158681 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

mamemamaのリアルに双子子育て中です

つわり地獄

1週間ほどの安静生活の後出血もなくなったしまだお腹も大きくないしつわりもなしいし!と妊娠ライフを充実したものにしようとはりきっておったところ

やってきました

わたしにも「悪阻(つわり)」

ってやつが。。。

いままで大きな病気もしたことないし(関係ないか)、つわりのピークといわれる8週目にはいってもなーんにも症状がなかったこともあって自分にはぜったいありえないと思っていた悪阻さんは8週目のおわりに突如やってきたのでした。


そのあとはもう思い出したくもない吐き地獄。よくテレビでみたりするあの「ウップ」となって洗面所に駆け込むまさにあの絵がわたしにもやってきたのでした。まあ洗面所じゃ許容量がむりでトイレに。。でしたが。もうあのころはほんとトイレに住もうかと思った(@@)

あのころ毎日ブルーで帰ってくるだんなに弱音を吐いては吐き続けていました。あまりに弱りきって気力がなかったあのころのわたしの口癖は「もうこの子達を産み落として死ぬかも」でした。(そしてダンナさんの口癖は「○○ちゃん(私)はサケじゃないからだいじょぶだよ」でした。。。。)あのころはマジ切実でしたがいまかんがえると笑える。けどあのころはほんと笑えなかったなあ。

とりあえずこの世にヤクルト、ヨーグルト、ばななとC1000タケダがあってわたしは生き延びれました。ありがとうこれらをつくってくれていた人たち。これらは食べても吐くことがなかったまさに命綱でした。

あとは食べるもの食べるものまあことごとくリバースしてきました。まあでも飲み物も飲めずに入院する方もいるくらいだから自分なんか今思うとまだマシだったのかもしれないのですが当時はほんと死ぬかもと思ってました。なぜかたべるまえは食べたいと思うのではりきりで食べるのですが半分くらいたべたところでなんともいえない気持ち悪さが襲ってきてトイレに駆け込むのでした。そんなことの繰り返しが約1ヶ月半ほど続き14週目ほどでやっとつわりがなくなりました。今考えるとたった1ヶ月半の出来事だったのかあ~とおもうけどあの頃はほんとこのまま大好きなラーメンをはじめ、食べ物がたべれなくなるのかも。。。。とかなり気分がどん底でした。つわりのつらさを分かち合おうと開いたネットの妊婦さんが集まるつわりの掲示板で「出産直前までありました」との意見をみてしまいさらに凹んだ日もありました。

とにかく起きてる時間は空腹でも満腹でも気持ち悪かったから寝てるときがひと時の安息でした。でも気持ち悪さでめざめることもあり。。。外にでかける気力もない軽い(てか重度?)のひきこもり状態でごはんの炊けるにおいの台所から避難する毎日でした。

そんなつらい生活も14週に入ると徐々に吐く日が少なくなって15週にはすっかりなくなり大好きなラーメンもこってりカルボナーラも食べられるようになりました☆ほんとに食べたいものが食べれることがこれほどありがたいこただとわ!!貴重なことを学ばせていただきました。。。。。


☆つわり中食べれたもの☆      ★つわり中食べれなくなったもの★
                  
ヤクルト                 ラーメン
ヨーグルト                みそ汁
バナナ                  納豆
C1000タケダ(飲み物)        白米(の炊けるにおい)      
うどん(釜タマ)       
フライドポテト



→切迫早産編 に続く。。。。。







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.