10936896 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まみまみの愛☆ラブ☆韓国映画&韓国ドラマ  あらすじ

殺人の追憶

殺人の追憶
2003年韓国で500万人以上を動員した大ヒット作。80年代後半、韓国全土を恐怖に陥れ迷宮入りとなった実話

「ファソン連続殺人事件」を元に、刑事のリアルな心情や、民主化される前の警察社会の問題点を描いた作品です。

主演にソン・ガンホ(大鐘賞で男優主演賞を取った)。田舎町で連続レイプ殺人事件が起こります。その担当になった

ソン・ガンホと気性の荒い腹心の部下。手がかりも何もないまま第二の事件が。そんな中ソウルからやってきた

キム・サンギョンが、応援に駆けつけるが、捜査方法の正反対な二人は、対立し続ける。次々と適当な理由で容疑者を

捕まえては拷問にかけ、自白をねつ造すようとするガンホのやりかたに不信感を覚えるサンギョン。この部分だけみてる

とガンホは今までの映画と違って、やけに薄汚れて見えたし、とても主演男優をとった映画の主役にはみえませんでした。

(最初別人かな?と思ったくらいです)しかし、最後になってやっぱりガンホはすごい演技力だと思い知らされてしまい

ましたが。

日記の追加(ネタばれ)

この映画に関しては「迷宮入りした実話」と言うことで、ネタばれは終わってしまってるので、内容を詳しく書きすぎると

映画を見る価値がなくなるので、まみまみの感想だけにしておきます。民主化前の警察による捏造はきっと韓国だけでなく、

日本にもあったのかもしれませんね。拷問にかけられ、勝手に犯人にされてしまった人はたくさん居るのかもしれないです。

この事件は、こういう書き方したらとても不謹慎だけど、まるで映画の為に出来たような事件です。見えそうで見えない

不気味な犯人の影がイライラもすれば、恐怖感も覚えました。ストーリーに関しては、所々で観客を錯覚させるシーンも多く、

また、韓国独特のリアルな映像(死体など)まみまみは不覚にも夜中一人で見てしまったため、朝まで電気をつけて起き

てる羽目に陥りました。田舎の封建的な刑事と、冷静に状況証拠で犯人を追いつめようとするエリート刑事。対照的な二人が

事件の迷宮にはまるに連れ、立場が逆転し、ついにはエリート刑事が理性を失っていく様はさすがの演出でした。ガンホが

最初はこの映画で霞んでたのに、段々と存在感を増し、最後は「主演男優だ!」と納得する演技を展開していったのも

印象的でした。犯人は迷宮入り・・でも最後の容疑者が犯人だったのかもしれないし、違うのかもしれない。ラストシーンで

ガンホと通りすがりの少女の会話をとおして、いつまでたっても側にいるのに見えない犯人の影に不気味さを感じました。

最後の容疑者のパク・ヘイル。彼は「菊の花の香り」の主演の人ですよね。やっぱり可愛い顔してすごい存在感です。

彼の純粋そうな中に残虐さを秘めてそうな笑顔も不気味でした。

        「殺人の追憶」

ソン・ガンホナンバー・スリー  反則王   復讐するは我にあり   シュリ  クワイエット・ファミリー   大統領の理髪師   グエムル~漢江の怪物~


パク・ヘイル 菊の花の香り   初恋のアルバム~人魚のいた島~   嫉妬は我が力   少年、天国へ行く   グエムル~漢江の怪物~
 
花
全部読んだらここが出口


※掲載写真の著作権は該当著作権者と所属事務所にあります。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.