170793 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

愛されたいあなたへ、心の痛いあなたへ

PR

フリーページ

プロフィール


mamarose

カテゴリ

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

カレンダー

2007.05.02
XML
カテゴリ:親子
"私の家(または家族)は普通じゃないんです”
そうゆう風に告白される事がよくあります。


親が離婚している人は、
片親しかいないから自分の家庭は普通ではないと言われます。
では、親がそろっていれば、普通の家庭というのでしょうか?


親がそろっていても、
父親が浮気ばかりしている家庭で育った人や、
母親が一切家事をしない家庭で育った人、
片親だけが苦労していた家庭で育った人、
親が自分達のことに一生懸命で
子供をないがしろにする事が多かった家庭に育った人、
両親と死に別れして祖父母に育てられた人、
両親、兄弟、姉妹に自分が問題だと思う人がいる家庭で育った人なども、
やはり、"私の家(または家族)は普通じゃないんです”と言われます。


こうゆう言葉が出るようになったのは、
おそらく、誰かの家庭と比べてみて、自分の
家庭の様子が誰かの家庭と違っているのに
気がついたり、誰かに話した時に
“へぇ~、あなたの家は普通じゃないのね”
と言われる事が度重なったからでしょう。


周りと比べるという知恵がなかった子供の頃、
育っている環境が普通だと誰もが思っていたのでは
ないでしょうか?
だって、知っているのは、自分の家庭だけなんですもの。
だから、そんなことで悩まなかったはずです。


普通とは、いつでもどこにでもあって、珍しくないことや、様子
ほかと比べて特に変わらない、特別ではなく、一般的であることや
様子と辞書には出ています。


冒頭に書いた家庭は現在では、日本でも
決して珍しい家庭ではないし、特別でもなく
最近では一般的によくある家庭だと私は思います。


日本のことは、よくわからないのですが
アメリカでは、機能していない家庭は全体の85%。
おそらく日本でも機能していない家庭の方が
アメリカほどでなくても、多いのではないでしょうか?


そうすると、普通なのは機能していない家庭の事であり、
普通でないのは、機能している家庭と言うことになります。



人は潜在意識の中で
“私の家(家庭)は普通じゃない”と言うと、
人の注目を集められる事を知っています。


注目をあびると言うのは、自分の存在を認めてもらうこと。
これは、家(家庭)のことだけでなく、すべてにおいて言う事ができます。


自分の存在感をあまり感じられなかった人は
意識的にはそう思っていないのですが、
自分が苦しむ方法を取り、
自分の存在を確かめようとする場合があります。


これは、マインドが自分を守るためにそうしているのですが、悲しいかな
感じている苦しみを手放す事が出来ません。


自分一人で苦しみ、苦しみを手放す事が出来なければ、
私に遠慮なく相談してください。


私はここで自分のことについて書くことは、
今までなかったのですが、
”偉そうに色々な事を書いているけど、
あんたに何がわかるって言うの?”
と思っている人がいたら、
簡単に育った家の紹介だけですが、
書きますので、読んでね。


普通の家(機能していない家族)でした。(笑)
簡単に書けば、今日までに母と法律上言える人が8人、
父は少ないですが、4人いました。
色々な想像、妄想大歓迎ですよ。

色々な経験をさせていただいたから、知識だけでなく
痛みを感じるあなたの気持ちはとってもよくわかります。



読んでくださっているがわかると励みになりますので
ポチット人気blogランキングへ宜しくお願いします。

他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング







最終更新日  2007.05.03 02:48:26
[親子] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.