000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふらここ手帖

全7件 (7件中 1-7件目)

1

健康

2012.02.07
XML
カテゴリ:健康
デイサービス勤務・強化週間につき、
毎日ヘトヘトでパソコンに向かえませんでした。。。
とにかく翌日のために休息、睡眠が必要だったのです。

そしてこの2日間は、私の所属するクラスでインフルエンザが
広まる恐れがあったため、消毒の徹底だけでなく、
同クラスの利用者さんおよび職員全員が、
更衣から休憩、移動の経路に至るまで
他のクラスから隔離されました(泣)。

不便!!! 

だけれど、仕方がないです。
廊下を歩くときは、防護服を着用しないとならないのです。
形ばかりとはいえ、ここまでしないといけないんですよね。
ここまでしても、今年のインフルエンザは次つぎに
高齢者に容赦なく感染していきます。

しかも…、A型インフルエンザが落ち着いたかと思えば、
今度はB型に感染してしまった職員がいたことが判明。

私らの隔離政策、解除までしばらくかかりそうです。










最終更新日  2012.02.07 23:10:50
コメント(0) | コメントを書く


2011.12.20
カテゴリ:健康
今年最後のメンテナンスに、小桃堂へ行ってきました。
久々に会った亜莉さんでしたが、
しっかりと私の状態を把握してくれ、心強かったです。

予想以上に、体は固くがちがちになっていたようで、
いつにも増して、オイルもマッサージも効きました。
そして、いつにも増して、不味い状態のところは、痛かった~。
しかし血流が正常になり、筋肉の本来あるべき状態に
戻してもらってよかったです。
でも本当は、戻してもらうんじゃなくて、自分で戻せないといけないの。
そこに気づかせてくれるのが、小桃堂。
来年も、予約を入れました。
次回は「少し良くなってる」と言われるよう、ストレッチに励みます。

***************

こちらに併設されているカフェ、pan no meのバインミーが
おいしいことは、行ったことのある方ならわかると思いますが、
なんとバージョンアップしていました!
レバーペーストが自家製になったんですよ☆

もちろんこれまでも十分においしかったけれど、
「おいしさにかける手間と心意気」が違うじゃありませんか!
どうりで風味が豊かだと思ったら、それもそのはず、
ご主人曰く「セロリなど他の野菜も一緒に入れ込んでいる」とのこと。
臭みがないどころか、なんだろうね…一口食べて二度どころか、
何度でも…いや何層にでもおいしさが寄せてくる感じと言えばよいのかしら。

今度は、焼き肉ではなくオムレツのバインミーもいただいてみます☆

***************

本当は、このまま帰宅してゆっくり休めたらよかったのだけれど、
娘のスイミングの付き添いをする予定がありました。
寒い中出かけるとまた体が縮こまるな~と思いながらも、
最近はできるだけ「予定を先延ばしにしない」つもりでいるので、
とにかく行くことに。娘もやる気だしね。

行ってよかったです!
なんと、江古田界隈の産後友だちで、タイミングが合わずなかなか
会えずにいた友人Yさんとバッタリ!
こんなこともあるもんですね~。

***************

おしゃれに興味はあるけれど、
そうそうお金をかけてもいられなかったりもします(ただのケチ?)。

でもね、最近はギフトシーズンなので街にはおしゃれなものがたくさん出ていて、
なんだかココロが浮き立ちますね♪
こういう気持ち、大切だな~と思います。

で、ケチな私がうっかりいくつも買ってしまったのが、コレ

手袋はしたくないけれど、甲はカバーしたいとか、
レッグウォーマーはもたついて使いづらいとか、
そんな私のツボにはまりました。

おもわず新潟の祖母の分まで(笑)。
昨日、電話で近況報告をできたので弾みがついたのでしょう。

***************

とどめはスイミング帰りの、江古田俳句の会の、
吟行ではなくて行きつけ会場(飲み屋)の忘年会への投句。

欠席するつもりで、でも、あいさつだけはしたくて立ち寄りました。
立ち寄るだけで済まないことは、予測(期待・笑)していたのに。

案の定、子どもたちを巻き込んでの句会となりました。
子たちには悪かったけれど、皆さんはうちの子たちを
赤ちゃん時代から知っているので、相手も上手で助かりますホント。

日芸の先生からいたずら書きの手ほどきを受けたり。
カメラマンから携帯カメラで写真を撮らせてもらったり…。
ある種、英才…ですな(笑)。

今回の兼題は、ポインセチア、歳末全般。

数へ日やぬり絵のやうに窓を拭く

これは前に作った句を推敲したもので、前より良くなったと思っています。
しかし発表したときは「冬の朝」を季語にしていました。
でもそれだと期間が長いので、もっとピントを合わせた季語にするとよい、
との添削でした。

白がちのポインセチアの影の濃く

赤いポインセチアを詠む句が多いので、あえて白いのを選びましたが、
凡作です。。。

歳末もゆるゆる開く喫茶店

これはなかなかよい評をいただきました。
「こんな喫茶店、あるよね~。マスターに会ってみたい」とか(笑)。

難しいことやたくさんのことは言わなくても、
読者が「あ、わかる!」と感じるのがよい句なのだそうです。
それって、写真に似ていますよね。








最終更新日  2011.12.22 02:43:34
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.15
カテゴリ:健康
デイサービスでの、健康診断でした。
身長・体重測定、視力・聴力検査、採血、採尿、血圧、心電図、レントゲン撮影。

これまでは、併設されている病院で検査をしていたのですが、
今年は外部の医療機関が出張してきたようで、
すべてデイサービスの施設内で行われました。

驚いてしまったのは、レントゲン撮影の方法。
普通、あの鉛?の扉が厳重に閉められ、関係者以外は立ち入り禁止となっていますよね。
でも今日は、会議室をパーテーションで区切っただけで、
レントゲン室としていました。
げげげ。。。

思わず、検査技師に聞いてしまいましたよ。
「こんな開放的な空間でレントゲン撮影して、被曝の問題は大丈夫ですか?」

すると、自信たっぷりに返ってきた返事が、
「このパーテーションすべてが鉛製なのです。(だから大丈夫)」とな。

でもね、今日だけでも撮影した人は何十人といたはず。
積算すると、それなりの数値になるのではないかと心配です。

誰も気にしないのだろうか…。
いや、気にかけても聞きにくいんだろうな。
かく言う私も「大丈夫です」と言われ、それ以上は突っ込めませんでした…。









最終更新日  2011.12.16 12:48:07
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.05
カテゴリ:健康
昨日は、心臓の病気かと思うほど胸が痛くて、
息子を抱くことも、食器を洗うのもつらかったけれど、
心臓が悪ければ左側が痛いはずよね…。

じゃあいったい何だろうと思うくらいの痛みでした。
数日前の深酒が原因か?
まぶたもなんだか腫れてたし、
バッチイ話ですが、久方ぶりに目やになんて出たりして。
体内毒が何か悪さをしたのか。。。
医者へ行け、自分。。。

今朝もそれを引きづり、30分遅刻させてもらってデイサービスへ。
動かすと肩も痛いと話したら、先輩職員から
「四十肩じゃないの? 私は五十肩と言われたよ」と言われてしまった。
この方、まだ30代のはずですが~。。。









最終更新日  2011.12.06 00:54:29
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.01
カテゴリ:健康
今年もあとひと月。

今日はこぶたで持ち寄りがあるんですね。
講座もどれも魅力的で、複数に参加したかったけれど、
受けたいのは時間がぶつかってしまったりと、
自分の中でうまく調整ができませんでした~。
持ち寄りもおいしそうですが、見送ることとします。
参加の皆さんのレポートを楽しみに読ませていただきます☆

その代わり(?)歯の治療、散髪など、
自分の体に手をかけることとします。

年のせいか、肩凝りのせいか、
時どき耳鳴りがしたり、頭に圧迫感があったり…と、
ちょっと気色悪い体調のときがありましたが、
思えば、血液循環が悪いからではないかと。

で、体をさかさまにしたらどうだろうと、逆立ちを始めて数週間。
肩凝りが改善され、腹筋も鍛えられ、腕の筋力もついてきました。
おしゃれじゃないエクササイズですが、肩凝りが改善したら、
頭の圧迫感はなくなりました。
このまま圧迫感を放置してたら、脳から出血するかも…と、
少しいやな想像をしていたのです。

来年こそは脳も診てもらおうかな。
若い人がくも膜下出血で命を落とす時代だから、
気にし過ぎということもないだろうと思います。

***************

今日は寒いから、窓の結露がすごいですね。
拭き掃除もしやすいってもんです(笑)。


ぬり絵のやうに窓拭き初むる十二月








最終更新日  2011.12.01 09:33:08
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.14
カテゴリ:健康
昨今の日本をとりまく憂うべきニュース…。
放射能、TPP、中国による日本侵略(と書いてしまっていいのか…)の危機などなど、
にすっかり気分はやられています。

負けてなるものかと、ひそかに夜半の筋トレに励むものの、
「病は気から」と言われるとおり、風邪をひいてしまいました。

不調の原因が、日常につきまとう不安感にあることは認識しているのですが、
そのほかに、「飲みすぎ」というのも自覚しています。。。
お酒を飲むと楽しい時間への感激が増すのですが、
翌日の体調がイマイチだということに、
40歳を過ぎてようやく気づいた体たらくでして。。。

でもお酒は断ちません、ほどほどに楽しんでいこうと思います。

さて、免疫力のことですが。
娘になんと、口唇ヘルペス出現。
そして息子は、微熱と止まらぬ咳。

久々にレメディのお世話になっています。
娘は腸のはたらきが芳しくなく、
よく腸内発酵してしまって腹痛を訴えるのですが、
昨夜レメディを久々に与えてみたら、
確実にガスは減りました。

もしかしたら、ヘルペスというかたちで
よくないものが出てきているのかな?

よくない腸内発酵にマーキュリー → ガスの減少
→ 口唇ヘルペスの出現にネイチュミュア

現在、様子見です。

息子には、保育先から帰宅した19時ごろに
ファーランフォスを与えたところ、
15時くらいからずっと37度で推移していた熱が、
36度台に下がりました。

…保育先から発熱の旨、職場に電話連絡が来ていたのに、
結局定刻まで仕事をしてしまいました…。
ひどい母かな…。
いやいや、昼寝していたらしいので、
起こさず休ませておきたいという親心もあってのことです。。。

明日は息子の遠足。
アヤツ、行けるのかな…?












最終更新日  2011.11.15 01:04:28
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.12
カテゴリ:健康
この講演会に行ってきました。

くわしいまとめはこちらに。

以下、私が分かったこと。上記のまとめとかぶるかもしれませんが。

東京は、被曝していること。子どもたちの健康を保ちながら
住むには適さない地となってしまったこと。
感受性の強い子ども、子孫を残す女性は、
できるだけ西か南の遠くへの移住が望ましいこと。

「除染」と言っても、素人が防御の不完全なままにするのは危険であること。
放射性物質まみれのホコリを吸って病気になりかねないこと。

東京にいる子どもの尿からもセシウムが検出されたこと。
関東圏全域で、すでに不調を訴える子どもや、実際に心臓や脳に
疾患を抱える大人も出てきていること。
(放射能との因果関係を証明するのは難しいでしょうが、30~40代で
発病、死亡することは不自然と考えざるを得ません。)

被災地からのガレキ処理を絶対に引き受けさせてはいけないこと。
放射性物質は、500度くらいで気体になってしまうので、もし焼却処理をすれば、
間違いなく放射性物質を空気とともに拡散させることになってしまう。
そうなれば、確実に、我々はさらに内部被爆するということ。

カキは、九州産であっても、種ガキが宮城など東北産であることが多いので、
注意が必要だということ。

内部被爆は飲食物だけでなく、呼吸によってもしてしまうので、
マスクの着用が改めて有用になるということ。できれば中を濡らした方がよい。

などなど。

***************

個々で飲食物に気をつけること、
できるだけ汚染された空気を吸わないこと、
これらに注意するのは引き続き必要ですが、
それでは自分たちを守りきれないということが分かりました。

ガレキ処理についてもそうですが、
これ以上、日本に放射性物質が拡散しないような
動きを何らかでもしていくことが必要だと思いました。

被災地からガレキを受け入れるのではなく、
そこにいまもいる人たちを受け入れる手立てがなければ、
免疫力の弱い人たちは、生き続けることが難しくなってしまうということです。
(私も、やはり友人にはうざがられてもいいから、
この現状を伝えていく決意をしました。)

先に、移住が望ましいと書きました。
移住したい、けれど簡単にできることではありません。
うっそうと茂る樹木の下、水のたまるところも望ましくありません。
ならば子どもたちをそこから遠ざければいいのか。
それも難しいところです。
屋外で遊びたい盛り、今しかできないこともたくさんあります。
しかも、どんなに危険を遠ざけたとしても、
完全な安全が手に入るとは言い切れません。

そんなことを考え、いつも揺れながらの生活になるので、
言っていることとしていることに矛盾が生じることが、
今後しばしばあると思います。
しかしすべて選択してのことと言い切りたいものです。

娘のヘルペスも、息子の微熱も、私の疲れやすさも、オットの咳も、
おそらく免疫力が低くなったから出たのでしょう。
ですから、今後「芳しくない環境で健康的に」生活するには、
ますます「免疫力」が、生き続けるためのキーとなると思います。

あ、ならば笑いもますます必要になってきます。
口角をあげていこう!









最終更新日  2011.11.15 23:09:55
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.