171562 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

シュール・リーのyokohama life

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

odayan7187@ 銭湯オフでもします?(笑) QP皇后 『万葉倶楽部』あたりで誰のお…
memekaorin@ 蜂の子 耳にいいらしいよ。値段は、ぶっとびのお…
QP@ リー様のお腹は、まだ見てないわ。 銭湯にもご一緒したことないしね(笑) …
odayan7187@ のんさまが配ったのね? めめさま ギャル化したのは誰だろう~?…
memekaorin@ 今年も友チョコ 相変わらず周りのギャル達から、友チョコ…

Freepage List

Headline News

September 4, 2007
XML
人は生きていると誰しも身体や心に澱のようなものがたまってくると思うのですが、このところ疲れと自覚出来ない疲れに少しずつ自分が浸食されているような感があって、さてどうしたものか と思っていました。

不思議なことに、ここ数年ようやく楽に生きられるようになった気がします。この『楽』は、違うことばでいえば『心地よい』とか『自分らしい』とか『シンプルな』とか そんな感じでしょうか。もうひとつ不思議なことはその時に自分にとって一番必要な物事、一番ふさわしい物事の計らいがやってくるということでしょうか。それが最も顕著に顕れているのは人の縁なのです。

今日はこの方とご縁が出来て、中華街のすぐ近くまで出かけてきました。
トリートメントサロン『クラルス』です。
                    070904_1252~01.JPG
実はこの間『Cafe Nilson』に行った時、オーナーさんもこちらでトリートメントを長く受けていらっしゃるとのことであれこれ伺ってきたのです。話を伺って、今の自分に絶対必要なものだ!と思い、
その後すぐ予約を入れて、今日伺うことに。


クラルスさんは初対面という感じのしない、実にあたたかい雰囲気で出迎えて下さいました。
もうね、お会いしただけで癒される感じ。予約の時点で何度かメール交換をして、
『(相手が)疲れていればいるほど燃えます。どうぞ疲れたままで来て下さい。』といってきて下さったその言葉のなんと心強く、嬉しかったことか。
今日は『Cafe Nilson』のオーナーさんから話を聞いて私も受けてみたい!と思い、
『チャクラ・トリートメント』をお願いしました。

トリートメント前にあれこれ楽しくお話をして、足浴も受け、アロマオイルの香りで私のコンディションをチェックして、さあいよいよ始まりです。私は既に長々と横たわって目をつぶってぼうっとしていたのですが、多分この鐘の音でしょう、「チベットの鐘を鳴らしますね。」とクラルスさんが声をかけて下さって、この鐘を鳴らすところからトリートメントはスタートしました。実は、梵鐘の音とか鐘の音とかカリヨンの音にはちょっと五月蝿い私、その共鳴が何とも不思議だったのです。細かい、何ともいえないビブラートがかかるのです。(というか、そう聞こえるのです)身体全体にその細かいビブラートが降りかかるような気がしました。

そしてその次は『気』。私の耳のあたりから顎までのラインが心地よい温かさでぎっしり満たされていきます。目はつぶっているのですが、あかるい黄金色の光に頭が包まれているようなイメージが閉じたまぶたの向こう側に広がっていきます。後で伺ったらクラルスさんが手をかざして私に気を送って下さっていたそうなのですが、そんなに強い、しっかりした気を感じたのは初めてでした。というか、そのように気そのものを感じたのが初めてだったので本当に驚きました。そこから先はもう夢の中。でもそれも、眠ってしまっているのは何となくわかるのですがもうひとつ別な世界でそんな自分を見ているような、不思議な時間と空間の中に身をおいているような、今までに無い感覚を覚えました。

トリートメントの締めも最初と同じ鐘の音です。でも聞こえ方が全く違います。どこまでも澄み切った、ぶれのない一本の音になって私の身体の中心をすうっと満たしていく感じの音なのです。クラルスさんが鳴らし方を変えたのかと思ったのですがそうではなくて、前掲のブログにもあるようにトリートメントの前と後では受け手には全く違って聞こえるのだとか。これといって予備知識を持たずに出かけたのですが、驚くと同時に『今の私にとってこれらがどれほど必要なものだったか』を感じました。

書き出すと止まらなくなりそうなくらい、このサロンでは不思議さと懐かしさと、そして『癒し』のみならず『赦し』を得た気がしました。クラルスさんも「今度は疲れきってしまう前に来て下さいね。」と言ってくれて本当に嬉しい。疲れきってしまうとそれをリカバーするだけになってしまうから との事でした。必ずまた足を運ぶ自分がいるのを確信しています。クラルスさん、今日の出会いを本当にありがとうございます。これからもどうぞ宜しくお願いします。




さて、みなさんにご心配(?)頂いているお弁当の件ですが、作り始めれば楽しいし嫌いではないのですが、なんとなく苦手なのですよ。ただそれだけです。もう少し要領がよくなれば段々ノッてくるものと思われます。(笑)何とちびすけ(※小学校6年生男子・中学受験を控える身)から「キャラ弁とかさー、作ってくれてもいいよ、週に一回とか。」というオソロしいリクエストも出ております。「おかあさん、ピカチュウとかのポケモン弁当すっごくうまかったじゃん。」って、それ幼稚園の頃のお弁当でしょう!?マジですか!?ポケモンキャラ弁持って行くのか!!?それはそれで面白そうなので時間に余裕がある時に作ってみようかと…。

        070904_0715~01.JPG
何だか真っ黒けに写ってしまった本日9月4日のお弁当。
白飯(黒胡麻のみ)・ハンバーグ・うずら卵フライ(冷凍食品~揚げるだけ)・オクラのおかか和え・ミニトマト・しらすくるみの佃煮(市販品)・保冷剤代わりのオレンジゼリー。






Last updated  September 4, 2007 05:12:13 PM
[心地よく、うつくしく] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.