144838 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

愛されたいあなたへ、心の痛いあなたへ

自己犠牲と見返り

自分の心は本当は誰も傷つけることなど出来ず、
自分が傷ついたと思うときだけ傷がつくのです。


”そんな事は、絶対にない!!!!”
と叫びたい気持ちはよくわかります。
“誰か”のせいにしたい気持ちもわかるけれど、
本当は、“誰か”のせいではないのです。


私たちの多くは何かをやりたい時、それをすれば
人になんて言われるだろうと、いつも人の目を気にしています。
その上、人に良いと思ってもらえる自分を演じようとするから、
自分に素直に生きることがなかなか出来ません。


人に評価されたいがためにする行動は、
自己犠牲が伴う場合が多いのです。
自己犠牲は、奉仕とは違いますから、ストレスになります。


自己犠牲が伴う行動は、無意識のうちに見返りを期待します。


そして、見返りが手に入らないとがっがりします。


落胆しても、ますます認めてもらおうと頑張り続けると、
心の中に不満が溜まり、一杯一杯になった時に、
心や体に形を変えて出てきます。
それが自然の流れなのです。


放さずに、溜めておこうとするから、私たちは苦しくなるのです。


人の評価で幸せになろうと、人の評価を気にして、
自分を騙し続ければ、傷つくことが多いはずです。


自分に対して正直に生きるということが大切なのです。
そして、自分の為に生きると言うことが大切なのです。


何事に対しても自分で責任を持つ、
自分の感情に対しても責任を持つ
ということが大切なのです。



そうすることが出来て初めて、人の為に何かをする時
自己犠牲ではなく、”喜ぶ顔を見たい”と言う
自分の為にさせていただく事に気がつくのです。


自己犠牲と違って自分の為だから、
感謝されたり、認めてもらえなくても
腹がたたなくなり、傷つくことはなくなります。

人気blogランキングへ宜しくお願いします。
幸せは何処に


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.