り後に塩味のおおよそを整えて、香辛料(パセリの茎・ローリエ・タイム・セージ・ローズマリー・クミン・クローブ・マスタードシード等)を入れたも入れて、蓋をする。(中ほどに白くあるのが香辛料を入れた綿の小袋。お茶パック利用でOK)
スープカ4

5.しゅるしゅるタイム=弱火に近い火力で約15分
スープカ5

6."しゅるしゅる" 言い続けるように火力調節。(この鍋は24cm径のセブ)
  15分で一旦火を止めて5分ほど放置してから圧を抜く。
スープカ6
  この時間を利用して、季節野菜の素揚げをしておきます。(この時は、サツマイモ・ピーマン・アスパラを使いました。サラダ用の野菜も簡単なものをこの時間で用意。)

7.圧をぬいてから蓋を開け、再度火をつけて香辛料の袋を取り除き、辛味の味をカレー粉と唐辛子(またはチリペッパー)で調え、子房に分けたシメジを入れる
スープカ7

8.今日の辛味の主役は、インドカレーの「アシュカ」のカレー粉と糸唐辛子(コレ自体はあまり辛くない)、仕上げ時に友の土産の「うま辛王」
スープカ8

9.仕上げます。しゅるしゅるタイムの間に素揚げしてあったサツマイモを、まず投入。
スープカ9

10.次にピーマンを入れて、あればレモン半個の絞り汁を入れて火を止める。
スープカ10

11.盛り付けしてから、素揚げしてあったアスパラと、生のパセリをトッピング。
スープカ11

12.緑黄色野菜タップリカレーなので、サラダは簡単に千切りキャベツときゅうりのみで。飲み物はチャイやラッシーなどがいいのでしょうが、カルピスウォーターで(笑)
スープカ12

むっちゃ満足な味に仕上がりました!!
勝因は、圧力鍋(セブ)と「うま辛王」でしょうか。
それともポルトガルの塩
うーん、全部ですね。
セブのおかげで、安い手羽元をたいへん短時間で身離れ良く柔らかく煮ることができて、骨からのダシもキッチリと活かせましたし、「うま辛王」は辛味の仕上げとして、辛くしかもまろやかに仕上げる魔法の調味料かも。
それと、塩!(ダレですか?『そると、塩』などと親父ギャグを飛ばしたのは?ww)

ところで、

フロール・デ・サル、500gのお徳用サイズ
が出ていたので、貼っておきます。

私が使用した塩は、もちろん、この
ポルトガルの塩の花(フロール・デ・サル)ですね(^^)v





美味しそうと思いましたら、ランキング投票をこちらランク クリックで、よろしくお願いします。

食べたいなぁ。それに、レシピもパワーポイントで作りたいなぁと思いましたら、こちら→私のパソコン教室
「ネットDe☆PC」(ねっとでPC)も、どうぞ宜しく!

お茶の間パソコン教室


どちらも自信を持ってオススメできます。








最終更新日  2007/06/13 08:30:46 AM
コメント(27) | コメントを書く
2006/11/21
カテゴリ:HERB & FOOD
しばらく続けるつもりだった、日曜日の「娘に作った先週のお弁当」、その1.その2.その3.その4.
と載せてきましたが、

今回の5. で、しばしオヤスミします。(1ヶ月でしたね・・・)
日曜日といいながら、
実際、今日はもう火曜日ですしね(~_~;)

私にはよく起きることですが、ちょっと自分のキャパシティを読み違えています。
毎朝の写真がちょっと負担になってきた身辺事情もあって、あとは、これまでのを見ながら、

娘に練習してもらおうか

と。(はい!)



◆月曜
弁当5-月
タップリ具材のオムレツ・レタス・トマト
ちくわのマーガレット
オサツの甘煮デザート

あはは。。。日曜日に作ったパイの記事をご覧になった主婦の方なら、すぐにお察しいただけることと思います。
オムレツの中身は前日のパイの中身と同じです。
「竹輪マーガレット」は、4月13日、リココさんのところで紹介いただいたものです。
(↑この4月13日の最後に丁寧に作り方が!)



◆火曜
弁当5-火
グラタン(前夜のメニューからアルミカップに取り置いて、朝、焼き上げ)
ちくわ・人参・キュウリ・貝割れの生春巻き
パプリカの酢漬け・らっきょう

ちくわ、5本で100円程度のものですが、夕飯の献立に使わなければ、お弁当のマーガレットだけでは、使い切れません。
なので、短冊に切って茹でて、他、甘酢漬けの野菜と一緒に生春巻きにしてしまいました。

ところで、その「野菜の甘酢漬け」ですが・・・
ピクルス
これは廃物利用です。

美味しい「らっきょう漬け」をいただいたので、その漬け汁にロリエと粒胡椒を入れて、茹でた人参・軽く塩を振ったキュウリ、中途半端に残ったパプリカを漬けました。
通常のピクルスのようには持ちませんが、1週間以内に食べきるつもりなら、こんなふうに使えます。
肉料理の付け合せやサラダの彩りにこんな野菜があると便利この上なしです。



◆水曜
弁当5-水
キノコご飯で、ちょっと遊びました。ウィンク

えーと、紅生姜をアカネトンボに見立てて、サフランで黄色に色づけたちくわは、コスモスと思っていただく・・・ちょっと無理やりですが(笑)
どうしても使い切ってしまいたかったちくわ(爆)なのですが、温かいごはんに乗せるので、茹でるだけでは心配。
薄く味をつけたら、白ではなくなり、かといってピンクのコスモス用の「色」の用意は無し・・で、黄色のコスモスになりました。
濃い緑は小松菜の茹でたものを醤油洗いして、ゆずを香り程度に振りました。
茎に見立てたのは三つ葉

このお弁当は、嫌がると思った息子に、馬鹿受けしました。




◆木曜
弁当5-木
おでん(の残り)・ピクルス
しゃけ

思いっきりの手抜きです・・・
まぁ、こんな日もあるわけで。

でも、ちくわ三昧の月・火・水に、これでは、ちょっと練り物が多すぎの週ですよね。反省。



◆金曜
弁当5-金
卵焼き・白菜の浅漬け・茎わかめ佃煮
豚肉の冷しゃぶ・キュウリとセロリの塩もみ
みかん

そうそう、このお弁当箱、小さく見えているのでしょうか?
実は女の子用としては結構大きめで深さもあるのです。
シリーズ終わりに向けて、ご飯を計ってみたら200gで、この冷しゃぶのお肉は約100gありました。


ブログランキング、只今・・・
まぁ!なんと19位です!!
やはり正直、張り合いになります。。このまま引き続き、どうぞよろしくお願いします

mamanからのクリックお願いバナーここをクリックで1票です








最終更新日  2006/11/22 01:09:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/11/14
カテゴリ:HERB & FOOD
曜日冷凍庫と冷蔵庫を整理していて、忘れそうになっていた冷凍パイシートを見つけました。

(楽天さんには適当なのがないですねぇ・・・主婦の方ならご存知の、生協さんのもの。1箱300~400円前後で、10×20cm位の4枚のシートが入っています。)

朝10時になっても起きて来ない「大きな子ども」二人の、朝昼兼用に、オカズパイみたいなものを作っておくと、二人が起きるのに時間差があってもいいし、
第一、私も久しぶりに食べたいなぁと。

子達が小さな時から慣れ親しんだ簡単料理は出来るだけここに載せてゆこうと思っているので、一応、作る過程を写真に取りながら作業したのですが、載せる暇を作れずにいました。

でも、自分の目的に向けて着々と準備をすすめたいは、どうやら、私が忘れないうちに早くアップして欲しいようで、ブログ掲載の熱烈リクエストです。

パイは、パイシートから作るとなると、料理の初心者は二の足を踏みますよね。
でも、市販の冷凍パイシートを利用して作るなら、冷蔵庫の残り物利用でも、気楽にチャレンジできます。
ということで---


◆日曜日に作った2種のパイ


まず、調理パンのようなミートパイのような
パイ1



そして・・・
オサツとマーマレードのスイートチーズパイ
パイ2



美味しおした~♪ でも、具は、まともに前準備したのは下の の二つだけです。


A.サツマイモ(中1個)は1~2cm角切りで
  ひたひたの水に、砂糖(大匙1)
  ほんのり甘く茹でて最後にレモン汁を。
パイ具A


B.玉ねぎ(1/2)の薄切りと鶏肉(100g)の
  一口大削ぎ切りをゆっくり炒めて、
  塩・粗引き胡椒・ローズマリーで味付け。
パイ具B



では、二つの作り方、写真で行きます。


【オカズ系具材の包みパイ】

1.1枚のパイシートにAの具材を約半量、その上にBの具材を載せて全体で高さ3~4cmに。ワックス不安がないレモンがあれば薄切りを適量。
パイ1

2.もう1枚のシートを破かないように少し伸ばしながら蓋をして、ヘリを指で押しつけてくっつけます。よく切れる薄刃の包丁で(パン作りをする方なら油のついていないカミソリの刃で)写真のようなスリットを。
ヘリのでこぼこは、ここで切り落として1cmくらいのフチになるよう整えます。
パイ1

3.予熱したオーブンで250℃で15分。(それぞれのオーブンの機能の違いがあるので、焼き色を見ながら時間調節してくださいね。) この時は、10分くらい経った時点で、メープルジャムを少量のお湯で薄めたものをハケ塗りしました。
パイ1

 照りを出すために正式な方法は、溶き卵を水で薄めたものを用いるのですが、コレだけのために卵を1個わざわざ割る必要はないのです。
ただし、ハチミツやジャム系のものを艶出しに用いる時は焼き色がつきやすい(コゲる)し、生地が吸い込んでしまったりなので、湯で薄めたり途中で塗ったりと、工夫してくださいね。




上のものをオーブンに入れて次の用意をしました。

【菓子系具材のパイ】

1.1枚のシートは丸ごと、長い辺を1.5cm幅に切って、たくさんの「紐」を作り、もう1枚にはフォークなどで荒く小さな穴を開けておき、その4辺のヘリに、切ったヒモを重ねて、パイシートの"箱型容器"を作ります。
  その中に、Aの具材を荒くつぶしたものとオレンジ・マーマレードを・・・・・
パイ2


ギャァー !!
何をボンヤリしていたのでしょう!!



大間違い・・・マーマレードが上になっては、
号泣焦げるしぃ~


 本当は、薄くマーマレードを塗り、1/3量のポテトを薄く敷き、その上にマーマレード、最後に残ったポテト・・・という具合にするのですが。
この時点でシートは具の水分を含んでいるので、もういじるのは無理。でも今から新たにポテトを用意するのは馬鹿げています。
仕方がないので、味の相性がよさげなチーズでフタをすることにしました。

2.こんなふうに、溶けにくいチーズでフタをしました。真ん中には、飾り風に、ピザ用の溶けるチーズです。
パイ2

3.オーブンは同じく250℃で15分。
パイ2



いかがでしょう? このプレートは底にスッポリとB5サイズの用紙が収まる大きさです。
これに簡単なサラダとコーヒーや紅茶で、慣れた人なら、所要時間は1時間ですが。。。
パイ2種焼きあがり



以下は、「慣れた人」になるための手順です、

頑張れ初心者!

1.サツマイモを切ってひたひたの水と砂糖を入れて火にかける
2.レモンを切って用意
3.玉ねぎを切って、鶏肉を切る。
4.玉ねぎと鶏肉を炒めて味付けしながら、隣のサツマイモにも注意。
5.オーブンの余熱をセットして、1.が煮えたら、余分な湯を捨てて荒くつぶす
6.オカズパイの成形→焼く(照り用のメープルを用意)
7.お菓子パイの成形しながら、6の途中で照り用のメープルを塗る
8.6が焼き終わったら、オーブンが冷めないうちに7のお菓子パイをオーブンに。
9.お菓子パイが焼きあがるまでに、簡単なサラダとお茶の用意



ランキング登録しています
mamanからのクリックお願いバナーここをクリックで1票ですm(_ _)m








最終更新日  2006/11/15 08:44:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/11/12
カテゴリ:HERB & FOOD
日曜日、「娘に作った今週のお弁当」を、

その1.その2.その3.


と、載せてきて、今日は その4.です。

もともと、このブログの「FOOD」のカテゴリーは、料理初心者である我が子達が、私から離れて一人(若しくは連れ合いさんと二人)で生活するようになった時のための、料理ブック的な意味合いでした。

最近、ブログネタというか、書きたいことがたくさんありすぎて(笑)、このカテゴリーがおろそかになっていたので、毎日のお弁当を毎週日曜日に振り返れば、前日の夕飯なども出てきて、お惣菜のヒントにもなるし・・・と、始めてみたのです。

そうしたところ、皆さんも応援して下さるし、

「作ってすぐに無くなってしまう」

という空しさからからも救われる(笑)一石二鳥の方法みたいなので、もうしばらく続けようと思います。


さて、前回、「娘に甘い」 と 叱られた、と書いた知り合いに、今度は、怒られました。

「ちょっと叱ったら
"友達" から "知人" になるん?」
と。

友よ!ごめん !!

そして、

たくさんの自家栽培のお野菜、

ありがとう !!


ということで・・・




◆月曜
弁当4-月
すき焼きの卵とじ丼
(長ネギと三つ葉は、朝に追加)

前夜のすき焼きを、少し取りおいて、卵でとじたもの。
○○丼風のお弁当が大好きな娘からの、これはリクエストで、たいへん楽チン(^^ゞ
三つ葉などの青菜や長ネギは、新規にプラス。これで「残り物」感を払拭

鍋類の残り物って、たくさんの素材の旨みが美味しい♪ですよね。



◆火曜
弁当4-火
シャケのハーブオイル フライ風・卵焼き
パフリカとレタスのレモン風味
ブロッコリーのチーズマヨ味(オーブン焼き)

シャケはフライと同じ下処理をして、ローズマリーを入れた多目のオリーブオイルで焼きました。

ブロッコリー:アルミカップにマヨネーズと粉チーズを敷いたところに茹でたブロッコリーを入れ、さらに上から粉チーズを振って、オーブンで。
(茹でたブロッコリーは、小分け冷凍しておくと便利ですが、味はだいぶ落ちるのでこんな使い方をします。ただし、凍ったままだと失敗します。必ず事前解凍して水分を切って使用します。)


先週は、水曜日と金曜日、娘が風邪で勤務を休んだので、あとは木曜日だけです。


◆木曜
弁当4-木
カボチャとインゲンのそぼろ煮・卵焼き
レタスとピーマンとトマトのサラダ
野沢菜・ジャコ・白胡麻のふりかけ

卵焼きの「赤ハートハート型」、この日は綺麗に出来ましたグッド


このハート卵焼きは、キャラ弁(キャラクター弁当)でご活躍の、リココさんのブログや、
お弁当アートの作り方

料理本(?!)
「お弁当アートの作り方」


この本を参考にしています。


リココさん、いつもありがとうございます♪





ひき肉とコンニャクを入れた、お野菜のそぼろ煮、好きな方が多いと思います。我が家も大好きです。
この「ひき肉そぼろ」ですが、火にかける前の二つのコツで、ふんわりした「そぼろ」になります。

1.ひき肉は野菜を切る前に冷蔵庫から出して、
  室温程度に
しておく。
2.ひき肉をだし汁の中に入れる直前に、
  40度くらいのお湯の「お風呂」に入れて、パラパラにしておく。

この二つです。

どうぞやってみてください。










最終更新日  2006/11/13 02:36:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/11/05
カテゴリ:HERB & FOOD
前回前々回と「娘に作った今週のお弁当」
少しの間、毎日曜日に。
・・と思いながら、今日は火曜ですね(^^ゞ 日記日付は5日の日曜にします。

知り合いから、「甘い」と叱られました。

味付けではなく。。。娘に。

なので、先週は少しだけ

娘の手も入りました。
ごはんを詰めたり。。。フリカケをかけたり。。。




◆月曜
弁当3-月
おつまみ揚げとカボチャの甘辛煮
卵焼き・蒸し白菜オカカ
(野沢菜・ジャコ・白ゴマを炒ったフリカケ)

手製ふりかけがメインのお弁当(^^ゞ


海・山里、この日はクリア♪
前回「はっきりしていません」と書いた「山と里の違い」ですが、「トットちゃん」を調べたら、「里」の言葉は出ていなかったみたいです。
どこから拾って記憶にあったのか・・・本文の中のどこかかもしれません。
なんにせよ、これで少し気が楽に。



◆火曜
弁当3-火
栗入り炊き込みご飯
京いんげん塩茹で・カボチャ甘煮
卵焼き(パセリ巻き)

日曜日に、カボチャをごく薄味で硬めに煮たものを冷凍しました。
普段の煮ものにも使えて便利です。こういう素材ものは、市販のものでもいいから、用意しておくと便利ですよね。


おっと!炊き込みご飯の中にも・・・
海はありません!

卵焼きではなく焼き魚だと良かったのですねえ。



◆水曜
弁当3-水
プレーンオムレツ・レタス
スパゲティきのこミートソース
三つ葉の海苔醤油・らっきょう・柿

海と山里はオーケーみたいですねグッド

スパゲティ・・・パスタ大好きの私が、決してお弁当のおかずには入れなかったものです。
頑固にといっていいほど、ただの一度も入れたことがありません。パスタ好きには、のびたパスタは許せないと。
でも、娘のたっての希望で、前日の夕飯の「きのこたっぷりミートソース」を取りおきました。。
数本の乾燥スパゲティは朝茹でですが、数本であろうとも茹でる時間は同じです。
「むっちゃ美味しかったよ~♪」と言われても、やっぱりなぁ・・・次はいつになることか・・・

三つ葉のおひたしは、茹でて水で冷ましたらすぐに「醤油洗い」をしておいて、普段はたべる直前にもみ海苔を混ぜます。
お弁当の時には詰める時に混ぜます。
この、醤油洗い&海苔混ぜは、我が家の三つ葉のおひたしの定番の食べ方ですが、昔、姉のお姑さんに教えていただいたやり方です。
もみ海苔をおひたしにかけるよりも、三つ葉の時には、混ぜ込む方が格段に美味しいのです。ぜひお試しください。

(醤油洗いって、水気を絞った茹で野菜に、軽く醤油をかけて、混ぜておくだけ。あとで醤油や出汁醤油をかけて食べる時に、味のなじみが良くなります。だからたくさんかけるのはNG。あくまでも下味程度です)


◆木曜

弁当3-木
* オリジナルゴジラ *
貝割れのモズク酢合え・みかん



* オリジナルゴジラ *の説明が要りますね♪

札幌に、創作メニューで全国区の賞を取ったユニークなレストランがありました。
どれもこれもなかなか美味しいのですが、料理の名前もまたユニークで、「ゴジラまんま」とか「キングギドラ」とか、言われて見ると、なるほど(?)な命名です。
そのなかで、賞をとった直接のメニューが「ゴジラまんま」で、炊きたて白ご飯に、ぱりぱりレタスをのっけて、塩コショウで焼いた牛肉が載せてあるというもの。
そのゴジラまんまのアイデアをいただいて、変形させたのが、私の「オリジナルゴジラ」です。

1.牛肉の薄切りと長ネギの斜め切りを混ぜて、酒と醤油と同量くらいをまわしかける程度にコショーを効かせて、下味をつける。
2.焼く直前に大匙1の片栗をパラパラとかけて混ぜ合わせてなじませ、胡麻油で焼き上げる。
3.ぱりぱりレタスを載せたごはんにのっける。しし唐などもあれば焼いて、載せる。

  追記:焼き上げの最後に味見をして、塩で、味の調節を

これは作りたても、たいへん美味しいですよ~。時間のない時の丼モノに最適です。長ネギじゃなくても貝割れでもいいです。人数が少ない時にはむしろ貝割れがオススメ。ピリ辛野菜が合うのです。
お弁当の時にはレンジで温めないほうが生のレタスが活きると思います。少しの片栗のおかげで、冷めても牛脂が固まった状態を避けられます。
でも、すぐに召し上がるなら、片栗はなくても大丈夫。
そのほうが焦げ付く心配もありません。
ゴマ油がないなら普通のオイルでも全然オッケーです。
コショーを普段よりきつめがコツ



私のお惣菜は、ここに載せるものは特に、(娘のような)料理の初心者用にとにかく「簡単」を目指しています。
インスタント出汁や、市販の冷凍素材や、コンビニのおつまみおかずでも応用が効くようにということにも気をつけています。
なので、料理に不慣れな男性も、一品だけなら充分チャレンジできるはず。
どうぞぜひ、簡単なところから、やってみてください。







最終更新日  2006/11/08 12:17:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/10/29
カテゴリ:HERB & FOOD
前回の「娘に作った今週のお弁当」
なんだか評判が良かったようなので、気を良くして今週も(笑)

相変わらず娘の手は入らず、ハァ~なので

今週も言わせて貰います!

娘!


あなたが大好きな卵焼きだけでもいいから、

自分でお作り!!


◆月曜
弁当2-月
玉ねぎとジャコ入りオムレツ・水菜
人参グラッセ・インゲンとカボチャの煮つけ

北海道産の人参が激安だったので、久しぶりで人参グラッセをたくさん作りました。

被るくらいの水とバターとお砂糖を入れて落し蓋と着せ蓋。(意外と早く煮えるので焦がさないように気をつけて)
煮えて柔らかくなったら、蓋を取って、火を少し強くして鍋をゆすって照りをつけます。
バットなどに拡げて冷ますと冷凍保存ができて便利。


海・山・里、この日はクリア♪
でも、実は・・・山・里がはっきりしていません。
メッセージでご指摘いただいたように「トットちゃん」なのですが、どなたか山・里、教えてくださいな。



◆火曜
弁当2-火
オクラのベーコン巻き・水菜
長ネギとエリンギのバター焼き
卵焼き・人参グラッセ
(海苔弁風ごはん)

前の日に作った人参グラッセ。
人参嫌いにさせないようにと、子達の人生最初の人参体験は、このグラッセ。
形をしっかり残して、子が小さい時には水に晒す時間を少し長めにして匂い少なめ工夫。

今回、面取りした部分は、北斗ゴハンに。
(北斗はダイエットの必要があったので、こういう屑野菜をたくさん煮て混ぜています)

海苔とかつお乗せゴハンで、海・山・里クリア。

◆水曜
弁当2-水
トンカツ・お約束のキャベツ千切り
セロリと赤パプリカ
海苔のせごはんに人参とセロリの金平

今日もゴハンに海苔で海なしを回避グッド


セロリが被っていますが気にしない(笑)
葉っぱと細い部分で常備菜代わりに作ったのですが、美味しすぎて、この日の夕飯時に食べちゃいました。


◆木曜
弁当2-木
サヤインゲン飾りの卵とじ天丼
(小鯵・しいたけ・サツマイモ・レンコン・カボチャ)


残り物の天麩羅ですが、とても評判がいいお弁当です。
残り物なので、イカもエビもないのですが・・・。
天ツユも、残ったものに少し味醂を足して甘辛めにするだけ。
ただし卵が天汁を吸うし、焦げやすいので、水を足すなどして少し薄めの味付けに
量もカップ1くらいあってもいいです。

※小さなフライパンにその甘辛天ツユを入れて、残り物天麩羅を並べて、周りがクチュクチュ言い出したら裏返してすぐに溶き卵をフライパンのヘリから。
火加減はくれぐれも強すぎないように

小鯵のおかげで海・山・里はクリアですね。


◆金曜
弁当2-金
シャケ・人参とインゲンの煮付け
卵焼き・トマトとバジルサラダ

セオリー弁当の感。
お弁当用の少し厚切りのチリ産の中辛シャケ
とても美味しかったようです。

バジルは、ベランダのバジル。
種を取るための最後の一鉢。
それももう少しで終わりそうです。

葉秋ですね!








最終更新日  2006/10/30 12:33:21 AM
コメント(0) | コメントを書く

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.