10954565 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&韓国ドラマ  あらすじ

風の伝説

風の伝説
「冬ソナ」でおなじみのパク・ソルミ(チェリンだよ♪)の主演映画です。彼女はこの役に惚れ込んで自ら志願して

挑んだらしいです。相手役はイ・ソンジェ。韓国版「シャル・ウィー・ダンス?」って感じかな?(主役の設定は

違うけど)ソルミは婦人警官です。警察課長の奥さんが、ソンジェに騙され、詐欺で金をだまし取られた事からソルミ

が潜入捜査することになる。しかし逢ってみると「詐欺師」には見えない「ダンス馬鹿」なソンジェ。潜入捜査で聞く、

彼のサクセスストーリー(?)が中心となって物語りが進みます。彼は偶然であった高校時代の友達の影響で、社交

ダンスに目覚め、家族も顧みず、ダンスを芸術にしたい一心で五年間ダンス修行の旅にでかけます。ただただダンスを

愛し、芸術を極めたいと願う紳士へと成長していく。しかしダンスには「パートナー」はつきものだ。そこで彼は

「ダンスキャバレー」で「パートナー」を探す。パートナーはことごとく彼を愛し求めて来る。彼の真面目さゆえに、

「こんな浮気(ダンスの範囲を超えた事)を(既婚者の)自分がしてはいけない」という思いから、彼に迫る女には

連絡を閉ざす。しかし、女からは連日電話の嵐が。そこで「君に連絡をとれなくなってすまない。実は本業の仕事が

うまくいかず、その資金繰りでダンスどころではなくなってしまったんだ」と(彼女を傷つけず、別れるために)切り

出す。そうするとなぜか(笑)女は彼にお金を渡すのだ。

日記の追加(ネタばれ)

断っても、「これを貴方に託すことで、私にもきもちの整理ができるから、私の為にも最後にこれを受け取って」と、

言われる。やってる事は思いきり「ジゴロ」の手口だけど、彼は至って真面目にそうしてるんです。


なぜか皆彼にお金をくれて去っていく・・・

みたいな(笑)お陰で(?)彼の生活は(奥さんと子供居るんです)六畳一間みたいな部屋から豪邸に移り変わ

っていきます。しかし、彼のそんな(浮気に見える)行動から奥さんに家から追い出され、一人ぼっちになった彼は、

なぜか病院の一室に住み着いてます。そこで(潜入捜査の)ソルミに出会うのです。ソルミは彼の話を聞くうち、

彼に対して恋心を抱くようになり、また、警察という仕事に対して情熱をもてない事からそこまで彼を虜にしたダンス

に興味をもち、彼に習い、ダンスにのめり込んでいきます。彼を悪く思えないソルミは自ら捜査から外してくれと

上司に頼みます。その後、個人的に彼の行方を捜していると、彼が真実の恋を見つけた事を聞きます。相手はムン・ジョヒ。

この人マジ木村佳乃にそっくりですー☆あれ??本人?って思っちゃったもん^^ダンスパートナーとして知り

合ったんだけど、純粋な彼女に恋をするソンジェ。しかし、彼女は女ジゴロだったのです。

まったく(意識せずにしてたんですが)ソンジェの手口とそっくりの手口で騙されて

しまったソンジェ。友達にそれを聞かされても信じられない。しかし、それが事実と知り、ダンスホールで思わず

彼女に襲いかかろうとしたところをソルミに、止められ助けられる。しかし、ソルミの目の前で警察に「詐欺罪」

でつかまってしまう・・・うーん・・・この辺からわからない。なぜか数年後になって、ソルミがダンス教室の講師

になってて、彼の居所を教えてもらい、浮浪者同然になってる彼に踊ろうと誘って踊るシーンで終わるんだけど、

え??だから何?って・・・ソルミ、これがやりたくて無理矢理役をゲットしたんだよね?相手役は有名なソンジェ

だよーー☆ちょっと詰めが甘いような・・・。ごめんね。辛口で。でも最後惜しいヨー☆まみまみ自身、フラメンコとか

やってるから、見てて社交ダンスやりたいなーって思えたから最後まで見れたけど、ダンスに興味ないひとにはちょっと

キツイかも。でもまみまみは「社交ダンス」やってみたいー☆と言うことだけは強く思えた一作です(笑)なんか強引に

終わらせてしまったー☆でもエンディングに出るメイキング・・最高に面白かったです♪(まみまみだけ?)「風の伝説」



イ・ソンジェ氷雨   ほえる犬は噛まない   美術館の隣の動物園   エンジェル・スノー 風林高  アタック・ザ・ガスステーション   デイジー   ホリデー



パク・ソルミ真心の斧

キム・スロ風林高   火山高   マドレーヌ   ブラザーフッド   僕の彼女を紹介します   Sダイアリー   無影剣   吸血刑事ナ・ドヨル   達磨よ!遊ぼう!   おもしろい映画




 
花
全部読んだらここが出口


※掲載写真の著作権は該当著作権者と所属事務所にあります。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.