10937393 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&韓国ドラマ  あらすじ

おばあちゃんの家

おばあちゃんの家
泣きました。でも悲しい涙ではないです。なんていうのかな?強く何かに心動かされた訳ではなく、心に染みて感動して涙

出た感じ。「この映画は泣けるんだー」って期待して見ない方がいいと思います。その方が純粋に感動できるでしょう。そ

んな作品です。美術館の隣の動物園のイ・ジャンヒョン監督の作品です。スンウ(ユ・スンホ)はソウルの都会に住むいか

にも現代っ子です。日本の今時の子供と全く変わりません。彼は母子家庭で、母の就職活動の為無理矢理二ヶ月間、山奥

に一人で住む、口のきけないおばあさんの所に預けられます。都会しか知らない彼はおばあさんの事を「汚い」とか「バカ」

とか「触るな」などと罵倒をあびせます。実際、都会で暮らしてた彼には想像つかない生活でしょう。ボロボロの家で、

おばあさんの服装もボロボロ。テレビも見れないし、トイレは壺の中にするんです。最初は毛嫌いしてたおばあさんに

対して無視をするか悪態をつくかしかしないスンウ。一日中ゲームボーイばかりしてます。そのうち、おばあさんを困

らせようと一足しかない靴を隠したり、トイレの壺をわざと割ったり。ゲームボーイの電池が切れたと言ってお金を

もらおうとするが、ないのを知って、おばあさんのかんざしを盗んだり。もうやることなすことワガママで嫌な態度

ばかりです。でもおばあさんはただ彼のために何かしてあげようと必死で、







 
花
全部読んだらここが出口


※掲載写真の著作権は該当著作権者と所属事務所にあります。

日記の追加(ネタばれ)

怒ったりしないんです。この映画の面白い所(リアル感のあるところ)は、少しずつスンウが心を開くのですが、完全に

開ききらず最後には悪態ついたりワガママを通すところなんです。そうでしょ?自分の子供の頃も、今の子も、無償

の愛をおばあさんに受けてるって分かってたって、常にいたわり、優しくするなんてないでしょう?やっぱり子供が故に

どこか残酷でワガママで。そういうリアル感がすごくあるんです。でもすこしずつ、口をきくようになり、おばあさんの

事気にかけるようになったり、一緒に出かけるようになったりしていくんですよ。ただ、そのたび相変わらずひどいこと

するんですけどね。でもおばあさんの愛情の深さは心打たれます。スンウが「ケンタッキーフライドチキン食べたい」

ってワガママ言い出して、なんとかその要求をかなえてあげようと、山の麓にでかけたおばあちゃん。雨の中びしょぬれ

で、もどってきたおばあちゃんの手には風呂敷に包まれたにわとりが・・・ってシーンは、なんとなく吹き出してしまい

ました。二ヶ月間、亀の歩みでおばあちゃんと心通わせるスンウだけど、最後の夜に初めておばあちゃんに自分から愛情

をみせます。好きな女の子と遊ぶ約束をし、出かけるスンウになぜかおばあちゃんは壊れたゲームボーイを紙に包んで

持たせます。彼はそんなの気にせず夢中であそび、帰り道で転んで怪我をするのです。そんな時その包み紙をあけると

ゲームとお金が(電池買うためにおばあちゃんが作ってくれたお金なんです)そんなおばあちゃんの気持ちに気づき、

痛いし心細いし・・・ってなってる時、帰りを心配したおばあちゃんが途中までスンウを迎えにきてるんです。おば

あちゃんを見た瞬間泣いてしまうスンウ。分かるよね・・・心細いとき、お母さんとか見たら泣いて駆け寄るあの

気持ちだよ。そのあたりからまみまみはもう泣いてましたwそこで母から「迎えにくる」って手紙を渡され・・・

帰るまでの間の出来事は、あまりにリアルだからこそ心うたれました。(内緒にしておく♪)良い映画でした。

「おばあちゃんの家」
おばあちゃんの家おばあちゃんの家

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.