448059 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

がんばれ!1000人のママとパパたち 

PR

X

カレンダー

お気に入りブログ

おかげさまで45周年 seikotsuinさん

チイとユルル ひらりん*さん
動物医です。童話と… AIN’Sさん
子育て英語を通して… kazkawa8372さん
ぽっかぽか通信 こはる♪さん

バックナンバー

2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.01.13
XML
やっと冬休みが終わり、一息ついたのもつかの間、、、

なんでこんな時に3連休なんでしょう。やっと、静かな日常が戻ってきました。それも寒い。今朝は、雪が降っていて、ご近所の屋根にも積もっていました。我が家から見える、山(名前を知らないんだな、これが)もうっすら雪化粧。上の方は霞んで見えていて、まだ雪が降っていました。さすがにこんな日は、洗濯物が困ってしまう。迷わず、コインランドリーへ直行でした。

前回お話していた期間、子供だけで家事をしていたときですが、その3のお友達が遊びにきたんですよ。10時頃。前日も午後2時か3時頃やって来て、「明日も遊ぼう」ということになったみたいなんですけどね。

で、お昼になったので外にいた その2、3が家の中に入って来て
「昼飯どうする~」
「もち、もち!」
等と、その2を筆頭に(その1は、学校へ行ってしまいました)3人で台所の回りで作戦会議をしていました。お餅を焼くことになって、その3がいくつか焼いている時に、ふと外を見ると、、例のお友達が外に座り込んで、ポータブルゲームをしているじゃあないですか。

「あれ?~君はお昼で帰ったんじゃないの?」
「家に帰っても誰もいないし、食いもんもないって。」
「へ???」
「ちょっと、お餅かなんか持って行ってあげたら?」


わからない。そりゃあ、一回ぐらいお昼ご飯抜いたからって死ぬことはないだろうけど、2万も3万もするゲームを持たせておいて、お昼ご飯は無し。おにぎりを持たせることだって出来るし、500円ぐらい預けておけば、コンビニでパンやおにぎりだって買えるし。


この感覚が、私にはわからない。理解できない。

ああ、こうして思い出しているだけでも、嫌な気分になってきた。






最終更新日  2009.01.13 15:33:35
コメント(2) | コメントを書く
[て-坊ん家の親育てられ日記 byてー坊] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.