173984 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

愛されたいあなたへ、心の痛いあなたへ

PR

フリーページ

プロフィール


mamarose

カテゴリ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

カレンダー

2007.02.10
XML
カテゴリ:愛について
人間に大切に飼われているペットは、
飼い主が家を長時間留守にしても、
帰ってきた時、体中で喜びを表します。


たまに人間にとって困る事をして叱られても、
しばらくすると飼い主の様子をうかがいながら、
”ごめんね~”と飼い主の機嫌が良くなるように、
必死に謝ります。叱られてもふてくされたりはしません。


ペットがかわいそうだからと
外出するのをやめる人がいます。


外出をするのをやめて、知り合いに
"ペットがいるから、長期の外出は出来ないのよ”
と言う人がいても、ペットに向かって、
"あんたのせいで、外出できない!”
と嫌味をいう人を、私は見たり聞いたりした事がありません。


飼い主がペットを虐待しないかぎり
ペットは飼い主に愛を送り続けます。

多くの人は虐待されなくても、
期待に応じてもらえないと愛を送るのを
止めてしまう傾向があります。

たとえ、飼い主がペットの存在を忘れている日があったとしても
飼い主に噛み付いたりはしません。

多くの人は、存在を忘れられると不安になって
精神的に相手に噛み付く傾向があります。


自分が期待する事をしてくれるわけでもないし、
世話もかかるのに、なかには、御主人、奥様、子供より、
ペットの方が何倍も可愛いと言う人もいます。


それは、愛をくれるし、愛に応えてくれるから
ではないでしょうか?


愛を送れば愛が戻ってきます。
そして、戻ってきた愛をきちんと受け取れば
愛は育っていきます。



ペットと飼い主の関係を見れば
その事がはっきりとわかるでしょう?
これは人間関係でも同じです。

ただし、下心があれば別ですよ。

読んでくださっているがわかると励みになりますので
ポチット人気blogランキングへ宜しくお願いします。

他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング






最終更新日  2007.02.11 16:09:11
[愛について] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.