165958 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

シュール・リーのyokohama life

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

odayan7187@ 銭湯オフでもします?(笑) QP皇后 『万葉倶楽部』あたりで誰のお…
memekaorin@ 蜂の子 耳にいいらしいよ。値段は、ぶっとびのお…
QP@ リー様のお腹は、まだ見てないわ。 銭湯にもご一緒したことないしね(笑) …
odayan7187@ のんさまが配ったのね? めめさま ギャル化したのは誰だろう~?…
memekaorin@ 今年も友チョコ 相変わらず周りのギャル達から、友チョコ…

Freepage List

Headline News

October 14, 2007
XML
カテゴリ:スペシャル
まさかこんなにタイムリーに体調を崩すとは思っていなかったのですが、先週トリートメントサロンに予約を入れておいて本当に良かったです。

こんな風にサロンに出かけられること自体が本当に贅沢だなあ と思いながらわくわくと(でも背中がまるで鉄板を入れられたようにばんばんになっていてあまりの痛みに首を傾けるのもままならないまま)出かけました。ふんわりとした雰囲気の、でもどことなくきりりとした素敵な魔女を連想させるクラルスさんが笑顔で迎えてくださいます。


『セラピーカード』というものを初めて知りました。詳しい説明はとても出来そうにないので省きますが、不思議の一言で片付けてしまうにはあまりに深いものがそこにはありました。
クラルスさんの指示通りに3つのカテゴリーからカードをひいてそのカードに描かれた意味を教えてもらったのですが、今まで自分の心に常にあった澱のようなものがきれいに取り払われていくような予感がありました。
PICT1032.JPG
自分の心の中にある壁や悲観的なものの捉え方は多分長い時間をかけて出来上がったもので、それらを取り払うのは無理だ と頭から決め付けていたようです。このカードで心の中を解きほぐしてもらい、まるで思わぬところから思わぬ光がさっと差し込んできたような何とも不思議な でも確実に明るい兆しがひたひたと自分の傍にやってくる気がしました。

今の自分の問題点は何か。
その問題点を癒すもの(解決方法)は何か。
そしてその問題を乗り越えた時に与えられる恩恵は何か。

何よりも深く響いたのは『こうすればこうなる』といった短絡的な暗示ではなく、
示唆された行為は必ずしも安易な訳ではないという正負の法則がきちんと根底にあったことでした。今回私のひいたカードに関してごく個人的に記録しますが、荷をかつぎ登っていた坂道でその荷を降ろし(捨て)その道を引きかえすのはある意味勇気の要ることです。そこまで登った自分の今までの行為を無としてしまうのではないか という執着心もそこにはあるでしょう。また、心地よい向こう岸に渡るためには流れの強い、足場のさほどよくない川を越えなくてはならないようです。そこでは勇気というものが試されるでしょう。

でもまず捨てること。捨てなければ新しいものは容れられないのですから。

恩恵は『これから与えられるもの あるいは既に与えられていて気づかずにいるもの』だと教えて頂きました。一番驚いたのはこれでした。私の予想と全く違うものだったからです。恩恵というにはあまりに大きすぎるもののような気がしました。
私がその恩恵を受けるには、まず鍵の存在に気づきそれを拾い上げ、厚い壁に取り付けられた扉を開けることが必要です。

「それをするのもしないのも、シュール・リーさんの心次第なんです。」
クラルスさんが静かに教えて下さいました。

もう遅いという事は無いのだなぁ と、また新たな決心をした 大切な出逢いのひと時でした。

とても不思議なのですが、実際に目にした時この画像の中央のカードの空がなんとなく夕焼けに見えて少し寂しいような気がしていたのですが(クラルスさんに「どちらに見えますか?」と聞いて「私には朝焼けに見えます。」と言っていただいたにも関わらず)今こうやって見ると、ちゃんと朝焼けに見えるのです。きらきらと輝く太陽があと少し、もう少しで昇ってくるあの感じが今確かに感じられます。









楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  October 15, 2007 09:01:07 AM
[スペシャル] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.