174044 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

愛されたいあなたへ、心の痛いあなたへ

PR

フリーページ

プロフィール


mamarose

カテゴリ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

カレンダー

2008.06.04
XML
カテゴリ:男と女
恋をすると不安になるのは、
親との関係で自分を無価値だと思いこんだ場合だけでなく、
過去の恋で傷ついた経験がそうさせる場合もあります。

誠心誠意自分で尽くしていると思った相手が
自分に対して心無い態度を取っていると思う事が続くと
自分に対する価値観が崩れやすくなります。


そして、多くの人は、自分の自信を取り戻すため
相手に好かれようと、ますます自分の心を隠し
相手にとって便利な人間になったり、
あるいは、相手をなじったりしながら、
自分が納得できるまで、
ずるずると関係を続ける傾向があります。


最終的に精神的にずたずたになって、
恋にピリオドをつけた(あるいは相手からピリオドをつけられた)
人達の中には、新しい恋が始まろうとしている時に
とても不安になる人がいます。


意識的には、”この恋を成熟させるぞ”
”今度こそ、幸せになる”と思っていても、
潜在意識で、過去の経験を元に
自分が傷つかないように、行動するのです。


頭では○○したいと思っていても
恐くて出来なかったり、何故か心の中で
やらない理由を見つけたりします。


傷つかない行動とは、
異性に興味がないような態度を取る。
異性に嫌われるような態度を取る。
自分にかまわなくなる。
相手に文句ばかり言う。
あるいは、その逆で、文句は一つも言わず
自分の気持ちを押し殺してしまう、等です。


傷つかない行動と言いましたが、
これは潜在意識がやっていることですから、
意識的には傷がつきます。


傷つかない行動を(潜在意識が)取っているにも関わらず
最終的に、(意識的には)傷つく方向に物事は進みます。


ややこしいですか?
ややこしいですね。


そのうち、どうしてそうなるのか解説しますから、
気になる方は続けて読んでくださいね。










最終更新日  2008.06.05 02:15:53

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.