121173 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

マンドリニスト・Jicoのブログ

大学時代にマンドリンを手にして早や○○年。現在、社会人のマンドリン合奏団に所属しています。編曲数は100曲を超えました。
マンドリン合奏曲をお探しの方、お気軽にご相談ください☆

【マンドリンのための編曲について】

●僕の編曲には、ポリシーとして例外なく管楽器は使用していません。
なぜでしょうか。管楽器のトーンはマンドリンの独特な音色を消してしまうと考えるからです。

●マンドリンの音色は、金属弦をはじくことによって、乾いた音の空気が適度な隙間を生じながら幾層にも重なることにより産み出されます。ところが管楽器は、そのせっかくの空気の隙間を埋めてしまうのす。
埋められてしまった音は単なる平板なものになってしまい、いわゆる「アルコ」楽器を中途半端にした感じに成り下がってしまうような気がしませんか。また、音色が変質するだけでなく、音量の面でも負けてしまうのです。

●世間に出ているマンドリン合奏のためのクラシックの編曲は、通常のオーケストラのように管楽器を使用しているものが少なくありません。
しかし、マンドリンは、調律・運指こそ同じだがバイオリンとは違う楽器です。音量も音色も表現方法も異なっています。

●編曲の際には、マンドリンという楽器のアピールポイント(特性・音色)を念頭に置いた編曲を行う必要があると思います。
2015.09.14
XML
テーマ:マンドリン
カテゴリ:カテゴリ未分類
フライヤーができました。
今回の第三部ステージで拙作「冬の小組曲」マンドリンオーケストラ版を初演します。
ご来場ください!

rblog-20150914172245-00.jpg






Last updated  2015.09.14 17:22:47

PR

Calendar

Category

Freepage List

Rakuten Profile


Jico99さん

マンドリニストです。合奏団では指揮者も務めています。

フォローする

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.