000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

mamatsuyukoのブログ

PR

X

全24件 (24件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

玉井式

2019.05.23
XML
カテゴリ:玉井式
3年生になり、段々と複雑な問題に
なってきた玉井式国語的算数教室。

今回は社会の授業で習った
方角や地図も使用した教科横断的な問題になっています。

難しかったようで、みんなで一緒に
考えて答えを見出したそう。

辛抱強く問題に取り組めるようになって
欲しいです。

かたちの形では正三角形や長方形を用いた問題。

ちょっかくは漢字で書いて欲しかったなーー😂












最終更新日  2019.10.28 08:17:29
コメント(0) | コメントを書く


2019.05.11
カテゴリ:玉井式
3年生用のテキストがスタートしました。





今ちょうど小学校でも勉強している時間に
ついて。
2年生でも学習していましたが、
忘れかけていた部分を復習出来た
内容でした。





復習の大切さを日々痛感しています。

円の性質についてはまだ学校では
習っていませんが、図形は好きなM(息子)

理解するのは早かったようです。

コンパスを使用したら更に興味を持つかなと
思い検索した所、素敵なデザインの
ものがありました。

Mよりウキウキしてしまった私です笑
円を沢山描いてみたくなりました。









最終更新日  2019.10.28 08:17:52
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.24
カテゴリ:玉井式
先月のテスト終了後、次の目標を聞かれ
「100点を取りたい!」と言っていた
M(息子)







今回のテストでは念願の100点を取ることが出来ました😭

内容としては2年生の総復習+小数、分数
と図形問題。
テスト前、宿題で間違えていた億単位の
数字を復習しておきました。

テスト中にこれは満点いけるかも⁈と
思ったそうです。
何回も見直しした結果、100点を取れ
先生からも「理解力がある」と言われ
嬉しそうでした。

5月から本格的に3年生の内容になり
ぐっと難しくなるようです。

いつもトップの成績の女の子がいるらしく
負けないぜ‼︎ と言っていたM😅


うちの子、意外と競争心があるのかしら⁇と思いました。
その気持ちを持続してもらいたいです笑









最終更新日  2019.10.28 08:18:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.27
カテゴリ:玉井式
2年生最後の玉井式
テストを受けてきました。

前回を上回る点数を
目標に闘志を燃やしていたM(息子)

2人で一緒にどこが出題され
るか予想して
テストに臨みました。

その結果、点数up⤴︎

な、何と通っている生徒の中で1番だった
ようで塾の新聞に先生と一緒に写真を撮り
載せてもらえることになりました💕
(最初で最後かな😂)


結果を残せたのが、かなり本人も嬉しかったようで
3年生になったら100点取るぞ‼️と気持ちも
新たに目標を決めていました。



やはり復習は大切だなと痛感。
毎日こつこつ、間違いや分からない事を勉強して
いけたらと思います。









最終更新日  2019.10.28 08:18:40
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.13
カテゴリ:玉井式
昨日は塾の面談がありました。

普段のM(息子)がどのように取り組んでいるか、
現在の成績について色々と聞いてきました。

約半年が経ち、先生のMへの感想は
「真面目」「飲み込みが早い」
「集中して取り組んでいる」との
事でした。

教室でやんちゃな子が1人いるらしく
その子には先生も手を焼いている
とMから報告があり、その件に
ついて塾の考えも伺いました。


その生徒の母親もその状況は把握して
おり、態度が悪過ぎたら
辞めさせると子供に言っているらしい
のですが😭

どうなることやら…


家での宿題についてはどうですか?
と聞かれ、集中力が15分ぐらいしか
持たないので朝や学校から帰宅し、
習い事の前に済ますようにしている、
私が横にいながら見ています
と伝えました。

少し難しい、つまづきやすい問題は
まだ答えを間違えやすい。

基本的な問題は殆ど間違えることが
なくなりました。


毎月のテストの点数についても
他の生徒さんの情報がなく
一体息子の成績は良いのか悪い
のか分からず、アドバイスが
難しいと相談。


先生からは玉井式は公立小学校の
内容より少し難しいため
65% ぐらいが取れていれば
その単元は理解出来ていると。


お子さんをまずは褒めて伸ばして
あげて下さいと言われ、少し
安心しました。


周りと比較するより少しずつMが
理解し、間違えた所を復習しながら
覚えていけるように応援していけたらと
思います。

何より小学校の授業で自信を持てるよう
になったとMが言っていたので
通って良かったなと。


4年生以降の進路についても少し話が
出ましたが、まだ未定と伝えました😅









最終更新日  2019.10.28 08:19:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.10
カテゴリ:玉井式
先日発熱で塾をお休みしてしまい、
振替で土曜日に行ってきました。





玉井式国語的算数教室はフレキシブルに振替日を対応してもらえ
助かっています。

今回は分数.小数 を読んで考えよう
と、立方体と直方体 について
学びました。


文章読解を通して、分数・小数の
学習をすすめ、子供の中に
イメージングが出来るよう、
全体を「1」 として具体的に
図を描いて考えさせていきます。

玉井式で端数の構成と分数と小数
での表し方のイメージを早い段階で
合致させることができるように
同時進行していくそうです。

有形、無形のものを「1」としてイメージし、解答する練習を通して
将来的に「割合」の単元にスムーズにつなげていきます。


自宅でも身の回りにある丸いもの
(みかん、りんご、ケーキ等…) を
実際M(息子)に分配してもらって
います。






2枚目の写真は、授業後に自宅で
やる宿題。

Mはまだ立方体と直方体の概念が理解できていないようです…😅
そこから教えていかねば。

直方体に紐をぐるっとかける問題は
一見すると難しく思えるようでした。
直方体の性質を利用すれば
案外簡単に解答を導くことができ
分かる所から長さを書かせる
などしてヒントに気づかせて
あげるとよいそうです。

先取りの学習なので、まだ理解できていない部分が多いMですが
3年生になってつまずかないよう
頑張ってもらえたらと思います😭






最終更新日  2019.10.28 08:19:23
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.19
カテゴリ:玉井式
玉井式では

2年生の段階で「日暦算」や
「旅人算」が授業のカリキュラムに
含まれています。





難しく考えずに
物語の中で自然に考えるような
内容になっています。

基本的な考え方を覚えていて
くれたら良いのですが😅

どうかな…






最終更新日  2019.10.28 08:20:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.29
カテゴリ:玉井式
今日は毎月末に行われるテストがありました。

億までの数字
折り紙を使用した図形問題
長文問題 ( t. kg. gなど)


迎えに行った時の表情で大体テストの出来が分かります😅

今日は浮かない顔をしてました笑
苦手だった折り紙の図形問題、単純に答えを出せない
長文問題が難しかったと…

学校ではまだ万の位までしか習っていませんが
M(息子) はお金が大好きなので笑
億の単位を全て自分のお金だと思って数えているため
間違いはありませんでした😂















長文問題は写真のページ以外にもあと1問あり、
文章の中から内容を読み解き、足したり引いたり
掛けたりして答えを出す問題で時間が足りないと😭

試験時間は40分、なかなかハードです…

単純な間違いもあり、一緒に間違えた問題の見直しを
しました。

Mは間違えた答案用紙を見るのも嫌と言っていましたが
根気よく、次回は間違えないように何処が分からないのか
どうやったら答えを導き出すことが出来るのか考えて
理解していく事が大切だと思います。







最終更新日  2019.10.28 08:20:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.20
カテゴリ:玉井式
先日の折り紙を使用した図形問題




授業中、頭の中だけでイメージするのは難しかったらしい
家に帰ってから実際に折り紙を使って色々と切って展開
して復習。

「こんな形になるんだねー!」 と面白がるM(息子)

紙上だけでなく、手を動かして学んだ方が楽しく覚えて
もらえました。






最終更新日  2019.10.28 08:20:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.08
カテゴリ:玉井式
ストーリー展開のアニメーション映像を⾒て、そこから出題される⽂章問題に答えながらテキストを進めていきます。


rblog-20190108080131-00.jpg



『キャドック王国とリンボのオオカミ』という児童書の世界観をベースにしたストーリーと楽しいキャラクターの映像で、子供も集中カを切らすことなく取り組んでいました。

授業が終わった後、早く続きが知りたいと
いう感想が聞け、楽しかったのだなと。


また「具体物を通してものごとを理解する」という低学年の子どもの特性を踏まえて、ストーリー中に算数の課題が登場し、子どもたちはそれを疑似体験しながら解決方法を考えていきます。

そのため算数の考え方や答えの導き方を自然と⾝につけることができ、また家族愛をテーマにした物語は無機質になりがちな算数の学習に本を読む楽しさも加えていると感じました。


日常生活の中で親子の会話を通して勉強した内容を復習し、定着させることも出来ると思います。






最終更新日  2019.10.28 08:21:14
コメント(0) | コメントを書く

全24件 (24件中 11-20件目)

< 1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.