2990178 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「まもあんのバンコクライフ」 まもあん本舗Blog 

親子揃って??金縛り??

「まもあん幽奇譚」 親子揃って??金縛り??
2005.05.17


 前にもお話したことがあるかもしれませんが・・・

 ぼくはよく金縛り・・・のようなものを体験します。
 (これはこのブログによっていただいている方はご存知のお話)
 もともとそんな気配はなかったのですが、バンコクで生活するようになってから、頻繁に起きるようになりました。それもここ数年前から。タイには何か誘ってくるものがあるのでしょうか。

 さて、ぼく一人で金縛りは普通ですが、りんちーさんにも・・・と以前、話したかもしれません。この時は確かちょんぷーさんがいませんでした。
 
 昨晩、ぼくとちょんぷーさんの間にりんちーさんがいる状況で、事は起きました。


 0時早々に寝室に入ったぼくら。
 ちょんぷーさんが消灯後、寝る前のお祈り(サトー・サトーと呪文を唱えます)をすませ、横になりました。ぼくはその前から横になっています。そしてりんちーさんは、まずぼくの股下(足を広げたその間)でガムを齧り、その後、ちょんぷーさん寄りでガムを齧っています。

 その早々、ぼくは金縛り(・・・のようなもの)が始まりました。
 もう慣れていますので驚きません。
 でも、こういうとき面倒なのが、ちょんぷーさんが話し掛けてくることです。
 案の定・・・「りんちーさん、こっちにきたんだから、足戻しなさい」と言ってきます。
 ぼくはそれに答えられません。
 「あのねえ」
 そういい、ちょんぷーさんはぼくを見たのでしょう。毎度のことかと呆れ、(でもぼくがわるいわけじゃ・・・)「また~」とか言っています。
 5分くらいでしょうか。
 りんちーさんの登場です。
 頭の中で「りんちーさん助けて」と願っていると、りんちーさんがちょんぷーさんの上をずかずかと踏みつけ(その瞬間ちょんぷーさんは「げげ!」と悲鳴をあげる)、ぼくの上にのり(ぼくは重いけど口がくっついているので「げげ!」といえない)、そして、ぺろぺろぼくの口周りを舐めます。

 すると・・・緊縛がとけます。

「ど、ど、どうもね」
 ぼくがりんちーさんの頭をなでであげます。
 りんちーさん、ぼくとちょんぷーさんの足元の間に横たわり、頭を掻いています。
「りんちーさんが、いつも手伝ってくれるんだよ」
 と、ぼくがちょんぷーさんに言うと、ちょんぷーさんは半信半疑。
 そして、足元のりんちーさんを見ます。

 すると、りんちーさん、急に身体を横にし・・・・・・ピクリと動かなくなりました。

「こうなの。ぼくがなると、りんちーさんが助けてくれて、今度はしばらく、りんちーさんが動かなくなるんだよ」
 と、ちょんぷーさんに話すと、もっと半信半疑になったちょんぷーさんが「りんちーさん」と呼びかけ、身体をつっつきます。でも、りんちーさんは反応しません。

 固くなったままうごかないりんちーさん。

 ちょんぷーさんは「うわうわ」と言っています。

 そして、3分後、りんちーさんが頭を起こし、こちらを見ました。

「・・・・」
 ちょんぷーさん、それを見て、すごすご布団に包まりました。


 さて、犬も金縛りをするのでしょうか。
 そこのところ分かるかたいたら、アドバイスお願いします。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.