321827 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

mamatsuyukoのブログ

PR

X

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

絵本、本

2021.01.23
XML
カテゴリ:絵本、本
2月14日から大河ドラマ「青天を衝け」
がスタートします。

主役が私とM(息子)が好きな吉沢亮さん
です。
仮面ライダーフォーゼの頃からの
ファン😂

楽しみですが、渋沢栄一さんのことを
よく理解していないのでMによい
本はないかなと。

そんな時に出会った一冊です。

渋沢さんの言葉だけでは難しいですが
子供にもわかりやすく説明されています。


「机上の読書のみを学問だと思うのは
甚だ不可のことである。
要するに、事は平生にある」

普段の生活の中での「学び」が
信用される人になるための力を
育むとおっしゃっています。

Mにも響いてくれたら…







最終更新日  2021.01.23 13:47:54
コメント(0) | コメントを書く


2020.12.04
カテゴリ:絵本、本
以前東京に住んでいた頃、近所に
あった古本屋へよく通っていました。

子供もまだいなかったのに絵本など
を物色し、少しずつ買い足して
いました。

かなり古い本で、西ドイツなどの
国旗も掲載されていますが😂
子供にはその国の歴史の話しもしながら
読み聞かせ出来たらと考えています。

絶版になる本も多いので、出会いを
大切にしたいです。







最終更新日  2020.12.04 12:15:57
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.26
カテゴリ:絵本、本
小学校の読み聞かせボランティアが
先月から再開しました。
(1.2年生の低学年のみ)

感染対策をしっかりと講じて
絵本を読んでいます。

席に着席したまま聞く形なため、
選書も悩みます。

大型絵本を選んだり。

時間は20分あるので2冊ほど読むことが
出来ますが、1冊目はお子さんも
参加出来るようなリズム感がある
言葉遊びの絵本が良いかもと思い
自宅にあった「どどどどど」にしました。

この絵本はM(息子)が幼稚園の頃
大好きで沢山読み聞かせしていました。

2年生には優しすぎるかな⁇と
思いましたが、大好評😆


読み聞かせ後にもう一度リピートして欲しいと
ご要望かあり、再度読みました。

五味太郎さんの絵本はウィットさがあり大人も楽しめますが
子供にとっても楽しい絵本なのだという事が再認識出来た
時間でした。





















最終更新日  2020.11.26 19:49:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.15
カテゴリ:絵本、本
漫画はよく読んでいますが、なかなか
小説を進んで読まないM(息子)…

気に入ってくれそうな内容を考えて、、
最近夢中になりつつある野球の物語を
チョイスし渡した所、かなり
面白いとハマってくれました😆





「バッテリー」という児童書で
著者はあさのあつこさんという方です。


天才的で小学校を卒業したばかりでありながら
孤高のピッチャーである主人公が新しい学校で
包容力のあるキャッチャーの同級生と
出会うお話。



Mもピッチャーに憧れていて、同じクラスの
お友達がキャッチャーのポジションを
守っている為、2人の登場人物に
感情移入したのかもしれません😊











最終更新日  2020.11.17 08:28:18
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.09
カテゴリ:絵本、本
Z会中学受験コース4年生の理科で
水溶液の性質を学習しています。

酸素や二酸化炭素、塩酸、塩化水素、
窒素など。

M(息子)にとっては馴染みのない
難しいものですが…😅
自分達の暮らしの中、ありとあらゆる場所に
元素は存在するということが分かれば
理解しやすく、興味を持ってもらえるかな
と思い、何か良い本はないかと探していた所
小学校の図書室に良い本がありました。

高学年の男の子達も楽しそうに読んでいて
Mも食い付いてくれるかなと。



私自身、学生時代化学に全く興味が
なく文系に進みましたがMと一緒に
勉強していく内に、段々と面白くなって
きました。

こうなったら元素周期も暗記するぞ!と
クイズ感覚で2人競争しています😂

Mは1人っ子で誰か競争相手が
いないと燃えないタイプなので、
大人になり恥ずかしながらですが
私も一緒に学んでいけたらと。

こちらの本はそれぞれの元素がどんな
ものとして普段の生活に使われている
のか、写真と一緒に説明されていて
とても分かりやすいです😄














最終更新日  2020.11.09 08:43:40
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.28
カテゴリ:絵本、本
米津玄師のNew album を
何回もリピートして聴いているM(息子)。

「カムパネルラ」 という曲は
宮沢賢治の銀河鉄道の夜という
物語がベースになっているんだよと
話したら、本に興味を持ってくれました。

文庫本で小さな文字のみだと拒絶反応を
示しそうなので😅、挿絵がとても
綺麗な本を購入し一緒に読んでいます。

清川あさみさんというアーティストの
方がスパンコール、ビーズ、フエルト
でパッチワークしたり、イラスト等を
組み合わせた作品が幻想的で美しく、
ストーリーが想像しやすい本でした。


音楽から文学作品を知るという流れがとても自然で
今後もそういった影響をどんどん受けて
感性を養っていってほしいなと思いました。














最終更新日  2020.10.28 15:09:51
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.03
カテゴリ:絵本、本
今年の自由研究は夏休みの期間が
短縮された為、義務ではなくなり
ました。

でも何もしないのも…という事で
読書感想文を書いてみようと。


夏のすいせん図書 読書感想文コンクール 中学年の部で
「グレッグのダメ日記 ぶっこわしちゃえ」 が!

学校の図書室にもシリーズが沢山あり、
M(息子)やお友達が好きで読んでいた本です😆

これにしよう‼️と とりあえず決めました。

日記形式なので、イラストと文章のバランスが
程よく読みやすい。
内容は… 破茶滅茶ですが笑

どんな感想文になることやら。


主人公の男の子に共感する部分が多いらしく
スラスラと書けるかな⁉️














最終更新日  2020.08.03 12:49:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.22
カテゴリ:絵本、本
ラチとらいおん

イラストのタッチも繊細で、ライオン🦁君も
とても可愛らしく描かれています。

M(息子)が生まれ、自分には妹しかいなく
男の子をどうやって育てていけばよいのか?と悩んでいる時に出会った絵本。

ラチのような優しい心を持ち、人の為に
強くなれる男の子に育って欲しいなぁと。

自分とライオンを重ねて手紙のページでは
毎回涙ぐんでしまうという…
















最終更新日  2020.05.22 17:38:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.09
カテゴリ:絵本、本
The first 1000days a baby journal
Nikki Mc Clure

こちらは切り絵の絵本と育児日記帳が
mixしている本です。

1month 、2month と成長を記録するページや新しく覚えた言葉、読んだ絵本、
好きな食べ物、
初めて自転車に乗れた日など項目ごとに
優しいタッチの切り絵がちりばめられていて
自分だけの絵本を完成させる作業が
楽しい1冊。

小さな頃はこの素敵な切り絵を
見せて物の名前を教えて楽しんだり。

読み返してみると、M(息子)が産まれたのが
東日本大震災の少し前でかなり大変な状況だったなとか、初めて言葉を話した時の
感動など思い出が溢れてきました。

ささいな事に一喜一憂していたなぁと。

最近は何となく日々が過ぎていってしまって
いました…

記録することで後に子供の成長に
気付く事が出来る一冊です。










最終更新日  2020.05.22 17:30:12
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.06
カテゴリ:絵本、本
instagram もしているのですが、
最近 #book cover challenge という
取り組みが流行っています。



【7日間ブックカバーチャレンジ】


『読書文化の普及に貢獻するためのチャレンジで、參加方法は好きな本を1日1冊、7日間投稿するというもの。

フォロワーよりバトンを受け取り
upしていきます。
私の1冊目は

FACTFULNESS(ファクトフルネス)
10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

去年母親の見舞いに向かう電車の中で
読書するのに購入した1冊。

自分は思考に偏りがあるなと感じていて😅
(頭がかたい)
最近は本を通して様々な考え方を
取り入れられればという基準で
選書しています。

特に子供を産んでから、両親が子供に
与える影響を気にするようになりました。

この本に書かれている13の質問。

家族でクイズ形式でやってみましたが
1番M(息子)の正答率が高いという…

本の中で気になった言葉です。
新型コロナウイルスの状況下で
自分もこの事を意識して考え、
行動していきたいなと思います。

ファクトフルネスとは…

恐ろしいものには、自然と目がいって
しまうこと

ひとつの視点だけでは世界を理解出来ないと
知ること

自分の考え方を検証しよう

パターン化は間違いを生み出しやすいことを
肝に銘じること

分類を疑うといい 『過半数』に気をつけよう

知ったかぶりをやめよう

犯人ではなく原因を探そう







最終更新日  2020.05.22 17:31:05
コメント(0) | コメントを書く

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.