ほっかいどう漫画集団

フリーページ




『みなさまへ』
はじめまして
当集団は結成38年目(2003/4現在)の
        漫画をこよなく愛する者たちの集いです。
「ユーモア」や「笑い」は人の心を和ませます。
明るさが欠落しがちな世の中です。
描き手のわれわれ自らが、明るい気持ちで世相を映したマンガを制作、ささやかでも明るさを皆さまに提供していきたいものと思っています。』


漫画集団会長 佐藤忠史

ほっかいどう漫画集団展決定っ!!!



2003年5月27日~6月8日
ほっかいどう漫画集団による。
環境マンガ展はこうなりましたっ
作品集はこちらへ


☆ほっかいどう漫画集団の主な活動内容☆

☆集団の歴史☆

☆にゅーすgできごと☆


『環境マンガ展作品集公開中っ』
☆会員名簿(アトリエの部屋)☆


相互リンク『漫画集団の友』受付中!!
ほっかいどう漫画集団

 このWEBサイトに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権は『ほっかいどう漫画集団』に帰属し、許諾なく 複製・頒布を行うことは 法律で固く禁じられています。見つけ次第。トゲ付きハンマーで成敗しに行きますので、よろしく☆
基本的にリンクはフリーとしておりますので、ご自由にご利用ください。
下記がバナーとなっております。
ほっかいどう漫画集団
http://plaza.rakuten.co.jp/img/user/52/21/3255221/15.jpg" width="88" height="31" alt="ほっかいどう漫画集団"

『漫画・イラスト・カット、などのご依頼を随時募集しております。ご希望の方は、私書箱までご連絡ください』

2003年11月22日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「えっと・・・・」
 案内されたホールは、ちょっとしたパーティ会場のようにひろい。
 ぶら下がるシャンデリアのぴかびかした明かりも、しかれた真っ赤なじゅうたんも、ついでに部屋の中央に置かれたどでかいテーブルも、ミネルバ以外誰もいないホールのなかには不似合いに思えた。
 だからこそ、ミネルバは余計に萎縮してしまった。
「あの・・・静かね」
 何を言ったらいいのかわからず、ミネルバは、相変わらず見えない主に向かってそうつぶやいた。
『そうですか?』
「そうよ。だって、テーブルの上の食事だって、わたしのためだめけに用意したみたいで」
『みたいじゃなく、
 立派にあなたのために用意されたものです。
 さぁ、ご遠慮なさらず席についてください』
「でも」
『そうでしたか。先ほど、静かともうされましたな』
「そういうことじゃなくって」
 待遇を受けることがなかった彼女には、とても裏がありそうで怖かった。
 牢獄の町は、ササルトル大陸では有名な町だ。
 軽犯罪人から重犯罪人まで、多くのものがその町で生活し、そして、外に出られるときは記憶を破壊され、別人格としての人生が決定されたものだけだ。
 おそらく、ミネルバもまた、何らかの犯罪をおかし、何ヶ月かの間、町にちとじこめられ、今日という日は外に出されるため記憶の破壊をほどこされた一人なのだろうが、それすらも彼女には記憶がなかった。
 まれに、思い出すことができる人間もいるそうだが、警備の衛兵がいっていることだ。信用できない。
「え?」
 どこからともなく流れてくる音楽に、ミネルバはおどろいた。
『どうさなれました? 当主。
 せっかく、私がオーケストラの準備をしてあげたというのに』
「わたし、そんなの頼んでないよっ。
 なんで、わたしのために・・・」
『もちろん、あなたがこのやしきの正当なる当主様ですらです』
「・・・実感ないよ・・・」
『そのうちなれます』
 ミネルバは、食事の席についた。
 ぽーんと、広いホールの中は、ミネルバの知っているかびくさい牢獄とははるかにちがっていた。
 人こそいないが、はなやかで、おおよそしあわせな光景だった。
「ねぇ。クロス」
 ポークソテーをつつくホークをとめ、ミネルバをきいた。
『お食事がおきにめしませんか?』
「そうじゃないの。
 これ、誰が作ってるのかなーと、思って」
『もちろん、私ですが・・・それが何か?』
「うそっ。んじゃあ、厨房とかで透明人間がうろついてるわけっ!?」
『失礼ですよっ。それっ』
「わたしはてっきり、あんたのこと透明人間化かと思ったけど、その説もはずれか・・・残念」
『残念なんですね・・・』
「ま、いっか」
『さぁ、そろそろお食事が終わるころですので、当主様のお部屋にご案内します』
「そんなにせっつかなくてもいいでしょ」
『まだ何かあるんですか・・・?』
 しごくうんざりと、クロスはいった。
「おかわり」
『へ?』
「もう少し、こうどどーんとたっぷり食事がしたいと思って だめ?」
『わかりました。少々お待ちください。
 もう、当主様は・・・』
 ぶつぶつつぶやくクロスをしりめに、ミネルバは小さく息をはいた。
「クロス?」
 どこから見てるかわからない声の主はから反応はなかった。
(かならず、どこかからわたしを見てるにちがいないわ) (絶対にへんよ。)
(たとえ、牢獄の町で記憶をうばわれたとしても、名もない人間をいきなり当主にするなんて、何か裏があるにちがいないわ)
 それをたしかめるため、ミネルバは、ホールからこっそり抜け出した。
 絶対に、クロス・ゲートと名乗る男を見つけ出してやると・・・! 






最終更新日  2003年11月22日 19時09分26秒
コメント(1) | コメントを書く


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ほっかいどう漫画集団

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…

© Rakuten Group, Inc.