759511 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

U H U R U 都市伝説

PR

購入履歴

カテゴリ

バックナンバー

フリーページ


クリスマス2(しましま)


クリスマス3



クリスマスツリー


トナカイ&サンタ


ジンジャークッキー


クリスマスブックマーク背景


クリスマス 枠


光沢クリスマス


spongebob



星動画


星 枠


縁取り編集中


牛!


年賀はがき素材


ton


ペンギン


うさぎLOVE


蜂、クローバー


春 光沢お花


さくら


夏 hawaii


はいびすかす


海横縞


浜辺


ハイビスカス 追加


カリビアン!


お盆!


ホヌとモンステラ


翼うんちっち


pile of poo


うんkoやろ


頭うんこ


秋 Halloween1


Obama Issues Ron Paul “Kill Order” As Ru


フセインとアルカイダの関与疑惑


ワシントンでのクーデタと反クーデタ (1) オバマVSペトレイアス


ワシントンでのクーデタと反クーデタ (2) オバマVSペトレイアス


ワシントンでのクーデタと反クーデタ (3) オバマVSペトレイアス


ワシントンでのクーデタと反クーデタ (4)  オバマVSペトレイアス


アフリカのグループは、オバマの逮捕を求めている 2013/06/26


イラク戦争の場合のトルコ国防総省のNATOリフト拡大


Bernie Sanders、トランプ、反ユダヤ主義に関する演説全文


1945 日本本土に対する地震心理戦計画


1900年代のイスラエルの戦略 Oded Yinon


Demonization Campaign:Of Kim Jong Nam


防災集団移転促進事業


(参考:建築基準法第 39 条 災害危険区域」に係る建築制限の考え方について


災害危険区域の指定に係る 住 民 説 明 会


災害危険区域の指定に係る 住 民 説 明 会


防波堤設計のガイドライン


復興と未来のためのパートナーシップ csis


津波遡上高、伝搬速度、施設(防波堤)高さの設定について


2020年05月30日
XML
スーパーシティ構想の先進モデル カナダ・トロントの事業からグーグルが撤退
国際2020年5月19日



安倍政府がこれまで三度も未審議でとり下げられたスーパーシティ法案(国家戦略特区法改定案)を参院本会議で審議入りさせ、5月中に成立させる動きを見せている。同法は人工知能(AI)やビッグデータを用いて住民生活関連インフラを電子管理する「スーパーシティ」をつくるため、個人情報管理などさまざまな規制緩和を国主導で押し進め、外資にその情報をみな明け渡していく危険性へもつながる内容だ。しかし、これまで政府が先進モデルとしてきたカナダ・トロントでの「スマートシティ開発」は住民が猛反発し、事業主体のグーグル系企業がプロジェクト撤退を表明した。

 「スーパーシティ」はAIやビッグデータを用いて、自動運転、キャッシュレス、行政手続きの電子化やネット診療、オンライン教育など、生活全体をIT化してしまう「まるごとIT都市」である。これを実現するためには、個人情報をみな電子管理するシステム構築が欠かせない。さらにこのデータを「IT都市」化を進める事業者が自由に使える体制整備が不可欠だ。行政データ、住民データ、企業データ、個人データを電子管理し、それをすべてスーパーシティ都市構築事業主体に提供できるようにすることを目指している。

 さらに複数分野の規制改革を同時に実現できるようにするスーパーシティ用の手続き整備も盛り込んでいる。これまでは所管が違う問題は各省ごとに検討していた。だが今回のスーパーシティ法は「事前に住民合意を得ている」なら、計画案の段階で内閣府が仲立ちし、各省に必要な特例措置を求めることができる。

 これまでの国家戦略特区は所管省庁による検討をへて規制緩和内容を具体化していた。それを一挙に複数の規制緩和を一国家戦略特区に適用するため、各省庁の審査を受ける前に内閣府が点検し、内閣府が各省庁に「このような特例措置をとるべきだ」と迫るような内容も盛り込んでいる。

 しかも規制緩和で収集対象となるデータは、移動(自動走行、データ活用による交通量管理・駐車管理等)、物流(自動配送、ドローン配達等)、支払い(キャッシュレス)、行政(オンライン化)、医療・介護、教育(AI活用)、エネルギー(水の自動管理)、環境(ゴミ収集)、防災(緊急時のエネルギー供給、防災システム)、防犯(ロボット監視等)を含み、生活全般にまたがっている。そうした個人データを無規制で活用する「スーパーシティ」事業が横行していけば、あらゆる個人情報は行政機構に筒抜けになり、なにに使われるかわからない。外資を含むIT企業にも個人情報が筒抜けになる可能性は高い。こうしたスーパーシティ法について厳密な内容の検討もないまま成立を図るのは極めて危険な動きである。

 こうしたなかカナダ・トロント市で住民対話型スマートシティの構築を進めていたグーグル系列の米サイドウォーク・ラボが七日、事業撤退を表明した。人工知能(AI)などを活用した都市の開発を目指していたが、新型コロナウイルス感染の影響で必要資金を確保するメドが立たなくなったと主張している。サイドウォーク・ラボは、グーグルの親会社アルファベットの傘下企業で2015年に設立し、2017年からトロント市の港湾地区でデータや通信、自動運転車などを活用するスマートシティ開発を進めてきた。そのときうち出したのは、もともと工業用地だったウォーターフロント地区の一部(約4・9㌶)の再開発プロジェクトに5000万㌦規模(約55億円)を投じて木造の高層ビル群を建設し、そこで生活も仕事もできるようになるという内容だった。

 さらに「建物に使う木材は低価格で環境に配慮した建築資材を利用する」「新しいタイプの光る敷石で舗装された街路は、瞬時にデザインを変えられる」「家族連れで歩き回れる街は時間帯などで自律走行車のための道路に切り替えられる」「ごみは地下のダストシュートを通って捨てられる」「暖房付き歩道も設置する」「数千世帯が暮らすことになるアパートのうち四割は低所得者と中所得者に優先的に割り当てられる」と住民に約束した。加えて公共Wi―Fi、交通と街路の生活をモニタリングする大量のカメラやセンサーを周辺地域に設置する計画だった。そしてサイドウォーク・ラボは次第に対象範囲を広げる動きも見せていた。

 だが地元ではこうした個人データや社会関連データを営利企業がどうやって収集し、どう管理するのかという点に疑問や懸念が噴出。「監視社会のディストピア(暗黒郷)」とも酷評された。カナダのスマートフォンメーカー・ブラックベリーの元CEOであるジム・バルシリー氏もサイドウォーク・ラボのとりくみについて「監視資本主義の植民地化実験」と指摘している。

 カナダ自由人権協会は昨年4月、カナダ政府などを相手取り訴訟を起こした。同協会は「カナダはグーグルの実験用マウスではない」と主張し、この事業で監視が強化され、政府の役割を民間企業に外注することへの懸念を表明。計画は「無効であり、とりやめる必要がある」と主張した。

 サイドウォーク・ラボのビジョンを示す1500ページをこす報告書では、データの扱いをめぐる法律やデータ管理を厳格にすることも提案されたが、専門家はプライバシー、データ侵害、偏ったアルゴリズムに関する問題に対処できる保証はないと警告し、プロジェクトは大幅に縮小されていった。そして5月20日にはプロジェクト継続の有無を決定するウォーターフロントの理事会が予定されていたが、その前にサイドウォーク・ラボが事業撤退を表明する動きとなった。

 トロント再開発計画は世界中のスマートシティのモデルケースになると宣伝され、安倍政府も先進モデルとして持ち上げていたが、こうして頓挫した。




グーグルがスマートシティ中止 理由はデータプライバシー問題?
2020年05月27日 


グーグルの親会社、米アルファベット傘下のサイドウォークラボが、カナダ・トロント沿岸部に構築予定だったスマートシティの事業を2020年5月7日に中止した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)が理由との発表だが、実際にはどうだったのか。スマートシティだけでなく、その前提となるDX(デジタルトランスフォーメーション)にも詳しいエヌプラス代表取締役の中村祐介氏が、失敗の本質を読み解く。

 前例のない経済不確実性が世界とトロントの不動産市場に広まるにつれ、ウオーターフロント・トロント(Waterfront Toronto:以下、WT)と共に進めてきた、12エーカーの計画のコアな部分を犠牲にすることなく、財政的にそれを実現することは困難となりました。そのため多くの審議の結果、私たちはこれ以上キーサイド(Quayside)計画を進めることはできないと判断し、WTに伝えました。

データプライバシー問題への説明責任


しかし、SL社は新型コロナウイルス感染症のパンデミックが起きる前から、この計画に問題を抱えていた(参考記事「スマートシティの3類型から見る日本の勝ち筋」)。当初WTが12エーカーのエリアへの提案を求めたのに対し、SL社は約800エーカーものエリアに対する計画書(MIDP)を発表。その野心的過ぎる内容も進展を遅らせていた要因の1つといえるが、主な問題はデータプライバシーについての説明責任を果たしきれておらず、市民側との壁があったことにあるのではないか。

 つまり、SL社の親会社であるアルファベットも含め、この都市でデータがどのように収集され、保護されていくのか。そしてそのデータを誰が所有するのかについての批判だ。街にはセンサーが設置され、住民の行動はすべて記録に残されるというスマートシティを、収集したデータを収益化してきた企業(=グーグル)が実施することに、多くの市民が不信感を抱いた。

このコンテンツは会員限定です。お申し込みをされますと続きをご覧いただけます。










最終更新日  2020年05月30日 08時46分28秒
コメント(0) | コメントを書く
[復興・被災地の悪事] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.