143329 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

愛されたいあなたへ、心の痛いあなたへ

本当のメッセージ

相手にわかってもらおうと思えば、
きちんと通じるメッセージを送らなければいけません。

そんなことは、百も承知でいまさら言われなくても
わかっている、きちんとメッセージを
送っているのに、相手がきちんと受け取ってくれない
から、困っていると言う人もいる事でしょう。

聞き手にも問題がないとは言いませんが、
実は、メッセージの送り方にも
(素直に認めたくないですが)問題はあるんです。

問題のあるメッセージを知らない間に送ったり、
きちんと聞けない癖がつくのは、
幼少の頃からの多くの経験のせいなのですが、
ココで説明すると長くなるので、機会があれば
書くことにして、まずはメッセージの送り方を
考えてみましょう。

私達は気づかずに、”あなた”が主語の
メッセージを送ります。

”どうして、(あなたは)時間が守れないの?”
”いつも、(あなたは)物を出しっぱなし”
”私の気持ちなんて、(あなたは)どうでもいいのね”

まだまだあると思いますが、まあこんな感じです。

これらのメッセージには、
”時間を守って欲しい”
”物をきちんとしまって欲しい”
”私の事をわかって欲しい”と言う
メッセージが隠れているのですが、
なかなかそうゆう風には伝わりにくいのです。

それどころか、こうゆう風に言われた相手は
自分が責められているような気がして、
おそらく弁解するでしょう。

弁解されれば、焦点がずれます。
また、弁解されたほうは、
メッセージが通じてないので、メッセージを
通じさせようと躍起になる場合があります。

そうすると、話題が変わり、結局何を話していたのか
分からなくなる事が多々あるのです。

じゃあ、どうすればいいのか?
長くなったので次に書きますね。

人気blogランキングへ宜しくお願いします。

メッセージの送り方


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.