000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

まんがと暮らす

PR

プロフィール


くまやくま

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

くまやくま@ 拍手コメントのご返信 8/6 桶川くん推し様 拍手とコメントありが…
くまやくま@ 拍手コメントのご返信 7/28 maya様 拍手とコメントありがとうご…
くまやくま@ 拍手コメントのご返信 7/28 きく様 拍手とコメントありがとうご…
くまやくま@ 拍手コメントのご返信 7/28 ゆた様 拍手とコメントありがとうご…
くまやくま@ 拍手コメントのご返信 ゆきこ様 拍手とコメントありがとうござい…

日記/記事の投稿

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

2015年12月28日
XML
「小林が可愛すぎてツライっ!!」13巻感想です。

ネタバレ注意!

10巻の感想→こちら
11巻の感想→こちら
12巻の感想→こちら




小林が可愛すぎてツライっ!!(1)  小林が可愛すぎてツライっ!!(2)
小林が可愛すぎてツライっ!!(3)  小林が可愛すぎてツライっ!!(4)
小林が可愛すぎてツライっ!!(5)  小林が可愛すぎてツライっ!!(6)
小林が可愛すぎてツライっ!!(7)  小林が可愛すぎてツライっ!!(8)
小林が可愛すぎてツライっ!! (9) 小林が可愛すぎてツライっ!! (10)
小林が可愛すぎてツライっ!!(11) 小林が可愛すぎてツライっ!!(12)
小林が可愛すぎてツライっ!!(13)

14巻先日発売されましたがまず13巻の感想を…!

12巻でなんだか不穏な空気のモノローグで終わりましたがとりあえず初めての夜を迎えためごと蒼くんは幸せなカップルそのものです。
ねちゃくちゃイチャイチャしてるw

DSC_0521.jpg


恥ずかしいことも言いまくってて見ているこっちが恥ずかしい(/ω\*)
そんなテンションのままたまたま訪れた教会で結婚式ごっこをする二人。
病めるときも健やかなるときも、の定番のセリフを言う蒼くん。

「“良き時も悪き時も 共に歩み 他に依らず 死が二人を別つまで”」

この“死”という言葉に過剰に反応してしまうめご。例の悪い夢を思い出してしまったのです。
もう、フラグ立ちまくり…(;´д`)

そして結婚式ごっこだったけれど、蒼くんはめごに大学を卒業したら結婚してくださいとプロポーズ。

ああ…幸せなほどこの後の展開が恐ろしいです( ;∀;)


さて一方みつると梓。
みつるは勉強しすぎて倒れてしまうというところまできてしまい、梓は責任を感じてしまいます。そして婚約者の豊臣のところへ行こうとするも、止めるみつる。
自分のせいでみるつに余計なものを背負わせて不幸にするかもしれないという梓に、

「徳川梓はオレにとって 人生かけて手に入れる価値のある女なんだ」

とカッコよすぎることを言うみつる。

そして肝心の全国模試の日、若者に絡まれた豊臣を偶然居合わせたみつるが助けます。
豊臣を無視してみつるだけ模試に行けば余裕で勝てたのですが、みつるはそんな思考持ち合わせていないんですよね。
みつるのどこが好きなのか豊臣が梓に問うシーンがありました。

「「バカなところ」よ 底抜けにね キラキラ眩しいほどの 愚直さが好きなのよ」

みつるに助けられたとき、その梓のセリフを思い出す豊臣。
途中上杉たちが助けてくれたりして二人ともなんとか模試に間に合いました。

結果はみつる全国20位…!
普通にすごいですw
1位とかにならないところがリアルですね。
だけど1位常連の豊臣相手なので20位では負け…と思いきや、なんと豊臣は40位。
梓パパに、婚約者を辞退させてくれと頭を下げました。

そんなわけでみつるの愚直さが豊臣にも響き、そして梓も戦う覚悟を決めました。

突然スーツ姿(しかもパンツスーツ!できる女風ですw)でパパのところへ現れた梓は、パパにお願いをします。

「今日からあなたのそばで徳川グループの事業を学ばせてください」

DSC_0522.jpg


「徳川グループ初の女社長 面白いと思いませんか?」

梓かっこいいですね~~~!!!
梓ならできる…!頑張って欲しいです。

そして梓といえばもうひとつの確執、紫乃ちゃん。
卒業式の日、頭を下げて自分を殴れという梓。
それに対し、紫乃ちゃんなんとグーでマジで殴りましたwww

でも、お陰でようやくこの2人も雪解けしました。
色々なことが解決に向かう中、めごの嫌な夢が現実になってしまいました。

東日本大震災発生です。
そんなとき蒼くんは海辺の方で剣道部の合宿をしていたので、目の前に津波が。
しかもそんな時に倒れてきた木材から庇った親子が、実の母親でした。母親は新しい土地で子どもと新しい人生を歩んでいました。
蒼くんのお母さんも蒼くんもお互い気づきましたがまだ蒼くんを見てビクビクするお母さんのために他人のふりをしました。だけどめごのおかげか、蒼くんは心が穏やかでそれはとても救いだったと思います。

けれど母親を庇ったとき負傷してしまった蒼くん。津波から逃げたくても力が入らず逃げられません。もちろんお母さんは蒼くんが気がかりで逃げられないでいると、

「オレは後から行く その子を連れて早く逃げろ」
「行け!! オレとてめぇは赤の他人だ 目障りなんだよ失せろ!!」


そうわざと悪態をついたのです(´;ω;`)

そして逃げそびれた蒼くん……え、大丈夫だよね。なんて不安な気持ちにさせるんだろう(´;ω;`)

そして、よくこのネタで描いたなと正直思いました。
だってまだ最近の出来事だし、みんなの記憶にも新しくてとてもデリケートな話題ですよね。すごいなと思いました。
作者のあとがきを読んで、かなりの覚悟で描いたんだな、というのは伝わってきました。

とにかくあんまり悲しい展開にはしないでほしいです…。
もう雑誌では最終回迎えたんですよね。私は読んでいないのでどんな結末を迎えるのかわかりませんが、めごと蒼くんが幸せでいてほしいです(´;ω;`)

★14巻の感想→こちらです。

web拍手 by FC2






最終更新日  2016年01月29日 22時22分36秒
コメント(0) | コメントを書く
[コミックス/小学館(フラワー・ベツコミ他)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.