171942 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

愛されたいあなたへ、心の痛いあなたへ

PR

フリーページ

プロフィール


mamarose

カテゴリ

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

カレンダー

2007.01.26
XML
カテゴリ:愛について
"してあげたのに”と口癖のように言う人がいます。
私の身近にいるので、この事を考えることがよくあります。
(多くの人がこの感覚で悩んだり、
人間関係をもつれさせたりしています。)


”してあげたのに”と言う人の多くは、
大抵何かをしてあげた人に、感謝の念がないと腹をたてます。


そして、相手に対して思いが募ってきた時には
口に出して、相手を責める事もあります。
自分の”してあげた”という気持ちが
相手の感謝なくて満たされることがないからです。


口癖になるくらいだから、きっと今まで期待を裏切られ
散々傷ついてきたのだろうと思います。


でも悲しいかな、この言葉をいい続ける限り、これからも
期待を裏切られ、不満を持ち続けることになります。


本人はそれを口癖になるくらい、どれだけ自分が
"よい人"なのかとアピールしなければいけない経験を
積んで来たのだと思います。
自分を認めて欲しいという気持ちが強いのです。

こうゆう人は幼少の頃、自分なりに頑張ったのに
両親や身近な人に認めてもらえなかった経験が
多かったはずで、本人には全然悪気はありません。


その人を見ていても、本当に心の優しい”よい人”
で、お人よしなのですが、色々な事をしてあげているのに、
周りから感謝されないどころか、煙たがられることさえあるのです。


世の中には感謝の気持ちを持たない人も沢山います。
何をしてもらっても当たり前と思っている人は沢山います。
そうゆう人はそうゆう価値観の中で育ってきたわけで
その人が悪い人だと決め付けることは出来ません。
(もちろん感謝は大切ですが、感謝は自然に心の中から沸いてくるもので、
強要されたり、ご利益を天から頂くために便宜上口に出すものではありません)


ところが、何かをしてあげた人にとっては、
何かをしていただいた時は感謝するのが当たり前だと
思っていますから、感謝されないと傷ついたり、
腹がたったり、教えてあげないといけないと
躍起になって、結局煙たがられてしまいます。


理不尽だと思うかもしれないですが、
何かをしてあげているから愛されたり、
認められたりするわけではないのです。


してもらったことに、感謝をしている人でさえ、
何度も”してあげた”と言われると、
押し付けがましいと言う気持ちが出てきます。
こんなことなら、してもらわなければ良かったと
感謝するどころか、してもらったことに関して、
後悔する事さえあるのです。


そうすると、相手の心は離れていきます。


人に何かをしてあげたい時は、(理由がどうであれ)
”自分がしたいからする”
いうことに気がつかなければいけません。


相手が感謝しようと、しなかろうとそれは
相手の勝手で、感謝されないからと言って
自分の価値が下がるわけではないのです。


皮肉なことに”してあげた”からと感謝の気持ちを
見返りに求めれば求めるほど、煙たがられて、
相手の自分に対する価値は下がっていきます。


相手が感謝しようと、しなかろうと
相手の勝手と書きましたが、
自分が誰かに何かをしていただいた時には、
当たり前と思わずに、感謝の気持ちを
忘れないようにすれば、人間関係が
こじれることは少ないと思います。


読んでくださっているがわかると励みになりますので
ポチット人気blogランキングへ宜しくお願いします。

他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング






最終更新日  2007.01.27 05:45:08

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.