946622 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

お買い物 満々美人

Mystique 神秘性 - Magnolia ※【PC版】

Mystique 神秘性 - Magnolia     ※こちらのページはパソコン版でご観覧されることを、お薦めします。
  I represent infinity to myself and I represent ideas by words. ...up to infinity... Everybody has limitless possibilities...through all eternity... Mariko
Historical log - TUESDAY, APRIL 11, 2006

--- Mystique ---


A conspicuous magnolia with a ray of light. That's me!
Mysterious faint smile for you.
It's like a brightness of ancient purple or violet in the twilight.

You know about all that glitters is not only gold, I suppose.

A transient brightness is nothing but as a means to an end, so similar to worldly passions.

The more one has, the more one wants.

Repetitious things set nothing limits.
Human passions will get nothing by having desired happiness,
I tell you.

・・・・・

Listen, Can you see? I'm inside of petals with my spirit.

I want you to get a flash of hope while that give out light, and then I'll give you full love to act for me.
When you stayed apart from me for a long time or so,
you'll come to get a feel for the inside of me, I dare say.

However, everything is shroud in mystery until you realize the truth.

That's what I'm here for.
poem by Mariko


--- 神秘性 ---


ひとすじの光にひときわ異彩を放つ木蓮(もくれん)、それは私
神秘的かすかな微笑みをあなたに
それは黄昏時の深紅色か青紫の輝きのように

輝くものすべてが金だけじゃないって事、知ってるよね

一時的な輝き鮮明さは目的達成の一手段に過ぎないのと同様に
またこの世の欲望(煩悩)と似ている

一つ持てば、もう一つときりがなく

繰り返す物事は限界を定められない
望ましい幸福をもっていても
人の欲に得るものは何もないってことよ

・・・・・

ねえ、見える? 魂と共に私は花弁の内側にいる

その光を放つと同時に一瞬の希望を掴んでほしい、
そうして あなたに満ちた愛を委ねるわ
長い間も私から離れて居たから、私の気持ちは感じとれるよね

けれども、真実に気づくまで すべては謎に包まれてる

だから私はここにいるのよ

Botanical name:木蓮(もくれん)科 Magnolia liliflora (Magnolia, Alexander)
花言葉: 自然愛「自然の愛」「持続性」
花言葉ページは⇒ The Language of Flowers を興味あれば見てくださいネ。
3_Magnolia.jpg Botanical name: Magnolia liliflora (Magnolia, Alexander)
The language of flowers: natural love, durability, staying powe

英語で綴った詩を日本語でどう奥深く表現すればいいのか、英文は当時原文そのまま、日本文後半、少し重苦しいので少々変更。 ある人に見ていただきたく、書き綴ったwordの数々。友達が見て「えらい強烈」とか「ちょっと、ストーカー的要素が見え隠れしてるね(^m^) 」など突っ込まれたりもしたけど、誰でも経験と忘れられない過去の記憶を引きずって生きてるわけで… 当の本人がコレを見てくれたかも不明。 その人、 どこか別の人生を送っていることでしょう。 ここで一番見ていただきたいのは、何と言ってもこの木蓮の花。
たまたま近所のお宅のお庭に咲いていたのを何気に撮って小奇麗に加工した物で神秘的とは最初の写真からは想像もつかないほどシンプルで、
どちらかというと地味で目立たない、変われば変わるものだね~。 
出来上がった画像の感じで、このポエムが生まれた。

Copyright (c) 2001-2014. Grs MaMariKo All rights reserved.






Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.