000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

愛されたいあなたへ、心の痛いあなたへ

PR

フリーページ

プロフィール


mamarose

カテゴリ

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

カレンダー

全128件 (128件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 13 >

2007.12.31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
大変ご無沙汰しています。
プログの続きがなかなか書けなくてごめんなさい。

日本滞在中は、皆さん本当にありがとうございました。
私の方こそ元気をいただいて帰ってきました。
本当にありがとう。

日本は新年になり、もうすぐ最初の朝日が昇る時間ですね。
こちら、アメリカは今大晦日のお昼です。
ですから、今年はどんな年だったかな~、などと
考えたりしています。

日本のお正月と違い、
アメリカはクリスマスから大晦日が大イベントで、
お正月はなしと言う感じを私は受けます。

ですから、なんだかいつまでもあわただしく感じます。



こちらはまだ明けてないけれど、
(日本在住の方)明けましておめでとうございます!!

2008年も宜しくお願いします。
プログを更新する事がなかなか出来ないかもしれませんが
見捨てずに応援してくださいね。

2008年、みんなの顔に微笑が浮かぶ日が
2007年より一日でも増えますように!!!!






最終更新日  2008.01.01 05:42:24
2007.11.16
カテゴリ:男と女
男性はこう、女性はこうであるとまとめて
一言でいうことは、出来ません。

育った環境や、家族構成、文化などの違いで、
それぞれの価値観念に基づく行動が違うからです。
ですから、同じような問題に見えても
個人個人で、問題の解決策は違ってきます。

それでも、統計を取れば男性の傾向、
女性の傾向と言うのが見えてきますので、
男女が喧嘩した時、どういう傾向があるか書いてみますね。
参考になれば幸いです。

*****

この間、話しているうちに喧嘩になれば、ついには
女性はわめき、男性は無口になると書きました。

何故こんな事がおきるかと言えば、
共感してもらいたくて、話す女性に
男性は解決策を与えようとするからなんですね。

例えば、小さなお子さんのいる夫婦の場合、
"子供に手がかかって、好きなテレビをみる時間もないのよ”
と奥さんが愚痴ったとします。

御主人はおそらく、"録画すればいいじゃないか”とか、
”さっさと用事を済ませれば見れるじゃないか”とか、
とか言うのではないでしょうか?

ところが、奥さんの為に提案してあげたのに、
奥さんはイライラして、
"そんな時間があれば、とっくにやってるわよ”
と言うかもしれません。

そう言われた御主人は慰めるつもりで、
"オレだって、普段は忙しくてテレビなんて見れないよ”
と休みの日にテレビを見ながら言ったとします。

ところがこの慰めは、まず伝わらないでしょう。
"あなたはいいわよね~、休みの日はごろごろ出来て、
私なんて休みなしよ”と奥さんが言う可能性大です。
そうすれば、"お前はいったい、何が言いたいんだよ?”と
御主人は言うでしょう。

"子供に手がかかって、好きなテレビをみる時間もないのよ”
こう言った時、奥さんはおそらく、
大変なのをわかってもらいたかっただけ。
聞きたいのは"大変だね、ありがとう”の一言なのです。

性による考え方の相違による問題以外にも、
もちろん、コミュニケーションのとり方の
問題もありますが、男と女、わかってもらえない
と感じた時、どういう風な行動をとる傾向があるのか
知っていますか?


男女関係で“わかってもらえない“その気持ちが強くなると
多くの女性は饒舌(おしゃべり)になります。

話しながら、自分の気持ちを整理し考えをまとめようとします。
感情的になったとしても、話すことによって安心しようとします。

“わかってもらえない”その気持ちが強くなると、多くの男性は
無口になります。
話しながら考えをまとめる事が苦手で、
自分の気持ちを整理し問題の解決策を考えてから、冷静に
論理的に話すことを好みます。

喧嘩になれば、その時の嫌な感情をぬぐいたくて、
あるいは、感じている不安を取りのぞきたくて、
自分で自分が嫌だなぁ~と思ったとしても、
わかってもらいたいと言う気持ちから、
感情的に話してしまった経験のある女性は
沢山いると思います。

喧嘩になって、なんだか責められているような気持ちになり、
何を言っても相手の機嫌が良くならず、
不安になり何を言っていいのかわからなくなり、
ついには無口になってその場を離れた経験のある男性は
沢山いるはずですが、どうでしょう?

感情的に話すのが苦手な男性は、
”ねえ、聞いているの?“と
女性が言いたくなるような態度になりやすい。

喧嘩の途中でも、男性は色々と
女性に提案したり、”ポイントはなんなんだ”と
論理的に話すように促したりするので、
感情を共有してもらいたい女性は、わかってもらえない
と感じ、ますますイライラ。

感情的になっている女性を見ると、男性は無意識に
自分が愛する人を幸せに出来ないと言う敗北感を感じ、
最後には無口になったり、喧嘩の途中に違う部屋に行って
ドアを閉めてしまったりする事もあります。

これは男性が女性を無視しているわけではないのですが、
不安を感じる多くの女性は無視されたと感じ、
その場を離れようとする男性を追いかけてまで、
話そうとする事が多いようです。

責められていると感じれば、
自分に相手を幸せにする能力がないと感じ、黙り込む男性と
愛されていないと感じ不安から話さずにはいられなくなる女性。
喧嘩になれば、男性は、愛が伝わらないと自信をなくし、
女性は、愛されていないと不安になります。


お互いに愛を伝えようとしているのに、愛が伝わらない。
なんだかとっても悲しいですね。

では、どうすればいいのでしょう?
気になる方は次回も続けて読んでくださいね。

読んでくださっているがわかると励みになりますので
ポチット人気blogランキングへ宜しくお願いします。

他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング

20日に日本へ行きますので、しばらくプログお休みします。
”また~??”と言う声が聞えます。ごめんね。









最終更新日  2007.11.17 07:54:33
2007.11.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
男女が知り合い、恋に落ちた時、
その恋はロマンチックで、相手の声を聞いたり
相手の顔を見るだけで幸せだった二人。

ところが、お互いの気持ちを確認しあった頃から、
なんとなく不安を感じる時がやってきます。

今恋をしている女性は彼と一緒に出来るだけ
一緒にいたいと思っていませんか?
おそらく、恋する男性だって彼女と
一緒に過ごしたいと思っているでしょう?

お互いの愛を確認しあい、安心感が少し出てくると
多くの女性は今まで以上に、彼の側にいて、
色々と話をしたり、一緒にどこかに行ったり
将来の話を出したりしながら、
彼の愛を計ろうとします。

ところが、男性は安心したら、
相手の気持ちが自分にあるのかどうか
悩んでいた時に手につかなかった仕事や
自分のやりたいことに、やっと、
安心して打ち込めると思うのです。


愛し合っているなら、頻繁に連絡を取ったり、
一緒に多くの時間を過ごし、離れている時は、
四六時中相手の事を考えるはずだと考える女性と
愛し合っているから、多くの時間を過ごさなくても
安心できるはずだと考える男性。
誤解が生じると思いませんか?



男性は生まれ持って、
女性のように一度に色々な事を
考える事がなかなか出来ません。

一度恋する相手に必要とされていると安心すれば、
悪気はなくても、仕事や自分のやりたいことを始めた時、
集中してやってしまうのです。

その結果、デートの回数が減ったり、
一緒に過ごしていても、テレビやゲーム
(あるいはその時している事)に夢中だったり
するので、女性の方は、話しかけても、
真剣に聞いてもらえないと言う不満を持ったり、
一緒にいる意味がないと考えたり、
避けられているのだろうかと疑ってみたり
”彼は本当に私の事が好きなのかしら?”
などと不安になり始めます。

でも、男性は自分を必要としてくれる
女性がいるだけで満足出来るんです。

必要とされている事を態度や言葉で
表現してもらえないと不安になりやすい女性は、
男性の態度に対して愚痴や文句を言ったり、
あるいは、心の中に溜め込んだりします。

溜め込んだ場合は、何かのきっかけで
爆発して出て来るので、安心していた男性はびっくり。
最初のうちは喧嘩して、仲直りをして、
以前より、ラブラブなんて事もありえるのですが、
度々そうゆう事があれば、
だんだん愛し合っているにも関わらず、
お互い愛を見失ってしまいます。

どうゆう風に愛を見失ってしまうのでしょう?

例えば、"あなたはちっとも私の話を聞いてくれない”
と女性が言ったとしましょう。

その言葉を聞いた男性が
”話を聞いてもらいたいんだな”
と集中していた事を(例えばテレビを消すなど)
やめて女性の話を聞こうと意識を向けると
女性は少し安心します。

実際、自分のやりたい事を中断して話を聞こうとした
経験のある男性は沢山いると思います。

ところが、話し合ううちに喧嘩になり、
ついには、女性はわめき出し、男性は無口になる。
そんな経験をした事がある人はいますか?

もしも、そんな経験をした事があるなら、
次回も続けて読んでみてくださいね。
どうゆう風に誤解をして、愛を見失ってしまうのか
書きたいと思います。

読んでくださっているがわかると励みになりますので
ポチット人気blogランキングへ宜しくお願いします。

他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング






最終更新日  2007.11.02 13:29:07
2007.10.25
カテゴリ:男と女
あなたには今恋をしていますか?

”恋をしています”となんの躊躇いもなく
すぐ答えられる人の多くは
おそらく恋人と出会って
それほど時間が経っていない人のはずですが、
どうでしょうか?

少し、考えてから答えた人の多くは、
周りからも恋人同士と認められ
ある程度肉体を重ね、ロマンチックな時間と
喧嘩を繰り返し、”この人がいないと生きていけない”
と思う日があるかと思えば、
"こんなに辛いなら、別れた方がいいかも”
等と思う日が交差する事があると思うのですが
どうですか?

"恋人はいるけれどね、恋をしているのかな”と
感じる人は、相手といて楽なんだけれど、
ロマンスがないなぁ~と感じているのではないでしょうか?
相手に対して責任や義務を感じる間柄に
なっていると思いますが、どうですか?

恋が始まったばかりの時はロマンチックで
情熱もあり、夢見心地だった二人。
その後、喧嘩をしながらも愛を確かめ合い、
別れてしまうことなく、結婚し
家庭を持つ人はたくさんいます。

もちろん、幸せな結婚生活を夢見て。

ところが、自分の親や友達夫婦、近所のご夫婦などを
見渡してみて、あなたが”私(僕)もあんな夫婦になりたい”と
思う夫婦は何組いるでしょうか?

外から見ていれば仲の良い夫婦に見えても
ある日うわさを聞いて、びっくりなんてことも
あるのではないでしょうか?
どちらかが我慢していたり、心を痛めていたり
なんて話を聞いた事もあるでしょう。
友達から、家庭問題の相談を受けたり、
愚痴を聞かされたりした事がある人も
沢山いるはずです。

お互いに愛し合って結婚した(または恋に落ちた)はずなのに、
どうして、愛を感じる事が出来なくなってしまうのでしょう?
(中には色々な事情で愛のない結婚をした人も、もちろんいると思いますが
一般的なお話をさせてくださいね)

別に結婚を夢見ている人に現実をつきつけて
怖がらせようとしているわけではないですよ。
これから、素晴らしい恋をしたい人や、
素晴らしい結婚生活をしたい人、
または、今の結婚生活を改善して
愛ある生活を取り戻したい人のために
参考になる事を書けたらと思っているのです。

愛を感じる事が出来ないと、心が辛くなりますから
自分を守るために人は色々な行動をとります。
そして、ついには家庭内離婚、不倫、浮気、
別離、離婚、蒸発等と言う形を取る事があります。
例え、自分のパートナーをを愛していてもです!

もちろん、これらの行動は他の理由から起こる場合も
ありますので、個別に見ていかなければ
はっきりと言い切ることはできません。
でも、生まれてきてから愛に包まれて育ってきた人は
これらの問題行動を起こすことは少ないようです。

愛を感じる事が出来ない時、
完全に愛がなくなっているのか
しばらく考えてみてください。

もしかして、最初は誤解から始まったかもしれない
と考えたことはありますか?

次回は、なぜ男と女がお互いを誤解するのか
書きたいと思います。

読んでいるよと私に知らせてあげようと思ってくださる方、参考になった、あるいは誰かの参考になるかもと思われた方、こちらをポチッと
人気blogランキングへ宜しくお願いします。

また、他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング









最終更新日  2007.10.26 13:04:20
2007.10.18
カテゴリ:楽に生きるために
さて、この間書いたプログを読んで、あなたは
自分を完全主義者かもしれないと思いましたか?

もしも思ったとしたら、何故自分は完全主義者に
なってしまったのかと思いをめぐらせたでしょうか?

占いをする私としては、持って生まれた性格も
影響していると言わざるをえませんが、それだけで
完全主義者になるわけではないのです。

私達は全員が誰かの子供であるわけですから、
成長過程においての、親の影響力を
無視するわけにはいきません。

ですから、完全主義に陥ったのは本人だけの
責任ではないと言えるでしょう。

だけれど、成人したあなたには
親を責め続ける行為の他に、自分で性格を直していく事を
選ぶ自由もあるということを、まず認識して欲しいと思います。

私達の多くは、程度の違いこそあれ、完全に物事を
やらなければいけないと心の底では思っていて、
失敗や挫折などを経験すると、自分を駄目な人間だと思う傾向が
あるのは周知のとおりです。

完全主義者になってしまった原因は人それぞれですが、
完全にやらなければいけないと思い始めた原因の一つに、
トイレトレーニングがあります。

第一次反抗期が始まる前にトイレトレーニングを始めて
パンツの中で粗相をする事がほとんどなかった子供でさえ
2歳前後になってくると、「オシッコはないの?」と聞くと、
たとえオシッコに行きたくても、「オシッコない」と
返事をするようになります。

当然、おもらしが頻繁に起こります。
この時期、自我が芽生え始めるので
何を聞いても「嫌」と言う言葉が出て来ます。
第一反抗期と言われる時期です。

子供を育てている多くの親は、
粗相をされると自分達が困るし、
言う事を聞かなくなった子供に怒りを感じたり
感情的になったりします。

そして、子供にかける多くの言葉の中で
「どうして、ちゃんと出来ないの?」とか、
「まったく、ちゃんとしてよ」
という言葉の割合が増えてきます。
(親が何故こうなるのかというお話は、またいつかね)

呪文のように「きちんと出来ないといけない」と言われ続ければ、
それが、潜在意識の中にしっかりと刻み込まれます。

その上、成長していく過程で、
親の要望に合った行為をした時のみしか
親の賞賛が得られなければ、
「完全でなければ、自分は愛されない」
と潜在的に思うようになります。

自分で何も出来なかった頃、完全であると思えた親が
成長していくに従って、実は完全でないとわかれば、
矛盾を感じるようになるでしょう。

ですから、完全である事がすばらしい
という魔法にかかっている私達の多くは
完全でない親を責めるようになります。

ところが、親でなくても、誰かに完全を求めれば、
自分も完全でなければいけないと言う思いにかられます。

皆が知っている言葉で言えば、カルマの法則です。
相手に投げかけたものは必ず自分に戻ってきます。


魔法をときたいですか?


私達は神様ではないのだから、
すべてを完璧にこなすことは
無理だと理解してみましょう。

なんでもこなせるように
見える人でも、失敗した経験もあるし、
不得意なものや短所はあるのです。

まず、小さかった頃の自分を思い浮かべ
「辛かったね」「頑張ってきたね」と
イメージの中で抱きしめてあげてください。

魔法をとくために、完全な人など何処にもいないのだと理解し、
誰かが何かを自分の理想どうり出来なくても批判するのを
止める事から始めてみるのがいいでしょう。

そして、自分が何かをやりたくても躊躇してしまう時、
完全にできない事に恐怖を感じているのかどうか、
考えてみることです。
もしも恐怖を感じているなら、
失敗してもやらないよりは良いと
まずは、やってみることをお勧めします。

世の中で成功している人の多くは
人よりも多く失敗した経験を持つ人だと言う話は
聞いた事があるでしょう?

あなたが何かを完全に出来なくても、
批判してくるのは、完全主義者である人間だけです。

批判を気にするのではなく、批判している
当人も実は苦しんでいるのだと言う事が
理解でき、自分に自信がついてくれば、
批判はそれほど苦にならないはずです。

次回は、男女関係について書こうと思っています。
興味があれば、また遊びに来てくださいね。


読んでいるよと私に知らせてあげようと思ってくださる方、参考になった、あるいは誰かの参考になるかもと思われた方、こちらをポチッと
人気blogランキングへ宜しくお願いします。

また、他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング






最終更新日  2007.10.21 01:58:10
2007.10.11
テーマ:心の病(7163)
カテゴリ:楽に生きるために
どうしてこんなことで、悩むんだろうと思った事がありますか?

人は誰でも、思いどうりにならない事があると、
ある程度ストレスを起こします。

このストレスの対処の仕方は、御存知のように人それぞれです。

ストレスの度合いにもよりますが、すぐに思考を変えて、
真実を受け止め、ストレスを手放す事が出来る人もいれば、
忘れる事ができず、いつまでも執着する人もいるでしょう。

友達に話して、すっきりする人もいれば、
お酒を飲みながらグチグチと友達が嫌がっていても
気がつかず愚痴をこぼし続ける人もいるでしょう。

思いどうりにならないことで常に悩んでいる人は、
完全主義者の可能性があります。

「私は完璧主義者だから、きちんとやらないと気がすまないのよ」
そう言って物事を完璧にやろうとする姿には頭がさがりますし、
その意気込みはとても素晴らしいと思います。

頼りになるし、責任感は強いし、揉め事は避けるし、
正直で、率直だし、時間をかけて準備をする等
完全主義者には良い所が沢山あるのです。

だけど、完璧を追い求めすぎると
自分が辛くなるので注意してください。

完全主義者には先ほど書いた通り
良い所が沢山あるのですが、
完璧にこだわりすぎると、
色々な問題が出て来るのです。

ひどい場合は、強迫観念から、
精神を病んでしまう場合もあるようです。

完全主義者は、完璧な理想を追い求め続けるため、
出来ないかもしれないと自分が感じたことは、
自分がやりたくても、失敗に対して強い抵抗を感じるので、
最初からやるのを諦めてしまいます。

要するに、やってみれば、素晴らしく楽しいかもしれない
自分が本当にやりたい事を避けるのです。

完全主義者ほど、何かをやりとおすには、
苦痛が伴うので、結局最後まで完全に物事を終わらせる事が
できないという皮肉な結果になりやすいのです。

また、目の前に素晴らしい人が現れた場合、
最初は美化しますが、その理想としていた人
(友達、恋人、夫など)が
自分の理想と違うと感じた場合、
手のひらを返したように嫌になりやすく、
別れてしまい、自分が理想とする人を
また一から捜すという事を繰り返しやすく、
相手の本当の美しさに気がつくチャンスや
魂を成長させる経験を得るチャンスを失います。

その結果、本当は結婚したいのに、
いつまでたっても独身を嘆くという
皮肉な結果になったりする場合があります。

また、自分が作り上げた価値観や基準で物事を厳しく判断し、
融通がきかず批判がましくなり、他人や自分を攻撃したりします。

物事を完全にこなせない時、
自分は駄目な人間だと思い自分を責めたり、
自分の感情に対してまで、
「こう感じなければならない」とか「こうであるべきだ」と考え、
自分の心を無意識に裏切ってまで、
自分が理想とする自分を演じようとします。

頑張って理想とする自分を演じている時
誰かに間違いを指摘されれば、苦痛ですから、
自分は完璧であると証明するかのように、
相手が間違っていると批判します。

他の人にも完璧を求めますから、
他人の行動に対して口うるさく「こうあるべき」と説いたりします。

よって、自分の思いどうりにならない世の中では、
心が満足する事がなく、常に欲求不満を感じやすくなります。

私が今書きあげた点にあなたはいくつ当てはまりますか?

私達は誰でも、出来れば完全に物事をやりたいと
思っているのでしょうけれど、
あなたの完全主義の度合いはどのくらいでしょう?

もしも、心が痛くて辛い事が多いとしたら、
次回も続けて読んでくださいね。
少しでも心が楽になる事を書くつもりですから。

読んでいるよと私に知らせてあげようと思ってくださる方、参考になった、あるいは誰かの参考になるかもと思われた方、こちらをポチッと
人気blogランキングへ宜しくお願いします。

また、他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング






最終更新日  2007.10.12 08:21:04
2007.10.03
カテゴリ:楽に生きるために
この間5分でいいから、
ストレスの元となる物を取除いた時に
虚しさや寂しさを感じるか、
また、ストレスを感じた時に
誰かを責めたり、心の中に蓋をして
見ない様にしているか、
考えてみてくださいと書きました。

本当に考えてくださった方がいて、
メールをくださいました。

この方はある事でストレスを感じていたんですが、
考える事によって、ストレスの元を
取除く必要もないし、また、誰かを責めたり
する必要もないということに
気がついたようです。

私のプログがきっかけで、
”ストレスを感じなくてもいいんだ”
との気づきがあったこと、
その事をメールで知らせてくださったこと、
自分の事のように、本当に嬉しかったです。

こう言う方が世の中に増えれば、
世界は平和になると信じているので、
本当にありがたいです。

*****

ストレスは自分でコントロール出来ない物や人、
期待はずれな出来事を経験した時、
思いどうりに物事が進まない時、
または原因がわからない時等に起こります。

と前回書きました。

世の中は、自分でコントロール出来ないことだらけ
と思っている人が大部分をしめると思います。
期待はずれな出来事はしょっちゅう起こるし、
思いどうりに物事が進まないなんて事も
多々あることです。

そうやって考えれば、ストレスが無いのは
おかしく、ストレスがあるのが普通ですよね?

病院に行って原因がよくわからないと、
”ストレスですね”
と言う先生が増えているそうですが、
確かにそう言われれば、患者さんも
”そうだなぁ~”と納得してしまいそうな
世の中です。

そう言う私も、今思い出したのですが、
中学生の頃に、よく胃痙攣を起こしたり、
原因不明の熱が続いたりして、
病院に行くと、”ストレスですね”と言われた
経験が何度もありました。

"ストレスなんてなあ~んにも、ないですよ”と
病院に連れて行ってくれた2度目の母や祖母が、
私の変わりに返事してましたね。
実は、私もその当時は、何のストレスなのか
全然わかってはいませんでしたから、
身内がそう言うのも無理はないのですけれどね。

話がそれちゃいました。
元に戻しますね。

ストレスがあるのが普通と思えるけれど、
それでも、時々ストレスを感じていないように
見える人に出会う事はありませんか?

そんな人に会えば、羨ましいと思う反面
なんて気楽な性格なんだろうと批判したくなる
気持ちも出て来るかもしれません。

私の生みの母親は、
"あなたのようにのん気にしていては、
生きていけない”と私によく言います。

こうゆう風に誰かに言われると、
それまで特にストレスを感じていないと
思っていたのに、
”私だってストレス感じてるわよ!”
と反論する人もいるでしょうね(笑)
逆に、ストレス一杯の人は、
"誰もわかってくれない”と
悲しくなるかもしれませんね。

私はそのどちらでもないのですが、
こういう風に私に言う母は
ストレスを沢山感じているはずです。
(ストレスを感じていなければ
こうゆう言葉は出てきません。)

ストレスを感じていないように見える人
でも、上記に書いたように、反論したり、
悲しくなる人は、心の奥にストレスを抱えて
いる人です。

そのストレスは、自分が気がついていない、
トラウマや、罪悪感かもしれないし、
自己欺瞞や自己否定、または
愛されていないと言う思いなどの場合が
多いようです。

実際にストレスを全然感じない人など
いないはず。

それでも、ストレスを感じていないように
見える人で、本当にストレスの少ない人は
どんな人なのか、観察したり、話を聞いてみたり
してみれば、自分のストレス解消に
繋がるヒントが得られるはずです。

次回は、ストレスを感じる原因の一つとして
完全主義者のお話をしたいと思います。

読んでいるよと私に知らせてあげようと思ってくださる方、参考になった、あるいは誰かの参考になるかもと思われた方、こちらをポチッと
人気blogランキングへ宜しくお願いします。

また、他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング






最終更新日  2007.10.04 08:03:16
2007.09.28
テーマ:心の病(7163)
カテゴリ:楽に生きるために
この間消えてしまった一度書いた”ストレス”について、
まったく同じ物は書けないと思うけれど、
もう一度書いてみますね。

長くなると思うので、
時間のある人と興味のある人は
読んでくださいね。

現在はストレス社会と言われています。

ストレスは自分でコントロール出来ない物や人、
期待はずれな出来事を経験した時、
思いどうりに物事が進まない時、
または原因がわからない時等に起こります。


ストレスを感じる事が悪いかと言えば、
そうだと言いきることは出来ません。
私達はストレスを感じることによって
現状や自分を変える努力をするからです。

厄介なのは、ストレスを感じないために
ストレスの元になる物や人を避けたり、
取り除くという行動をとる場合があるということです。


例えば、突然リストラされた男性が
家庭持ちの場合、一日公園で過ごし、
夜になると家に帰るという行動を
取ったりするのはそのせいです。
追い詰められると、蒸発と言う行動を
取る人もいます。

また近所の騒音と言うストレスの場合、
引越する人もいれば、警察に連絡する人もいます。
騒音の元となる本人に注意する人もいれば、
窓を閉め切る人もいるでしょう。
ピアノ殺人事件などは、ストレスを
コントロール出来なくなって、
事件になったケースです。

学校でストレスを起こせば、
登校拒否を起こしたり、
ストレスの原因となる、
友達と遊ばなくなったりします。
勉強でストレスを起こせば
勉強をやめてしまう場合もありえます。

会社でストレスを起こさば、
転職しようかなどと思うでしょうし、
実際にやめてしまう人もいるはずです。

恋人や配偶者が自分の期待にそった
行動を取ってくれなければ
別れたり、離婚をしたり、
家庭内別居と言う形をとるでしょう。

家族の中や、御近所、知り合いに
自分のストレスとなる人がいる場合、
その人と関わる時間が必ず少なくなるはずです。

自分が嫌いで、それがストレスになっている場合は
問題行動を起こしたり、自虐行為をしたり、
ついには自殺を考えたり、実際自殺する場合もあります。

思いあたるものがありますか?

こうやって、私達の多くはストレスの元となる物を
自分から取り除こうとする癖があるようです。
取り除こうとする思いが強くなりすぎると
人によっては、事件を起こす場合もあります。

では、このストレスとなる物や人を取り除けば
本当に楽になるのでしょうか?


もちろん一時期的には楽になるかもしれません。
だけど、ストレスの元となる物や人を
避けたり、取り除いたとしても、
あなたの思考が変わらなければ、
実は、形や人を変えて、
同じような事が起こりやすいのです。

「え~、そんなのやだ~」ですよね?

だけど、振り返って考えてみれば
少しはわかるかもしれませんよ。

取り除いたものの、なんとなく寂しさを感じたり、
虚しさを感じたり、罪悪感を感じていませんか?

ストレスを起こした時、誰かを責めてはいませんか?
あるいはどうしようもない事と自分の心の中に
押し込めて見えないように蓋をしてはいませんか?
5分でもいいですから、考えてみてください。


参考になった、あるいは誰かの参考になるかもと思われた方は
こちらをポチッと
人気blogランキングへ宜しくお願いします。

また、他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング






最終更新日  2007.10.03 02:36:09
2007.09.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
さっき、プログランキングを久しぶりに見に行ったら、
最近、ほとんど書いていないのに
100位代前半にいて、びっくりしました。

本当にありがとうございます。

プログを再開してから、
最低1週間に1回は書こうと思いながらも
なかなか書けず、本当にごめんなさい。

実は3日前”ストレスはどんな時に感じやすいか”
について書いたのです。

ところが、途中でマウスが動かなくなりました。

ここの所PCの調子が何故か、
あまり良くはないのです。
それでも、文字を書くことは出来たので、
最後まで書いたのです。

ところが、マウスが動かないから、
どうしても登録ボタンを押せない。

マウスが動かなくなった時点で
よ~く考えてみればわかるのに、
書いている時は、そこまで考えが及ばなかったのです。

フリーズするなら書き始めのころになればいいのに、
書き終わって登録ボタンを押そうと思った時になると、
本当にガッカリしますね。

”ストレスはどんな時に感じやすいか”
を書いていて、こんな事が起こったので
思わず笑ってしまいました。

本日、思い出しながら書こうかと思ったのだけれど、
今夜中の1時半で私の脳ミソは半分眠っている状態。

こんな私ですが、これからも宜しくお願いしますね。


PS:私のように、考えが足らなくて
思うように物事が進まなかった経験が
ある人もいると思います。
自己嫌悪になる人もいるでしょう。
でも、あまり長く引きずらないようにね。
自分を責めても結果は変わりませんから。






最終更新日  2007.09.25 17:35:20
2007.09.07
昨日ちょっとお出かけしました。
コミュニケーションコンサルタントとしては、
興味深いというか、知識や経験を
再確認するという出来事に遭遇しました。

それで、今日はその事にヒントを得て書いてみたいと思います。

私達は、潜在的に人に嫌われたくなくて
"よい人”だと思われたいから無理をする事があります。

本心では「嫌だな~」と思っていることでも、
口に出して嫌だとなかなか言えず、
取り繕ってしまいやすいのです。

誰でもそんな経験があると思います。

「嫌だなぁ~」と思っていても、
本人が納得してそうしている間はいいのですが、
それが積もり積もって重なってくると
ますます本心が言えなくなって、
自分から望んで良い人を演じていたはずなのに、
それに気がついてくれず、何かをしてあげていると
自分で思っている相手に対して、
ぜんぜんわかってくれていないと不満を持つようになります。

不満を持つようになると、
相手にとって良い人でありたかったはずの自分なのに、
次第に相手から犠牲を虐げられているような気分になってきます。
(そう、最初は自分から望んで相手に合わせていたにも関わらずです。)

そうすると、自分にとって最初素敵な人だったはずの人が
なんと自分にとってだんだん厄介な人になるのです。

連絡が来ても無視してみたり、なんとなく
そっけない素振りを見せたり、
不服そうな顔をしたり、
聞えない振りをしたり、
身辺を忙しくし
一緒に過ごす時間を少なくなるように
工夫したりしながら、「これでもわからないの?」
と言うサインを送ります。

ところが、自分が本心を言わず嫌だと思いながらも
合わせ続けていたその相手にとっては、
それが普通になっているから、
敏感にサインを読み取れる人でない限り
自分が、自分に合わせてくれたり、
お願いを聞いてくれたり、
同意したりしているその人の
負担になっていると思う事は少ないようです。
それどころか、
「これも聞いてもらえるかな?」
と無理難題を押し付けることもあるでしょう。

そして、自分に合わせ続けてくれる人を
大親友だ、素晴らしい伴侶だと
思っていることもあるでしょう。

しかし、自己犠牲を感じている方は
親友だなんてとんでもない、迷惑だ
なんて感じる事もあるはずです。

人は、いつも誰かのおかげで生活出来ているわけだから
頼ったり、頼られたりのバランスが取れている間は
問題がないのですが、バランスが崩れると
(このバランスも人それぞれですが)
ついには私達は自分が嫌々合わせ続けてきた人達の事を
陰でデリカシーのない人だとかずーずーしいとか
理解出来ない、常識で考えられないなどと、
他の人にこぼすようになります。
(それが、悪いとは言ってないので、誤解しないでね)

だけれど、自分が合わせている相手が
「大丈夫?」と相手に承諾の確認をとったり
「どうしたい?」と相手の意見を求めたりする
心使いがある人の場合もあるわけです。

そうゆう人が相手が陰でコソコソと自分のことを
言っているのを知ったらどうでしょう?

自分に押し付けがましいところがなかっただろうかと
考え直せるだけの余裕がある人や、
そのままを受け入れ手放せる人は別として
普通なら、裏切られたような感覚を持つでしょう。

こうゆう感覚を経験した人も沢山いると思います。

私はどちらも今までに経験した事があります。

確かに世の中には自分の事しか考えていない
ような我儘な人もいるでしょう。

けれど、その人の我儘を認めてしまったのは
ほかならぬその人に嫌われたくないために
合わせてしまった周りの人間がいたせいだと思いませんか?

だって、赤ちゃんは純粋無垢で生まれてくるのですから。

もしも、あなたに好きな人(友達、恋人、夫婦、家族等)
がいて良い関係を続けて行きたいなら、
自分が納得出来ない良い人を演じるを止めてみましょう。

相手を傷つけたくないと思うその優しい心が
かえって、(自分で納得していないと)相手にも
自分にとってもあだになる場合があるのです。

自分のために生きてください。
周りの人を大切にしながらも
自分を大切にすることは出来ます。
(自己犠牲の女王のようだった
私が言うんですから本当ですよ)

コミュニケーションを上手にとれるように
なるためには訓練が必要ですが、
どうゆう風にコミュニケーションを
とっていいのかわからない場合でも
誰かのために何かをしてあげたいと思う時
自分の動機は何か考えてみれば
後々のトラブルを避ける事は可能です。

参考になった、あるいは誰かの参考になるかもと思われた方は
こちらをポチッと
人気blogランキングへ宜しくお願いします。

また、他のカウンセラーのプログも読んでみたい人はこちらから
カウンセラーブログランキング






最終更新日  2007.10.12 08:28:04

全128件 (128件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.